2017年06月03日

トイレで読書 十七年水無月号

5月は7タイトル読みました。

1)、「墨龍賦」 葉室麟
2)、「泉鏡花集成(2)」 泉鏡花
3)、「たらちおの記」 内田百
4)、「居候痢后廖‘眦追期
5)、★「警官嫌い」 エド・マクベイン
6)、★「通り魔」 エド・マクベイン
7)、★「われらがボス」 エド・マクベイン

 * ★印は再読

yusho 歴史の教科書にも加納永徳、長谷川等伯ほどに紹介されていないこともあって、本作の主人公の海北友松は絵師であることぐらいしか知らないのが正直なところ。だもんで戦国時代の文化面をより深く知るこにはもってこいの人物ってぇことで購入。
 毛利家家臣の安国寺恵瓊、明智光秀家臣の斎藤利三と親交が深くあったエピなんかは初めて知り得たところだからとても興味深く読むことができたけれども、総体的にはかなり残念な結果となった。
それというのも、比較的他家に出入りの自由が利く絵師という立場から安国寺恵瓊にスパイ活動に利用され云々にかなりのページ数が費

やされていて、本格的に絵師として活動する海北友松の描写は最後の数ページのみ。
確かにもともと武家の出であることもあって絵師としてはかなり思い切った行動をとったエピを残しているようだから、その辺にウェイトを置きたいのも解らんでもないけど、海北友松は絵師なのだから、やはり絵師としての海北友松を描ききらなければ本末転倒のような気が…。

notorious74 at 09:30コメント(0)  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ムダ毛処理♪
sena01

風情♪、ぷじょうと読みます。
フランスの自動車会社の
「Peugeot」とは全く関係
はございません。

kotowaru

taiyo

 
FC東京
最新コメント
 
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ