スポンサードリンク


家庭菜園での有機栽培

新規就農マニュアル【農業転職法】

家庭菜園で有機栽培は出来るのでしょうか?
その答えは、家庭菜園でも有機栽培はできます。
その場合、有機肥料は、自分で作ってみてはどうでしょう。
今回は、家庭菜園での有機栽培について説明します。
家庭菜園をされている人は、有機栽培を目指してもいいのでは・・・。


家庭菜園で有機栽培をしたいと思ったら、自分の手で有機肥料を作ってみることを、オススメします。
初期投資費用はかかります。
でも、市販のコンポストや堆肥を作れる生ゴミ処理機を使えば、家庭でも簡単に有機肥料が作れます。
それに、ゴミも減って一石二鳥です。
自治体によっては、助成金を出している所もあります。
堆肥を作れる生ゴミ処理機を買う前に、調べてみてください。

それ以外の方法でたい肥を作るのは、手間がかかりますし、ニオイも出てしまいます。
くれぐれも近所迷惑にならないように、注意しましょう。

まずは日陰で、なるべく隣の家から離れた場所に穴を掘ります。
蓋付きのゴミバケツを用意し、底を切り取って、側面に複数の穴を開けて、土の中に埋めます。
乾いた土(殺虫剤や消毒剤などが使われていないもの。腐葉土がベスト)と肉や豆・魚・米ぬか・野菜クズなどの生ゴミを同じ量入れてよくかき混ぜ、蓋をして一ヶ月待つのです。

ニオイが強いようなら、乾いた土を追加投入し、たまに酵素剤を入れるとさらにいいでしょう。
同じものを二個作って、交互に使うと効率よく有機肥料が作れます。

一ヶ月経ったら、バケツを引き抜き、土をたっぷりとかけて熟成させます。
ただ、そのままだと大腸菌や病原菌が残っている恐れがあります。
一度、発酵温度を65~75℃に上げると安心です。
一週間に一回、切り返しを行い、二、三ヶ月熟成させて完成となります。

蓋をしっかりとしめておかないと、鳥や野犬・猫などに荒らされることがあります。
また、蓋の内側に防虫剤をつけ、生ゴミの水気をよく切ってから入れないと、虫が湧いてしまうこともあります。
ですから、注意が必要です。



nougyoumanabu at 09:06|PermalinkComments(9)TrackBack(0)【有機栽培】