2006年11月14日

脳波ドローイング展示風景その2

62a01877.JPG脳波計やベッドがあった室内には
先週制作した「習作」が並びます
脳波の動きの奥深さを実感できますよ

脳波ドローイング展示風景その1

2f0a9909.JPG脳波ドローイングの展示が終わりました!
壁一面に脳波ドローイング
第1番から第20番までが並んでいます
圧巻っス!

視察団登場!

87d5f260.JPG公開制作室で展示の準備をしていると
美術館におおよそにつかわない背広集団が!
府中市の視察団の方々と思しき集団です

「ほほーっ・・・脳波でドローイングですか」
「脳波はご自身のですか」
「すごいことをまた考えられましたなぁ」
おじさまたちは中ザワさんに一言ずつ言っていきます

最後のおじさま
「脳波でドローイングとは“第一人者”ですね」

そうだったのかっ!
かっこいいぞ“第一人者”!

鑑賞しませう

e7e1d133.JPG公開制作室の前にモニターが設置されました
流れているのは
「脳波ドローイング」のパフォーマンス風景
約10分の映像です
見ていた人にはなつかしく(笑)
見れなかった人にはどういうパフォーマンスだったかが分かる
そんな映像です

私も中ザワさんと並んで見入ってしまいました
個人的には後ろ姿しか映ってないのが悲しいです


2006年11月08日

after ライブ・パフォーマンス・・・なのに

c876d064.JPG大盛況だったライブ・パフォーマンスも終わり
閑散とした公開制作室には
脳波計・ベッド・プロジェクター・作られた脳派ドローイング
そして私藤田が見たものとは!!

つづく

なにしてるんですか?

fdd883d1.JPGん?
なにしてるんですか
中ザワさん・・・
(近寄る藤田)

つづく

ええええっ!!

dda91fce.JPGそれは
遠藤でも荒川でもない「しゅうさく」・・・

そう
脳波ドローイング「習作」でした!!

2006年11月05日

本当にありがとうございました

795d0303.JPG最後に
作家・中ザワヒデキと
助手・藤田千彩(私)のツーショット
を記念に載せておきます

この作品の話を聞いたときは
「またまた中ザワさんってー」と他人事でした
1ヶ月ほど前に講習を受けることになり
脳波はおろかまったく医療や医学の知識がなかったけど
公開制作室がはじまって2週間
すっかり中ザワさんの状況や脳波の解読
いろんなことを習得できるようになりました

今回のライブパフォーマンスもまた
私にとっては未知の世界でした
時には間違えてパニックになりましたが
これもライブだからこそ!
と思って見ていただけていたら光栄です

ご来場いただいた多くのお客様
脳波計を貸していただいた日本光電工業株式会社様
府中市美術館の学芸員の皆様
アシストの石井さん
本当に本当にありがとうございました!!

皆さんありがとう!

8894923d.JPG振り返って見ることはできなかったので
実際どのくらい人がいたのか分からなかったのだけど

府中市美術館の記録担当ババッチさんに
撮ってもらった画像をこうして見てみると
すごい人数ですねー!!
ありがとうございます!!

その担当ババッチさんいわく
「4回目のパフォーマンス(画像の回)は
 昨日の1&2と今日の3回目を足したくらい
 一気に来たかんじですねー」

本当にありがとうございました!!

脳波ドローイング第●番です

b5a58594.JPG私が記録をした「脳波ドローイング」は
アシストの石井さんの手によって
公開制作室の外にいる観客の皆さんに
お見せするようになっています

どうですか?
脳波ドローイング