C棟 ガーベラ袋培地栽培

2006年05月26日

採花UP

0ccd7905.jpgガーベラ袋培地の様子です。日射量と温度の増加で採花が非常に増え出し、生育スピードも速くなっています。
日射量が増えると、特に黄色やオレンジ系の花は色が濃くなり本当にきれいです。
でも、黄色、オレンジ系はスリップスが付きやすいのが難点です。


noujo at 18:05|Permalinkclip!

2006年03月14日

憎い灰色カビ

f8bab6fd.jpgガーベラの冬の病気の天敵 「灰色カビ」が出ました。
採花した時に、ステムが途中で折れ、残った所からの発生が多く見られます。
特に、水の吸い上げの良い品種ほど出ています。除去しても、胞子が舞うので早めの消毒で対策です。

noujo at 14:31|Permalinkclip!

2006年01月14日

太いステム

330d4c91.jpg1月に入ったガーベラの様子です。
ステムが太くなってきています。暖房は16℃で焚いており、夜間はフルで作動しています。暖房代の高騰対策として、厚手の内張り「サニーコート」を設置しています。
なかなかの保温力で、優れものです。

noujo at 16:51|Permalinkclip!

2005年10月12日

採花のタイミング

2e0e9e25.jpg「採花できるガーベラってどれ?」
よく聞かれる質問です。
ガーベラは、花の中央部の雌しべの周りの雄しべの出具合によって採花します。写真の黄色いのが雄しべです。
黄色の花は全部黄色で見えにくいのが難点です。

noujo at 15:04|Permalinkclip!

2005年09月13日

花の咲き始め

56c31d5c.jpg定植から3ヶ月 ガーベラの様子です。
株が少しずつでき始め、花が立ち始めました。
まだまだ淋しい株なので、花芽を摘んで株を充実させます。

noujo at 18:30|Permalinkclip!

2005年06月30日

畝?ベンチ?何の上に置いてあるの?

da702d48.jpgガーベラ袋培地 設置方法の謎についてです。
 袋培地の設置場所が少し高いことにお気づきですか?
そうなんです。
この袋培地は畝の上に置いているのです。こうすると高さもあって作業がしやすく、地温の変動も少ないのです(実際計測すると、ベンチ式のものより夏・冬ともに2℃は違いました)。
そして何より部材要らずなのです。

noujo at 12:00|Permalinkclip!

2005年06月25日

ガーベラの袋培地栽培

8fa6cc90.jpgガーベラの袋培地の栽培試験の様子です。
土壌病害の深刻なガーベラを、袋培地栽培で取り組んでいます。


noujo at 12:00|Permalinkclip!