E棟 トマト袋培地栽培

2007年04月20日

日焼け果

日焼け果が出ました!日差しがかなり強くなってくるこの時期によくでます。カリ欠乏の症状にも似ていますが、ヘタ下が青いので日焼けです。葉で日影を作ったり、カーテンをかけたり、遮光剤を使ったり…対策中です。



noujo at 15:03|Permalinkclip!

2007年04月05日

葉=水

8c8ec1e2.jpg以前、「トマトの葉は水と思え」と教えられたことがあります。
そのくらい葉は水を吸い、水を出します。葉が混み合う箇所の湿度は相当高いです。
そこからカビ系の病気が発生しやすくなります。樹の為、病気の為にも葉かきをしなければいけません!

noujo at 11:34|Permalinkclip!

2007年04月02日

手入れが遅れると・・・

cd3798ef.jpg葉かきが遅れています。
樹に葉がたくさん付いていると、それだけ樹が水を必要とします。ですので、たくさん葉が付いている樹ほど、萎れが出やすくなるのです。葉かきの遅れによる影響は、培土が区切られている袋培地には大きいのです!

noujo at 12:07|Permalinkclip!

2007年03月23日

尻腐れ果

5435403d.jpg出るか出るかと思っていたら、ついに尻腐れ果が出ました。
肥料の切り替えの遅れと、曇天明けの萎れの影響だと思われます。
尻腐れは、開花の時のカルシウム不足なので、実に出てしまってからだと手遅れなのです。応急処置として、カルシウムの葉面散布を行います。

noujo at 09:09|Permalinkclip!

2007年03月14日

潅水量UP

058b6ca3.jpg潅水量が多くなってきました。1日1.4L/株ほどかかる日もあります。
先月の倍以上です。

noujo at 13:06|Permalinkclip!

2007年03月02日

肥料の切り替えポイント

c26f3550.jpg少し果実が変形しています。
時期的に、1月末〜2月頭に開花した物です。
この段は、圃場全体的に果形が乱れています。外的な環境条件もありますが、
春夏用の肥料に切り替えるタイミングがこの時期だったのか、と遅れを反省です。

noujo at 18:01|Permalinkclip!

2007年02月16日

糖度がのりそうな実

b6ff9fac.jpg 糖度がのりそうな実です。
赤くなる前に、全体が黄色身を帯びてくるのがその証拠です。
昼夜の温度差の大きいこの時期は一番糖度がのってきます。


noujo at 15:05|Permalinkclip!

2007年02月09日

肥料をほしがる葉

bd4287aa.jpgトマトの葉の先の部分が上へ上へ持ち上がってきました。
肥料をほしがっている証拠です。
そんな時はやはり袋培地内のECも下がり出しています。迷わず150mgへ上げています。

noujo at 13:44|Permalinkclip!

2007年02月02日

丈夫な花色

2cd7e9c7.jpg花色が濃くなってきました!
N量125〜150mgへ上げていきます。

noujo at 12:09|Permalinkclip!

2007年01月26日

排液の具合

9a8ee5ab.jpg日射量が増え出しています。人が感じるほど日差しはジリジリしています。
pFセンサによる自動潅水は回数が増えてきました。樹がぐんぐん吸っています。
ハウスの谷付近にある袋培地は影ができやすい為、多少(5%以下)排液が出ています。
1ラインの袋培地のうち、1割ほどの袋から排液が出ていると均一な水管理ができていると言えます。


noujo at 15:02|Permalinkclip!