pppd00186jp-10

ようやく秋になってきました。
大好きな栗の季節です。

「今夜は、うんと濃厚に、若菜のクリをくりくりしよう・・・・」
おっぱいとあそこが露出するエッチなランジェリーをつけました。

「今日はクリトリスいじりを中心に」

と言って足を開かせ、腰の下へ枕を押し込みます。
恥ずかしい場所が、天井の灯りに向かってさらけ出されました。

「明るいところで、クリトリス検査しますよ・・・ブライダルチェック(結婚前の婦人科検診)だ」
いやらしい婦人科の先生役になった彼が、のぞきこみます。
「よく見えるように、もっと足を開いてください」
「はい、お願いします」

「小さいクリトリスだな・・・包茎ですね。皮を剥いてチェックします」

指先で花びらを広げ、しっかり剥き上げられました。
「うん、仮性包茎です。手術の必要はないが、陰核に白いカスがついていますよ・・・きれいにしますからね」

ローションを垂らし、小さくおりたたんだティッシュで、剥いたクリトリスをそっと拭きます。
「ああっ、  あんっ、  ・・・あんんーっ・・・」
「気持ちいいんですか?」
「ああっ・・・あうっ・・・・あっ・・・」
「はいじっとして・・・勃起してきた・・・カスが取りやすい」
「はうううう~ん、  うっ、うっ、ああ~~ん!」
ふくらんできた陰核を、下から上へ、あらゆる角度で何度も何度もそっとぬぐっていきます。
「あっ、あっ、あっ、だめです、あんっ」
「きれいになりました。カスがつかないよう、毎日よく剥いて、きれいに洗ってください」
「はい・・・すみません・・・」
「小さめのクリトリスですね。未発達のようですから、マッサージが必要です。これでは結婚できませんよ」

またローションを垂らし、指で剥いて固定したクリトリスを、そっとマッサージします。

「ああーーーーん!!」
「治療ですから、声を出さないでください。はい、これ噛んで」
ハンカチタオルを、噛まされました。
「ん~っ」
「声を出さないでぇ・・・動かないで・・・我慢して・・・」
優しく、勃起クリトリスを下から上へ、なであげてきます。
つまんで軽くもんだり、円を描くようにソフトにマッサージしたりします。
「くっ・・・・んんーーー」
「まだまだ、イかせませんよ。・・・だいぶいい感じになってきましたね」

「暴れるから手を縛りましょう」
両手を後ろで縛られました。
突き出したおっぱいの、左右の乳首をきゅっと摘ままれます。
「うんんっ」

「こっちも未発達ですね。クリトリスと連動してますからね。乳首が柔らかいままですね。マッサージしますよ」
両乳首にもローションをかけられ、摘まんだりこねたり、刺激をうけます。
「んっ、んっ、んん・・・」
「うん、固くなってきた」
背中がしびれてきて、あそこがうるんでくるのがわかりました。
「んっ、んんーーーーーー!!」
下腹部が熱くなり、軽くイって、のけぞりました。
「はい、赤く固くふくらみました。乳首もこれくらい勃起すればいいでしょう」

乳首の開発が終わり、またクリトリスをローションで優しくマッサージ。
「んんん~っ」
指でこすられ、少しずつイきそうになります。
「クリトリスが最高潮にぱんぱんに大きくなりましたね。結婚したら、こういう恥ずかしい赤い突起をすべて、旦那様に差し出さなくてはいけませんからね」
「はい・・・」
乳首とクリがぷっくりと敏感になって、私のあそこはぬるぬるになってしまいました。

「では、最終チェックしましょう・・・わかりますね」
「・・・・・・」
「その前にもう少し肥大させるか・・・」
彼は、ニップルリングというグッズを取りだしました。
29538_300_300

本来、乳首を吸い出して、乳首の根元を黒い輪ゴムではめるものです。

「はい、じっとして」
クリトリスを吸いこまれ、ポンプで吸引されました。
「ううっ・・・」
敏感なクリトリスを根元から吸引され、恥ずかしさと、じんじんする快感でたまりません。
「ああんっ、クリが引っ張られるぅ~」

「クリが大きくなってくる。透明なチューブの中に、赤いクリが吸引されているのが見えるぞ」
何度もポンプ吸引を繰り返され、肥大させられてきました。
「そろそろいいかな」
彼が黒い輪ゴムをすべらせ、クリの根元にはめ、それからそっとポンプをはずします。
「おー、クリの根っこにゴムがはまった。真っ赤なクリが絞られて、すごくいやらしい」

彼が、リングをはめられたクリトリスを口の中に含んで、優しくしゃぶるようにして舌でころがしました。
「あっ、あああっ! だ、だめ!!!」
先端をきゅっと軽く吸い立て、唇でしごいたり・・・。
クリトリスのとがりを、舌の先でくすぐるように撫でられたり・・・。
「はあっ!!! あああっ! 気持ちいい・・・っ」
クリトリスを舐めながら、彼が両手を伸ばして、とがった乳首をいじくります。
「あっ・・・三点責め・・・だめっ、イく・・・」
何度イっても、彼の責めは続きました・・・