この記事はeeic Advent Calendar 2016の13日めの記事となっています。

本記事では、本郷界隈のカレーについて書こうと思います。
で、さしあたっては以下の語句で検索をかけ、先行研究を調べるのが常道でしょう。
キャプチャ

すると、まず以下のサイトがでてきます。

http://www.geocities.jp/proisoruberrimus/

ご自由にお読みください。すべてがそこにあります。




この時点で終わってもよいのですが、今回は記事の価値をコスパに限定することで新規性を出すことにします。先行研究が国際誌なら、今回の記事は和文論文誌(レター)くらいにはなると信じています。前提といたしましては
1. 対象とするカレー屋は 先行研究内での本郷エリアと、根津交差点のみとする。
2. 生協のカレーはカレーとは認めない
3. 以下に書かれる事実には、全て as far as I know の一文がつく。特に味と値段。
の三点です。これらを踏まえた上でお読みいただければと思います。

さて、本題に入っていこうと思いますがそもそもにして本郷にカレー屋が何軒あるのでしょうか
この問は妥当な答えにたどり着けるのでしょうか?そこで、一つ一つグーグルマップにおいていきました。


カレー屋の定義を、カレーを出す店とすると数が爆発することがわかりました。まだあると思いますが、この辺にしておこうともいます。ちなみにこの中だと僕は4つくらい行ったことがありませんでした。

さて、このように一等星と同じオーダーで存在しているカレー屋ですが、一体どこに行けばよいのでしょうか?お昼にカレーが食べたいと思いたったとして、どこへ向かいましょうか?
1: 遠出するか
2: ジャパニーズモダンカレーが食べたいのか、インディアントラディショナルカレーが食べたいのか
3: お財布に余裕があるか

1で遠出すると決めたなら、どこへなりとも行ってください。ダバ・インディアなんかおすすめです。
2でジャパニーズモダンカレーを選んだ方、神保町まででたら良いのではないでしょうか。
2でインドカレーを選んで3でお金があると答えた方、ダージリンで豪遊しましょう。ビリヤニでもいかがでしょうか。

さて、お金がないけどそれなりにインドカレーが食べたい方、どこへ行きましょうか。僕が提示できるのは以下の3つの選択肢です。

1: カトマンズ キッチン 学生セット650円
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131106/13198447/
座って食べたい人向け。学生セット650円でカレー、ナンorライス、サラダ、ドリンクがついてきます。もちろんナンとライスはお替わりし放題です。それと、ここは注文するカレーによって値段が変わりません。同様のセットが、某おっぱいカレーの隣の店では、バターチキン固定で750円である事実を噛み締めて食べてみてください。
店名から分かる通り、別に”インド”料理屋ではありません。チョウメンセット700円なども売っているので、そのへんにチャレンジするのも良いと思います。下にあるのは当該店で注文したバターチキンカレーの様子。からさは調節可能なので、お好みのからさで注文しよう。ちなみにスパイスの量(これは辛さとイコールではない)は少なめな気がします。クリーミーかと言われると特段そうでもないです。しかし決してまずくはないし、値段相応の満足感を得て帰れるのではないでしょうか。
KIMG0324

KIMG0325


2: プージャ ランチボックス550円
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131004/13108663/
持ち帰りたい人向けその1。ランチボックスは一番安いもので550円で、中身はナン、カレー、サラダとなっています。お得です。ただし、バターチキンカレー弁当は650円と、カレーによってはお高めになります。
座って食べようとすると、途端に地域最高値の店になります。下にあるのは当該店で注文したバターチキンカレーセット900円の様子です。サラダとドリンクが付いてきます。特段スパイスは多くないように思えますが、本郷で一番クリーミーなバターチキンであったように思えます。チキンもタンドーリで焼き上げたようなコクが合って美味しかったです。ただ、個人的な感想ですが、ここまでコクと旨味に振ってしまうと、大麒麟とか鮨みひろとか和幸とかフレディとかが、値段設定も相まって脳裏にちらつきますね。ちなみに今挙げた4つは根津のお昼が高くて美味しいお店です。
KIMG0329

3: ダージリン カレーライスミニサラダ付き430+50円
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131004/13005075/
持ち帰りたい人向けその2。日替わりカレーライス持ち帰り430円です。ちなみに、最初の頃から400円→432円→430円と言う消費税増税に伴う値段の変遷を辿っています(ナンセットも500円→540円)。このカレーセット、最初の頃はご飯もパサパサでとてもじゃないが人に勧められるものではありませんでした。しかしながら、最近はご飯がふっくらし、カレーの量も多くなるなどしたため、大変満足感のある一品となりました。これにミニサラダ50円をつけることで、神の食事となること間違いなしです。ナンセットは540円ですが、バターチキンも同じ値段なので、この点サラダを付けてもプージャより安く仕上がることになります。
下にあるのは当該店で注文したバターチキンカレーセット872円(うろ覚え)の様子です。サラダとドリンク(チャイは+100円)がついてきます。クリーミーさでは、プージャに遅れを取りますが、スパイスの量からくる風味の豊かさはこの辺のカレー屋では一番でしょう。また、入っている鶏肉についても、タンドーリで焼き上げたようなコクの有る仕上がりになっています(カトマンズキッチンは特にそういうのはない感じで仕上がってます。)ので、ぜひ味わうと良いのではないでしょうか。
sonamonohanai
撮り忘れました。大変美味しかったです。


追記
怒られたやつ の追記に書いてある会報ですが、最新号では予算の項がネットで見られなくなっていました。巷で話題の圧力ってやつでしょうか。やっぱり広めちゃいけないものだったみたいですね。しかしその理由を作ったリンク先にある@UltraEngineerってのはひどいやつですね。