2018年09月16日

コウモリ捕獲

珍しく秋晴れが継続中

土が乾いているうちに 秋の農作業

春先刺し技したブルーベリーの越冬準備や定植準備

ワイルドベリーやブドウの定植準備等・・・・露地の作業


アライグマ捕獲の方は いまだ捕まらず餌だけなくなる状態

代わりに納屋にぶら下げているハエ取りリボンに

コウモリが引っかかっていたりして・・・

ここに来て初めてコウモリを見る

体調5センチほどのテングコウモリらしい

なんやかんやと忙しい秋分の日前日なり








noumingaka at 04:24|PermalinkComments(0)clip!

2018年09月13日

薪積み

今年は 火持ちの良い薪が手に入らず

カラマツ、トドマツ、ニレ等の云わば雑木の薪

いつもの量だと来春まで持たないので多めに用意する

薪の量が多いと薪積みも労力が多く必要で

今は体力が底をつきそうなので 2回に分けて・・・・・


例年と比べると 秋虫の鳴き声少なくオンコの樹の実も極小

今年の天候の異常性を人間より敏感に感じているのかも











noumingaka at 04:33|PermalinkComments(0)clip!

2018年09月08日

大規模停電

台風の影響が無く ほっとしたところで地震発生

揺れの影響は無いが 全道で停電 物流ストップ

自家発電があるので 生活面では使わず

トマトが赤くならないように トマトの予冷や冷蔵庫、冷凍庫に使う

一部停電が解除されたので あの手この手で出荷も開始

取り合えず 大きな損失を免れた状態ながら

平常状態にはまだまだ時間がかかりそうだ












noumingaka at 04:24|PermalinkComments(0)clip!

2018年09月02日

台風接近か・・・

日中、夜間

カンタンなどの秋虫が今が盛りと鳴いているが

今年はキリギリスが少ないし 殿様バッタがいない

数日は天気は良いが

その後に 台風 しかも結構強力な台風が・・・・・

気の休まる日がない


アライグマ捕獲箱は

その後エサのキャラメルコーンは無くなるが捕まらず

経験者の話ではネコが犯人らしく 上手にエサだけ取って行くらしい









noumingaka at 04:44|PermalinkComments(0)clip!

2018年08月25日

ヒヨドリの親子

裏のオンコの樹にヒヨドリが定期的に来る

鳴き方が2種類あるのでよくよく見ると

巣立ちしたヒナと親で 餌やり場になっているらしい

かたや ハウスの中に住み着いているカシラダカ

ただ雨宿りかと思いきや 口にはよとう虫らしきものを銜えていて

ハウス内の虫を捕らえているらしい

今日、明日と台風19号崩れの影響で 雨


アライグマ捕獲箱は今のところネコ1匹のみ




noumingaka at 04:40|PermalinkComments(0)clip!

2018年08月21日

アライグマ現る

農園内にアライグマの足跡発見

町内では既に足跡や捕獲もされているので

そのうち現れると思っていたが・・・・・被害は無し

早速 町から捕獲用の籠を借り 3か所に設置

エサは何と!キャラメルコーン

アライグマより先に キツネやタヌキやネズミが来るわなー

さてさて どうなることやら・・・


台風接近




noumingaka at 04:19|PermalinkComments(0)clip!

2018年08月15日

台風シーズン

今 天気図を見ると 台風4個と元台風の前線が北海道に停滞

いよいよ台風シーズン

昔から比較すると

今は1週間前から大まかなコースは分るし

15時間先まで雨雲の動きを知ることが出来るようになったので

先手先手で対策をできるようになったし

昨年からハウス強化計画も進めているが  

万全は無く 神経を使う季節には変わらない







noumingaka at 04:29|PermalinkComments(0)clip!

2018年08月12日

お盆

ほぼ ひと月ぶりにほどよい雨

果樹は陽の長さで越冬の準備に入る

それがだいたいお盆頃で それ以降は生長よりも

根に養分を蓄え 冬に備える

その為に肥料を効かせたく 丁度よい雨となった

一方 陽の長さに関係ないトマトの方はこれから後半戦

前半は天気に振り回されたので 後半は穏やかにと願いたいが

今年の天気は全く先が読めない





noumingaka at 04:26|PermalinkComments(0)clip!

2018年08月03日

蜜蜂の大群現る

果樹園のブルーベリーの樹に

蜜蜂の球体の塊現る

近くの養蜂家に相談すると 分封峰球 だそうで

いわば蜜蜂の巣の分離

新しい女王蜂が誕生すると 古い女王蜂は

自身の仲間を引き連れ新しい巣場所に移動するらしい

養蜂家が蜂箱を設置し回収してくれることとなった

それとは別に

ハウスに入るなり襲ってくる ブヨ、ブヨ、ブヨ

もう何か所噛まれたことか・・・・いつになったらいなくなる





noumingaka at 04:19|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月30日

酷暑

32度でさえ珍しいのに昨日は34.6度

下川の歴代最高気温35.4度に迫る気温

本州の様な暑さに慣れていないので正に酷暑

老犬オジョさんも死にそうな感じで

急ぎ窓用エアコンを設置

部屋全体を冷やすほどではないがスポット的に涼む

農作業も暑くなれば早々に撤退

先ずは命の確保

何と言う夏だ・・・・
 

noumingaka at 04:14|PermalinkComments(0)clip!