人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

・頑な(かたくな)・・・自分だけの考え・態度を強く持ちつづけるようす。

・侮辱(ぶじょく)・・・ばかにして、はずかしめること。

・利害(りがい)・・・得になることと損になること。

・必然(ひつぜん)・・・必ずそうなると決まっていること。

・仄めかす(ほのめかす)・・・それとなく示す。

・責務(せきむ)・・・責任と義務。

・観念(かんねん)・・・物事に対する考え。あきらめること。

・一貫(いっかん)・・・ある1つの方針・考え方などでとおすこと。

・小出し(こだし)・・・少しずつ出すこと。

ディッケンズ

・潤沢(じゅんたく)・・・物が豊富にあること。

・ジンクス・・・えんぎの悪いもの。

・嵩(かさ)・・・物の大きさ・分量。容積。

平家物語

琵琶法師

・口承(こうしょう)・・・人の口から口へ、代々語り伝えること。

・叙事詩(じょじし)・・・民族・国家・社会集団などの歴史的な事件や英雄の行為をのべうたった詩。

ジョージ・オーウェルの『1984年』

・頻繁(ひんぱん)・・・物事が間をおかずにたびたび繰り返されること。

アントン・チェーホフ

トルストイ

ドストエフスキー

・流刑(るけい)・・・罪人を遠く離れた土地に追放する刑罰。

・惨め(みじめ)・・・見ていられないほどあわれなようす。

・苦行(くぎょう)・・・悟りをひらくための苦しい修行。

・走破(そうは)・・・予定した(困難な)コースを全部走りとおすこと。

・抑制(よくせい)・・・さかんになろうとする勢いをおさえとどめること。

・インスピレーション・・・創造的な作業の過程で、神から啓示をうけたようにひらめく考え。

・難行(なんぎょう)・・・非常につらく苦しい修行。

・患部(かんぶ)・・・病菌におかされたり、傷ついたりした部分。

・巡礼(じゅんれい)・・・宗教上の聖地や霊場をめぐり歩いておがむこと。

ギリヤーク人

アイヌ人

和人

・中背(ちゅうぜい)・・・高すぎも低すぎもしない、ごく普通の身長。

・粗雑(そざつ)・・・いいかげんで大ざっぱなようす。

ネヴェリスコイ

クルゼンシュテルン

・大儀(たいぎ)・・・人間として行うべき大事な道。重要な意義。

・解釈(かいしゃく)・・・意味を明らかにし、説明すること。理解すること。

・陰鬱(いんうつ)・・・はればれしないこと。

・鼻持ち(はなもち)・・・臭気をがまんすること。

・ウォトカ・・・ウォッカ

・提起(ていき)・・・ある場に訴訟や検討すべき問題などを持ち出すこと。

・喀血(かっけつ)・・・せきと同時に肺・気管支・気管などから血をはくこと。