たまゆら

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: オムコシφ ★ 2013/08/29(木) 20:08:09.24 ID:???
 “安芸の小京都”と呼ばれる広島県竹原市を舞台にしたアニメ「たまゆら もあぐれっしぶ」。
亡き父との思い出の地である竹原市に引っ越して来た写真好きの少女・沢渡楓(さわたり・ふう)が、
友達や地域の人との関わりを通じて成長していく心温かな物語が、「共感できる懐かしさ」をキーワードに描かれている。佐藤順一監督に話を聞いた。(毎日新聞デジタル)

 --「たまゆら」には、お色気シーンもない、穏やかなアニメですね。

 私が関わったアニメで「ARIA」という作品があり、おかげさまでシリーズ3期まで放送しましたが、そこには何か求められるものがあったわけです。
「ARIA」も「たまゆら」も、まったく悪意のない世界で、視聴者が気持ち良く見る物語を心がけています。
若い中高生は刺激の強い作品を求める傾向にありますが、いろいろな世界を見た社会人の一部の方が、奇麗な物語を望んでいたりするんです。

 --奇麗な世界だと、物語を作るのが大変では?

 確かに起伏がないと物語を作りづらいのは事実で、「ARIA」のときは仲間から「どうやって見せるんですか?」と言われたこともあります。
切り口を多くするのがポイントですが、「ARIA」のときは「毎回最終回のようですね」と言われました。

 --「たまゆら」制作の経緯を教えてください。

 「ARIA」はイタリアにある水の都・ベネチアがモデルでしたが、今度は「日本で行ける場所で、ARIAよりも地続き感がある場所でやっては?」というのが始まりですね。
キーワードは「共感できる懐かしさ」で、海があり、単線の鉄道が走っている地域が候補でした。
約20の候補があったのですが、そんな中で瀬戸内の島があり、穏やかな海があって、(江戸時代の)町並み保存地区のある広島県竹原市にしたのです。
また実際に訪れたとき、地元の人が自分の町を好きだったのもあります。
もしアニメを見た人が(竹原を)訪れても楽しい思い出になるだろうし、そんな地域なら「たまゆら」も応援してくれると思ったのです。

 --放送中のアニメ2期「もあぐれっしぶ」のポイントは?

 主人公の楓に軸線を戻したことです。1期の「hitotose(ひととせ)」は、4人それぞれにスポットを当てていましたが、
今回は、楓とお父さん、楓と友達という形にしています。
写真部を作るので学園を描くこともできますから。
あとは毎話ごとに「もっと最終回っぽくならないかな?」という話もよくしています。

 --新キャラクターは、1年上の先輩です。

 まず「楓が写真部を作る」という話があり、新キャラクターを後輩にすると、楓がしっかりして目標ができてしまい、ゆるやかな雰囲気が消えてしまいます。
だから新キャラクターの三谷かなえが「先輩なのに部員」という立ち位置にして、楓が後輩なのに部長にする。
すると、どっちもしっかりしない感じになって、作品にぴったり合うのです。

 --今後は?

 楓の知らない(幼いころに亡くなった)父の話が出てきます。
いろいろな人と出会うことで父のことを知り、それを軸に成長していきます。
人を失っても、その人を知る機会はあるわけで、(身近な人を失った悲しい)思いを乗り越えたところにあることを描こうと思っています。

 --今は2年生の楓ですが、3年生になった次の物語は?

 そうですね。 (楓の)卒業もあるので、そうなればと思っておりますし、現実になるよう頑張ります。

 プロフィル

 さとう・じゅんいち=アニメ監督。代表作に「ARIA」「カレイドスター」など多数。感動させるアニメで人気。

no title


http://news.nicovideo.jp/watch/nw743966
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1377774489/  【【アニメ】<たまゆら>佐藤順一監督が語る2期「もあぐれっしぶ」のポイントとは?】の続きを読む


    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: yomiφ ★ 2013/08/26(月) 14:10:59.56 ID:???
no title


 人気テレビアニメ「たまゆら」シリーズの舞台となった横須賀市に全国からファンを呼び込もうと、
市や京浜急行電鉄などの関係者が知恵を絞っている。17日には、ファンがアニメの舞台を訪ねる
「聖地巡礼」と市内の名所旧跡を歩くウオーキングを合体させたイベントを開催。
今後もアニメと連動した集客作戦を“進化”させたいと意気込んでいる。

 「たまゆら」は、写真好きの女子高校生沢渡楓(さわたり・ふう)が主人公。
友人たちとの何げない日常を描いた癒やし系アニメで、2011年秋に放映され人気となった。
横須賀市の汐入地区は、楓が中学時代を過ごした街という設定だ。今年7月からは続編の
「もあぐれっしぶ」が放送中で、県内ではテレビ神奈川(毎週日曜日午前2時)で視聴できる。

 新機軸のウオーキングを企画したのは、横須賀市、京急、横須賀商工会議所の3者でつくる
「横須賀集客促進実行委員会」。京急線汐入駅近くのヴェルニー公園をスタートし、
特別公開された旧海軍横須賀鎮守府司令長官官舎などを巡り、同日開催の「浦賀みなと祭」の
会場近くに設けたゴールを目指した。

 約10キロの行程の中には、アニメファンを引き付けるための「仕掛け」をちりばめた。

 まずは聖地。「たまゆらの景色」と題してアニメに登場した計10カ所をコースに組み込んだ。
終点ではアニメ声優を招いたトークイベントも開催。ゴールに近い浦賀の夜を彩った花火大会では、
「たまゆら」のキャラクターももねこ様をモチーフにした花火も打ち上げた。

 この日は早朝から汐入駅でアニメの記念切符も発売されており、早朝から夜までファンを
飽きさせず、横須賀市内に滞在させる工夫が凝らされた。

 日中の気温が30度を超える真夏日にもかかわらず、ウオーキング参加者は1350人を超えた。
このうち純粋のアニメファンはトークイベントの参加者数から300~400人程度と推測され、
残りはウオーキング愛好者らとみられる。

 アニメファンの中には、愛知県など遠隔地からの参加も。都内の男性(26)は
「たまゆらの世界に癒やされる。アニメに登場した場所を訪ねるのは楽しい」と満足げ。
京都から駆け付けた会社員安井祐真さん(23)は、声優と一緒に線香花火を楽しむ
サプライズ企画の参加者に選ばれ、笑顔を見せた。

 アニメと連携した集客効果について横須賀市の担当者は
「アニメファンはフェイスブックやツイッターの使い手。イベント内容に共感してもらえれば
リアルタイムで横須賀の良さを発信してもらえる。味方に付けると心強い」と分析。
「たまゆら」とのタイアップについては「さらに続編が作られ、大学生になった楓が横須賀を舞台に
活躍する物語が見たい」と期待する。

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1308250006/
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1377493859/ 【【聖地】アニメ「たまゆら」の舞台となった横須賀、聖地巡礼で集客、ウオークイベント盛況!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: yomiφ ★ 2013/08/04(日) 13:23:05.98 ID:???
no title


 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は「たまゆら ~もあぐれっしぶ~」です。
松竹の田坂秀将プロデューサーに作品の魅力を語ってもらいました。

 --作品の概要と魅力は?

 広島県の竹原市にある“町並み保存地区”という古い町を舞台の中心に、写真が大好きな
女子高校生・沢渡楓や友人、家族、町の人の姿を描いた優しい時間が流れる物語になっています。
楓は亡くなった父親のカメラを手に、日常の中で起きる何気ないすてきな出来事を写真として
切り取っていきます。そうして撮った写真には幸せの象徴ともいえる光の玉“たまゆら”が写っています。

 今回はテレビアニメ第2期ということで高校2年生になった楓が写真部を作り、一生懸命に
頑張っている姿やそれを見守る友人や家族が描かれています。見ていて非常に心が温まる作品に
なっていますので、ぜひゆっくりとした気持ちになりたいときに見ていただきたいです。

 --2期が決まった経緯は?

 第1期「たまゆら~hitotose~」では、1年生のときの楓たちを描いてきたのですが、1年生が終われば、
2年生があって、3年生があり、卒業がある。ということで、第2期では、2年生を描くことになりました。
楓たちを卒業させるまで描きたいというのが、スタッフ一同の悲願でもありますし、何よりも
「たまゆら」を応援してくださる皆さまの多大なる後押しをいただいた結果でもありますし、
応援していただいた方々へ続きの話をお届けしたいという思いでもあります。

 --作品を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったことは?

 オリジナルの作品なので、脚本や絵コンテ、そして出来上がりまで、そのたびに
「こんな感じになるのか」という新鮮な感動があります。逆に、すべて一から考えなければならないので、
その点は監督を中心にいろいろと試行錯誤をしています。

 また、この作品は、舞台となる町をかなり忠実に描いている作品でもありますし、
地元の方々とのやりとりも非常に多く、ある意味手間のかかる作品になっていると思います。
オリジナルであることも、実際の町が舞台であることも非常に労力はかかるものではありますが、
その分、新しい発見や出会いは多いので、恵まれた作品だなと思います。

 --今後の見どころを教えてください。

 これから中盤、終盤に差し掛かっていきます。楓や新入部員のかなえ先輩による写真部が
今後どんな形になっていくのか、ぜひご注目いただきたいです。また、楓の父親との思い出が
今後も描かれていきますし、楓と家族という視点でもお楽しみいただければなあと思います。
後半に向けてどんどん盛り上がっていくので、今後のエピソードにもぜひご注目いただきたいです。

 --ファンへ一言お願いします。

 いつも「たまゆら」を応援していただきありがとうございます。「たまゆら~もあぐれっしぶ~」をぜひ、
引き続き楽しんでいただければと思います。本編以外にも、11月2、3日に竹原を中心に
広島県で行われる「たまゆらの日」イベントやそのほかのイベント、タイアップなどの展開を
企画していきたいと思っています。作品の中で楓たちにはたくさんの出会いがあり、
すてきな思い出を作っているように、応援してくださる皆さまやスタッフ、キャスト、舞台の町の方々、
「たまゆら」に関わる人たち全員ですてきな思い出作りができるような作品になればよいなあと思っています。
ぜひ、今後も「たまゆら」に“ご参加”いただければ幸いです。

 そして、10月30日には、ついに「たまゆら~もあぐれっしぶ~」のブルーレイ&DVD第1巻が
発売になります。4月に開催された「たまゆら進級イベント」の映像やピクチャードラマ(静止画に音声を付けたもの)
など特典満載の第1巻になっております。楓たちを3年生、そして卒業へと導いてあげるべく、
ぜひ引き続きの応援よろしくお願いいたします!

http://mantan-web.jp/2013/08/03/20130803dog00m200005000c.html
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1375590185/ 【【アニメ】質問状 :「たまゆら ~もあぐれっしぶ~」 卒業まで描くのがスタッフの悲願】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: オムコシφ ★ 2013/08/01(木) 22:16:42.73 ID:???
7月より放送中のTVアニメ「たまゆら~もあぐれっしぶ~」と同じく7月より放送中のTVアニメ「君のいる町」がコラボ。ロケ地マップの無料配布が始まった。

これは、両作品の舞台が広島県(「たまゆら」:竹原市、「君のいる町」:庄原市)であることにちなんだコラボ企画。
共同制作した"広島ロケ地マップ"では、竹原市と庄原市の名所や観光スポットが作品とともに紹介されており、聖地巡礼に最適な地図になっている。

配布は、8月1日より、広島県内の各コンビニエンスストアや各地の広島県アンテナショップ(ローソン/ファミリーマート/セブンイレブン/イオン/イズミ/福屋/ひろしま夢プラザ/TAUショップ)にて。

no title


http://akiba-souken.com/article/anime/17159/
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1375363002/ 【【アニメ】「たまゆら もあぐれっしぶ」と「君のいる町」がコラボ! 広島つながりで「ロケ地マップ」を制作、8月1日から無料配布】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: オムコシφ ★ 2013/07/26(金) 09:57:52.84 ID:???
7月に放送が始まったTVアニメ「たまゆら ~もあぐれっしぶ~」と尾道ラーメンのコラボが決定。コラボ商品「たまゆらーめん」が8月10日に発売となる。

広島県竹原市を舞台に、写真が大好きな高校生・沢渡楓と彼女をとりまく人たちの日常とささやかな夢を描いた「たまゆら」の第2期シリーズである本作。
第1期シリーズとあわせてNHK広島でも放送されることが決定するなど、聖地巡礼アニメとしても盛り上がっている。

先日のサンフレッチェ広島とのコラボに続き、今回は、尾道の名物である"尾道ラーメン"に注目。
多数のお土産用ラーメンを取り扱っている地元企業「阿藻珍味」の直営店舗(※)において、オリジナルパッケージ仕様のお土産用ラーメン「たまゆらーめん 3食入り」1,000円を8月10日より販売する。
あわせて、同社の通販サイト(http://www.amo-hotline.com/)でも取り扱うとのこと。

※さんすて福山店、天満屋福山店、広島空港店、広島名店街店、福山市内直営店舗6店舗

no title


http://akiba-souken.com/article/hobby/17099/
元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1374800272/ 【【アニメ】「たまゆら もあぐれっしぶ」、尾道ラーメンとのコラボが決定! 8月10日から「たまゆらーめん」を販売】の続きを読む

このページのトップヘ

Back to Top