December 12, 2008

【韓国RF】2009年アップデートプレビューPart1byKさん

top

12月10日に韓国公式のノバスタイムズにて発表された2009年のアップデートプレビューの翻訳記事です。
色々と期待できる内容も多いのですが、この記事を書いてるKさんの言うことはあてにならない風呂敷を広げすぎなこともよくあります(笑)
どれだけかかるかはまだ未知数ですが2009年のアップデートを楽しみに見てみましょう。



2009年の初めアップデートプレビュー Part 1 : 上限レベル? 機甲パッチ? すべてやります!!

今まで多くのアップデートをして来たが RF マニアの皆さんを満足させるには足りないものが多かったのが事実。
しかし、今度の黄金時代イベントを始まりに真の意味での RF オンライン黄金時代が幕を開け、RF オンラインマニアの皆さんが願うゲームを作ろうとする開発チームの意図を皆さんに伝達するために今度アップデートプレビューを準備した。

次期アップデートはその内容も非常に膨大なため2009年1月から3月まで毎月ごとに行われる予定だと言ったら、
2009年新しい一年の始まりと共に新しくなる RF オンラインを期待してみても良いと思った筆者 Kさんが壮語する。

I.家出した上限レベルを捜します! - もうそれ位にして帰って来い、上限レベル開放!!

RF ユーザー達が一番望むアップデート一つを指折り数えなさいと言えばたぶん一番多くの人々がこれを言うでしょう。
ところで “上限レベル(55レベル)の開放!!”と…。

あれほど上限レベルを取っておいてすることがなくあちらこちらを迷う人が多いという話。しかし、もう言える!

今まで言葉も多くてたたりも多かった上限レベルがいよいよ開放される。今度開放されて新しい上限レベルになるレベルはおおよそ 65!!
家出をすれば苦労するのでこれからは放浪はやめてメインキャラクターに専念してみるようにしよう!!


II.3種族のロマン! 新規種族特化の追加

レベル制限が解けたがこれがなくてはダメだ! レベル制限が解けただけ種族特化もそれにふさわしく進化した! 期待しよう新規種族特化!!

1.夢はかなう
2002年ワールドカップの時の韓半島を覆い被せた単語 “夢はかなう”という言葉はもうベラートの幾多の機甲オーナーたちの話になった。
幾多のベラート人たちが子子孫孫伝えてきた来たという言葉“機… 機甲大破パッチが…来れば…”がいよいよ実現するのだ!

さらに65レベル台に当たる新規カタパルトとゴリアテまで追加になったらまさに二重の慶事に違いない。
ただ、大破が消えた代わりに機甲修理費が増えたのが残念ではあるが、大破が消えたと言うのにそれ位気にすることだろうか?
もう大破の心配なしに聖戦で他種族の撃退を楽しんで見るようにしよう。

01
02
[60レベルカタパルト]

16
17
[60レベルゴリアテ]

2.シージキットの追加
最強火力といえばばシージキットでありシージキットといえば最強火力を意味するのに、より強力な65レベルレアシージキットが追加された。
もちろんこのシージキットを購入するためにはもっと多くのお金が必要だが、一度使えば他の品物では満足できない性能だろう。

18
[60レベルシージキット]

3.新規アニムスの追加
種族特化はある一種族を代表する象徴といえる。
しかし、コラを代表するアニムスの中にはその効果をほとんど使うことができないアニムスがあるというのも事実。

これでは種族特化とは言えない。新しくレアアニムスが追加されて既存のアニムスとは比較にならない力強さを見せることだろう。
しかしアニムス召還の時FPが持続的に消耗するペナルティが存在する。


III.2009年ファッションリーダーを担う! 新規武器と防具!!

種族特化だけではない。子供が成長して大人になったが幼い時に着た服をそのまま着ることはできない!
60レベルと65レベル台の武器と防具も同時に追加になる。
こんなに言葉にすれば誰かがまた言うはず。口先だけでいつ出るの?

こんな方々のために新規防具の一部イメージをこっそり公開しようとする。
新防具のコンセプトはホワイトであるが新防具デザインのために有名デザイナーである'K先生'と交渉したのではないかという疑いがある。

03
04

05
06

07

IV.狩り場不足? いつの話? 新規マップノバジャンの廃墟の追加!

レベルを開放しても何をするの? 狩る所がないのに…

そんな心配は無用!それに対する対策ももう用意している。
50レベル以上のユーザー達のための新規狩り場であるノバジャンの廃墟が新しく追加される。
それも去る夏アップデートのようにボス討伐のみのための狩り場ではなく真正な狩り場として登場だ。
新規ノバジャンの廃墟のほか新規バトルダンジョンも別にアップデートされる予定で、
特に今度はモンスターたちのAIが向上して今までとはまた他の楽しさを与えることが出来るはずだと豪語する。

また、新規狩り場による多様なクエストが用意してありその数だけもおおよそ1,500個を超えて、
クエストを通じてレベルアップはもちろん懐をいっぱい満たすことができるでしょう。
(ところで編集長様、今度のクエスト整理もまた私がしなければならないんですか?
この前の100個もかなり大変でしたが1,500個をいつすべてやればいいでしょう…? )

08

09

10

11

12

V.キャラクター能力の限界突破! 無限熟練度!!

オープンベータを含めて創始期から今まで RF オンラインをずっと楽しんで来た人ならその時代の熟練度システムを覚えているでしょう。
当時は種族とクラスに関わらずに熟練度を無制限であげることができたが、
無慈悲な熟練度作業によるクラスを超越したバランス問題などによって熟練度システムが変更されて今に至るようになった。

このような熟練度システムが次期アップデートを通じてその頃のようにほとんど無制限に近い9999PTまであげることができるようになった。
もちろんそのまま誰でもすべて9999PTになることができることではない。
キャラクターが 56レベルを果たして、熟練度が99PTの場合にだけ9999PTまで熟練度をあげることができるようになったのだ。

このようなアップデートは 55レベルという限界に到逹したキャラクターがその限界を突破して99PT以上に熟練度をあげることで
キャラクターの能力がもっと向上するということを意味して、高レベルキャラクターはさらに強い力を得るようになった。

レベルが全てという言葉があったらたぶんそれは55レベルまでの話しでしょう。
56レベルからはレベルとともに熟練度も気を使うものが真の強者となるでしょう!

果たして、GM段階を越えて9,999PTを達成して伝説の段階の一番先に到逹するのは誰か?!


VI.金策はもうそれ位にして!ゲームマネーのドロップ!!

ゲームを楽しむ人なら高レベルになるにつれ最強装備に対する欲求は誰でも持っていると考えられる。
しかし、レベルが上がれば上がるほど自分が持つアイテムの限界をつくづくと感じるようになる。
上位段階のアイテムを用意したいが幾何級数的に増える費用を用意するには手に余る。
そうだとしても月に一回魔法にかかるように富裕になる方法を使うこともできないものだ。
結局大部分のユーザー達の選択する方法は四六時中金策のメッカであるイダーに行ってお金を儲けることだけだ。
しかし、これからはそんな必要が消えた。

15

[新キャラ生成はもうそれ位にして! 高レベル狩りがもっと多くのお金を儲ける!!]



モンスターから戦利品だけ落ちていたが今度はゲームマネーも落ちるようになった。
当然、モンスターのレベルが高かったり、等級が高くなるほど得ることができるゲームマネーの量も増える。
結局自分のメインキャラクターで狩れば時間も節約しながらキャラクター育成と多くのお金を得ることが出来て一石二鳥なのだ。
いっしょに新たに追加されるクエストを通してゲームマネーと経験値をより簡単に得ることができるのでこれを積極的に活用するようにしよう。

これからは買いたい装備も思いきり買うことができる世の中なのだ!

t o b e c o n t i n u e d.
- ノバスタイムズ編集部 (novustimes@ccr.co.kr) -



ちなみに韓国ユーザーのこの記事に対するコメントも賛否両論なのですが、
日本RFユーザーの皆さんの目にはどう映ったでしょうか?
編集者は個人的にはどんな形であれゲームが発展していくのは歓迎です。
これからのアップデートにも期待していきたいと思っています。

記事編集byミィー@novuseye編集部


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ゆー   December 14, 2008 18:36
アップデート楽しみですね。
でも新装備のグラフィックは、手を抜き過ぎなきがしますね。どう見ても47装備の色違いですし・・・
2. Posted by あー   December 15, 2008 19:57
ARはLv60になっても、同Lvの敵に対し、1VS1の状態で倒せないでしょう。特に武器がエンチャーできたりすることで、もっと倒せなくなると考えます。

機甲パーツも強化機能を導入してほしいね。機甲パーツを+1〜7とかにしてほしい。
3. Posted by ゆー   December 16, 2008 00:26
そうですねー。今は機甲乗って狩も出来ないですもん。
あとドロップとか、製作とかでパーツ作れたらいいですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔