こんにちは!私は中国から来た元留学生の脳残君と申します。どうぞよろしくお願いします。
このブロクの内容は自分の留学体験に基づいてあり、フィクションと仕上げしました。実在の人物、団体とは一切関係ありません。毎週更新しています。
実は、私は日本を愛してる「オタク」です。小さい時から、日本の漫画・アニメ・ゲームが大好き! だったので日本に来ました。私にとって、「中国は母」、「日本は恋人」だと思っています。母と恋人が仲良くなってもらう為に、私は頑張っています。
この漫画の中国版「日在日本」は現在連載中です。日本と中国のいいものを皆さんにご紹介できたらと思っています。このブロクのマンガをまとめて作ったコミック「脳残君ものがたり」、今アマゾンで販売中です。
残念ですが、日本語まだまだので、多分変な所が沢山あると思います。もし、どなたか変な日本語を直して頂ければ、本当に感謝します。宜しければ、感想を私のメール(nouzankun82@yahoo.co.jp)へ送信してください。
終わりに、閲覧いただきありがとうございました!

来月からサラリーマンに復帰と決めます

久しぶりの更新で、近況報告をすると申します。
ちょっと悔しいけど、もう一年続いてた漫画の失敗が間違いない事実、と認めました。
いっぱい力かかってより綺麗なOPを描いても、人気が出てこない。二三社の編集者に契約について企画書を提出して相談しても、"モテない絵柄だから残念”という理由で断れました。商業漫画として、これから続いても意味無いとはっきり納得して、悔しいけどここまでです。
将来連載再開するために、これから地味な努力が必要だと思って、ネットで就活を始めます。編集者と読者に認められるために、他社で勉強してレベルアップことが必要だと思います。
もちろん、以前の連載にかかった時間と力は無駄でわない、何社も私が提出した作品、つまり連載の OPに興味があって、仕事のofferをくれました。
来月から妻と両親と別れて、他の市のより大手な漫画会社で働くと決めました。大卒から何社で働いてたけど、今回はちょっと違う。給料のためではない、将来自分の連載を再開するために、特訓として頑張りたいと思います。
まあ、6年前一人で異国の地に留学生活を始めることと比べたら、今回の単身赴任が簡単、弱い自分に負けないように頑張りたいと言います。

久しぶりの更新

二ヶ月間マンガ作業に没頭して、昨日やっとマンガの前篇小説を完結して、正編物語を始めます。
そして、このブログを久しぶりに更新します。待ってる方にごめんを言います。
正編物語最初の部分にアニメのOPみたいな物を作りたい、これは昔の発想と言います。中国のウェブコミック読者99%は根気がない若者だから、自分の絵が下手なので、数ページのハイクオリティ絵でキャラと世界観を紹介するOPを作って、一発読者の心を掴むと思います。まあ、ハーレムジャンル作品の表紙絵で女性キャラ全員登場のが常識だから
ちなみにわざわざOPを作ったマンガなんか、私は見たことないからやる甲斐あると思います。商業誌のページが貴重でそうさせられないが、ウェブコミックの方ページが無限大だから大丈夫。
そして一ヶ月かかって自分には現時点最高クオリティの絵を描いて、OPを作りました。ただ12ページだけど企画書中一年間連載分のキャラと展開を紹介しました。バカじゃない読者はこれを読んだら何の物語が大体わかるだろう、と思います。
6月に一ヶ月かかって1万字ぐらいのマンガ企画書を作って、ずっと付き合ってた大手ウェブコミック会社の編集者と相談して契約応募してみたけど、残念ながら結局失敗しました。
やはり正編物語は始まってない企画書だけ、粗末な前篇物語で契約にが難しいだろう。それに自分の企画書中変な設定がいっぱい出る、編集者にが理解出来ないかも。
幸いに以前練習ように作った前篇物語は読者達に認めて、だんだん人気に増えて今アクセス数は2000万に近い、数字だけ見れば悪くない。将来1億達成したらまた応募すれば有利、予想に外れないなら開花までまた半年以上育つと思います。
将来はどうか今何も言えないが、「嫁達への愛」しかスランプを乗り越えられない、と思っています。昔水木先生は片手で40歳まで人気がなくでも描いてる、私のような五体健全のだらけ人間なんか苦情吐く資格がねえだろう。
それでは、更新再開します。このOP中全チャラ名は日本語で書いてる、中国語のネタバレしないようにわざとします。あ、暇の時前篇物語また更新を続く、やめていない。よろしくね~
p001 副本

p002 副本
p003 副本
p004 副本
p005 副本
p006 副本
p007 副本
p008 副本
p009 副本
p010 副本
p011 副本
p013 副本
p012`0



 

前篇第三回(8)

皆さん、お久しぶり~脳残くんです
先週取材に中国の千年古都西安市へ行って、毎日博物館で見学して楽しかった~
日本語を喋ってるお年寄り旅行者いっぱいあった、残念ながら日本語会話力低いから声をかけたことないです
今後マンガの正編物語は何を描くべき、やっとわかった
更新遅れたすみませんが、これから再開します

  p072
p072`1
p072`2
p073
p073`1
p073`2
p074
p075`1
p075`2
p075`3
p075`4
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ