こんにちは!私は中国から来た元留学生の脳残君と申します。どうぞよろしくお願いします。
このブロクの内容は自分の留学体験に基づいてあり、フィクションと仕上げしました。実在の人物、団体とは一切関係ありません。毎週更新しています。
実は、私は日本を愛してる「オタク」です。小さい時から、日本の漫画・アニメ・ゲームが大好き! だったので日本に来ました。私にとって、「中国は母」、「日本は恋人」だと思っています。母と恋人が仲良くなってもらう為に、私は頑張っています。
この漫画の中国版「日在日本」は現在連載中です。日本と中国のいいものを皆さんにご紹介できたらと思っています。このブロクのマンガをまとめて作ったコミック「脳残君ものがたり」、今アマゾンで販売中です。
残念ですが、日本語まだまだので、多分変な所が沢山あると思います。もし、どなたか変な日本語を直して頂ければ、本当に感謝します。宜しければ、感想を私のメール(nouzankun82@yahoo.co.jp)へ送信してください。
終わりに、閲覧いただきありがとうございました!

あけましておめでとうございます

皆さん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします~
最近livedoor プロフィール 終了のお知らせメールが届いた、「まさか、私のブログはもうすぐお終い?!」と驚いて、ちょっと調べて今月末終了する予定のがこのライブドアブログと違うサービスって、多分このブログが大丈夫かな。。。
もしいつかこのブログのサービスが終了したら、他の場所で新たなブログを作らければならない、引越しことが面倒くさい。いや、完璧のブログ引越しができないかな、記事が多すぎると思うから。
ちょっと近状報告します。先月末大手漫画会社の仕事をやめて、今もう家に戻りました。三ヶ月の働く、お世辞じゃなく本当によく勉強になりました。やはりプロの世界は昔私の想像と違う、知らなかったことが多いです。そして、自分は漫画会社で良いサラリーマンになれないこともうわかりました。
自分と十歳以上年下の若者達と仲良く働くこと、正直想像以上難しいです。もし十歳若ければまだできると思うけど、今の私には無理かな。(苦笑)
元々知ってた、私にがマンガ家として生きる道、自分のスタジオを作るだけです。
今の私は三ヶ月前より、この目標に近くなったと確信します。漫画技術をレベルアップした、今は他の漫画会社のネットアシをやっています。どんどん練習してレベルアップ、今年にウェブコミック会社の連載契約を取ること、夢ではないと信じます。
これからも、頑張りますよ~

漫画会社で働いたからもう一ヶ月

そろそろ大都会の大手漫画会社で働いたから、もう一ヶ月。いろんな感想月月が出て、ちょっとここで書きたいです。
やはりプロな会社はアマな自分と違って、やり方は別々です。
まずは作品の品質は違う。例えばペーン入れ、自分の作品にが1ページ大体1時間終了だが、今会社で2~3時間かかります。それしても、まだマンガ家先生に「これがダメ、それはまずい」と責められて、よく勉強になりました。
 だが、勉強になったけど、ここは長いる場所ではないと、よくわかります。なぜなら、自分もう大人しく他人の会社で何年間サラリーマンを演じる歳ではない。
もし十歳若ければ大人しくするかも。35歳のおじさん、どう考えてもボスに重用されるわけがないだろう。
うちの会社は10代~20代青少年に向けて少年と少女マンガをやっているから、20代の有能者と上位を競争すれば、もちろんじいさんの私のほうが不利です。
だから、数か月後ここの仕事をやめて、他のマンガ会社で勉強を続く、あるいは実家に戻ってまた自分のマンガを描くと決めました。
最後に、ちょっと最近やった仕事作品をここに掲載します。見ればわかる、自分の作品とが全然違います。
「キングダム」みたいの戦国少年漫、今中国のネットで17億アクセス数の人気作品です。
 でも、私が好きな作品ではない、仕事の時全然快感が出てこない。
かわいい女の子を描いたいが、今毎日筋肉男を描き続く、全然面白くないなあ~
まあ、イケメンキャラの描き方を勉強するとして、悪くない。 
 IMG_4728
IMG_4727
IMG_4726

来月からサラリーマンに復帰と決めます

久しぶりの更新で、近況報告をすると申します。
ちょっと悔しいけど、もう一年続いてた漫画の失敗が間違いない事実、と認めました。
いっぱい力かかってより綺麗なOPを描いても、人気が出てこない。二三社の編集者に契約について企画書を提出して相談しても、"モテない絵柄だから残念”という理由で断れました。商業漫画として、これから続いても意味無いとはっきり納得して、悔しいけどここまでです。
将来連載再開するために、これから地味な努力が必要だと思って、ネットで就活を始めます。編集者と読者に認められるために、他社で勉強してレベルアップことが必要だと思います。
もちろん、以前の連載にかかった時間と力は無駄でわない、何社も私が提出した作品、つまり連載の OPに興味があって、仕事のofferをくれました。
来月から妻と両親と別れて、他の市のより大手な漫画会社で働くと決めました。大卒から何社で働いてたけど、今回はちょっと違う。給料のためではない、将来自分の連載を再開するために、特訓として頑張りたいと思います。
まあ、6年前一人で異国の地に留学生活を始めることと比べたら、今回の単身赴任が簡単、弱い自分に負けないように頑張りたいと言います。
プロフィール

脳残君

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ