アメリカで編み物 -- Knitting Kitten in USA

海外のパターン、日本のパターンを使って編み物をしています。英語のパターン読み方なども紹介していければと思います。

Featherweight cardigan No.2 + ワンピースを縫いました

2枚目のFeatherweight cardigan。madelinetosh tosh laceのcobaltという色で編みました。


編み始めたのは春でしたが他の物のほうが編み進んで全然完成しなかった。。
1枚目の編み上がりを参考に肩と前身頃の目数を少し増やしました。腕回りも1枚目より少し余裕があります。
夏の間は冷房対策に活躍してくれましたが、これからの季節にもきっと活躍してくれるはず。

ソーイングを再開したいとしばらく思っていました。
ようやく6月にミシンを買いました。3年前の日本出国時にミシンを手放してからずっとほしいと思っていたのでした。買ったのはJanome。アメリカでも結構人気があるみたい。
久しぶりのワンピースなのでちょっと安めの布で。かわいいんだけどしわになりやすいのが欠点。
image

上の写真とワンピースの色が違っていますが、下の色のほうが実物に近いかな。
胸のプリーツがポイント。ノースリーブだけど、カーディガンがあればまだまだ着られる!

夏のトップス×2

1つ目はRowanのSarah HattonがデザインしたパターンでKiku。去年買ったパターン本からです。Rowanの糸はちょっと高めなので、いつもセールの時を狙って買っています。使った糸はMaryland Sheep & Woolというイベントで安売りしていました。一玉10ドル近くするのが3ドル!


パターンの変更点はウェストシェイプをつけたのと、袖を少し長くしたところです。

2つ目はQuince&Co.のリネンの糸とパターンを使ったPippa。 リネンは初チャレンジでした。Sparrowという糸です。水通しをする前は少し硬めでしたが、洗えば柔らかくなると聞いていたので、2かせ目からはかせのまま軽く水通しをしてから糸を巻いて編んでみました。少し編みやすくなったかな。そして洗うほどに柔らかくなる。



後ろのレースがポイント。

RomiさんのショールMeropeを編みました

前回の更新から大分時間が空いてしまいました。
Ravelryのプロジェクトのページも放置気味。夏に編んだものは早く着画をとってアップしないと夏物が着られなくなってしまう!ということで少しずつアップしようと思います。
とりあえず、まずはショール。まだほかにも2つ編みかけだったりします。レースのエッジをあんでいるのでなかなか進まない。
Romi (Rosemary) さんのMeropeというショールです。 


使用糸:madelinetosh Tosh Merino Light 色:Moonglow
使用針:US 4 - 3.5 mm
写真は少し暗めですが、エッジがきれいでお気に入りです。
このショールは下から上に向かって編んでいきます。チャートがあるのとリピートが多いので慣れれば簡単でした。編むのが楽しくてどんどん編めました。パターンはサイズが小(メリヤス)と中(ガーター)があるのですが、メリヤスで中サイズを編みました。サイズを変更したので最後に糸が少し足りなくなり気味だったので調整したらぎりぎりで編み終わりました。
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • Featherweight cardigan No.2 + ワンピースを縫いました
  • Featherweight cardigan No.2 + ワンピースを縫いました
  • 夏のトップス×2
  • 夏のトップス×2
  • 夏のトップス×2
  • RomiさんのショールMeropeを編みました
  • MadMayでBreathing Spaceを編んでいます
  • 今シーズン編んだもの(ウェア編)
  • 今シーズン編んだもの(ウェア編)