のぞみ整形外科人事採用ブログ

広島県広島市南区西蟹屋・東広島市・五日市にあるのぞみ整形外科クリニック人事採用ブログです。

 はじめまして、西条セラピスト部理学療法士の唐原直也です。

 本当に患者さんをしっかり診ることができるのか、良くすることができるのか、と悩み、新しい生活や環境に緊張していた4月から早くも半年が経ちました。この半年では知識や技術だけでなく、社会人としても成長でき、とても充実した半年だったと思います。

 唐原直也

のぞみ整形外科クリニック

理学療法士 唐原 直也

 私が就職先を決める際に一番重要視したポイントは、職場内の雰囲気や環境です。就職後新しい環境に上手く馴染めるのか、自分が困ったときに気軽に相談できる先輩ができるのかが就職前は心配でした。のぞみには最後の長期実習でお世話になっており、その8週間の実習を通して、このクリニックで働いているスタッフは笑顔が多く、それに伴い笑顔で帰られる患者さんもとても多いように感じました。また、若いスタッフが多いこともあり、些細な質問でも気軽に質問することができ、質問したことに対しても真剣に考え答えてくださったため、消化不良の無い有意義な実習を過ごせました。のぞみに就職しようと思った理由の一つが、この雰囲気の良さと気軽に相談できる先輩がいることでした。実際に就職してみて、のぞみではスタッフ間の仲がとても良く、休日にはスタッフ同士で集まって遊びに行くなど企画事もあるため、早くに馴染むことができ、また、困ったことがあっても一人で抱え込むことが無く、気軽に先輩に助けを求めることができるので、ここに就職して良かったと思っています。

 のぞみでは、新人教育にも力を入れており、そこも魅力の一つでした。患者さんに実際に触れる機会は実習の時くらいしかなく、自分は特に触診などの技術面に苦手意識をもっていたため、就職してから患者さんを診ることに不安を感じていました。のぞみの新人教育では、一人の新人に対し、毎日2~3人の先輩がついてくださり、部位ごとに触診の練習を行ってくださります。また、先輩の見学に入る3週間の研修期間中は患者さんの問診や評価、治療を多く経験させてくださるなど、患者さんを診るための準備をしっかり行っていただけるので、慌てることなく、無事理学療法士としてデビューすることができました。

 のぞみに入職してからまだ半年しか経っていませんが、クリニックでは年齢では小さい子からお年寄りの方まで、痛みの部位や疾患も様々な方が来られ、一日に診る患者さんの数も多いため、この半年では多くのことを経験し、学び、成長できたと感じています。これからも今よりもっと多くの経験ができると思います。その度にさらに多くの知識を身につけ、成長することで今後診させていただく患者さんを一人でも多く笑顔にできるよう頑張っていきたいと思います。

=============================== 
のぞみ整形外科スタジアム前クリニック
732-0804
広島市南区西蟹屋
4-8-35
082-262-2000

のぞみ整形外科クリニック
739-0021
東広島市西条町助実
1182-1
082-422-6000

のぞみ整形外科ヒロシマ
731-5106
広島市佐伯区利松
3-6-30
082-929-0009

================================

はじめまして。セラピスト部理学療法士の前田直哉と申します。

のぞみに入職してから早くも8か月が経ちました。入職当初は、仕事でも分からないことだらけ、初めての一人暮らしなどもあり、自分のことで手一杯で毎日ヘトヘトになっていました。そんな私ですが8か月が経ち仕事や環境にも慣れ少しずつ成長していると感じています。

 前田直哉

のぞみ整形外科スタジアム前クリニック

セラピスト部 理学療法士 前田 直哉

は元々実習で整形の外来を経験しており患者さんの生活に直接的なアプローチを行えることに、魅力を感じ整形のクリニックで働きたいと思うようになりました。のぞみに見学に行った際は、病院とは思えない雰囲気やスタッフ間の仲の良さ、教育体制などにすぐに心を打たれ、「絶対にここで働きたい!」と思いました。

その願いも叶い、いざ就職となると右も左もわからない状態で不安な気持ちが強かったです。しかし入職してからの3週間は先輩方の治療の見学をさせていただき、実際にどんな考えで治療を行っているかを丁寧に教えて下さり、また業務後にも評価・触診・治療技術などの実技を自分が分かるまで熱心に指導して頂きました。そのおかげで最初のころの不安な気持ちも軽くなり、早く自分も患者さんに介入したい!という気持ちが強くなってきました。

担当の患者さんを持つようになり、半年以上経った今でも、悩むことは多いですが、だんだんと患者さんから「あなたのおかげで楽になったよ」という声が増えてきました。その度、理学療法士を目指してよかったと思い、もっと患者さんのためにできることはないかと自分自身のスキルアップをしようと努力できるようになりました。

新人の今だからこそ、患者さんのことを考える時間は長いので今努力して、早く先輩たちのような理学療法士に近づいていきたいです。

 

今まで、業務のことだけ述べましたが、何よりスタッフ間の仲が良く、働きやすい環境ということも非常に魅力的です。

業務後に先輩にご飯に連れて行って頂いたり、お酒を嗜んだりと仕事だけの関係で留まらないことで日々の仕事へのモチベーションを高く維持できます。

=============================== 
のぞみ整形外科スタジアム前クリニック
732-0804
広島市南区西蟹屋
4-8-35
082-262-2000

のぞみ整形外科クリニック
739-0021
東広島市西条町助実
1182-1
082-422-6000

のぞみ整形外科ヒロシマ
731-5106
広島市佐伯区利松
3-6-30
082-929-0009

================================

 はじめまして、セラピスト部理学療法士の高岡美月です。のぞみ整形外科クリニックに入職して、あっという間に8ヶ月が経ちました。最初は新しい環境や変則のシフトに慣れず、帰宅後疲れてすぐに眠るような状態でしたが、今は環境にも慣れてきて、毎日明るく楽しく働いています。

 高岡美月

のぞみ整形外科クリニック

理学療法士 高岡美月

 私がのぞみ整形外科クリニックを志望した理由は、特に運動学が好きで整形外科疾患を中心に診たいという気持ちが強かったからです。整形外科クリニックで就職先を探していたときに、大学の先生からのぞみ整形外科クリニックを進められました。病院見学に来て、クリニックの雰囲気や理念に強く惹かれ、ここを志望し就職することができました。

 入職した当初は、これから一人の理学療法士として責任を持って患者さんを診ていくことを楽しみにしていた反面、私は臨床実習を全て病院で経験していたため、クリニックの業務内容や治療方法など身近で見ることがなく、病院とクリニックのギャップに対して不安な気持ちも持っていました。しかし、先輩のスタッフは皆さん優しく明るい方ばかりで、すぐに打ち解けることができ、分からないことも優しく丁寧に教えてくださいました。また、入職してすぐに先輩スタッフの治療場面を見学させて頂いたり、業務後には新人教育の時間をとって頂き触診や評価方法を実技で教えて頂きました。大学では教わらなかった、より臨床的な内容を教えて頂き、すぐに実際の治療場面で生かすことができました。

 入職して4週間目で患者さんを担当させて頂くようになりましたが、同じ疾患名でも患者さんによって全く症状が異なり、はじめは上手くいかないことばかりでした。原因組織の特定や患者教育など、様々なことで悩んでいましたが、週1回で先輩スタッフに症例を相談する時間を頂き、その時間でゆっくり質問や相談をすることができました。毎週土曜日の業務前に、新人1人に対して先輩セラピスト数人のグループ制で新人の症例検討を行います。自分の知識不足や技術不足を感じることもありますが、「私も先輩たちのようになりたい」と改めて思う時間でもあり、さらに気持ちを高めることができました。

 このように新人教育が充実しているのぞみ整形外科クリニックでは、1年目でも安心して楽しく働くことができています。みなさんも一緒にのぞみ整形外科クリニックで明るく楽しく働いてみませんか?

=============================== 
のぞみ整形外科スタジアム前クリニック
732-0804
広島市南区西蟹屋
4-8-35
082-262-2000

のぞみ整形外科クリニック
739-0021
東広島市西条町助実
1182-1
082-422-6000

のぞみ整形外科ヒロシマ
731-5106
広島市佐伯区利松
3-6-30
082-929-0009

================================

↑このページのトップヘ