のぞみ整形外科人事採用ブログ

広島県広島市南区西蟹屋・東広島市・五日市にあるのぞみ整形外科クリニック人事採用ブログです。

カテゴリ: 看護部ブログ

のぞみ整形外科では、定期的に勉強会を行っています。

放射線科で開催する勉強会で、撮影法や読影について勉強するのはもちろんですが、

看護部やセラピスト、リハビリ部といった他部門の勉強会にも参加できます。

堀祐輔
 

のぞみ整形外科クリニック

放射線技師 堀 祐輔

看護部の勉強会では注射や内服といった治療内容だけでなく、医師のカルテ記載内容についても学ぶことができます。

セラピスト部やリハビリ部の勉強会では自分が検査をした患者さんがどのような治療を受けているか確認できます。

 

どれも放射線技師同士の勉強会では触れる機会の少ない知識です。

 

他部門の知識に対する理解が深まれば、検査を行う患者さんの治療内容を深く理解することができ、その患者さんに対しよりよい検査を行うための貴重な情報を得ることができます。

幅広い知識を身に着けることで、よりよい検査につなげることができると最近とくに実感できるようになりました。

 

まだまだ学ぶことばかりですが、毎日少しずつ知識が増えていることが実感でき、充実しています。

=============================== 
のぞみ整形外科スタジアム前クリニック
732-0804
広島市南区西蟹屋
4-8-35
082-262-2000

のぞみ整形外科クリニック
739-0021
東広島市西条町助実
1182-1
082-422-6000

のぞみ整形外科ヒロシマ
731-5106
広島市佐伯区利松
3-6-30
082-929-0009

================================

2度目の出産から復職し、3か月が経ちました。

下の子が保育園に入園した直後は体調不良などで急なお休みを頂くことが多かったのですが、周りの協力もあり無事乗り越えることができました。

 image

のぞみ整形外科クリニック

看護部 放射線技師 竹光 愛

医療の世界は休みがとりにくいといったイメージをお持ちの方が多いかもしれませんが、のぞみでは沢山のスタッフが産休からの復職ができています。クリニックが作ってくれる労働環境だけでなく、一緒に働くスタッフの理解が大きいことが産休の取りやすさ、復職のしやすさに繋がっていると思います。

 

来年、平成30年春には『のぞみの森 保育園』が東広島市に開園予定となっています。

のぞみで働くスタッフの子どもを預けることができ、利用時間も8時から21時までと

長く、子どもをもつ母親としてはより働きやすくなりそうです。

 

のぞみは子どもをもつ母親だけではなく、これから母親になる女性にとっても働きやすい恵まれた環境だと思います。

=============================== 
のぞみ整形外科スタジアム前クリニック
732-0804
広島市南区西蟹屋
4-8-35
082-262-2000

のぞみ整形外科クリニック
739-0021
東広島市西条町助実
1182-1
082-422-6000

のぞみ整形外科ヒロシマ
731-5106
広島市佐伯区利松
3-6-30
082-929-0009

================================

この度、102022日の日程で開催された第19回日本骨粗鬆症学会に参加してきました。

学会に参加したことで骨粗鬆症の予防や治療について最新の研究結果など多くの情報に触れることが出来ました。

 禎田寛

のぞみ整形外科クリニック

放射線技師 禎田 寛

骨粗鬆症予防や治療と放射線技師の関連は薄そうに感じますが、実際にはそうではないことが再確認できました。骨粗鬆症の診断にはレントゲンや骨密度(DXA)検査が欠かせません。それ以外にも最近話題になっているいつのまにか骨折など骨粗鬆症に由来する骨折(脆弱性骨折)にはMRIでないと分からないものもあります。これらの検査は放射線技師が関わっており、正確な検査を行うことが治療の選択に重要であり、放射線技師は骨粗鬆症の予防や治療に大きく関わっていることがいることが再認識できました。

 

また、今回の学会では骨粗鬆症の薬物治療だけだはなく運動による筋力強化やバランス感覚の改善が重要だと盛んに取り上げられていました。まさに整形外科に求められる役割であり、今後のぞみが目指していく姿の一つではないかと感じました。

 

Dr、看護師、放射線技師などの診療部の連携ではなく、理学療法士、作業療法士、トレーナー、介護士などクリニック全体で連携・協力することで地域の皆さんの健康増進と骨粗鬆症の予防や治療を行っていきたいと考えるいい機会となりました。

=============================== 
のぞみ整形外科スタジアム前クリニック
732-0804
広島市南区西蟹屋
4-8-35
082-262-2000

のぞみ整形外科クリニック
739-0021
東広島市西条町助実
1182-1
082-422-6000

のぞみ整形外科ヒロシマ
731-5106
広島市佐伯区利松
3-6-30
082-929-0009

================================

のぞみスタジアム前に入職して早1年。入る前から私が就職活動中、「のぞみは常に挑戦している、勢いのあるクリニック」だと聞いていました。その挑戦の中の一つがここ、のぞみスタジアム前クリニックです。新たな“いっぽ”の一員として加わり、そして一年が経ちました。

 三宅博和

のぞみ整形外科スタジアム前クリニック

放射線技師 三宅博和

感じたことは、技術者一人ひとりの努力と個性をみんなで一つに協力し、大きな強い力を生み出していこうという姿勢です。自分ひとりでは出来なかったことを、みんなでやってきたから出来て、今があるように感じます。

そして今、のぞみは次の挑戦へと歩を進めています。

 

私が診療放射線技師として入職して働き、のぞみの特色だと感じたことは、医師の先生と我々従事者との距離が近いことです。不安なことや、わからなかったことも先生と相談して問題解消が出来、先生からの要望も聞きやすいところがあります。検査の目的や意味、画像の読影法などを先生から学ぶことで自分の成長に大きく影響していると思います。

また、やれることは積極的にさせてもらえるのでスキルアップが早いと思います。

のぞみの理念にもある、「私たちは身近で親しみのある安心できるクリニックを目指します」とあるように、患者さんと会話して痛みの原因を探りながら検査を行なうので、ただ言われた事をやるのでなく自分で考えながら検査しています。なので、やりがいも大きいと思います。

そして最後に、のぞみではチームワーク医療を大切にしています、スタジアム前では月一回程度で他部門の勉強会を開いてもらい、分からない事や改善点は無いかなど話し合っています。こういった形で他部門との距離が縮まり、お互いに助け合える環境がのぞみならではの特色だと思いました。

=============================== 
のぞみ整形外科スタジアム前クリニック
732-0804
広島市南区西蟹屋
4-8-35
082-262-2000

のぞみ整形外科クリニック
739-0021
東広島市西条町助実
1182-1
082-422-6000

のぞみ整形外科ヒロシマ
731-5106
広島市佐伯区利松
3-6-30
082-929-0009

================================

こんにちは、放射線科の河村です。

入職して、3年という月日が経ちました。3年もあると職場でもさまざまな変化がありました。

 河村 仁嗣

のぞみ整形外科ヒロシマ

放射線技師 河村 仁嗣

私が入職した際は放射線技師は6人でしたが、現在は技師の人数も増え9人になりました。

レントゲンの撮影法やMRI検査での所見に対する意見交換なども充実し、より一層知識を深める事ができる様になりました。また人数も増えた為、勤務の調整や有休休暇もこれまで以上に配慮していただける様になりました。

 

病院としても変化しています。のぞみ整形外科ヒロシマでは、

骨折の治療促進を促すアクセラスを導入したり、2階フロアを改装しデイケア利用者さんのトレーニングルームの作成、3階にお風呂を設置。受付再来機の導入、徒手・鍼のWeb予約、試験段階ですが、肩や膝での超音波検査を利用した徒手のアプローチ等、日々様々な変化をしています。

 

この様に患者さんにより良い検査・治療・環境を提供できるように変化し続けています。

これからもより良い検査や環境を提供できるよう変化し続け、それに携わっていけたらと思います。

=============================== 
のぞみ整形外科スタジアム前クリニック
732-0804
広島市南区西蟹屋
4-8-35
082-262-2000

のぞみ整形外科クリニック
739-0021
東広島市西条町助実
1182-1
082-422-6000

のぞみ整形外科ヒロシマ
731-5106
広島市佐伯区利松
3-6-30
082-929-0009

================================

↑このページのトップヘ