2018年07月19日

豪雨災害関連「情報共有会議」を開催

FullSizeRender古賀と黒岩(理事)は午後、福岡県吉塚合同庁舎で「情報共有会議」の開催に従事しました。先日の「災害みんなで応援!ミーティング」の参加者を含む今般の豪雨災害支援団体および昨夏の九州北部豪雨災害の情報共有会議(第80回)のメンバーと合同の会議として、NPOのほか、企業・生協・大学(学生含む)・行政など多様な属性の参加者45名が一堂に会しました。県および3市の社会福祉協議会の災害ボランティアセンター県内の被災状況および支援状況の共有とあわせて、特に甚大な被害を受けられている広島・岡山・愛媛各県での支援活動の状況についても、改めてNPO法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)から話題提供がなされました。次回は26日木曜に開催予定です。引き続き多様な属性の皆さんに活用いただける会議となるよう、お手伝いしてまいります。

「子どものための児童館とNPOの協働事業」(通称:NPOどんどこプロジェクト)のため、北九州市へ

IMG_0348NPOどんどこプロジェクト(子どものための児童館とNPOの協働事業)の助成が、プロジェクトが立ち上がった2007年度以来、継続して決定となっています。今年度は3館(中島児童館、南曽根児童館、徳力児童館)で実施予定となっており、うち、この日は南曽根児童館における協働のマッチングの打合せに臨みました。お相手は、昨年度に南小倉児童館で協働していただいたCoffee & Hackersの松村さん。この日は、NPO法人ファザーリング・ジャパンの高橋さんも同伴の上、打合せに臨んでくださいました。こちらでは、昨年度の「地域に開かれたカフェづくり」をさらに深掘りする方向で計画しています。続きを読む

2018年07月17日

打合せのため、北九州市立大学へ

IMG_0311古賀は夕刻、北九州市立大学大学院マネジメント研究科の城戸教授を訪ね、昨年度からお手伝いしている地域マネジメント関連の書籍原稿について打合せをしました。赤入れをいただき、最終仕上げに向けて努めたいと思います。いつも貴重な機会を与えていただき、本当に感謝しております。

「子どものための児童館とNPOの協働事業」(通称:NPOどんどこプロジェクト)のため、北九州市へ

FullSizeRender北九州市の児童館では、今年度もNPOどんどこプロジェクト(子どものための児童館とNPOの協働事業)の助成が、プロジェクトが立ち上がった2007年度以来、継続して決定となっています。今年度は3館(中島児童館、南曽根児童館、徳力児童館)で実施予定となっており、うち、この日は中島児童館における協働のマッチングの打合せに臨みました。お相手は、株式会社映像BOX社長の吉塚さんおよび井上さん。中島児童館の計らいで、他の児童館にも参画を声かけされたところ、若園児童館と香月児童館の2館が新たに挙手され、計3館で映像制作のプログラムを実施する形となります。続きを読む

2018年07月13日

政策課題研究のため、島根県自治研修所へ

IMG_0221古賀は島根県庁の中堅職員を対象とした2日間の政策課題研究プログラムを担当しました。島根県自治研修所ではこの10年以上、市町村の新規採用者研修や中堅職員研修を担当しており(市町村職員対象の場合は、東部・西部の2箇所に分けて開催)、県職員対象は3年目初めて。例年に増して多様な職域の職員さんたちで、終始とても雰囲気が良かったです。災害対応で欠席された職員さんもおられました。大変ご苦労様です。

2018年07月11日

「災害みんなで応援!ミーティング 〜平成30年7月豪雨〜」を開催

37064494_1830161300401284_4759435547699576832_n古賀と黒岩(理事)は午後、福岡県吉塚合同庁舎で「災害みんなで応援!ミーティング 〜平成30年7月豪雨〜」の開催に従事しました。NPOのほか、企業・生協・大学(学生含む)・行政など多様な属性の参加者60名が一堂に会し、県および3市の社会福祉協議会の災害ボランティアセンター県内の被災状況の共有とあわせて、特に甚大な被害を受けられている広島・岡山・愛媛各県での支援活動の状況についても、NPO法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)から話題提供がなされました。今後はメーリングリストを新設して、逐次情報共有を図っていくこととなりました。続きを読む

2018年07月10日

お客様 from 北海道のNPO

FullSizeRenderここリカ・プロダクションの橋本さんが来訪。遡るところ2015年に釧路市で”伝えるコツ”の広報スキルアップセミナーの講師を担当した折からのご縁で、翌年には、同団体が厚生労働省から受託した「障害者の技術向上支援に係るモデル事業」においても、講師やファシリテーターとしてお手伝いした経緯があります。なかなか稀有なご縁かと思います。ご来訪ありがとうございました!

fnckoga at 17:30|PermalinkComments(0)clip!オフィスで | お客様

2018年07月08日

「子どものための児童館とNPOの協働事業」(通称:NPOどんどこプロジェクト)のため、北九州市へ

FullSizeRender北九州市の児童館では、今年度もNPOどんどこプロジェクト(子どものための児童館とNPOの協働事業)の助成が、プロジェクトが立ち上がった2007年度以来、継続して決定となりました。このうち、新規での実施となる徳力(とくりき)児童館における協働のマッチングの打合せに臨みました。続きを読む

2018年07月07日

[NPO×地域福祉]プロジェクト関連で、ステークホルダーミーティングを開催

FullSizeRender古賀は午後、赤い羽根福祉基金の助成を受けながら、日本NPOセンターとともに取り組むプロジェクトについて、成果物の作成に向けたステークホルダーミーティングを行いました。前回の「社会福祉協議会編」に引き続き、今回は「NPO支援組織編」。お声がけした面々に加えて公募もさせていただき、写真の通り一堂に会していただきました。来月には、いくつかの地域に出向いての異職種ステークホルダーミーティングも開催予定です。


2018年07月06日

SAVE JAPANプロジェクト中間報告会に出席

IMG_0024古賀は午後、東京都内で開催されたSAVE JAPANプロジェクトの中間報告会に出席しました。環境教育の全国プロジェクトとして始動した2012年度から参画していますが、ここ5年来はまほろば自然学校との協働事業として、協力者の広がりや活動フィールドの拡充などを加味した取り組みにシフトしています。全国各地の関係者との意見交換は、気づきも多く、有意義でした。

2018年07月04日

「駛馬が潤うエトセトラ」のため、大牟田市へ

IMG_9980古賀は夕刻、大牟田市の駛馬地区公民館で開催された、勉強会「駛馬が潤うエトセトラ」を担当しました。同地区といえば、認知症の高齢者を地域ぐるみで見守る取り組みの先駆者として、「地域再生大賞」受賞歴もありますが、より持続可能な組織づくりを図っていくために、この勉強会企画が持たれました。地域活動のコアメンバーの若手〜シニアの方まで、30名ほどが参加され、「資金調達」に重きを置いてお話をしました。続きを読む

久留米市「入庁2年目研修」を担当

IMG_9976古賀は午後、久留米市役所の入庁2年目の職員60名程を対象とした研修を担当しました。”職員としても個人としてもキラキラ輝きながら仕事に勤しんでほしい”という担当課の願いからスタートすること5年目。フレッシャーズの皆さんのご活躍と、公私にわたる充実を心から祈念しております!


2018年07月03日

[NPO×地域福祉]プロジェクト関連で、ステークホルダーミーティングを開催

FullSizeRender赤い羽根福祉基金の助成を受けながら、日本NPOセンターとともに取り組むプロジェクトについて、成果物の作成に向けたステークホルダーミーティングを行いました。今回は「社会福祉協議会編」で、キーパーソンの方々に大変有益なご意見をたくさんいただきました。難易度の高いプロジェクトゆえ、悩み悩み取り組んでいる中で、鼓舞されたような心持ちにもなりました。週末にはNPO支援センター編を予定。加えて来月には、いくつかの地域に出向いての異職種ステークホルダーミーティングも開催予定です。

2018年06月29日

「Happyぼうさいプロジェクト」実証実験準備のため、那覇市へ

IMG_9776古賀は先週に引き続き「Happyぼうさいプロジェクト」の、那覇市立若狭公民館を拠点として取り組む今年度の実証実験に向けて、パートナーとして動いている九州防災パートナーズの藤澤さん・KID's workの大久保さんとともに、近隣にある那覇市立若狭児童館および那覇市地域包括支援センター若狭の取材をしました。写真は、市営住宅の1Fにある同児童館。伺った時間帯は午前中だったので、乳幼児のママたちがスクラップブッキングをしに来館されていて、その様子にほっこりしました。続きを読む

2018年06月28日

市民センター(公民館)館長研修のため、北九州市へ

FullSizeRender古賀は先週に引き続き、計3回(前期2、後期1)で、北九州市内の140近くある市民センターの館長を対象とした研修を担当。昨年度から2年連続で担当しており、12月にかけてのシリーズ企画で、学びや対話を通じた、地域課題にアプローチする取り組みの創出を図ります。続きを読む

2018年06月27日

「Happyぼうさいプロジェクト」第3回アドバイザー会議を開催

FullSizeRender古賀は、博多駅前の会議室にて「Happyぼうさいプロジェクト」第3回アドバイザー会議を持たせていただきました。昨年度行った実証実験(北九州市小倉南区横代)および12件の先進事例調査を踏まえ、今年度は手引きなどの成果物を作成する予定ですが、その後の出口戦略も含めて討議しました。今回は新たにお二人にご参加いただきました。毎度ながら、時間があっという間に感じられます。次回は8月に開催予定です。

「公民館じょいんとプロジェクト」のため、高宮公民館へ

FullSizeRender古賀は午後、福岡市中央区役所と5年来の協働事業である「公民館じょいんとプロジェクト」の一環として、福岡市立高宮公民館での「うたづくり勉強会」に同席しました。こちらは、校区ビジョンの一環として、いわゆるご当地ソングを作ろうというプランが持ち上がっており、昨年度にご相談を受けていたところです。その席で、那覇市立若狭公民館での同様の取り組みについて情報提供をしておりましたところ、同公民館の宮城館長を講師としてお招きする形でのキックオフ勉強会が実現しました。続きを読む

2018年06月26日

ふくおかNPOセンター通常総会を開催

FullSizeRender法人設立16期目の通常総会を開催しました。常々、課題山積ですが、くっきりと見通しを立てる機会ともなり、節目は大事だなあとつくづく思いました。ご参加の皆様、ありがとうございました!

fnckoga at 20:30|PermalinkComments(0)clip!オフィスで 

お客様 from 財団

FullSizeRender公益財団法人ふるさと島根定住財団 地域活動支援課の方々が来訪されました。当地には、県の自治研修所の行政職員研修も含め、10年来通っていますので、その中での雑感をお話させていただきました。さわやかな朝そのものの写真!ありがとうございました。

fnckoga at 10:00|PermalinkComments(0)clip!オフィスで | お客様

2018年06月25日

「子どものための児童館とNPOの協働事業」(通称:NPOどんどこプロジェクト)」説明会に参加

FullSizeRender古賀は午後、東京都内で開催された「子どものための児童館とNPOの協働事業」(通称:NPOどんどこプロジェクト)の説明会に参加しました。10年来コーディネートのお手伝いをしているプロジェクトですが、今年度新たに実施する児童館が助成決定されたということで、”事業サポーター”なる役目をいただき、その立場として同席しました。説明会は新規実施館の担当者が対象ということで、改めてこのプロジェクトの意義を感じる機会ともなりました。今年度は北九州市内の3館を担当します。楽しみです!

2018年06月23日

「Happyぼうさいプロジェクト」実証実験打合せのため、那覇市へ

FullSizeRender古賀は「Happyぼうさいプロジェクト」の今年度の実証実験に向けて、那覇市立若狭公民館のエリアを目安に半日がかりでのフィールドワークを行いました。パートナーとして動いている計3団体のうち、九州防災パートナーズの藤澤さんが大阪北部地震の支援に向かわれているため、KID's workの大久保さんとともに、6時間にわたり、徒歩でフィールドワークをしました。続きを読む

2018年06月22日

「子どものための児童館とNPOの協働事業」(通称:NPOどんどこプロジェクト)のため、北九州市へ

FullSizeRender北九州市の児童館では、今年度もNPOどんどこプロジェクト(子どものための児童館とNPOの協働事業)の助成が、プロジェクトが立ち上がった2007年度以来、継続して決定しています。先日の徳力児童館に引き続き、南曽根児童館と中島児童館の先生方と、企画案づくりのための打ち合わせをしました。これら3館が今年度の実施館で、南曽根・中島両児童館とも、それぞれに内容は異なりますが、互いの企画に意見出しもしながらという感じで、有意義でした。同席くださった指定管理者・北九州市福祉事業団の藤田さん、ありがとうございました!

2018年06月21日

市民センター(公民館)館長研修のため、北九州市へ

2c8924ee古賀は昨年度に引き続き、計3回(前期2、後期1)で、北九州市内の140近くある市民センターの館長を対象とした研修を担当します。12月にかけてのシリーズ企画で、学びや対話を通じた、地域課題にアプローチする取り組みの創出を目的としたものです。ちなみに、同市といえば市内各地の児童館にも関わっているので、児童館の動きやニーズもお伝えしました。わいわいがやがやと、とても主体的に参加いただきました。次回は来週、また楽しみです!

2018年06月20日

「Qでん まちづくりサポート制度」選考委員会のため、九州電力へ

FullSizeRender古賀は日中、九州電力株式会社が試行段階として新設した「Qでん まちづくりサポート制度」選考委員会に出席しました。地域経済の活性化も見込んだ取り組みを応援するものとして九州一円で展開する想定で、今年度はひとまず長崎県を対象に行うこととなっています。写真は、委員会終了後の昼食会場に置かれていた百合です。昼食含め、委員各位と意見交換させていただき、自分も示唆を多くいただいたひとときでした。今後の展開に期待しています!

2018年06月19日

「子どものための児童館とNPOの協働事業」(通称:NPOどんどこプロジェクト)のため、北九州市へ

IMG_9463北九州市の児童館では、今年度もNPOどんどこプロジェクト(子どものための児童館とNPOの協働事業)の助成が、プロジェクトが立ち上がった2007年度以来、継続して決定しています。その第一弾として、新たに取り組まれる運びとなっている徳力(とくりき)児童館で、企画案づくりのための打ち合わせをしました。協働相手の検討含め、深掘りはこれから・・・というこの段階こそ、ワクワク感が増すものです。今年度が良いステップとなるよう、皆さんと力を合わせられたらと思います!

2018年06月15日

日本NPOセンター 通常総会に出席

IMG_9405古賀は夕刻、認定特定非営利活動法人日本NPOセンターの通常総会に団体正会員 兼 個人会員 兼 理事として出席。今回は議長の大役を拝命し、多くの質問を寄せられる会員各位を前に、終始緊張しながら臨みました。拙い進行で失礼しました。終了後の懇親会含め、センター・NPO・社会の明るい未来を、皆さんとともに創っていけたらと改めて思ったひとときでした。

2018年06月14日

中央共同募金会 70年答申推進委員会 第4回広報小委員会に出席

FullSizeRender古賀は夜、中央共同募金会 70年答申推進委員会 第4回広報小委員会に出席しました。今回は全国の都道府県および市町村から寄せられた大量の募金ツールを傍目に討議しました。毎度ながら、2時間強の会議時間があっという間に感じられます。共に大いに悩みながら、ステップアップの策を練っていけたらと思います!

2018年06月13日

愛媛県「市町教育委員会生涯学習・社会教育関係職員等研修会」を担当

CIMG0344古賀は愛媛県教育委員会 社会教育課主催の2日間がかりの「市町教育委員会生涯学習・社会教育関係職員等研修会」において、キックオフの基調講義を担当しました。”学びを通じた地域づくり”をテーマに、たくさんの事例も交えつつ、現場の課題とポイントをお話しました。会場の愛媛県生涯学習センターは、松山市の郊外にあり、これまでの出張時はたいてい松山市中心部に滞在していた身としては、合併後の松山市の広域ぶりも垣間見る思いがしました。

2018年06月10日

「豪雨災害みんなで応援!ミーティング」を開催

IMG_9231「さぐろう、できること。 〜豪雨災害みんなで応援!ミーティング」を3団体の共催で開催しました。NPOをはじめ、企業・行政・学生など45名が一同に会し、災害から一年を経ようとしている中での現地のニーズをキャッチし、それぞれにできることについて討議しました。ネットワークづくりも重要視しているイベントですので、引き続き折々で開催できたらと思っています。日曜の朝イチから、熱心にご参加いただき、ありがとうございました!

2018年06月09日

「しまねソーシャルデザインスクール」2年目が始動

FullSizeRender2年目の「しまねソーシャルデザインスクール」が始まりました。昨年度の最終回のレポートのリンクです。2年目は非公募(受講生つてのお誘い合わせは可)という形で、”ブラッシュアップ”を主眼に、秋にかけて進めてまいります。主催者側で、スタートアップに向けた資金面でのバックアップも図られるということで、この期間がみなさんの大きなステップとなりますよう、ご一緒に大いに悩み抜きながら取り組んでいけたらと気合いひとしおです!