2022年09月21日

TNCテレビ西日本「報道ワイド 記者のチカラ」レギュラーコメンテータ登板中

IMG-9772古賀は4月からTNCテレビ西日本「報道ワイド 記者のチカラ」のレギュラーコメンテーターを担当しており、8回目の登板日でした。この番組は今春からスタートしている”情報番組<報道番組”をコンセプトとしたもので、今回は学生時分から25年来、大変お世話になっている西日本新聞の池田郷さんと初コンビとなり、久しぶりの再会を心から喜びました!
ちなみに同局では8月より、新たに福岡の情報に特化した専用サイト「ヨテミラ!」を開設されています。硬軟の情報を一覧できる形ですので、自分も折々で活用します。サイトへのリンクです。

2022年09月20日

「災害時の個別支援に関する勉強会〜みんなで助かるためのレシピ」を開催

災害時個別支援勉強会220920古賀は午後、「Happyぼうさいプロジェクト」の一環としての多様な関係者との協働によるボトムアップ型「災害時個別支援計画」作成スキーム確立・普及の、オンライン企画「災害時の個別支援に関する勉強会〜みんなで助かるためのレシピ」を開催しました。この事業は「Yahoo!基金2021年度被災地調査助成」によるご支援をいただきながら2021年10月より実施しており、公益財団法人北海道精神保健推進協会 B型事業所 ここリカ・プロダクションとタッグを組みつつ進めています。北海道から鹿児島にわたる計25名が参加され、この1年来の取り組み状況を共有しつつ、災害時個別支援に関する今日的課題とポイントを「レシピ」としてお伝えしました。終盤の質疑応答では、今後も深掘りするべきと思われる質問や意見が出され、限られた時間ではありましたが、この事業としても示唆の多い時間となりました。アンケートからしましても、参加者の皆さんの問題意識やもやもやの深さを垣間見る思いで、さらなる発奮材料ともなっています。引き続き企画してまいります!

2022年09月16日

「災害時の個別支援に関する勉強会」のため札幌市へ

写真 2022-09-16 13 35 18古賀は午後、「Happyぼうさいプロジェクト」の一環としての多様な関係者との協働によるボトムアップ型「災害時個別支援計画」作成スキーム確立・普及の、パイロット事業の実地の一つである北海道札幌市白石区の柏町内会において勉強会を行いました。「Yahoo!基金2021年度被災地調査助成」によるご支援をいただきながら2021年10月より実施しており、公益財団法人北海道精神保健推進協会 B型事業所 ここリカ・プロダクションとタッグを組みつつ進めています。先月は同じパイロット事業として、札幌市に隣接する北広島市でも開催したところです。続きを読む

2022年09月15日

みやざき交流集会2022 Branch Meeting 第2回「つながる。」にコメンテータとして参加

みやざき古賀は午後、宮崎県社会福祉協議会主催「みやざき交流集会2022 Branch Meeting」の2回目の会合にコメンテータとして参加しました。計3回のミーティングを重ねながら、年の瀬には対面でのイベントを計画されており、一連の企画に同席予定です。「孤立・孤独と向き合う」を全体テーマとして、地域で「ひとりぼっち」を作らないためにできることをみんなで考える趣旨で、毎回事例発表を交えつつ皆さんとオンラインで意見交換する形式となっています。今回は「つながる。」をサブテーマに、宮崎県内で各地の多様なキーパーソンとつながり合いながら多様なアクティビティを提供している活動例と、兵庫県豊岡市でヘルスケアを基軸としつつ特徴的な手法でつながりを創出している取り組みの2事例の紹介がありました。毎度ながら、後半の質疑応答タイムこそ醍醐味と感じています。後続回の「ささえる。」も楽しみにしております!

2022年09月13日

九経調「地域経済データ㊙活用法〜「DATASALAD」の解説〜」に参加

データサラダTOP古賀は午後、(公財)九州経済調査協会主催「ビジネスはもっと楽になる!地域経済データ㊙活用法〜事業戦略策定や商談に使える「DATASALAD」の解説〜」に参加しました。オンラインで1時間半のウェビナーで、このセミナーの参加者に限って会員外でありながらログインさせていただいたので、時間中は操作性を学び取りつつ、途中からあれこれデータを探り当てる等しながら、「数字は語る」ということを痛感しながら受講しました。平素は会員向けサービスとして、「サラダ」の名の通り、日々フレッシュなデータ・情報を提供されています。
これは非営利部門の関係者も活用してナンボ!と思いましたので、あえてレポートさせていただきました。

fnckoga at 15:00|PermalinkComments(0)clip!調査研究 

2022年09月10日

佐賀県立男女共同参画センターアバンセ主催「NOひとりぼっち!防災まちづくり〜私たちができること」最終回を担当

FullSizeRender古賀は午後、佐賀県立男女共同参画センターアバンセ主催の「NOひとりぼっち!防災まちづくり〜私たちができること(男女共同参画の視点を取り入れた防災リーダー養成講座)」を担当しました。計3回シリーズの最終回で、昨年度に引き続き3年連続で担当しています。佐賀県といえば、福岡県と同じく毎夏豪雨災害に見舞われており、今回の参加者の中にも被災経験がある方や災害支援に取り組んでいる方がみられました。今回も皆さんの知見の持ち寄りぶりを大いに楽しみにしつつ伺いました。
この最終回では、6年来取り組んでいる「Happyぼうさいプロジェクト」を通じて得ている7つのテーマ・14事例とそれらから学び取れるノウハウについてお話した後、思い思いの「いざという時にひとりぼっちにさせない防災プログラムづくり」を作成してシェア+ブラッシュアップする時間を持ちました。グループワークでは、既存の資源(キーパーソン、団体、イベント等)を生かしながら、異なる観点+手法で訴求する策をああでもないこうでもないと討議いただきました。明日からでもできる、着実な実践をしてまいりましょう〜。アバンセの皆さん、いつも細やかなアシストをありがとうございます!続きを読む

2022年09月07日

「鳥取県地域コーディネーター養成講座」を担当

鳥取県社教研修古賀は終日、鳥取県主催「地域コーディネーター養成講座」の3回目のコマを担当しました。昨年度に引き続き、ファシリテーションについて学び合いました。目下の感染症の状況を踏まえてオンライン開催となりましたが、午後の「会議のおけいこ」の時間ではブレイクアウトルームを活用し、対面にも劣らないほど活発に議論されているさまが大変印象的でした。
約60名の参加者の大半は公民館関係者で、皆さん第一線でさまざまな取り組みに従事されているだけに、温かくかつ真摯な方が多いな〜と改めて思いました。
つい先々週は、鳥取県人権教育課主催の研修を対面で担当していただけに、リモートとなり残念ではありましたが、今後の皆さんの現場で今回の学びを縦横に活かしていただければと願っております!

2022年08月30日

山口県共同募金会「市町共同募金委員会 事務局長・担当者研修」を担当

IMG_9594古賀は午後、山口県共同募金会が主催する「市町共同募金委員会 事務局長・担当者研修」を担当しました。「赤い羽根」といえば例年10月から募金運動がスタートするため、その運動に向け、ロジックモデルを活用して改めて思いや方向性を再確認したりブラッシュアップする機会を持ちたいという要望があり、冒頭ではロジックモデルの基本や留意点を事例も交えながらお話しました。続きを読む

2022年08月29日

佐賀市立芙蓉小中一貫校「未来を語る交流会」を担当

FullSizeRender古賀は午後、佐賀市立芙蓉小中一貫校で開催された「未来を語る交流会」の話題提供+ファシリテーターを担当しました。中学生1〜3年生に当たる7〜9年生の生徒30名ほどが参加され、蓮池地区まちづくり協議会の主催という形で、さまざまなアイデア出しをしました。中学生をはじめ若い世代がコアとなった取り組みの事例を2つピックアップしてご紹介し、それらを踏まえたポイントを整理した後、意見交換の時間は、感染症対策のために3教室に分かれました。その様子の写真もお付けします。続きを読む

2022年08月26日

「鳥取県 人権教育アドバイザー及び市町村人権教育担当者等研修会」を担当

IMG_9554古賀は午後、鳥取県主催「人権教育アドバイザー及び市町村人権教育担当者等研修会」を担当しました。同県といえば昨年度にも県の研修を度々担当したりと、この10数年来は度々伺っていることもあり、距離こそあれ感覚的にはとても馴染みのある土地です。
今回も、「参加型学習」をサブテーマとして、東西に長い鳥取県の中央部に位置する倉吉市で開催されました。地域の活動者や市町村職員ら30名程が参加され、コロナ禍でなおさら「人権教育」の重みが増していることを反芻しつつ臨みました。続きを読む

2022年08月25日

「湖東ブロック公⺠館職員研修会」のため鳥取市へ

IMG_9533古賀は午後、鳥取市内の公民館関係者向けの研修を担当しました。湖東ブロックという公民館5館が所在しているエリアの合同での研修会で、「因幡の白うさぎ」で有名な白兎海岸にほど近い、末恒地区公民館で開催されました。20名程が参加され、コロナ禍も踏まえてのこれからの社会教育・公民館像と少しのコツについてお話した後、公民館ごとのグループワークを行いました。「感染症」という不可抗力に向き合う日々ですが、取り組みを止めないことの意義と課題も本音で話し合いました。また、接点が持ちづらい層の人たちにリーチするための具体のアイデアも出されました。公民館関係者の皆さんのモチベーションの高さにはいつも感服するばかりです!帰路途中、公民館長さんの計らいで見物した白兎海岸の写真も付けておきます。続きを読む

2022年08月22日

「災害時の個別支援に関する勉強会」のため北広島市へ

IMG_9518古賀は午後、「Happyぼうさいプロジェクト」の一環としての多様な関係者との協働によるボトムアップ型「災害時個別支援計画」作成スキーム確立・普及の、パイロット事業の実地の一つである北海道北広島市において勉強会を行いました。「Yahoo!基金2021年度被災地調査助成」によるご支援をいただきながら2021年10月より実施しており、公益財団法人北海道精神保健推進協会 B型事業所 ここリカ・プロダクションとタッグを組みつつ進めているところです。続きを読む

2022年08月16日

「公民館じょいんとプロジェクト」2021年度レポートをアップ!

名称未設定2014年度から継続中の「公民館じょいんとプロジェクト」(福岡市中央区役所・ふくおかNPOセンターの共働事業)について、2021年度分の11公民館・28プログラムの報告を掲載しました。2020年度に比べ、参画した公民館が3館、プログラム数も13増えました!
コロナ禍の最中に、各館とも感染症対策を万全に講じた上で、外部団体との「じょいんと」による創意工夫あふれる取り組みを展開しています。詳細はイベントレポートのコーナーに写真付で掲載していますので、ぜひご高覧ください!

2022年08月12日

長崎県立大学「地域創造概論」ご恵送御礼

IMG-94282021年度から担当している長崎県立大学の「地域創造概論」受講者のコメントカードが届きました。1年生200名以上から寄せられた一つ一つのコメントの随所に考えさせられたり唸らされたり・・・と、若い世代のビビッドな感性に多くの刺激をいただきました。
皆さんの前途に心から期待しております!

fnckoga at 17:30|PermalinkComments(0)clip!

「福岡県農林水産振興基本計画」ご恵送御礼

FullSizeRender福岡県農林水産政策課から、5か年計画としての「福岡県農林水産振興基本計画」の冊子が届きました。福岡県森林審議会の委員を担当している関係でお送りいただいたようで、このところ重点が置かれている”ワンヘルス”も加味した内容となっています。第一次産業従事者ではない方々も読み応えや学びが少なからずあると思われますので、ご一読ください!
詳細へのリンクです。

fnckoga at 12:23|PermalinkComments(0)clip!オフィスで 

2022年08月10日

TNCテレビ西日本「報道ワイド 記者のチカラ」レギュラーコメンテータ登板中

298452472_581647730340983_8817728580338294591_n古賀は4月からTNCテレビ西日本「報道ワイド 記者のチカラ」のレギュラーコメンテーターを担当しており、7回目の登板日でした。この番組は今春からスタートしている”情報番組<報道番組”をコンセプトとしたもので、毎回弁護士の方とコンビでコメンテーターを務める形式となっています。今回も複数の重たい話題を前に、あれこれ考えを巡らせつつコメントしました。
ちなみに同局では8/8より、新たに福岡の情報に特化した専用サイト「ヨテミラ!」を開設されたそうです。硬軟の情報を一覧できる形ですので、自分も折々で活用します。サイトへのリンクです。
(写真はまたまた、堀内弁護士がご提供くださいました。いつもありがとうございます!)

2022年08月08日

社会教育主事講習(九州大)を担当

FullSizeRender古賀は文科省が例年全国各地で実施中の「社会教育主事講習」の九州大学会場開催分を担当しました。2002年から継続して担当していますが、今回は大学キャンパスに隣接する「グローカルホテル」コンベンションルームで開催されました。猛暑の中、大変ご苦労様です。あと一踏ん張り、がんばってください!

2022年08月07日

東峰村職員採用試験 面接官を担当

IMG_9405古賀は、東峰村役場(朝倉郡)で実施された職員採用試験の8回目の面接官を担当しました。写真は、東峰村役場 宝珠山庁舎のエントランス。福岡県でもっとも人口の少ない村で、「日本で最も美しい村連合」にも参画している同村は、H.29年九州北部豪雨災害で甚大な被害に見舞われたエリアです。目下の復旧・復興のフェーズはもとより、今後の地域づくりに向けては、若い皆さんの縦横でののびやかな活躍が待たれるばかりです。お疲れ様でした!

2022年08月05日

近況報告@メルマガ8/5号より

logo近況報告かたがた、本日配信のメルマガを転載いたします。いちおしイベントや、助成金のご案内も多めに掲載しております。是非ご高覧いただければ幸いです!続きを読む

2022年07月29日

みやざき交流集会2022 Branch Meeting 第1回「みつける。」にコメンテータとして参加

宮崎県社協古賀は午後、宮崎県社会福祉協議会主催「みやざき交流集会2022 Branch Meeting」の初回にコメンテータとして参加しました。計3回のミーティングを重ねながら、年の瀬には対面でのイベントを計画されており、一連の企画に同席予定です。「孤立・孤独と向き合う」を全体テーマとして、地域で「ひとりぼっち」を作らないためにできることをみんなで考える趣旨で、毎回事例発表を交えつつ皆さんとオンラインで意見交換する形式となっています。今回は日向市・えびの市での取り組み事例の紹介がありましたが、お話の随所に示唆があり、後続回の「つながる。」「ささえる。」にも通底する点が多々ありました。次回以降も楽しみにしております!

「群馬県共同募金会 共同募金助成申請説明会」にオンライン参加

群馬県共募古賀は午前中、群馬県共同募金会主催「共同募金助成申請説明会」にオンライン参加しました。「揺らぐ価値観、揺るがない尊厳」なるサブタイトルに即した事例発表と事務説明という2本立てで、都合により前者のみの参加となりましたが、実際に助成を活用された団体の思い+技術に触れることができ、大変有意義でした。助成する側の思い+技術も大きいな〜とつくづく思いました。このコロナ禍では、離れていてもこうしてリアルタイムで参加させていただける機会が増えて、何ともありがたいことです!

fnckoga at 11:00|PermalinkComments(0)clip!調査研究 

2022年07月27日

TNCテレビ西日本「報道ワイド 記者のチカラ」レギュラーコメンテータ登板中

294707146_1254671651972173_1804272462664191746_n古賀は4月からTNCテレビ西日本「報道ワイド 記者のチカラ」のレギュラーコメンテータを担当しており、この日も登板日でした。この番組は今春からスタートしている”情報番組<報道番組”をコンセプトとした3時間のプログラムで、要所でコメントを求められて対応するという形です。毎回、弁護士の方とコンビで務める形式となっていますが、ニュースを伝える側の真剣さやチームワークを体感しています。毎回、瞬発力が求められるだけに大いに緊張しつつです!
(写真は堀内弁護士がご提供くださいました。いつもありがとうございます!)

2022年07月23日

令和4年度 田川教師塾「鴻志塾」 第一回講話を担当

FullSizeRender古賀は午後、田川教師塾「鴻志塾」の今年度1回目における講話を担当しました。学校・家庭・地域の協働の現状やポイントについて話してほしいというリクエストで、なるべく事例も多めに交えながら、困難さに向き合っていくための論点をお示ししました。聞けばこの「教師塾」、田川地区の小中学校の教職員の有志により昨年度からスタートした取り組みとのことで、塾長を務める添田町町長さん曰く、教育の専門家ではなくあえて異業種のゲストを招くようにしているそうです。筑豊エリアといえば、県内でも長らく学力向上が懸案となってきたところではありますが、お集いの先生方はいずれも熱意あふれる印象で、日々子どもたちをしかと支えておられるものと拝察しました。世の中の中でもとりわけ多忙を極めておられる職場だけに、自愛×エンジョイを忘れず取り組んでいただければと心から願っております!

2022年07月21日

「Happyぼうさいプロジェクト」関連の勉強会のため、岐阜県垂井町へ

IMG_9239古賀は夕刻、岐阜県垂井町で開催されたHappyぼうさいプロジェクト関連の勉強会で講師を担当しました。以前オンラインでの勉強会をお手伝いしたことがあり、そのご縁で対面での勉強会が叶いました。垂井東地区まちづくり協議会関係者、自治会関係者、自主防災組織「なまずの会」関係者および役場職員ら30名が参加されました。
感染症対策を考慮して、話題提供は30分程度に留め、その後は質疑応答や意見交換の時間を設けたところ、次々に質問が出されました。その多くは、当プロジェクトが重要視しているサイレント層の住民へのアプローチに係る内容で、大変刺激的かつ示唆に富んだ時間となりました。
終始丁寧にアシストくださった「なまずの会」の神田さん、元 ぎふNPOセンターの篭橋さん、助成いただいた真如苑さんに感謝申し上げます!

2022年07月20日

北九州市立大 大学院マネジメント研究科(専門職大学院/K2BS)の前期講義が完結

FullSizeRender古賀で昨年度より担当している北九州市立大 大学院マネジメント研究科(専門職大学院/K2BS)の2年生を対象とした講義が無事に終了しました。社会人が大半で、小倉駅構内の大型商業施設「アミュプラザ小倉」にあるサテライトキャンパスで開催されている専門職大学院(ビジネススクール)です。
今期の担当講義も、1コマ90分×計15コマという構成で、特任教授という立場ではありますが、毎回NPO実務者としてのリアルな本音も大いに交えながら進行しています。何せ受講生がさまざまな業種の現場第一線の方々ばかりですので、大いに緊張×気合を入れつつ臨んでいます。講義の後のディスカッションは、自分もたくさんの示唆をいただいている次第です。 昨年度もそうでしたが、最終講の最後のご挨拶では、名残惜しさからついしんみりとなってしまいます(笑)。 各業界で経験豊富な皆さんの、益々のアグレッシブなご活躍を心から祈念しております!目下の論文作成、頑張ってください!

北九州市社会福祉協議会 職員研修(職員ミーティング)を担当

IMG_9224古賀は午後、北九州市社会福祉協議会 の「職員ミーティング」の初回を担当しました。職員研修としての企画で、今年度から大幅リニューアルを図ったとのことで、今回は3つのテーマ(企画立案、協働、会議運営)を3時間で対応しました。時間数に照らして、モリモリ盛り込みすぎて恐縮でしたが、皆さんの主体的な参加姿勢+キャラに大いに助けられました。複数名とのめちゃくちゃお久しぶりの再会もあり、とてもほっこりしたひとときでもありました!市町村社協の役割はますます重みを増していくものと思われますので、皆さんのますますのご活躍をお祈りしております。

2022年07月19日

九州産業大学の前期講義が完結

FullSizeRender古賀は4月より、九州産業大学の前期講義を担当していましたが、本日で無事終わりました。先日は福岡女学院大学の前期講義分も終わり、残すところ、明日で完結する北九州市立大学(大学院)のみとなりました。
こちらの大学は今年度から初めて担当し、1〜2年生が主対象。大学の方針によりハイブリッドでの授業が続いているため、約100名の受講生のうち半数はオンライン参加という形になっていました。
地域づくり・市民活動・起業などに関心が向いている学生さんが多い印象で、毎回多くのトピックも紹介しながら進めました。皆さんの前途に期待しています。とりあえず来週の試験をがんばってください!

2022年07月14日

全国社会福祉協議会 全国ボランティア・市民活動振興センター広報委員会に出席

全社協広報委古賀は午後、全国社会福祉協議会 全国ボランティア・市民活動振興センター広報委員会に出席。同センターの発行物「月刊ボランティア情報」の企画を主旨とした会議体ですが、毎度あっという間に2時間が過ぎます。未だリアルでお目にかかっていない委員さんたちもおられ、次回こそは是非対面が叶いますように!

2022年07月07日

北九州市「NPO公益活動支援事業」公開プレゼン審査会に出席

IMG_9067古賀は午前中、北九州市役所 市民活動推進課による「NPO公益活動支援事業」公開プレゼン審査に審査委員として出席しました。朝イチから聞き応えのあるプレゼンが目白押しで、審査員という立場ではありましたが、むしろ多くの知見を一手にいただいたような心持ちになりました。大変お疲れ様でした!

2022年07月06日

「じぶんの町を良くする会議2022 第11回赤い羽根全国ミーティング」に参加

名称未設定古賀はハイブリッド(対面+オンライン)で開催された「じぶんの町を良くする会議2022 第11回赤い羽根全国ミーティング」に参加しました。このイベントは年一回、全国の都道府県+市町村の共同募金会の担当者を主対象に開催されており、昨年に引き続き参加しました。今回は2日間ともハイブリッドで開催され、所用のため2日目のみオンライン聴講となりました。
コロナ禍で、新たな試みに取り組んでいる複数の事例紹介がなされましたが、「赤い羽根共同募金運動」の目線に立てば、コロナ禍の前から懸案だったことに踏み込まれたなぁとの印象でした。傍聴させていただきありがとうございました!