2016年05月25日

「糟屋地区の地方創生はいかに」を担当

image古賀は午後、糟屋地区社会教育振興会の総会記念講演「糟屋地区の地方創生はいかに 〜学びと活動の可能性」を担当。小一時間程度のコンパクトな分量でしたが、終了後は、地域団体や自治体職員等と意見交換もできました。
福岡市に近接するゆえに、人口減少どころか、人口増傾向にあるエリアですが、”ポスト人口増”を見据えたまちづくりを、人財(※当センターは「人財」と標記を統一するようにしております)をもとに、備えはもとより常々なしうるかということが、こうしたエリアの次なる命題と改めて感じた次第です。

fnckoga at 09:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!出張先で 

2016年05月24日

お客様 from 財団

image公益財団法人九州ヒューマンメディア創造センター(略称:ヒューマンメディア財団)の、写真右より、総務企画部 企画課長の藤井さん、主幹研究員の小川さん、専任主幹研究員の糸川さんが来訪。北九州市八幡東区にある財団で、皆さんとは初対面でしたが、楽しく意見交換させていただき、3度のご飯とICTが好きな身にとっては、朝イチから実にワクワクするひとときでした。今度はこちらからお伺いいたしますね!

2016年05月21日

監査日

image会計年度が3月締めの多くのNPOにとっては、総会シーズン。当センターも同じく、通常総会を控え、本日は監査日でした。監事の方から貴重なご意見とあわせて、近況含め意見交換させていただけるとても大切なひとときでもあります。
今年度の総会はいつもより一ヶ月遅らせ、ちと新しい試みをしてみます。6/25(土)午後、空けておいてくださいませ⭐︎

2016年05月19日

お客様 from 行政(地域包括支援C)

image写真右より、田川市地域包括支援センターの高原さん・山口さん・大村さん。昨年度に引き続き、今年度も地域包括ケアシステムの実現に向けた生活圏内での”共助”のしくみづくりを主目的とする「高齢者支援ボランティア養成講座」の企画・運営を担当することとなりました。昨年度の受講生はそれぞれに思い思いの活動を展開中(例:商店街と市が協働で開設しているシニア向けのスペースでの自主企画、ユーザ目線での高齢者施設のサービス実態調査活動 等)とのこと、大変嬉しい朗報を聞くこともできました。今年度は、田川市社会福祉協議会も共催として参画されるとのこと。ご一緒に、ハリキっていきましょう☆ 昨年度の報告記事へのリンクです。

2016年05月18日

福岡県「社会教育委員会議」に出席

image古賀は午後、昨年度から就任している福岡県社会教育委員の会議に出席。青少年の放課後の豊かな過ごし方を下支え社会教育行政施策を提言することが命題とのことで、サンプル調査を踏まえた分析資料を踏まえ、意見出しをしました。まだ2回目の出席ですが、実効性を高めるためには、「家庭教育」をはじめこの領域で長らく用いられてきている用語および手法は、世の流れとともに工夫することが肝要と改めて考えさせられました。この会議自体、PDCAのどこに位置付けられているかもウォッチしていけたらと思います。

fnckoga at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!出張先で 

2016年05月17日

第六回評議員会を開催

image第6回評議員会(理事同席)を開催しました。今回の主な議事は、2015年度の事業報告案・決算案および今年度の事業計画案・予算案。新任のお三方を交え、さまざまな視点からの忌憚のないご意見をいただき、毎度ながら「発奮」の一言に尽きる会議でした。終了後の懇親会も3次会に及んだほど。皆さん引き続きよろしくお願いいたします!メンバーの詳細はこちら。

2016年05月16日

電通+NPO広報力向上委員会に出席

image古賀は午後、電通+NPO広報力向上委員会に出席しました。”伝えるコツ”でおなじみのセミナーを12年来、全国各地で展開していますが、年度替りの節目には会議も持たれています。今回は、新たな社会課題を扱う取り組みも提議され、広報・コミュニケーション面からどうアプローチするかしばし議論にもなりました。目下、例年の講師派遣プログラムの公募が始まっていますのでご関心おありの方はチェックください!詳細ページへのリンクです。

fnckoga at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!出張先で 

2016年05月12日

お客様 from 行政

image写真右より、春日市教育委員会 教育部 社会教育課の塩足係長、上田さん、渡邊さん。6月(一般市民対象)と9月(福岡ブロックの社会教育委員等対象)に担当予定の研修会等の打ち合わせをしました。上田さんと渡邊さんは、毎夏の社会教育主事講習(九州地区での”NPO・ボランティア・協働”のコマを2002年から担当しています)の受講歴がおありとのことで、お目にかかるのは2度目でした。

2016年05月11日

お客様 from 生協

image日本生活協同組合連合会(日生連) 総合運営本部 中四国地連事務局の市川理事・大同さん・今永さんが来訪。今夏、中四国エリアの各県単位の生協本部役員を対象とした研修会を担当させていただくこととなり、その打合せをしました。大多数が女性であり、かつ私と同じく子育てしながら活動をされている方も多いようですので、ともに展望を分かちあえるような機会にもできればと楽しみにしております☆

熊本地震関連での当センターの近況

image熊本地震の発生からもうすぐ1ヶ月を迎えようとしています。熊本県内では大型連休以降、ボランティア活動者数が減少傾向にあるとのことですが、5/1に開設された、大分県竹田市から南阿蘇村の復旧・復興支援を図るための竹田市社会福祉協議会「南阿蘇支援 竹田ボランティアベースキャンプ」では、連日多数のボランティア参加予約が舞い込んでいるとのこと。この度、同キャンプからのご依頼により、ボランティアの方々のための飲料をお贈りするお手伝いをさせていただくことになりました。続きを読む

2016年04月30日

第37回理事会を開催

image今年度4回目となる第37回理事会を開催しました。昼下がりの2時間強、県外の理事はオンライン(Skype)で参加いただきつつ討議しました。いくつか良い報告もさせていただけそうな今年度の総会では、新たな試みをします。今月中旬には評議員会も控えていますので、ご意見をしっかりいただきつつ準備してまいります。乞うご期待♪

2016年04月26日

お客様 from 金融機関

image写真左より、日本政策金融公庫 福岡支店 国民生活事業 融資第三課の石原課長、田尻さん。新任の課長さんとして、ご挨拶に来てくださいました。田尻さんは何度も訪ねてくださっており、聞けば前任の課長さんは熊本に赴任され、熊本支店は地震後の相談対応に追われているとのこと。田尻さんご自身も熊本市のご出身とのことで、地震関係でも色々と情報交換させていただくことができてよかったです。引き続きよろしくお願いいたします!

2016年04月20日

お客様 from NPO

imageNPO法人いるかねっとの田口さん。お初にお目にかかりましたが、前々から当センターのことに関心をお寄せくださっていたそうで、嬉しいご来訪です。あれこれお話をさせていただきましたが、熊本地震についてもいろいろと意見交換させていただいて有意義でした!子どもたちの学習支援や高齢者の生活支援など、文字通り”人に寄り添う”ようなご活動ぶりに敬服しつつのひとときでした。これからは団体会員さんとして、引き続きよろしくお願いいたします☆


2016年04月18日

「福岡県70歳現役社会推進協議会」に出席

image古賀は午後、「福岡県70歳現役社会推進協議会」に出席。NPOや経済団体等からなる協議会で、知事が会長を務められています。昨年度からは、福岡市と北九州市に設置されている「福岡県70歳現役応援センター」が筑豊・筑後にも開設されたり、九州・山口エリア(沖縄県含む)での連携環境も整ってきたりと、新たな広がりも出ているようです。社会参加(とくに就業)マッチングの割合も上昇中とのこと。シニアの方々が社会のさまざまな場面でますます活躍されますよう願っています。
県の報告記事へのリンクです。

fnckoga at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!出張先で 

2016年04月17日

平成28年(2016年)熊本地震について

平成28年(2016年)熊本地震でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

当センターでは発災以降、情報活動や個別対応をしております。
2つのSNSという限りではありますが、これはとおぼしき情報をお伝えするようにしています。
ご必要でしたら、フォロー下されば幸いです。
●Twitter https://twitter.com/fnpoc
●Facebook https://www.facebook.com/FukuokaNPOCenter/

西日本新聞 4/16付 朝刊記事に、今般の災害に関する情報共有の特徴・あり方についてのコメントが掲載されました。記事へのリンクです。
「ネット市民が情報支援 被災者の”知りたい”提供」

未だ行方不明者も多数おられるようで、かつ大きな地震が続くとの専門家の予測もあり気がかりです。
関係者の皆さまのご尽力に心より敬意を表しますとともに、多くの方々の救命と、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。