2013年03月31日

農山漁村再生可能エネルギー導入可能性等調査

平成23年度 農林水産省補助事業(農山漁村6次産業化対策事業)

農山漁村再生可能エネルギー導入可能性等調査 < 報告書 >

食と農林漁業の再生推進本部で決定された「我が国の食と農林漁業の再生のための基本方針・行動計画」において、「エネルギー生産への農山漁村の資源の活用を促進する」とされています。これを受けて農山漁村に豊富に存在する資源を活用し、再生可能エネルギーを生産することにより、所得と雇用を創出し、農山漁村の活性化に繋げていくことが重要となっています。しかし、農山漁村には再生可能エネルギーの生産に利用可能な資源が豊富に存在するものの、具体的な導入可能性が明らかになっていないことにより取組の開始に支障を来たす状況にあります。

このため、農林水産省は、青森県を対象に農山漁村における再生可能エネルギーの発電の具体的な導入可能性を調査して、この報告書を公表しています。

本調査は、1)耕作放棄地、2)農業水利施設、3)漁港・漁場、4)林地等を対象に、既存データとGISを用いて太陽光発電、風力発電、小水力発電、バイオマス発電の導入の可能性を検討したものです

地域の大まかな再生可能エネルギー導入可能を検討の手順の参考になると思います。

農山漁村再生可能エネルギー導入可能性等調査 < 報告書 >

http://www.jora.jp/h23_nousangyoson/index.html

 



npo_biomass at 15:36│Comments(0)TrackBack(0) バイオマス情報 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字