2016年05月24日

第17回DXセミナー開催報告<少数精鋭の熱気>

17DXsemi看板5/22(日)、13:00から参加者11人で開催されました。今回の顔ぶれは保護
者8人、当事者1人、支援者が2人といった顔ぶれでした。小・中学校でディスレクシアの子どもたちへどう対応するのが最良なのか。アメリカ、イギリスの例を交え話は進んで行きました。













17DXsemi1
ディスレクシアの最新情報はこの講座の売りです。
17DXsemi2
話を聞いた後、個別に質問が続々出てきました。なかなか鋭い質問もあり、やる気がこちらにも伝わってきました。さすがです。ディスレクシアを知ってる人々は限られています。だれでも知るようになるまで、このセミナーは続きます。

過去のセミナーもご覧ください。

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50051583.html

事務局 柴田 章弘



npo_edge at 16:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ディスレクシアセミナー 

2016年05月16日

第5回夜間DX会開催報告‘足下から話題が出た’

第5回夜間DX会5/11(水)、男6名、女1名の参加で粛々と開始されました。成人ディスレクシアの人々が勤務後に訪れますので、時間通りには始まりません。参加者が一人増え、二人増えてくるのは30分近くかかります。何人か集まったところで、初めのお絵描きをやりながら、後から来る参加者を待ちました。









160511お絵描き御題
初参加の方が一人居ましたが、お話をしてみると会の流れについて来れそうなので、御題のレベルを普通にしました。今回は「子どものとき、もらってうれしかったもの」にしました。
160511お絵描き現場
最近は御題について「難しい」とクレームがあります。参加者の顔を見ながら、少しずつ言い回しを替えたり、無題にしてしまったり、人知れず苦労をしています。長く開催していると起こるマンネリ化ですので、厳粛に受け取り、やれることは工夫をしていますが。お絵描きを始めると一瞬静寂になりました。さすが、成人の活動です。
160511絵2
「チョコレートと万華鏡」「辞典」
160511絵1
「お金、果物、プロ野球の入場券、LP&CD」「図鑑」と出てきました。読み書きが苦手でも、本が好きで、図鑑に掲載されている絵を見て楽しみ、文字を読まなかった体験を披露しました。辞典ももらってうれしかったが、文字を探す前に、調べるスペルを忘れてしまい、使いこなせなかった。何回も覚えられず、付箋を貼ったり、マーカーで塗り過ぎて、汚らしくなった、という共通の思い出がありました。
160511ワークショップWB
そこで今回の御題は辞典をもらってもなかなか使えなかったことをヒントに、「記憶力(覚えられないもの)」という御題で、体験を語り合うワークショップにしました。いつも最低10個ぐらいワークショップの題を考えています。ところが、それでは必ずしも参加者のニーズに答えられない、と主催者は反省しておりました。ここでお絵描きイントロで出てきた話題で共通しそうな項目を探し出して、即興でワークショップを始めました。「駅の順番」「人の顔」「人の名前」「パスワード」「ゲーム(麻雀等)」「電話番号」「マニュアル」等出てきます。それぞれ記憶できないポイントが別々で、多様性がありました。Aさんが苦手なものはBさんには普通にこなせる。又逆であったりしました。それぞれ自分が相手に自身を説明しないと誤解の元になります。人数も少なく、参加者の性格もわかっていたので、意見が出てこない人にはできるだけ話を振りました。黙って置き石になる人々が出ないような配慮をしました。バタバタ、意見を交換しているうちに制限時間一杯になりました。
160511ハイポーズ
ごめんなさい。ボケた集合写真でした。みんな元気になったかな。第66回DX会は6/11-12、アジア太平ディスレクシア・フェステイバル&シンポジュウム2016の会場(神奈川県民ホール)で。第6回夜間DX会は7/6(水)、同じ時間に港区ヒューマンぷらざです。詳細はブログ及びメルマガをご覧ください。

DX会の活動報告
http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html

事務局 柴田



npo_edge at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) DX会 

2016年05月10日

メルマガ196号 2016/5/10≪イベントの参加をお待ちしています≫

東京スカイツリー1605NPO-EDGE LD/ディスレクシアのソリューションを提供
2016年5月10日
NPO EDGE メルマガ 196号
●メスタ・シバタの独り言●
メスタの独り言
春風駘蕩(物事に動じないで余裕のあるさま)と行きたいのですが、あといよいよ一か月と迫ったアジア太平洋ディスレクシアフェスティバル&シンポジウムの準備が着々と進んでいます。あまりのんびりとはできません。企画しながら楽しんでいます。黒岩神奈川県知事があいさつではなく壇上で一緒にテレビ番組の再現をしてくださったり、手塚るみ子さんが手塚マンガとディスレクシアについてお話し下さる、東大先端研のDO-ITのお話し、アジアやハワイと日本の本人たちのリレートークなど他ではありえないイベントが目白押しです。
展示室では6月7日からマッケンジー・ソープさんの絵画とディスレクシアの人たちの作品展が開催されます。
ワークショップはディスレクシア支援のヒントが満載です。18コマもありますよ!展示ブースもお楽しみ。ぜひ来てください。メスタ

春望訪新緑。快風吹旧慣。シバタ


●注目● 
絶賛、申し込み受付中

◆アジア太平洋ディスレクシアフェスティバル&シンポジウム2016@横浜

シンポジウム:アジア太平洋のディスレクシアの教育、英語指導、理想の学校

フェスティバル:日本とアジア太平洋のディスレクシアの若者たちが集います

展示会、講座、ヒント満載のワークショップなど楽しいイベントが一杯

日時:6/11(土)、12(日) (展示は6月7日(火)から12日(日))

場所:神奈川県民ホール(小ホール、展示室1、大会議室)、ワークピア

参加費:フェスティバル 事前申し込み 二日通し券 大人3000円、大学生まで1500円

    シンポジウム 事前申し込み 1日5000円、2日8000円

シンポジウムはS.E.N.S及びS.E.N.S SVのポイントが2点つきます

お申し込みは下記から
http://www.npo-edge.jp/educate/apdf/


◆第17回ディスレクシアセミナー 
【ディスレクシアを活かす〜個性の磨き方・輝かせ方〜】
「ディスレクシア(かもしれない)の方が近くにいるけど、実際の向き合い方が分からない」「個性を引き出して、伸ばすためには何をしてあげたらよいのだろう?」そんな疑問についてお応えしていこうと思います。ぜひ、一緒に「ディスレクシアを活かす」ためのポイントを学びませんか?

5月22日のDXセミナーでは話題の「合理的な配慮」教育編に焦点をあててお話しします。ディスレクシアではどのような配慮が適切なのか、家で出来ることは?学校とどのように連携する?
おとなになってもどうしたら自分の力を十分に発揮できるかを知っているか否かで幸せ度が変わります。ぜひ、ご参加を!

日時:2016/5/22(日)セミナー 13:00-15:15 交流会15:30〜16:30

場所:港区障害保健福祉センターヒューマンぷらざ 会議室1
http://www.city.minato.tokyo.jp/kenko/fukushi/shogaisha/madoguchi/hokenfukushi.html   

JR山手線・京浜東北線 浜松町駅南口 徒歩10分
地下鉄浅草線・大江戸線 大門駅 徒歩7分

参加費:成人1,000円 中学生以上19歳未満 500円

参加対象:ディスレクシアの個性の活かし方についてご関心のある方
(ご本人や、保護者の方々、ディスレクシアに関連のある支援者の方々など)         
定員:25名
講師:藤堂栄子

お申込みフォーム
http://www.npo-edge.jp/support/dxseminar


◆第5回夜間DX会≪成人ディスレクシアのリラックスタイム≫
日時:5/11(水)18:30-20:30
場所:ヒューマンぷらざ会議室1
参加費:無料
http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html


◆LSA基礎コース随時受付中
通常学級だけではなく、放課後デイ等、学童、塾や家庭教師、子育てにも役立ちます
http://seisa.ed.jp/npo/support/lsa.html


◆人気記事:フェースブックで好評の記事からピックアップ
エッジのフェースブックで3000ビュー以上をいただいた記事です
★減災のための「やさしい日本語」
http://human.cc.hirosaki-u.ac.jp/kokugo/EJ1a.htm
★新書体「UDデジタル教科書体」のお知らせ
https://www.typebank.co.jp/20160419/


●お知らせ●
◆BEAM(音声化した教科書) 無償配布しています
※特別支援教育総合研究所の教材・支援機器に関する情報に掲載されています
http://kyozai.nise.go.jp/?page_id=151


〇内容が分かるようになったと評判です
現在使用可能な教科書
【小学校】 国語(光村、東京書籍、但し教育出版は小4年のみ)

          社会 (東京書籍 、教育出版)

【中学校】 国語(光村)

          地理、歴史、公民(東京書籍)

            地理、歴史(教育出版)

【高校】 生物基礎 (東京書籍)


★2016年度申込受付中
http://www.npo-edge.jp/work/audio-materials/


◆DXパートナーズ◆
エッジの活動を全国に広げるためにご協力・ご支援ください。
http://www.npo-edge.jp/about/donation
◆Give Oneの寄付サイト
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=205
◆かざして募金(スマホ又はクレッジットカードから寄付ができます)
http://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/creditSelect.jsp?corp=188


EDGEの個別相談
NPO法人エッジでは広く、ご本人、お子さんや保護者、指導者のディスレクシアに関する相談を受けています。相談の予約受付窓口は、EDGEの事務局となります。
連絡先 fax 03-6435-2209
メール dxheart@npo-edge.jp
ホームページの相談フォーム http://www.npo-edge.jp/contact

※寄付金は控除対象
仮認定NPOになりました。寄付をしてくださると寄付控除の対象になります。NPO法人エッジではその趣旨に賛同し応援してくださる方を募集しています。
http://www.npo-edge.jp/about/donation/


◆連絡先、問合せ先
仮認定NPO法人エッジ
〒105-0021 東京都港区芝3-6-5 第二佐山ビル4階
電話 03-6435-0402/0702
Fax 03-6435-2209
http://www.npo-edge.jp/
E-mail:edgewebinfo@npo-edge.jp


発行人:藤堂 栄子
編集人:柴田 章弘 




npo_edge at 13:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) メルマガ 

2016年05月02日

第5回夜間DX会‘帰宅途中のリラックスタイムはどうでしょうか’

DX会のワークショップホワイトボード2012

皆さまのおかげで、前回の夜間DX会は盛況のうちに終了することができました。参加者された皆さんと検討の結果、第5回夜間DX会を下記の日程で行うことになりました。継続中の「元気の出るワークショップ」を行いますので、通勤通学の帰りにフラっとお立ち寄りください。スタッフが準備してお待ちしています。


開催日時


2016年5月11日(水) 


18:30〜 20:30

 

会場


障害保健福祉センター(ヒューマンぷらざ)会議室1


http://www.city.minato.tokyo.jp/kenko/fukushi/shogaisha/madoguchi/hokenfukushi.html


連絡先は柴田の携帯090-6500-3079

(携帯電話は当日のみ通話希望、他日は事務局へ) 


携帯メール  mailto:edgedxl3894021@softbank.ne.jp 


過去の活動報告

       http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html


ネットラジオ http://www.voiceblog.jp/dx_station/


参加費:無料


▲ワークショップの御題:「???(仮題)」を行います。  他にアイデアのある方は事務局にお寄せください。


*注意事項


○話題の中心はあくまでもLD又はディスレクシアです。他の発達障害に関する相談には応じられないことがあります。


○発達障害当事者ではない研究者、支援者、ご父兄などの参加も歓迎しますが、当事者の発言を優先します。


○個人的に録音、写真撮影に対して不都合がありましたら、事前にお申し出ください。


○場の雰囲気に合わない話を長時間続ける方には退場をお願いすることがありますので、納得のうえで、ご参加下さい。


○準備の都合上、初参加予定の方は出来る限り世話人にご連絡ください。


DX会世話人

事務局 柴田 章弘

edgewebinfo@npo-edge.jp




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



npo_edge at 11:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) DX会 

2016年04月25日

第65回DX会報告‘町が教えてくれたもの’


川越観光案内書
4/23(土)、第65回DX会は男4人、女2人で開催されました。集合場所の西武新宿線本川越駅に時間通り、着く人々はほとんど居ませんでした。顔の見えない人に連絡すると、すでに着いて周囲を探していました。よくよく話を聞いてみると、「本川越駅」ではなく「川越市駅」と勘違いしていたようです。DX会ではしばしば起きるケースなので、慌てません。今回は各自がそれぞれ自由行動をするのが目的なので、17:00に中央通りの「札の辻」で落ち合うことにして、われわれ一向はブラブラ歩きを開始しました。


蔵造りの町並み2
古い町並みは見るだけでも楽しいものでした。
蔵造りの町並み1
郵便局も大河ドラマに出てきそうです。
時の鐘(工事中)
「時の鐘」を見ようと思ったら、なんと改築中。
新河岸川から店を眺める。
町のメインストリートから少し外れた川べりに、今回訪問する予定のレストランが見えます。
実にきれいな川でした。
Maple Leafの看板
この看板が目印です。
工房での解説を聞く参加者
織り工房「英」で溝井さん(お父さん)の解説に自然に笑いが。
カナデイアン料理を食べながら、お絵描き
「よく遊べ、よく学べ」はDX会のテーマです。食事をしながら、「お絵描きワークショップ」は忘れません。今回は「町を探索していて、発見した、家に持ち帰りたいもの」という御題にしました。参加者から難しすぎるという注文があったので、「町の中で出会った絵に描きたいもの」と簡略化しました。
作品1
「レストランの中に有った小物」「名物のせんべい」「ハシビロコウのオブジェ」
作品2
「喫茶店の堀に居たコイ」「鯉のぼり」「改築中の≪時の鐘≫の景観」
それぞれ、6人とも別々のものを町から教わったようです。
デザートのアイスとパウンドケーキ
ちゃんと食べた後はおいしいデザートが用意されておりました。
65dx all staff
いつもようにハイポーズ!左から二番目の赤いシャツの方がMaple Leafの溝井英一朗さんです。
一番奥にいらっしゃるのがお母さん溝井啓子さんです。ごめんなさい。工房の説明をしてくださったお父さんは写真に写っていません。DX会の参加者は自分たちで課題を見つけ検証、発表できる大人の集団になりました。次回は6/11(土)にアジア太平ディスレクシアフェステイバル&シンポジュウム2016の会場(横浜)でお会いしましょう。

カナディアンバー&レストランMaple Leaf

http://mapleleaf.favy.jp/

DX会の活動報告
http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html

DX会世話役 柴田章弘



npo_edge at 12:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) DX会 

2016年04月22日

アジア太平洋ディスレクシア・フェステイバル&シンポジュウム

アジア太平洋ディスクシアフェスティ&シン16いよいよ6月11日と12日にアジア太平洋のディスレクシア祭典が行われます。案内書ができましたので、皆様にお知らせいたします。随時、お知らせをお送りいたしますので、ご期待ください。







アジア太平洋ディスレクシア・フェステイバル&シンポジュウム2016

http://blog.canpan.info/npoedge/img/0416.201620E382B7E383B3E3839BE3829AE382B7E38299E382A6E383A0E38381E383A9E382B7E6B1BAE5AE9AE7898820(1).pdf


アジア太平洋ディスレクシア・フェステイバル2016
http://blog.canpan.info/npoedge/img/DXE38395E382A7E382B9E38386E382A3E3838FE38299E383ABE38381E383A9E382B7E6B1BAE5AE9AE78988.pdf


中高生LD疑似体験
http://blog.canpan.info/npoedge/img/DXE38395E382A7E382B9E4B8ADE9AB98E7949FLDE79691E4BCBCE4BD93E9A893E38381E383A9E382B70410.pdf

総合案内
http://www.npo-edge.jp/educate/apdf/

事務局



npo_edge at 12:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イベント情報 | スタッフ日記

第17回ディスレクシアセミナー開催

BEAM boy2

【ディスレクシアを活かす〜個性の磨き方・輝かせ方〜】

「ディスレクシア(かもしれない)の方が近くにいるけど、実際の向き合い方が分からない」「個性を引き出して、伸ばすためには何をしてあげたらよいのだろう?」そんな疑問についてお応えしていこうと思います。ぜひ、一緒に「ディスレクシアを活かす」ためのポイントを学びませんか?

日時:2016/5/22(日) セミナー 13:00-15:15 交流会 15:30-16:30

場所:港区障害保健福祉センターヒューマンぷらざ 会議室1

http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/fukushi/shogaisha/02.html

 

JR山手線・京浜東北線 浜松町駅南口 徒歩10

地下鉄浅草線・大江戸線 大門駅 徒歩7

参加費:成人1,000円 中学生以上19歳未満 500

参加対象:中学生以上のディスレクシアの個性の活かし方についてご関心のある方

(ご本人や、保護者の方々、ディスレクシアに関連のある支援者の方々など)         

定員:25 

講師:藤堂栄子

お申込みフォーム

http://www.npo-edge.jp/support/dxseminar



npo_edge at 11:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ディスレクシアセミナー | イベント情報

第16回ディスレクシアセミナー報告

第16回DXセミ案内立て看第16回ディスレクシアセミナーは4/21(木)、10:00から港区、ヒューマンぷらざ、会議室で行われました。参加者13人、全員ディスレクシアの基本的な知識のある方々でした。



















16semi風景2
まずは6月に行われるアジア太平洋ディスレクシアフェスティバル&シンポジュウム解説
セミナー風景1
ざっとディスレクシアの説明、合理的配慮への対応、将来への展望など最新の情報が披露されました。
平日の午前中にもかかわらず、集まった方々の熱意には頭が下がりました。回を重ねるごとにディスレクシアを理解する人々が増えている実感を得ることができました。

事務局 柴田

npo_edge at 10:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ディスレクシアセミナー 

2016年04月08日

NPO EDGE メルマガ195号 2016/4/8≪イベントに参加しよう≫

東京スカイツリー1604NPO-EDGE LD/ディスレクシアのソリューションを提供
2016年4月8日
NPO EDGE メルマガ 195号

●メスタ・シバタの独り言●
いよいよ、アジア太平洋ディスレクシアフェスティバル&シンポジウムの受け付けが開始します。2日間にわたり、しっかりと学術的な話から、楽しいイベントまで満載です。アジア太平洋と日本各地からディスレクシアの人たち(小学生から還暦過ぎまで)が集まり、ダイバーシティー、アイデンティティーをキーワードに各種イベントを繰り広げます。6月11日、12日はメスタが生まれ、育った横浜へ。メスタ

春風吹都会。旧態置新処。シバタ

●注目● 
お待たせしました!申し込み開始!

◆アジア太平洋ディスレクシアフェスティバル&シンポジウム2016@横浜
シンポジウム:アジア太平洋のディスレクシアの教育、英語指導、理想の学校
フェスティバル:日本とアジア太平洋のディスレクシアの若者たちが集います
展示会、講座、ワークショップ、映画など楽しいイベントが一杯

日時:6/11(土)、12(日) (展示は6月7日(火)から12日(日))
場所:神奈川県民ホール(小ホール、展示室1、大会議室)、ワークピア
参加費:フェスティバル 二日通し券 大人3000円、大学生まで1500円
シンポジウムはS.E.N.S及びS.E.N.S SVのポイントが2点つきます
お申し込みは下記から
http://www.npo-edge.jp/educate/apdf/


■目次■
●イベント●

エッジ主催・共催
‐ 第16回ディスレクシアセミナー(4/21)
‐ DX会(成人ディスレクシアの会):第65回DX会(4/23)、第5回夜間DX会(5/11)
‐ LSA基礎コース随時受付中
‐ ニュースレター40号発行
‐ 人気記事:フェースブックで好評の記事からピックアップ

●お知らせ●
エッジから
‐ BEAM(音声化した教科書)特別支援教育総合研究所の教材・支援機器に関する情報に掲載されています。
‐ DXパートナーズになりませんか?
‐ Give Oneの寄付サイト
‐ かざして募金

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
●イベント●
◆第16回ディスレクシアセミナー 
【ディスレクシアを活かす〜個性の磨き方・輝かせ方〜】
「ディスレクシア(かもしれない)の方が近くにいるけど、実際の向き合い方が分からない」「個性を引き出して、伸ばすためには何をしてあげたらよいのだろう?」そんな疑問についてお応えしていこうと思います。ぜひ、一緒に「ディスレクシアを活かす」ためのポイントを学びませんか?

4月21日のDXセミナーでは話題の「合理的な配慮」教育編に焦点をあててお話しします。ディスレクシアではどのような配慮が適切なのか、家で出来ることは?学校とどのように連携する?
おとなになってもどうしたら自分の力を十分に発揮できるかを知っているか否かで幸せ度が変わります。ぜひ、ご参加を!

日時:2016/4/21(木)セミナー 10:00-12:00
場所:港区障害保健福祉センターヒューマンぷらざ 会議室2
http://www.city.minato.tokyo.jp/kenko/fukushi/shogaisha/madoguchi/hokenfukushi.html   


JR山手線・京浜東北線 浜松町駅南口 徒歩10分
地下鉄浅草線・大江戸線 大門駅 徒歩7分

参加費:成人1,000円 中学生以上19歳未満 500円
参加対象:ディスレクシアの個性の活かし方についてご関心のある方
(ご本人や、保護者の方々、ディスレクシアに関連のある支援者の方々など)         
定員:25名
講師:藤堂栄子

お申込みフォーム
http://www.npo-edge.jp/support/dxseminar


◆DX会(成人ディスレクシアの会)
★第65回DX会
日時:4/23(土)13:00-20:30
場所:川越周辺探索ワークショップ
参加費:無料(各自食費、交通費などは実費負担)


★第5回夜間DX会
日時:5/11(水)18:30-20:30
場所:ヒューマンぷらざ会議室1
参加費:無料
http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html


◆LSA基礎コース随時受付中
通常学級だけではなく、放課後デイ等、学童、塾や家庭教師、子育てにも役立ちます
http://seisa.ed.jp/npo/support/lsa.html


◆ニュースレター40号発行
2016年、1〜3月までの活動報告とアジア太平洋ディスレクシアフェスティバル&シンポジウム2016@横浜などの記事掲載のニュースレター41が3/25に発行されました。
http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50007440.html


◆人気記事:フェースブックで好評の記事からピックアップ

エッジのフェースブックで3000ビュー以上をいただいた記事です
☆4月からはじまる合理的配慮の義務化。学校と連携するコツは?
https://h-navi.jp/column/article/601

☆読み書き困難なわが子“ディスレクシア”かも?
http://mama.bibeaute.com/article/31297/

☆差別解消は個性を大事に
http://www.sannichi.co.jp/article/2016/03/09/00107747

☆数式にカメラをかざすと解を導いてくれる「Photo Math」がv2.0にバージョンアップ
http://getnews.jp/archives/1424880


●お知らせ●
◆BEAM(音声化した教科書) 無償配布しています
※特別支援教育総合研究所の教材・支援機器に関する情報に掲載されています。
http://kyozai.nise.go.jp/?page_id=151

〇内容が分かるようになったと評判です
現在使用可能な教科書

【小学校】 国語(光村、東京書籍、但し教育出版は小4年のみ)

          社会 (東京書籍 、教育出版)

【中学校】 国語(光村)

          地理、歴史、公民(東京書籍)

            地理、歴史(教育出版)

【高校】 生物基礎 (東京書籍)


★2016年度申込受付中
http://www.npo-edge.jp/work/audio-materials/


◆DXパートナーズ◆
エッジの活動を全国に広げるためにご協力・ご支援ください。
http://www.npo-edge.jp/about/donation

◆Give Oneの寄付サイト
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=205

◆かざして募金(スマホ又はクレッジットカードから寄付ができます)
http://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/creditSelect.jsp?corp=188


EDGEの個別相談
NPO法人エッジでは広く、ご本人、お子さんや保護者、指導者のディスレクシアに関する相談を受けています。相談の予約受付窓口は、EDGEの事務局となります。
連絡先 fax 03-6435-2209
メール dxheart@npo-edge.jp
ホームページの相談フォーム http://www.npo-edge.jp/contact

※寄付金は控除対象
仮認定NPOになりました。寄付をしてくださると寄付控除の対象になります。NPO法人エッジではその趣旨に賛同し応援してくださる方を募集しています。
http://www.npo-edge.jp/about/donation/


◆連絡先、問合せ先
仮認定NPO法人エッジ
〒105-0021 東京都港区芝3-6-5 第二佐山ビル4階
電話 03-6435-0402/0702
Fax 03-6435-2209
http://www.npo-edge.jp/
E-mail:edgewebinfo@npo-edge.jp


発行人:藤堂 栄子 

編集人:柴田 章弘 




npo_edge at 12:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) メルマガ 

2016年03月30日

第16回ディスレクシアセミナー開催

BEAM boy2

【ディスレクシアを活かす〜個性の磨き方・輝かせ方〜】

「ディスレクシア(かもしれない)の方が近くにいるけど、実際の向き合い方が分からない」「個性を引き出して、伸ばすためには何をしてあげたらよいのだろう?」そんな疑問についてお応えしていこうと思います。ぜひ、一緒に「ディスレクシアを活かす」ためのポイントを学びませんか?

4月21日のDXセミナーでは話題の「合理的な配慮」教育編に焦点をあててお話しします。ディスレクシアではどのような配慮が適切なのか、家で出来ることは?学校とどのように連携する?
おとなになってもどうしたら自分の力を十分に発揮できるかを知っているか否かで幸せ度が変わります。ぜひ、ご参加を!

日時:2016/4/21(木) セミナー 10:00-12:00

場所:港区障害保健福祉センターヒューマンぷらざ 会議室2

http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/fukushi/shogaisha/02.html



JR山手線・京浜東北線 浜松町駅南口 徒歩10

地下鉄浅草線・大江戸線 大門駅 徒歩7

参加費:成人1,000円 中学生以上19歳未満 500

参加対象:中学生以上のディスレクシアの個性の活かし方についてご関心のある方

(ご本人や、保護者の方々、ディスレクシアに関連のある支援者の方々など)         

定員:25 

講師:藤堂栄子

お申込みフォーム

http://www.npo-edge.jp/support/dxseminar


 




npo_edge at 14:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ディスレクシアセミナー | イベント情報

2016年03月29日

ジョリーフォニックス講座に燃えた一日

ジョリーフォックス・子どもWS2016/3/28(月)、ジョリーフォニックス講座(k&Tクラブワークショップ・支援者向け講座)が行われました。午前中は小学校5年〜中学校3年までの生徒たちのための講座でした。春休みなので、朝早く、9:00に集まりました。掲示のメッセージボードはディスレクシアの人が書いたので、文字が抜けています。
どこでしょうか?











大きなテキストブックを使って-1
山下先生は終始、笑顔で生徒たちへ接しました。大きなテキストは楽しそうな絵が満載です。
教材1
使われた教材もユニークでした。
教材2
音が聞こえてきそうな教材です。
大人向け:ジョリーフォックスの意味
午後、一転、大人な講座でした。会場が狭いので、講師と受講者の距離が近く、熱意が伝わりました。
大人用:講座実況160328
子どもに戻ったように山下先生の話に引き込まれて行きました。全員で英語を発音するときの迫力は子どもたちには負けていませんでした。あっという間の3時間、まだ物足りない気分になりました。続編を望む声も多くありました。少し寒い中、一足先に春が来たように、温かくなったジョリーフォ二ックス講座でした。
事務局


npo_edge at 16:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワークショップ | スタッフ日記

2016年03月23日

第65回DX会‘蔵の町川越をブラリと訪ねましょう’

1412陶芸ワークショップ

おかげさまで、11年目を迎えDX会例会も65回目になりました。継続中の「元気の出るワークショップ」を行いますので、皆さま気楽に、ご参加下さい。DX会は成人ディスレクシアの集まりです。今回は川越、「蔵の町一番街」探索後カナダ料理を食べるツアーを企画します。13:00に西武新宿線本川越駅改札口前に集合下さい。駅から歩いて10分ぐらいで、観光スポットにたどりつきます。各自で自由行動をしてもらい、17:00頃からカナディアンバー&レストランMaple Leafでワークショップと納会の予定です。



開催日時



2016年4月23日(土)13:00〜19:30



小江戸川越観光協会

http://www.koedo.or.jp/miru-asobu/103/



小江戸川越観光情報

http://www.koedokko.net/meisyo/01/kuradukuri/kuradukuri.html



カナディアンバー&レストランMaple Leaf

http://mapleleaf.favy.jp/



申込(メール)

edgewebinfo@npo-edge.jp



当日連絡先は柴田の携帯090-6500-3079

(携帯電話は当日のみ通話希望、他日は事務局へ) 



携帯メール  edgedxl3894021@softbank.ne.jp 



過去の活動報告

       http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html



ネットラジオ http://www.voiceblog.jp/dx_station/



参加費:無料です。博物館などは有料ですが、各自の判断で見学してください。



▲ワークショップの御題:「町の中に有る自分に一番適した道具を探す」(例題)、 他にアイデアのある方は事務局にお寄せください。



*注意事項

○話題の中心はあくまでもLD又はディスレクシアです。他の発達障害に関する相談には応じられないことがあります。



○発達障害当事者ではない研究者、支援者、ご父兄などの参加も歓迎しますが、当事者の発言を優先します。



○個人的に録音、写真撮影に対して不都合がありましたら、事前にお申し出ください。



○場の雰囲気に合わない話を長時間続ける方には退場をお願いすることがありますので、納得のうえで、ご参加下さい。

----------------------------------

特定非営利活動法人EDGE

DX会世話人  事務局  
柴田 章弘


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



npo_edge at 11:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) DX会 

2016年03月19日

ニュースレター40号‘アジア太平洋DXフェスティバル&シンポ2016’

NL40号表紙


6月の大イベントと新理事就任などのニュース掲載で
ニュースレター40号は2/25に発行されました。長らく
お待たせいたしました。


P1
アジア太平洋ディスレクシアフェステバル&
   シンポジュウム2016



P2新理事紹介 / DX会は参加者の自主運営へ



P3「支援員養成講座」宮崎会場 / 簡単なディスレクシアテスト / 音声教材BEAM



P4 DXパートナーズになりませんか?

本文
http://blog.canpan.info/npoedge/img/EDGE_Vol40_E58D98E3839AE383BCE382B8.pdf 


 


 


 



npo_edge at 16:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ニュースレター 

2016年03月10日

NPO EDGE メルマガ194号 2016/3/10 講座参加者募集中!

1603桜とスカイツリーNPO-EDGE LD/ディスレクシアのソリューションを提供
2016年3月10日
NPO EDGE メルマガ 194号
●メスタ・シバタの独り言●
3月は何かと区切りの時期です。エッジも15回目の総会を終え、新しい理事を迎え、若返りを図りました。常に先端をエッジ?に狙って、ダイナミックに新しい事業も企画しています。まずは6月の横浜におけるディスレクシアフェスティバル&シンポジウムに注力いたします。メスタの人生もネクストステージに入ります。これまで同様御贔屓をお願いいたします。メスタ
弥生迎快晴。新芽照清流。シバタ


●注目●
★合理的な配慮への指針が出ています。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTLIST&Mode=2#

★発達障害児向けデジタル教材、文科省が普及へ
発達障害などで読み書きが苦手な小中高校生を対象にしたデジタル教材の普及に、文部科学省が乗りだす。馳浩文科相が4日の参院予算委員会で、4月以降にニーズを把握し、教科書会社に対し、作成への協力を検討してもらうため協議する方針を示した。
 
馳大臣には素晴らしいこともお約束いただいているのでここにまとめます。
1)民間団体だけではなく文部科学省から教科書会社が作成するなり、作成費を出すよう推進する。
2)作成している民間団体に対して経済的な援助をするための予算立てをする。
3)学校や各行政機関に周知徹底をする。
4)どのくらい音声化した教材を必要とする児童生徒がいるのかを把握する仕組みを作る。

馳大臣の答えのDAISY「等」にはエッジが作成しているBEAM(音声教科書)と東大先端研が開発しているアクセスリーディング、慶応大学が開発しているUDブラウザーにも当てはまるものです。
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/detail.php?ssp=24235&type=recorded
(3時間37分50秒あたりからです)


■目次■
●イベント●
エッジ主催・共催
ジョリーフォニックス講座(キッズ&ティーンズ・支援者):3/28
‐ DX会(成人ディスレクシアの会):第65回DX会(4/23)、第5回夜間DX会(5/11)
‐ アジア太平洋ディスレクシアフェスティバル&シンポジウム2016@横浜、6/11-12日
‐ LSA基礎コース随時受付中
‐ LSA(学習支援員)養成講座2016年度開講案内
‐ 人気記事:フェースブックで好評の記事からピックアップ


●お知らせ●
エッジから
‐ BEAM(音声化した教科書)特別支援教育総合研究所の教材・支援機器に関する情報に掲載されています。
‐ DXパートナーズになりませんか?
‐ Give Oneの寄付サイト
‐ かざして募金

 ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
●イベント●
ジョリーフォニックス講座(キッズ&ティーンズ・支援者)
日時:3/28(月)


★キッズ&ティーンズクラブワークショップ:募集定員に達しました。
時間:9:00-12:00
対象:小5-中3 定員10人
参加費:2000円

★ジョリーフォニックスの基礎
時間:13:00-16:00
対象:支援者、英語教諭、保護者
参加費:3000円

場所:港区ヒューマンぷらざ、ホール(午前)、集会室(午前・午後)
http://www.city.minato.tokyo.jp/kenko/fukushi/shogaisha/madoguchi/hokenfukushi.html
申込:edgewebinfo@npo-edge.jp
http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/51913997.html


◆DX会(成人ディスレクシアの会)
★第65回DX会
日時:4/23(土)13:00-20:30
場所:川越周辺探索ワークショップ 詳細は次号で。
参加費:無料

★第5回夜間DX会
日時:5/11(水)18:30-20:30
場所:ヒューマンぷらざ会議室
参加費:無料
http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html


◆アジア太平洋ディスレクシアフェスティバル&シンポジウム2016@横浜
シンポジウム:アジア太平洋のディスレクシアの教育、英語指導、理想の学校
フェスティバル:日本とアジア太平洋のディスレクシアの若者たちが集います
本来の力を活かして社会で活躍するために展示会、講座、ワークショップ、
映画など楽しいイベントが一杯
日時:6/11(土)、12(日)
場所:神奈川県民ホール(小ホール、展示室1、大会議室)、ワークピア
参加費:フェスティバル 二日通し券 大人3000円、大学生まで1500円
シンポジウム HPをご覧ください。
http://www.npo-edge.jp/educate/apdf/


◆LSA基礎コース随時受付中
通常学級だけではなく、放課後デイ等、学童、塾や家庭教師、子育てにも役立ちます
http://seisa.ed.jp/npo/support/lsa.html

◆LSA(学習支援員)養成講座 2016年度開催案内

◆人気記事:フェースブックで好評の記事からピックアップ
エッジのフェースブックで3000ビュー以上をいただいた記事です
☆習志野市公文書、ゴシック体で見やすく 弱視など障害者に配慮 /千葉
http://mainichi.jp/articles/20160301/ddl/k12/010/357000c

☆常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/2016022902.html

☆アメリカでディスレクシアの研究に関する法律が通る見通し
http://lamarsmith.house.gov/media-center/press-releases/speaker-signs-smith-dyslexia-bill?platform=hootsuite


●お知らせ●
◆BEAM(音声化した教科書) 無償配布しています
※特別支援教育総合研究所の教材・支援機器に関する情報に掲載されています。
http://kyozai.nise.go.jp/?page_id=151


〇内容が分かるようになったと評判です
現在使用可能な教科書
 【小学校】 国語(光村、東京書籍、但し教育出版は小4年のみ)
          社会 (東京書籍 、教育出版)
 【中学校】 国語(光村)
          地理、歴史、公民(東京書籍)
            地理、歴史(教育出版)
 【高校】 生物基礎 (東京書籍)

★2016年度申込受付中
http://www.npo-edge.jp/work/audio-materials/


◆DXパートナーズ◆
エッジの活動を全国に広げるためにご協力・ご支援ください。
http://www.npo-edge.jp/about/donation

◆Give Oneの寄付サイト
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=205

◆かざして募金(スマホ又はクレッジットカードから寄付ができます)
http://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/creditSelect.jsp?corp=188


EDGEの個別相談
NPO法人エッジでは広く、ご本人、お子さんや保護者、指導者のディスレクシアに関する相談を受けています。相談の予約受付窓口は、EDGEの事務局となります。
連絡先 fax 03-6435-2209
メール dxheart@npo-edge.jp
ホームページの相談フォーム http://www.npo-edge.jp/contact

※寄付金は控除対象
仮認定NPOになりました。寄付をしてくださると寄付控除の対象になります。NPO法人エッジではその趣旨に賛同し応援してくださる方を募集しています。
http://www.npo-edge.jp/about/donation/


◆連絡先、問合せ先
仮認定NPO法人エッジ
〒105-0021 東京都港区芝3-6-5 第二佐山ビル4階
電話 03-6435-0402/0702
Fax 03-6435-2209

http://www.npo-edge.jp/
E-mail:edgewebinfo@npo-edge.jp

発行人:藤堂 栄子 
編集人:柴田 章弘 




npo_edge at 14:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) メルマガ | イベント情報

2016年03月05日

第4回夜間DX会報告 ‘少数でも継続が大切’次回へ!

第4回夜間DX会3/2(水)、男3人、女1人の少数参加で、久しぶりに頭を使った
DX会でした。夜間は仕事帰りにフラっと、立ち寄る場所なので、
時間通りに参加者は来ません。開始30分経っても、2人しか参加者が来ていなかったので、さすが世話人も焦りました。11年間継続させてきたのに、初の中止か、と不安が過りました。そんなとき、2人が相次いで、来ました。最悪の場面は逃れました。





160302イントロの御題
今回の御題は「週一回は必ず買うもの」にして、参加者全員にクレヨンと画用紙を配りました。
160302イントロの作品
左上、必ず立ち食いソバ屋に寄り、食べています。店ごとの味の違いを解説してくれました。
右上、クラブ活動で使うバトミントンのシャトルコック。
右下、夕食で調理する食物(バナナ、モヤシ、ネギ、ダイコン、ニンジン、ゴボウ、ミルク、ジャガイモ、鮭等)
左下、セブンイレブンのレギュラーコーヒー
買いものを「食べるもの」と「飲むもの」に置き換え、個性のある自己紹介ができました。それにしても皆さんのお金の使い方の違いがよくわかりました。
160302WS途中経過
ワークショップは「ありがとう」にあたることばを100個、考えるという御題でした。前回「誉めことば」はすんなり
100個、出てきましたが「ありがとう」は意外に難しく、なかなか出てきませんでした。お礼のことばは「ありがとう」で済ませていて、他考えたことがなかったのかもしれません。少し休みを入れ、話し合い、どんなとき「ありがたい」かを考えてみました。自分が「楽」になったり、「勇気」が出たりしたときです。これを手がかりに、考えました。DX会では珍しく、なかなか答えが出ず、苦労しました。
160302WS最終結果は
やっと100を超えたとき、ドーと疲れが出てきました。出てきたことばで、どんな言い回しが自分にとって、一番うれしい「ありがとう」でしょうか。4人とも違います。「感謝します」「いい酒が飲める」「肩の荷が下りた」「株が上がった」が一番好きな言い回しでした。たまには頭を使うDX会が有っても、いいのでは。
ホワイトボードの前で、参加者の皆さん
参加者の皆さん、お疲れさまでした。今回も元気になったかな!次回は4/23(土)・第65回DX会、5/11(水)・第5回夜間DX会です。詳細は後日、お楽しみに。

DX会の活動報告
http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html

世話役 柴田 章弘



npo_edge at 15:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) DX会 

ジョリーフォニックス講座(キッズ&ティーンズ・支援者)募集中!

ジョリーフォニックス講座ジョリーフォニックス講座(キッズ&ティーンズ・支援者)

日時:3/28(月)

キッズ&ティーンズクラブワークショップ:定員に達しました。
時間:9:00〜12:00
対象:小5〜中3 定員10人
参加費:2000円

ジョリーフォニックスの基礎
時間:13:00〜16:00
対象:支援者、英語教諭、保護者
参加費:3000円

▲場所:港区ヒューマンぷらざ、ホール(午前)、集会室(午前・午後)
http://www.city.minato.tokyo.jp/kenko/fukushi/shogaisha/madoguchi/hokenfukushi.html

申込:edgewebinfo@npo-edge.jp


事務局



npo_edge at 14:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イベント情報 | キッズ&ティーンズクラブ

2016年03月01日

総会とシンポジュウム報告‘なんと参加者100名を超えました’

15エッジ総会2/28(日)、港区立高輪区民ホールで第15回NPO法人エッジ総会が行われました。5つの議案は無事、満場一致で承認されました。今回は理事の交代があり、新体制に向かって、新たな出発となりました。16年目の船出です。

20160228シンポ状況

午後からは、特別シンポジュウム「通常学級におけるUDと合理的な配慮」 
〜4月からどうなる?どうする?〜は前半は現役高校生2人、DX会重臣、保護者が
それぞれ、学校で行っていた工夫を披露しました。
20160228シンポジュウム
後半は現場の教員がどのように工夫をしているかを発表しました。面白い企画で、100名を超える参加者が有り、大盛況でした。

事務局 柴田 章弘

 


npo_edge at 16:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スタッフ日記 | ディスレクシアセミナー

2016年02月20日

メルマガ号外(特報シンポジュウム:無料です!)2016/2/20

東京サカイツリー1

NPO-EDGE LD/ディスレクシアのソリューションを提供
2016年2月20日メルマガ号外

新春特別イベントです。なんと無料になりました。日曜日の午後、皆様と通常学級の合理的配慮について考えてみませんか。多くの方のご参加をお待ちしています。


●特報●
●イベント●
◆特別シンポジュウム「通常学級におけるUDと合理的な配慮」:2/28(日) 
「通常学級におけるUDと合理的な配慮」シンポジウム
〜4月からどうなる?どうする?〜
 
第一部 若い本人たちから 13:30〜14:50
   現役の高校生、若者と学習支援員の本音が聴けます。

司会:藤堂栄子(保護者、NPO法人エッジ代表)
   大庭亜紀(保護者、LSA他)
   河高康子(保護者、LSA他)


大庭太郎(18歳、高校3年生)大学受験中です。
診断名:特異的読字障害(読み書きLD:特に英語の読み書き、漢字書字)アスペルガー症候群(現時点では、軽度?グレイゾーン)計算が遅く、ミスが多いため、テスト時間内に終わらない。暗算しても書くときに忘れてしまう。 上記の困難さから、大学センター入試、2次試験等では1.3倍の時間延長と別室受験が認められました。


河高素子(17歳、都立高校2年生)定時制の高校生です。 DO-IT japan 2013年度スカラー。小学校5年生の時、検査をうけて、発達障害と書字に困難があるとわかる。主に書字障害と感覚過敏による困難があり、学校ではPCによるノートテイクなどの支援を受けています。


村松洋平(福祉施設勤務)DX会のコアメンバーです。大人になってからディスレクシアの診断を受け、自分の困難さを開示して利用者や地域住民に対して陶芸を教えている。
 
第2部 現場の先生方と保護者 15:00〜16:30
「通常学級のユニバーサルデザインと合理的配慮」
の編集者、著者が一堂に会します
 
司会 阿部利彦 星槎大学大学院 教育学研究科 准教授、
通常学級でユニバーサルデザインを進めるために
 
片岡寛仁 日本授業UD学会湘南支部 支部長、
三つの仕掛けで笑顔あふれるクラスを創る
 
田中博司 杉並区立桃井第五小学校 教諭、
ユニバーサルデザインの支援を活かした教室環境づくり
 
上原淑枝  川崎市立東生田小学校 教諭、
教材教具を活かした支援
 
小林みやび 保護者
保護者が欲しいもうひとつの配慮
 
日時: 2月28日(日)午後1:30から4:30
場所: 港区高輪区民ホール 都営三田線白金高輪駅上
定員: 250名
参加費:無料
(金子書房):「通常学級におけるUDと合理的な配慮」

主催: NPO法人エッジ
協力: 星槎教育研究所、金子書房
お申込み:http://kokucheese.com/event/index/373210/




npo_edge at 12:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) メルマガ | イベント情報

2016年02月15日

第4回夜間DX会‘通勤帰りの休息所’

第1回夜間DX会WS

皆さまのおかげで、前回の夜間DX会は盛況のうちに終了することができました。参加者された皆さんと検討の結果、第4回夜間DX会を下記の日程で行うことになりました。継続中の「元気の出るワークショップ」を行いますので、通勤通学の帰りにフラっとお立ち寄りください。スタッフが準備してお待ちしています。

 

開催日時

 

2016年3月2日(水) 

 

18:30〜 20:30

 

会場

 

障害保健福祉センター(ヒューマンぷらざ)会議室1

 

http://www.city.minato.tokyo.jp/kenko/fukushi/shogaisha/madoguchi/hokenfukushi.html

 

連絡先は柴田の携帯090-6500-3079

(携帯電話は当日のみ通話希望、他日は事務局へ) 

 

携帯メール  mailto:edgedxl3894021@softbank.ne.jp 

 

過去の活動報告

       http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html

 

ネットラジオ http://www.voiceblog.jp/dx_station/

 

参加費:無料

 

▲ワークショップの御題:「???(仮題)」を行います。  他にアイデアのある方は事務局にお寄せください。

 

*注意事項

 

○話題の中心はあくまでもLD又はディスレクシアです。他の発達障害に関する相談には応じられないことがあります。

 

○発達障害当事者ではない研究者、支援者、ご父兄などの参加も歓迎しますが、当事者の発言を優先します。

 

○個人的に録音、写真撮影に対して不都合がありましたら、事前にお申し出ください。

 

○場の雰囲気に合わない話を長時間続ける方には退場をお願いすることがありますので、納得のうえで、ご参加下さい。

 

○準備の都合上、初参加予定の方は出来る限り世話人にご連絡ください。

 

----------------------------------

特定非営利活動法人EDGE

DX会世話人

事務局 柴田 章弘

tel 03-6240-0670

fax 03-5401-1190

http://www.npo-edge.jp

mailto:edgewebinfo@npo-edge.jp

 

 

 



npo_edge at 14:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0) DX会 

2016年02月10日

メルマガ193号: 特別シンポジュウム、参加者募集中!!!

1602梅とウグイスNPO-EDGE LD/ディスレクシアのソリューションを提供
2016年2月10日
NPO EDGE メルマガ 193号
●メスタ・シバタの独り言●
メスタの独り言
「合理的な配慮」について話す機会が増えている。各省庁でも指針がでているが、海外の概念を無理やり日本語にしているので、違和感があり、誤解を生じるのではないかと思う。もともとは"reasonable accommodation"もしくは"adjustment" や "provision"という文言なのだが、reasonableを合理的と訳しても本人に意味がある対応でなければならない。その上、「配慮」という日本語は「心をくばること」や「心づかい」のように情緒的なにおいがする。ちょっとした工夫や器具で楽になるところを心づかいで済まされては本来の力を出すこともできない。と、独り言。


旧友離遠方。新盛着近方。シバタ


●注目●合理的な配慮への指針が出ています。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTLIST&Mode=2#


■目次■
●イベント●
エッジ主催
特別シンポジュウム「通常学級におけるUDと合理的な配慮」:2/28(日)
‐ 第4回夜間DX会:3/2(水)
‐ LSA基礎コース随時受付中
‐ LSA(学習支援員)養成講座「実践サポートきキΑ
‐ 各地と共催LSA講座の案内 


●お知らせ●
エッジから
‐ BEAM(音声化した教科書)特別支援教育総合研究所の教材・支援機器に関する情報に掲載されています。
‐ DXパートナーズになりませんか?
‐ Give Oneの寄付サイト
‐ かざして募金

 関連団体
‐ 2月の「発達障がい基礎講座」

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
●イベント●
◆特別シンポジュウム「通常学級におけるUDと合理的な配慮」:2/28(日) 
「通常学級におけるUDと合理的な配慮」シンポジウム
〜4月からどうなる?どうする?〜

第一部 若い本人たちから 13:30〜14:50
   現役の高校生、若者と学習支援員の本音が聴けます。
司会:学習支援員または藤堂、
大庭太郎(高校3年生)
河高素子(高校2年生)
村松洋平(福祉施設勤務)

第2部 現場の先生方と保護者 15:00〜16:30
「通常学級のユニバーサルデザインと合理的配慮」
の編集者、著者が一堂に会します

司会 阿部利彦 星槎大学大学院 教育学研究科 准教授、
通常学級でユニバーサルデザインを進めるために

片岡寛仁 日本授業UD学会湘南支部 支部長、
三つの仕掛けで笑顔あふれるクラスを創る

田中博司 杉並区立桃井第五小学校 教諭、
ユニバーサルデザインの支援を活かした教室環境づくり

上原淑恵  川崎市立東生田小学校 教諭、
教材教具を活かした支援

小林みやび 保護者
保護者が欲しいもうひとつの配慮

日時: 2月28日(日)午後1:30から4:30
場所: 港区高輪区民ホール 都営三田線白金高輪駅上
定員: 250名
参加費: 無料
主催: NPO法人エッジ
協力: 星槎教育研究所、金子書房
お申込み:http://kokucheese.com/event/index/373210/


◆第4回DX会(成人ディスレクシアの会)
日時:3/2(水)18:30〜20:30
場所:ヒューマンぷらざ(成人ディスレクシアの会)会議室1
参加費:無料
http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html

*第65回DX会は4/23(土)開催予定。詳細はホームページで。


◆LSA基礎コース随時受付中
通常学級だけではなく、放課後デイ等、学童、塾や家庭教師、子育てにも役立ちます
http://seisa.ed.jp/npo/support/lsa.html


◆LSA(=学習支援員)養成講座「ロールプレイング・ケース検討・修了式」
日時)2月14日(日)9時50分から15時50分
全行程修了者のみです。


◆各地と共催LSA講座の案内※
★札幌≪関わり方≫
日時)2/21(日)9:50〜15:50
会場)札幌カフェ
講師)原口英之≪ABAに基づく子どもへの関わり方≫前島深雪≪ユニバーサルデザイン型のSST≫懇話会≪LSAの皆さん≫
主催)NPO法人星槎教育研究所、NPO法人EDGE
共催)放課後ディサービス 天使のわ
http://angel-ring.jp


★広島≪特性に応じた支援≫
日時)2/14(日)10:30〜16:40
会場)広島市南区地域福祉センター5階大会議室
講師)川上康則≪実践サポートあ箘ど利彦≪実践サポートア箙眈梢鬆禺汰サポートΒ
主催)NPO法人星槎教育研究所、NPO法人EDGE
共催)NPO法人日本インクルーシブ教育研究所
http://www.hikk.biz<


★大阪≪関わり方≫
日時)2/28(日)10:00〜17:00
会場)テトラCOCO 谷町教室
講師)原口英之≪ABAに基づく子どもへの関わり方≫前島深雪≪ユニバーサルデザイン型のSST≫本江清華≪ソシアルスキル・ライフスキルの実践について≫
主催)NPO法人星槎教育研究所、NPO法人EDGE
共催)テトラCOCO
http://tetracoco.com/


★宮崎≪特性のある子どもへの関わり方≫
日時)2016/2/27(土)9:50〜16:00
会場)宮崎産業大学もしくは宮崎市民文化ホール≪要問合せ≫
講師)原口英之≪ABAに基づく子どもへの関わり方≫前島深雪≪ユニバーサルデザイン型のSST≫本江清華≪ソシアルスキル・ライフスキルの実践について≫
主催)NPO法人星槎教育研究所、NPO法人EDGE
共催)スマイルクラブ
http://smileclub2525.com/


●お知らせ●

◆BEAM(音声化した教科書) 無償配布しています
※特別支援教育総合研究所の教材・支援機器に関する情報に掲載されています。
http://kyozai.nise.go.jp/?page_id=151

〇内容が分かるようになったと評判です
現在使用可能な教科書

【小学校】 国語(光村、東京書籍、但し教育出版は小4年のみ)

           社会 (東京書籍 、教育出版)

【中学校】 国語(光村)

            地理、歴史、公民(東京書籍)

            地理、歴史(教育出版)

【高校】  生物基礎 (東京書籍)


★新規アップロード 小学校下巻鋭意アップ中
http://www.npo-edge.jp/work/audio-materials/


◆DXパートナーズ◆
エッジの活動を全国に広げるためにご協力・ご支援ください。
http://www.npo-edge.jp/about/donation


◆Give Oneの寄付サイト
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=205


◆かざして募金(スマホ又はクレッジットカードから寄付ができます)
http://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/creditSelect.jsp?corp=188


EDGEの個別相談
NPO法人エッジでは広く、ご本人、お子さんや保護者、指導者のディスレクシアに関する相談を受けています。相談の予約受付窓口は、EDGEの事務局となります。
連絡先 fax 03-6435-2209
メール dxheart@npo-edge.jp
ホームページの相談フォーム http://www.npo-edge.jp/contact

※寄付金は控除対象
仮認定NPOになりました。寄付をしてくださると寄付控除の対象になります。NPO法人エッジではその趣旨に賛同し応援してくださる方を募集しています。
http://www.npo-edge.jp/about/donation/


◆連絡先、問合せ先
仮認定NPO法人エッジ
〒105-0021 東京都港区芝3-6-5 第二佐山ビル4階
電話 03-6435-0402/0702
Fax 03-6435-2209

http://www.npo-edge.jp/
E-mail:edgewebinfo@npo-edge.jp

発行人:藤堂 栄子 
編集人:柴田 章弘 




npo_edge at 12:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) メルマガ