2006年02月

2006年02月28日

LSA派遣事業の説明会

4月からのLSA派遣事業の説明会を下記日程で行います。
2日間設けましたので、どちらに参加されるか個別支援室まで事前にご連絡下さい。


日時 : 3月11日(土)14-16時/3月15日(水)16-18時

場所 : 港区浜松町2-3-20
      港区子ども家庭支援センター2F 地域活動室

交通 : JR「浜松町駅」南口改札口を直進し、右側S5階段を下り、横断歩道を渡り、直進。
     少し歩くと右側に黄色い看板あり。
     都営地下鉄大江戸線・浅草線「大門駅」B4出口を出て右折。
     世界貿易センタービルとの間の道路を直進し、右折して黄色い看板あり。

内容 : 4月からのLSA派遣事業の説明

申込 : 個別支援室 Tel/Fax : 03−5401−1199
Mail : minatolsa@yahoo.co.jp

無事終了いたしました。ありがとうございました。


npo_edge at 11:51|PermalinkComments(1)TrackBack(0) イベント情報 | 学習支援員(LSA)

2006年02月27日

第2期LSA講座が終了しました。5

 第挟LSA講座受講生の皆様お疲れさまでした。本日、講座を終了されたと聞き、まずは労いのことばをさしあげます。今後、現場に入り、いろいろな生徒と接することになると思います。ここで学んだことを忘れずに、健康に気をつけ、お互いに頑張って行きましょう。
事務局   柴田

npo_edge at 18:07|PermalinkComments(1)TrackBack(0) スタッフ日記 | 学習支援員(LSA)

2006年02月25日

ニュースレターVol10ができました。

 昨日、午後ニュースレターが刷り上がりました。私が編集を始めてから3回目なので、ようやく作り方が頭に入りました。来週の月曜日、火曜日に頑張って、袋詰めし、送ります。いつもこのときだけは猫の手も借りたくなります。幸い、お手伝いの方々がおりますので、一安心です。おかげさまで、最近ニュースレターも人気が出て、前回は全部配り終わりました。今回はどうなるでしょうか。期待と不安の入り交じったニュースレター完成でした。

事務局 柴田

npo_edge at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スタッフ日記 

2006年02月23日

ニュースレター10号が完成します。5

 明日、今年始めから取り組んでいたニュースレター10号が完成します。今回はいろいろな記事満載で、編集もけっこうたいへんでした。ディスレクシアやLDが世の中に認知されつつあることをひしひし感じます。ここが踏ん張りどころです。この分野の啓発新聞として、このニュースレターが読まれるとたいへん嬉しいのですが。しばらくしたら、このブログのニュースレターのカテゴリに掲載しますので、お楽しみに。
事務局 柴田

npo_edge at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スタッフ日記 

2006年02月22日

六本木中学に行ってきました。4

 LSA講座の受講生の引率で、港区立六本木中学校に行ってきました。さすが、都心の中学校です。近代的設備と気さくな校長の対応にしばし、楽しいときを過ごしました。私の過ごした中学校のような窮屈な雰囲気がないのは羨ましく感じました。教室に貼ってあった「ほめことば」の一覧表を見て、生徒たちのよい部分に目を向けようとする努力が感じられ、新鮮でした。
受講生の皆さん、佐藤校長及び応対してくださった方々どうもありがとうございました。
事務局 柴田


npo_edge at 18:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スタッフ日記 

港区個別支援室から初めての投稿5

こんにちは。
個別支援室で事務をしています小水です。
個別支援室は、1月20日に読売新聞に掲載されたのをきっかけに、問合せの電話が全国からかかってくるようになりました。相談件数もどんどん増えてきています。
毎日ここにいて思う事は、一人でも多くの人が軽度発達障害を理解し、各地域で対応していける社会になって欲しいという事です。まずは港区からということで、私もその活動に参加し、皆がhappyに過ごせる社会にしていくお手伝いができたらなぁと思っています。これからも個別支援室の様子などお伝えしますので、どうぞ宜しくお願いします☆

npo_edge at 11:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スタッフ日記 

2006年02月21日

明日は六本木中学へ3

 明日は六本木中学に見学に行く。心障学級の見学だ。
昨年、小学校を見学して、たいへん参考になった。当
事者ではなく、第三者的に見ると客観的に見えるものだ。
どちらかといえば学校は大嫌い。中学生時代、毎日、中学
を休む方法ばかり考えていた。卒業以来、母校には足を向け
たことは未だにない。だからこそ、ディスレクシア
やLDで苦しみ、不登校寸前の現役中学生の気持ちがよく理
解出来るのだ。
 明朝、10時少し前には校門の前で立っていよう。
事務局 柴田

npo_edge at 17:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スタッフ日記 

雑感5

皆様

こんにちわ!
メスタこと藤堂です。
19日の総会も無事に終了しました。

3月は港区内の学校に伺って4月以降
どのようにLSAにかかわってもらうかの
お話をしてゆくことになります。

いくつもの新聞に紹介されましたが、
港区との協働はこれからが本番です。
2年前に港区特別支援教育仕組みつくり
検討委員会という舌をかみそうに長い名称の
会合で考えてきた内容をいよいよ形にしてゆきます。

試行錯誤を重ねながら良いシステムに
してゆきたいと思いますので、いろいろな方からの
ご意見を伺ってゆきたいと思います。
でも一番の目的は子どもが楽になって
本来の能力を発揮できるようにすること。
そのためには保護者も教師も楽になる必要がある
と思っています。

すでにいくつかの学校に伺っていますが、玄関に入っただけで
雰囲気が感じられます。

子どもたちの様子や壁に貼ってあるもの、
支援を必要としている
子どものことが手にとるように見えます。

外からだけでは分かりづらい軽度の発達障害、
特に行動面や社会性ではあまり問題の無い
ディスレクシアの子どもたちににも、これで
少しでも早うちに対応が出来るようになれば
良いなあと願っています。






npo_edge at 16:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スタッフ日記 

2006年02月20日

フォローアップ研修は盛況でした。3

b49ab72a.JPG 昨日のフォローアップ研修は意外な結果だった。20人ぐらい参加者が来ると見込み、資料を揃えていたが、予想を超え、倍近くの人々が押しかけてきたのであった。喜びの悲鳴を上げたかったが、予想以上の盛況にスタッフは困ってしまった。こんなピンチにはディスレクシア軍団は強い。あっと言う間に、資料をコピーして、数を揃えて参加者に配ってしまう。こんな離れ技を何食わぬ顔でこなすスタッフは優秀だった。さて、今回の講義で解説された「LD及びディスレクシア判断のための判断調査表」はたいへん参考になるもので、LSAの方々が現場の学校で、即役立つ内容でした。一度聞いただけではなかなか理解できないかもしれません。しかし、自宅に帰り、ここで配られたテキストを再読して理解を深めれば、絶対役立ちます。藤堂会長、熱演ありがとうございました。
事務局 柴田

npo_edge at 18:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スタッフ日記 | 学習支援員(LSA)

2006年02月18日

明日は総会だ1

 いよいよ明日は総会の本番だ。六本木ではなくて浜松町である。勘違いしないようないようにしたい。午後2時に始まる予定である。われわれスタッフは本当は三〇分前に集まればよいのだが、少し早めの午後1時に設定しておいて丁度よい。ディスレクシア軍団NPO EDGEでは世間の常識は通じない。時間の概念が不明瞭な人々が若干何名か、必ず居る。だから、時間通りにものごとが始まることは奇跡に近い。本当に終わるまで不安がつきまとう。
事務局 柴田

npo_edge at 22:16|PermalinkComments(1)TrackBack(0) スタッフ日記