2006年04月

2006年04月29日

5/2:横浜赤レンガ倉庫に行って講演会を聴こう!

本日5/2、上野一彦先生の講演会も、まだ定員に若干の余裕がありますので、当日会場にお越しください。皆さまのご来場をお待ちしています。

<講演会>
「もっと知ろうLD・ADHDの世界 特別支援教育のこれからの課題」
☆LD・ADHDなどの見えづらい困難を抱えた人たちの啓発☆
〜映画や小説に見る身近なLD・ADHD、有名な人たちの話を通して、どのように育ったのか、成功の秘訣を探る〜
    日時:5月2日(火)18:30 〜 20:00
    場所:横浜赤レンガ倉庫1号館 3階     入場料:1000円


<絵画展>
「横浜アートフェア2006」〜世界各国の人気アート作品が集まる!〜☆今年も横浜アートフェアがはじまります。横浜赤レンガ倉庫1号館の2階に世界各国の絵画、総数200点以上が集まります。マッケンジー・ソープさんの新作と、横浜の天才イラストレータである鈴木英人の新作もご覧頂けます。会場では展示即売も行なっており、売上の一部は「愛をはこぶ人キャンペーン」に寄付されます。☆

    日時:4月30日(日)〜5月7日(日)10:30 〜 19:00
    場所:横浜赤レンガ倉庫1号館 2階多目的ホール

現在、この他に秋にはマッケンジー・ソープ来日絵画展も予定されております。


主催・問い合わせ先
愛をはこぶ人キャンペーン実行委員会事務局
〒106-0032 東京都港区六本木4-7-14みなとNPOハウス4F NPO EDGE内
TEL:03-5413-3356 FAX:03-5413-3358 mail@aiwohakobu.jp 


npo_edge at 10:27|PermalinkComments(0) スタッフ日記 

2006年04月28日

NPO EDGE メルマガ75号 2006年4月28日5

NPO-EDGE LD/ディスレクシアとソリューションを提供

■ 2006年4月28日
■ NPO EDGE メルマガ 75号

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
<メスタとシバタの独り言>

<最新ニュース>
― ソープ絵画展(横浜赤レンガ)4月30日(日)〜5月7日(日)
― 上野一彦先生講演会 5月2日(火)
― 英語塾新学期 5月13日(土)から
― LSA(港区学習支援員)、フォローアップ研修+情報交換会 6月10日
― ソーシャル・スキル・トレーニング講習会 7月21、23、24、25,27日 
― ラクラク親子タッチタイピング講習会 7月22日(土)

<ネットワーク>
― 愛をはこぶ人キャンペーン

<事務局からのお知らせ>
― 啓発小冊子「キミはキミのままでいい」を配布しています
― ディスレクシア紹介の絵本「私の弟」販売しています
― 読者の声を募集しています

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
□ メスタとシバタの独り言 ■
「やる気と無気力」「生まれながらにして“無気力な子”なんていない、育っていく過程でやる気をそがれてしまっているのだ」という私の持論にぴったりの本が出版されました。インドネシアの華僑で医学、工学、教育学の博士号を日本で取得したスタント先生の著書「できない大学生たちが、なぜ、就職で引っ張りだこになったか」(三笠書房、1500円)です。どうしてこんなに無気力な子が多いのかと嘆く教師や保護者に必読書です。(メスタ)雑事増加、気力充実。(シバタ)

□最新ニュース■
◆ソープ絵画展(横浜赤レンガ)◇
横浜、赤レンガ倉庫でディスレクシアの画家マッケンジー・ソープの最新作とイラストレーター鈴木英人の作品のチャリテイー絵画展が開催されます。詳細はブログ<イベント情報>にて。

◆ 上野先生講演会◇
「もっと知ろうLD・ADHDの世界」〜特別支援教育のこれからの課題〜という演題です。映画や小説に出てくるLD/ADHDのキャラクターを紐解きながらの講演です。            横浜赤レンガ倉庫1号館 3階。 詳細はブログ<イベント情報>にて。

◆ 英語塾新学期◇
好評に応えてNPO-EDGEが開講する「LD・ディスレクシア」向けの英語塾。中学校・高等学校の英語学習が楽しくなります。詳細はブログ<イベント情報>にて。

◆ LSA(港区学習支援員)フォローアップ研修+情報交換会◇
LSA講座の中で抜けていた「医療面から見た発達障害」の講座を下記の要領で行います。一般の方も参加できますので、皆様奮ってご参加下さい。詳細はブログ<イベント情報>にて。

◆ ソーシャル・スキル・トレーニング講習会◇
学習困難や人とのかかわりが上手でない児童生徒らの学習現場で支援するためのトレーナーを養成する講座。対象児童募集中、4年〜6年(〕遒礎紊がないタイプ△呂辰りと言いたいことが言えないタイプ)、詳細はブログ<イベント情報>にて。

◆ ラクラク親子タッチタイピング講習会◇
ワープロができると楽になることがいっぱい。タッチタイピングはけっして難しくありません。夏休みの一日、親子でこの技術を身につけてみませんか。詳細はブログ<イベント情報>にて。

■□ネットワーク□■

◆ 愛をはこぶ人キャンペーン◇
詳しくは、website(http://www.aiwohakobu.jp)まで。軽度発達障害啓発パンフレットを作成しました。4色刷りで16ページのものです。入門編としてご活用下さい。無料。詳しくは愛をはこぶ人キャンペーン事務局まで。 mail@aiwohakobu.jp

■□事務局からのお知らせ□■
◆ ディスレクシア啓発小冊子「キミはキミのままでいい」を配布◆
一昨年発行しました。様々な方々から、良い評価を頂いております。EDGEのホームページから無料でダウンロードできるほか、印刷冊子は、1部(印刷代として) 50円+送料でお届けします。

◆ ディスレクシア紹介の絵本「私の弟」を販売◆ 
ディスレクシア紹介の絵本「私の弟」を館野千恵子さん自費出版の本です。まだディスレクシアに馴染みのない方にお勧めしたい絵本です。一度手にとってみてください。@1,000円 送料別申し込み先:EDGE事務局へ。その他扱い図書はブログをご覧ください。

◆読者の声を募集◆
メルマガ編集室では、EDGEに対するご意見・ご要望、メルマガに対する感想など募集します。

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
入会について*HPからのお申し込みを随時受け付けております。  
NPO・EDGEメルマガ配信の希望や中止は、下記連絡先までご一報ください。
連絡先、問合せ先URL:http://www.npo-edge.jp   E-mail: info@npo-edge.jp
ブログ:http://blog.livedoor.jp/npo_edge/
発行人:藤堂 栄子       編集人:柴田章弘
NPO EDGE TEL 03-5413-3356  FAX 03-5413-3358 
△ ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼




npo_edge at 18:12|PermalinkComments(0) メルマガ 

メルマガ75号発行と連休特別企画3

 今回は連休のはざまに入るので早めにメルマガを発行しました。皆様のところにとどいているでしょうか。こちらは4月30日から始まる横浜赤レンガ倉庫で行われる「愛をはこぶ人キャンペーン」:横浜アートフェアの準備に大わらわです。ボランテイアの方々の助力はあっても、結局終わらず、明日来て作業を続けることになりました。5月2日(火)、赤レンガ倉庫で行われる、上野一彦教授の講演会にもどうぞ来てください。お待ちしています。
NPO EDGE
事務局
柴田 章弘

npo_edge at 18:09|PermalinkComments(0) スタッフ日記 

2006年04月26日

2006年4月の新着図書5

読み書き障害(ディスレクシア)のすべて
− 頭はいいのに、本が読めない −

サリー・シエイウイッツ 著 
藤田 あきよ 訳
加藤 醇子 医学監修
PHP研究所

2006/4/28


npo_edge at 14:05|PermalinkComments(0) 新着図書 

2006年04月24日

フォローアップ研修のお知らせ

LSA講座の中で抜けていた「医療面から見た発達障害」
講座を下記の要領で行います。皆様奮ってご参加下さい。


日時:2006年6月10日(土)2時から4時

場所:浜松町地域活動室

講師:明治学院大学小林潤一郎先生(小児科)

参加費用:LSA、EDGE会員 1000円
      一般 1500円

出欠を個別支援室までお送り下さい。

港区個別支援室
〒105-0013
東京都港区浜松町2−3−20
港区立子ども家庭支援支援センター2階
筺FAX 03-5401-1199
E-mail:minatolsa@yahoo.co.jp
藤堂栄子

npo_edge at 10:28|PermalinkComments(1) イベント情報 | 学習支援員(LSA)

2006年04月21日

明日は英語塾見学会、説明会あります!

4月22日(土)授業見学会は10:00〜12:00
説明会は14:00〜16:00(午後2:00〜16:00)

定員にはまだ若干の余裕がありますので、どうぞお越しください。場所は六本木のNPOハウス4階のNPO EDGE事務所です。場所は「はじめての方へ」のNPO EDGE住所の「みなとNPOハウス」にリンクが貼ってありますのでクリックしてご覧ください。


英語はタダでもとっつき難い教科
LD・ディスレクシアの子どもにとってはなおさらです。
ひとりひとりの理解度に合わせて、丁寧にわかりやすい、
身に付く英語の学習方法を少人数で指導します。
中学校・高等学校のスタートラインで『わかる』楽しみを味わいましょう。

好評に応えてNPO-EDGEが開講する「LD・ディスレクシア」向けの英語塾

『楽しくわかる!英語塾』の特徴
1. フォニックスを使った効果的な学習
  フォニックスの指導法は、読み・綴り・書きの習得について多感覚(視覚・聴覚・触覚・運動  統合感覚)を使って行うアプローチです。
2. 少人数でのわかりやすい指導
  ひとりひとりの理解度にあわせて、きめの細かい指導を致します。発音や読みだけではな  く、文法や文の構造も学習し、学校での学習のサポートも致します。
3. LD・ディスレクシアのお子さんも楽しく学習できます
  EDGEが培ってきたディスレクシア(読み書き困難)のノウハウを生かし、LD・ディスレクシア児に適した指導を先生が行います。お子さんが英語で自信をつけると、他の学科にも好ましい影響が現れます。

 開講  5月13日(土)より隔週土曜日午前・午後、2時間 (人数により調整)
 講師  アンジェラ・フレンチ、長谷川真知子、他(プロフィールはwww.npo-edge.jp参照)
 募集  はじめてコース(小6〜中学):6名、継続コース(中学生):6名
 場所  NPO法人EDGE(港区六本木4-7-14 みなとNPOハウス4階
 費用  はじめてコース入会金 EDGE会員は1万円、非会員は2万円
      継続コース入会金     EDGE会員は5千円、非会員は1万円
      受講料(4回毎)      1万2千円


npo_edge at 11:41|PermalinkComments(0) スタッフ日記 

2006年04月19日

特別支援教育の推進が紹介されました4

 東京都港区の広報みなと(2006年4月17日号)に特別支援教育の推進が紹介されています。この記事によりますと、港区内のNPO、大学などと連携しながら、区立小中学校、通常学級に在籍する特別に教育的な支援を必要とする児童・生徒(学習障、注意欠陥/他動性障害、高機能自閉症など)の特性と能力を最大限に伸ばす教育を推し進めていくとの内容でした。今後の躍進が期待されます。スタッフも心して取り組まなければなりません。
NPO EDGE
事務局
柴田

npo_edge at 16:56|PermalinkComments(0) スタッフ日記 | 学習支援員(LSA)

2006年04月17日

ソーシアル・スキル・トレーニングトレーナー養成講座5

 学習する上で教科の内容を理解することは重要ですが、学習態度や学習スキルを身につけることも大切です。集団の中で人との付き合い方のコツを身に付けていくことをソーシャル・スキルと言います。
 軽度の発達障害を持つと言われる人たちは、人とのかかわりが上手くいかない、自分の衝動をコントロールできない、自分の思ったことを上手く表現できず相手に伝えられないなどの困難さを抱えています。
 このような児童生徒に対し、日常の学習や生活の場で、教師や学習支援員等のサポーターがソーシャル・スキル・トレーニング(SST)を活用することにより、児童生徒が自信を取り戻し、落ち着いて学習に取り組めるようになります。
 この講座は、SSTを学習の現場で活用しうるトレーナを養成することが目標です。

目的 SSTの理論学習と実習を通してSST実践者の育成を図る

日時 2006年7月21日(金)、23日(日)〜25日(火)、27日(木) 5日間

場所 個別支援室(港区立子ども家庭支援センター2階) tel 03-5401-1199
〒105-0013港区浜松町2-3-20(JR浜松町、地下鉄大門より徒歩3分)

対象者 教師、学習支援員(LSA)、関心のある方、15名まで
費用 EDGE会員及びLSAは18,000円 非会員は20,000円

内容
21日pm:理論、実習のポイント、対応のロールプレイ等
23日am:トレーニング対象児童の検討
   pm:児童を対象とした実習、実習のミーティング
24・25日am又はpm:実習と事後ミーティング
27日終日:SSTの振り返り、SSTプログラムの作成
問合せ・申し込み 特定非営利活動法人エッジ (以下の電話・FAX・メールまで)
〒105-0032 東京都港区六本木4-7-14 みなとNPOハウス4階
Tel 03-5413-3356 Fax 03-5413-3358
E-mail:info@npo-edge.jp


npo_edge at 12:13|PermalinkComments(0) イベント情報 

ラクラク親子タッチタイピング講座5

−字が下手で、『なんて書いてあるのか分からない』と言われる
−書く内容を一行に収めるのに苦労する
−言葉は浮かぶが、どんな漢字を書いたらよいかわからなくなる
−考えていても、文章になかなかまとまらない
−書いた文章を直すのが重なり、汚くなってしまう
皆さんのお子さんは、このような悩みやもどかしさをお持ちではありませんか。ちょっとしたトレーニングをすれば、コンピュータを活用してこのような悩みを解消できます。
キーボードを見ずにパソコンの画面を見ながら操作することをタッチタイピングと言います。このタッチタイピングの習得法について独自のノウハウをお持ちの増田忠先生をお招きし、以下の要領で習得講座を開講いたします。
講座は、親子で参加いただき、パソコンを使って習得法の講義と実習を2時間行います。その後は、先生から届くメールによるフォローアップ講習で、毎日30分ほど自宅で自習し、約1ヶ月で習得すると言う内容です。

開催日時 2006年7月22日(土)午後2〜4時場所 港区内(応募された方にご連絡いたします)
講師 増田 忠
費用 親子二人でEDGE会員は10,000円、非会員は12,000円 (テキスト代、フォローアップ講座を含む)
 
対象と条件 文字・文章を書く意欲のあるお子さんと親。お子さんはカナの50音構造を理解している事が望ましい。当日は講習に使用するパソコンを当方で準備します。(PC持込も可)
主催・申込 NPO-EDGE(電話03-5413-3356、FAX03-5413-3358、info@npo-edge.jp)
講師紹介 1987年末に全く新しいキーボード練習法を発表し、25冊以上のテキスト本やCDーROMなどを出しています。この練習原理を使えば、あらゆる入力方式に対して適切な練習法が作成できます。

「ディスレクシアの親と子供のためのタッチタイピング講座(7月22日)申込
NPO-EDGE(電話03-5413-3356、FAX03-5413-3358、info@npo-edge.jp)宛



npo_edge at 11:57|PermalinkComments(0) イベント情報 

2006年04月14日

LSA連絡会をお忘れなく5

4月のLSA連絡会

日時 : 4月15日(土)10-12時>      

場所 : 港区立子ども家庭支援センター2階 地域活動室

無事終了いたしました。

----------------------------------
 個別支援室 電話&Fax 03-5401-1199
〒105-0032 東京都港区浜松町2-3-20
 港区立子ども家庭支援センター 2階 
Mail : minatolsa@yahoo.co.jp
----------------------------------



npo_edge at 13:18|PermalinkComments(0) スタッフ日記