2008年04月

2008年04月18日

発達障害はじめの一歩 〜特別支援教育のめざすもの〜4

1713038c.gif 
 発達障害を簡単に紹介する本が出ました。

この本は前半で発達障害(ADHD・アスペルガー・LD)を

前半で、「症状」「ケア」「解説」「4コママンガ」で

構成され、発達障害の特徴がわかります。後半は

各症状がわかったところで、どんな支援をするのが

望ましいかを段階を追って述べています。

特別支援教育に関しても簡易にまとめられています。

字が少なく、大きめな活字を使用しているので、

ディスレクシアの人々にも読みやすくなっています。

著者:石崎 朝世・藤井 茂樹

出版社:株式会社 少年写真新聞社

値段:1200円+税


npo_edge at 13:13|PermalinkComments(0) 新着図書 

2008年04月11日

NPO EDGE メルマガ99号 2008/4/105

a6a1a769.jpgNPO-EDGE LD/ディスレクシアのソリューションを提供
2008年4月10日
NPO EDGE メルマガ 99号
□メスタとシバタの独り言
4月サクラが咲くと日本全国津々浦々新しい生活が始まりますね。エッジでもすでに11月、12月の予定が入ってきています。いろいろなコラボの話も舞い込み、今年もうれしい悲鳴をあげ通しかしら?

皆様応援よろしくお願いいたします。メスタ
卯月知新花。快風運改果。シバタ

講座、集まりのお知らせ

□DX会キッズ&テイーンズクラブの受講生募集

 昨年4月から開講しましたDX塾ではたいへん

好評で一年を迎えます。今年の4月から名前を改め、

さらに内容を充実し、新学期の生徒を募集します。

主要三科目に関して、児童生徒の特性を活かし、

一人一人のラーニングスタイルに合わせて、

学習スキルを身につけられるよう、プログラムを組み、

個別の対応をします。また、仲間との出会いや

コミュニケーションの場としても、お子様が

楽しく通えるような環境を作ります。

説明会は4月16日(国語)、18日(英語)、

21日(算数・数学)にあります。詳細はブログ・イベント情報

(2008・3・10)http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50002211.html

□ 文部科学省委嘱事業発表会

5月24日(土)、10:00〜13:00、

港区協働事業「LSA(学習支援員)の効果測定」に

ついて発表会です。全国に先駆けて行っている

事業の仕組みと効果的な運営について文部科学省から

19年、20年と連続して実践研究の委嘱を受けています。

多くの効果が上がっている実感がありますが、

アンケートやヒアリング、個別の指導計画などを通して、

実践から見えてきた効果的な学習支援員の

活用の事例を挙げながら、発表します。

教育関係者、教育委員会、各地で

教育支援をしている方たち、ニーズが

あるかもしれないと感じられている保護者の方たち、

民生員、保健士の方、地域の方たちなど

多くの方たちのご参加をお待ちしております。

参加申込はFAX:03−6240−0671、

メール:info@npo-edge.jp にお願いします。

場所:赤坂区民ホール、共催:港区、

港区教育委員会(申請中)、後援:LD学会、

JDDnet(日本発達障害ネットワーク)

詳細はブログ・イベント情報(2008・3・24)

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50002211.html

□愛をはこぶ人キャンペーン

少し早いのですが、2009年版のマッケンジー・

ソープカレンダー(1400円)を5月より販売開始します。

新版絵はがきセット(1000円)と合わせて

今年は販売に力をいれてまいります。

この事業の収益は啓発活動の原資となります。

みなさまの販売へのご協力とご購入をお願いいたします。

e-mail:  mail@aiwohakobu.jp

□第18回DX会

2008年6月7日(土)、16:00(午後4:00)〜

18:00(午後6:00)、浜松町子ども家庭支援センター2階、

特別活動室で行う予定です。詳細は次号にて。

DX会は「読み書きに困難がある18歳以上の方」が集まっています。

発行物、論文 

□ディスレクシア 読み書きのLD 親と専門家のためのガイド

ディスレクシアを理解するために学問的基礎から

学ぶための本ができました。親や専門家ばかりか、

ご関心のある方、ぜひ一読ください。

マーガレット・スノウリンク著、加藤醇子・宇野彰監訳、

紅葉誠一訳。東京書籍から出版されました。定価4000+税

http://www5.tokyo-shoseki-ptg.co.jp/tosho_new/book/index.html

関係団体のお知らせ

□LD王子たちの公開 生対談!『軽度発達障害』って

こんなところが 大変!なんです

2008年4月19日(土)13:00〜16:00(12:30より受付)、

クラッセ川越 6F多目的ホール 川越駅東口より徒歩3分。

主催:NPO法人チューリップ元気の会、後援:川越市教育委員会
 
http://tulip.main.jp/entrymail/postmail.html

□LD等発達障害児・者のライフステージを見据えた支援 

〜それぞれの年代をより良く生きる〜

2008年5月10日(土)10:00〜16:30(9:30)、

東京ウィメンズプラザホール 東京メトロ銀座線:

表参道下車、申込:往復はがき、pop@mix.club.ne.jp 、

主催:東京LD親の会連絡会

http://www.ne.jp/asahi/tokyo/ld/

ニュース(エッジ後援) 

販売

□『ディスレクシアってなあに?』
 ディスレクシアを理解するために、大人にもお薦めしたい一冊です。

@1200円(送料160円)。周りの子どもへの理解。

保護者、教師向けの対応のヒントなども入っています。

藤堂栄子会長の翻訳です。ご購入の方には

DAISY版も用意しています。図書のお申し込み:

EDGE事務局又はWEBを通してアマゾンから。

□『新絵はがきセット』を発売

マッケンジー・ソープさんが新しい絵はがきセットを

作りました。12枚一組で1000円です。

かわいい絵柄もいっぱいあります。

プレゼントなどにお使いください。

http://aiwohakobu.jp/

□「キミはキミのままでいい」を読んでみませんか。

ディスレクシア啓発小冊子「キミはキミのままでいい」を

増刷しました。分かりやすい解説書、

周囲への理解を求める時にお役立てください。

本書は教育再生委員会の委員、品川裕香さんの著作です。

印刷冊子は、定価100円(送料別)です。

DAISY版(送料込500円)お申し込み:EDGE事務局へ。

□読者の声を募集

メルマガ編集室では、EDGEに対するご意見・ご要望、

メルマガに対する感想など募集します。

◎ 個別支援室

相談のお問い合わせは個別支援室へ。

連絡先:筺03-5401-1199 Fax 03-5401-1199 

E-mail: minatolsa@yahoo.co.jp

行き方:「 個別支援室はどこ?」

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50031945.html

**************************************************************************************
入会について*HPからのお申し込みを随時受け付けております。  
NPO・EDGEメルマガ配信の希望や中止は、下記連絡先までご一報ください。
連絡先、問合せ先URL:http://www.npo-edge.jp  E-mail: info@npo-edge.jp
ブログ:http://blog.livedoor.jp/npo_edge/
発行人:藤堂 栄子       編集人:柴田 章弘
NPO EDGE TEL 03-6240-0670  FAX 03-6240-0671 


npo_edge at 13:01|PermalinkComments(0) メルマガ 

2008年04月08日

第17回DX会報告3

e822d611.jpg4月5日(土)、第17回DX会は18人

(男8名、女10名で内訳は当事者12名、支援者6名)

の出席で、子ども家庭支援センターの隣、

地域活動室で行われました。多くの人々が来てくれた

のは主催者としてはうれしい悲鳴でした。

子ども家庭支援センターの庭には桜の木が数本

あります。

例会の前に外で花見を楽しんでから本番に入りました。

少人数精鋭で望んでいたので、必ずしも多人数の

例会を動かすことは得意ではありません。

今までいい加減でも、それなりに回してしまいました。

せっかく題を決めて、意見を交換したくても、

ファシリテーター役がいないと、声の大きな人の

意見をただ聞くだけで終わってしまいます。世話人のシバタは

大人数をまとめるのが大の苦手です。困っているときに、

一番相応しい人が側にいらっしゃりました。お手伝いいただいた

明星大学の講師、榎本達彦さんです。榎本さんをリーダーに、

参加者をペアにして、お互いに良いところを探す

ゲームをすることにしました。3つの質問「1好きなこと

2毎日、継続していること3小さいときに持っていた夢」でした。

これをペアになった人に3分ぐらいずつ聞き合い、

それをお互いに発表することにしました。三つの情報を基に、

他人から自分を誉められることは少し照れくさいものですが、

やってみると、段々真剣になってきました。

「言うほう」も、「聞くほう」も、だんだん良い気分に

なってきました。全員が発表し終わるころになると、

顔が和んで、リラックスする様子が見えてきました。

 自分のことをPRすることは意外に難しいものです。

まして、ディスレクシア・LDの人々はときどき自分を

過小評価しがちです。でも周囲から誉められると

何となくその気になり、自信が出てきました。参加者の

皆さんにやる気が出ってきてくださるとうれしいことです。

次回の例会が楽しみになりました。

 次回は6月7日(土)、同じ場所と時間に行います。

詳細は後ほど。

特定非営利活動法人EDGE
DX会世話人
事務局 柴田 章弘


npo_edge at 11:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) DX会 

2008年04月02日

ディスレクシア 読み書きのLD 親と専門家のガイド5

8ede3c7f.jpg 学習障害(LD)の中核であるディスレクシア(読み書き困難)は

必ずしも一般的ではありません。日本の学校教育現場では困難を

抱えている生徒が居ても、対応が遅れているのが現状です。

この本はディスレクシアの研究が進んでいる英語圏中心の内容を

紹介する入門書です。ディスレクシアに興味のある方々、ぜひお読みください。

著者  マーガレット・J・スノリング

監訳者 加藤 醇子/宇野 彰

翻訳者 紅葉 誠一

出版社 東京書籍株式会社

値段  4200+税


npo_edge at 17:42|PermalinkComments(0) 新着図書