2008年07月

2008年07月30日

成人ディスレクシア方々のヒアリングのモニター募集4

e2040a00.jpg
IBMでは成人(20歳以上)のディスレクシア

(読み書き困難)の方に新しいソフトを使用後、

感想をお寄せいただくモニターを募集します。


1.内容:EWBの機能/操作の説明、全体/個別ヒアリング

2.1回の実施人数:3〜6人

3.日時:

2008/08/28(木) 13:00-21:00 コアタイム 15:00-17:00、19:00-21:00
2008/08/30(土) 13:00-20:00 コアタイム 14:00-16:00、18:00-20:00

4.時間:全部で2hour、60分が共通セッション、30分が個別ヒアリング、30分バックアップ

5.EWBはウェブの閲覧を支援するソフトウェアです。

次のような機能が提供されます。

 A.マウスで指定した部分を読み上げます。

 B.読み上げている部分だけをハイライトします。

 C.定規のような線を表示することができます。

 D.ふりがなを振ります。

 E.単語と単語の切れ目がはっきりとわかるようにできます。

他にも、いろんな機能が提供される予定です。

6.参加していただいた方には、IBMより、記念品をお渡しする予定です。

7.場所:地域活動室

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50031945.html

詳しくは電話03-6240-0670、E-mail:info@npo-edge.jp にお問い合わせください。

なお、8/31(日)は希望者がなく中止になりました。

事務局 柴田


npo_edge at 11:31|PermalinkComments(0) イベント情報 

2008年07月24日

LD・学び方が違う子どものためのサバイバルガイド5

51c8c091.jpgLDの子どもたちに自信を与え、新しい生き方をアドバ

イスする本です。LDって何かを説明してから、

どうしてLDのある子は学習するのが大変なのかを

わかりやすく説明されていきます。「ことばのLD」

「読みのLD」「書きのLD」「算数のLD」「整理整頓のLD」

「ソーシャルスキルのLD」「運動のLD」の7つのLDに分け、

対処の仕方を教えてくれます。

他に「学校でうまくやる方法」「だれかにい

じめられたら、どうしたらよいか」など具体的に書かれています。参考図書の中に

NPO EDGEで扱っています。館野智恵子著の「私の弟」が紹介されています。

ゲイリー・フイッシヤー+ローダ・カミングス著

竹田 契一監訳

西岡 有香訳

明石書店

1400円+税  



npo_edge at 17:32|PermalinkComments(0) 新着図書 

2008年07月15日

NPO EDGE メルマガ102号 2008/7/145

6f8ea70a.jpgNPO-EDGE LD/ディスレクシアのソリューションを提供
2008年7月14日
NPO EDGE メルマガ 102号
□ メスタとシバタの独り言
わが子ダヌキが二人とも大学と大学院を卒業してくれた。ディスレクシアの息子の卒業テーマはRemember Valencia。スペインのバレンシアで、今は川床だけになっている川の洪水の記憶を、そこに架かっている橋からアプローチできる建築物で体験できる物をコンセプトからデザインした。それをフィルムで表現するという手法をとった。そのテキストの表紙はRememer Valenia!メスタ
夏風運温心、気分快改新。シバタ

NPO EDGEからのお知らせ

□愛をはこぶ人キャンペーン
今年の秋もソープ氏の来日が予定されております。来日に合わせて、

学研本社ビルを会場にスカルプチャーを使った

子どもたちとのワークショップやシンポジウム、

ホテルオークラ東京にて恒例の絵画展、IBMや

DAISYとの共催でディスレクシア啓発のイベントの

準備を進めています!ご期待ください。

e-mail:  mail@aiwohakobu.jp  ホームページ: http://www.aiwohakobu.jp/

□ ニュースレター17号が発行

 6月25日にニュースレター17が発行されました。

皆様のお手元にすでに届いているかもしれませんが、

事務局に在庫が若干ありますので、ご希望の方は

事務局にお問い合わせください。

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50007440.html

□インターネットラジオがリニューアル
約半年ぶりにリニューアルしました。エッジの活動がよく

わかると評判です。ぜひ聴いて、ご感想を事務局までお寄せください。

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50033715.html

□ 第19回DX会開催

2008年8月9日(土)、16:00〜18:00の

例会を地域活動室にて行います。DX会は

「読み書きに困難がある18歳以上の方」の集まりです。

詳細はブログ・イベント情報(2008・7・12)

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50002211.html

□ 第七期LSA講座

2008年度のLSA(学習支援員)、養成講座を9月8日から

開講いたしますので、詳細はブログ・イベント情報(2008・7・12)

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50002211.html

□ DAISY教材を作るワークショップ

 2008年9月23日(火/祝日)、地域活動室、

10:00〜15:00、小中学生12名募集します。

詳細はブログ・イベント情報(2008・7・12)

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50002211.html

◎ 個別支援室
個別支援室では広く、お子さんやご父兄の相談を受け付けています。

お問い合わせは個別支援室へ。

リソースコーナーではディスレクシアなどの

発達障害関係の豊富な資料を用意して、お待ちしています。

連絡先:筺Fax 03-5401-1199  E-mail: minatolsa@yahoo.co.jp

行き方:「 個別支援室はどこ?」

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50031945.html

◎発行物、論文、マスコミ

LD・学び方が違う子どものためのサバイバルガイド

LDの子どもたちに自信を与え、新しい生き方を

アドバイスする本です。簡単な内容と挿絵で理解を助けます。

ゲイリー・フイッシヤー+ローダ・カミングス著、

竹田 契一監訳、西岡 有香訳、明石書店

1400円+税  

◎関係団体のお知らせ

▽障害のある児童及び生徒のための教科用特定図書等の

普及の促進等に関する法律案が出来ました。

(財)日本障害者リハビリテーション協会情報センター 

http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/access/copyright/hutaiketsugi.html

▽7月19日(土)、武庫川女子大学発達支援学術研究センター、

公開シンポジューム「発達支援学の構築に向けて」、

14:00〜16:00、 http://www.mukogawa-u.ac.jp/

▽7月19日(土)LD親の会「けやき」例会、

13:00〜17:00です。詳細は

http://www.ne.jp/asahi/hp/keyaki/HTML/KEYAKI/NEWS.html#080719

▽7月30日(水)日本障害者リハビリテーション協会の講演会、

18:00〜21:10、アジア・太平洋地域における

開発途上国の通常の印刷物を読むことができない

人々へDAISYを普及するためのプロジェクトです。

http://www.normanet.ne.jp/info/seminar080730.html

□啓発パンフレットが到着

▽ 子育て編

JDDネットから「子どもが育てにくい、育児がうまく

いかないと思ったことはありませんか?」と題して三種類

(1歳半の子育て編・3歳の子育て編・就学前の子育て編)の

パンフレットが届きました。英語版もあります。

一部80円(切手可)でお送りします。

▽就労編

 障害者職業総合センターから「就職支援ガイドブック」が

届きました。発達障害のある人々に親切に

就職までの道のりを例題にそって、アドヴァイスします。

「子育て編」も「就労編」もご興味のある方は

事務局にお問合せください。一部80円(切手可)でお送りします。
 
◎ 販売

□ソープさんの「カレンダー」2009年度版ができました。

マッケンジー・ソープさんの絵がカレンダーになりました。

@1400円(送料600円)。たいへんお求めやすい

価格で提供いたします。お問い合わせは

「愛をはこぶ人キャンペーン」事務局、e-mail:  mail@aiwohakobu.jp 

 ホームページ: http://www.aiwohakobu.jp/

□『新絵はがきセット』を発売

マッケンジー・ソープさんが新しい絵はがきセットを作りました。

12枚一組で1000円です。かわいい絵柄もいっぱいあります。

プレゼントなどにお使いください。

http://aiwohakobu.jp/

□『ディスレクシアってなあに?』

 ディスレクシアを理解するために、大人にも

お薦めしたい一冊です。@1200円(送料160円)。

周りの子どもへの理解。保護者、教師向けの対応の

ヒントなども入っています。藤堂栄子会長の翻訳です。

ご購入の方にはDAISY版も用意しています。

図書のお申し込み:EDGE事務局又はWEBを通してアマゾンから。

□「キミはキミのままでいい」を読んでみませんか。

ディスレクシア啓発小冊子「キミはキミのままでいい」を

増刷しました。分かりやすい解説書、周囲への

理解を求める時にお役立てください。本書は

教育再生委員会の委員、品川裕香さんの著作です。

印刷冊子は、定価100円(送料別)です。

DAISY版(送料込500円)お申し込み:EDGE事務局へ。

□読者の声を募集

メルマガ編集室では、EDGEに対するご意見・

ご要望、メルマガに対する感想など募集します。

**************************************************************************************
入会について*HPからのお申し込みを随時受け付けております。  
NPO・EDGEメルマガ配信の希望や中止は、下記連絡先までご一報ください。
連絡先、問合せ先URL:http://www.npo-edge.jp  E-mail: info@npo-edge.jp
ブログ:http://blog.livedoor.jp/npo_edge/

発行人:藤堂 栄子 

編集人:柴田 章弘 

NPO EDGE TEL 03-6240-0670  FAX 03-6240-0671 


npo_edge at 10:29|PermalinkComments(0) メルマガ 

2008年07月12日

ワークショップ 『はじめてのDAISY -自分たちのDAISYをつくってみよう』5

6e47e443.jpg

 ディスレクシアの子どもたちが、DAISYづくりを体験することで、自分にあった「読みの手段」として、DAISYの活用できることを知るきっかけの場とすることを目的としたワークショップです。このワークショップでは、まず子どもたちが、他のお友達と一緒に、直接パソコンを使いながら、DAISYの様々な絵本を見てみることから始まります。次に、自分たちだけのオリジナル絵本づくりを行います。絵本は、みんなで物語を考えることから始め、その物語にあった絵をグループのメンバーで協力して、絵の具と大きな画用紙を使って完成させます。この絵本づくりを通して、まずは、自分にあった「読みの手段」を見つけましょう。

 尚、財団法人日本障害者リハビリテーション協会は、11月1日に、エッジの協力を得て、ディスレクシアの困難について理解を深め、DAISYを奨励することを目的としましたイベントを予定しております。そのイベントのなかで、上記ワークショップの様子を撮ったビデオを流す予定です。このビデオを通して多くの関係者の皆様にDAISYについて知っていただくことを考えておりますので、ビデオを撮ることについてもご了解をいただきますようお願いします。

日 時:2008年9月23日(火/祝日)

     10:00-15:00  *30分ほど短くなる可能性があります。

場 所:港区立子ども家庭支援センター内地域活動室 
対象者:ディスレクシアの小学生、中学生
定 員:12名程度

*詳細は参加者が決定しだい追って連絡いたします。

問合せ・申込   NPO EDGE 事務局
        TEL 03-6240-0670 FAX 03-6240-0671
E-mail info@npo-edge.jp
 


npo_edge at 14:57|PermalinkComments(0) イベント情報 

第七期学習支援員(LSA)養成講座受講生募集5

港区では、学校で授業になじめない子供の学習を支援する学習支援員

(LSA)を区内小中学校に配置しています。本講座は学習支援員(LSA)を

養成するもので、第七期を以下の通り開講します。

(詳しくはwww.npo-edge.jpを参照して下さい)

講座のしくみ

 平成20年9月・10月にかけて全14回の講座を受講します。

講座は港区浜松町駅前の「個別支援室」で、10-15時に開催します。

なお、区内小中学校で行う実習を含みます。

対象と条件
(1) 学習支援員(LSA)に関心を持ち、講座終了後は港区の

要請に応じて港区内小中学校に学習支援員として週3日程度、

授業時間内の勤務が可能なこと

(2) 上記講座に全て出席できること

(3) 健康であり、高卒程度以上の学力を有している

定員 30人

費用 20,000円(テキスト代を含む)

申込 NPO-EDGE個別支援室(電話&Fax03-5401-1199、

minatolsa@yahoo.co.jp)まで、


―蚕雖∋疚勝覆佞蠅な)G齢たΧ鉢ヅ渡辰箸箸發

8月15日までに申込頂ければ、募集要項を送付いたします。

応募いただいた方には書類選考の結果を8月26日までに連絡します。

<講座日程>
テーマ 日程

オリエンテーション、発達障害を取り巻く環境、発達障害とは、早期発見の手立て、LD疑似体験、カウンセリング・マインド、ソーシャル・スキル・トレーニング、思春期への対応、教育の現場、当事者(保護者、本人)の声、作業療法、補助教材・支援ツール、教科(英語、国語、数学)の支援、実践的指導法、発達障害の理解と心の健康管理、高等教育と就労支援、ロールプレイイング

9月8日(月)、12日(金)、19日(金)、22日(月)、26日(金)、29日(月)、

10月3日(金)、6日(月)、10日(金)、17日(金)、27日(月)

実習(港区内小中学校、港養護学校) 10月20-24日のうち2日

まとめ 10月31日(金)



npo_edge at 13:41|PermalinkComments(0) イベント情報 | 学習支援員(LSA)

第19回DX会5

35fb8377.jpg 皆さまのおかげで、DX会例会も回を重ね

19回目になりました。

4年目を迎えます。

今回は初夏の風物詩として、浜松町の港区子ども家庭

支援センター2階の地域活動室で開催します。

DX会の中でも密かにブームになっているテレビドラマ「エジソンの母」から

ヒントを得まして、

話題は「自信をつける方法」にする予定です。

日時は2008年8月9日(土) 午後4:00(16:00)〜6:00(18:00)

個別支援室はどこ? 

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50031945.html

当日の連絡先は柴田の携帯090-6500-3079 

携帯メール l3894021@softbank.ne.jp 

参加費:無料

▲飲食類の持込を歓迎しますが、地域活動室内は飲食不可なので、

室外に飲食コーナーを用意します。

*注意事項

○話題の中心はあくまでもLD又はディスレクシアです。

他の発達障害に関する相談には応じられないことがあります。

○発達障害当事者ではない研究者、

支援者、ご父兄などの参加も歓迎しますが、

当事者の発言を優先しますので、あらかじめご了承ください。

○個人的に録音、写真撮影に対して不都合がありましたら、

事前にお申し出ください。

○場の雰囲気に合わない話を長時間続ける方には退場をお願いする

ことがありますので、納得のうえで、ご参加ください。

○準備の都合上、参加予定の方は出来る限り世話人にご連絡ください。

○ネットラジオが改定されましたので、ぜひ聴いてください。

 http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50033715.htmlDX会世話人
事務局 柴田 章弘



npo_edge at 12:32|PermalinkComments(0) イベント情報 

2008年07月07日

ニュースレター17号発行4

cd8966a1.jpgニュースレター17号が2008年6月25日に

発行


内容は以下のものです。数字はページ数です。

1 ディスレクシアの企業家のためのワークショップ

2 吉野保育園について

3 パーソナルストーリー:DX会会員 さすらいの塗り絵マン:亀松陽二(仮名)

4 個別支援室と学習支援員の仕組みと効果

5 DX会キッズ&ティーンズクラブ/マルチメディアDAISY教材による
  ディスレクシアへの支援

6 不器用さのサポート/「パターンブロックでわかる感動」

7 個別支援室だより/発達障害はじめの一歩/最近の活動紹介

8 第17回DX会報告/愛をはこぶ人キャンペーン

個別支援室、事務所にも若干在庫がありますので、

ご関心のある方はお問合せください。事務局 柴田 章弘




npo_edge at 11:13|PermalinkComments(0) ニュースレター 

ニュースレターダイジェスト:Vol17.P6.2008.6.253

56eb8572.JPGパターンブロックでわかる感動」ディスレクシア当事者の見る教材:算数

ディスレクシアの子どもであった私は図形の面積を理解

するのに時間がかかりました。何度ながめても、

教科書の図が何を表現しているのか、頭がついてゆかないことがよくありました。

例えば、正方形の面積は、1cm×1cm=1c屐

2cm×2cm=4c屐■械磽蹇滷械磽蹇瓧c屬砲覆蠅泙后

一辺の長さが2倍、3倍になるとなぜ面積が4倍、9倍

になるかを説明されてもチンプンカンプンでした。

今回、紹介する教材、パターンブロックで

正方形一つ、四つ、九つと並べてみると、

一辺の長さが2倍になると面積が

4倍なる、一辺の長さが3倍になると面積が

9倍になることが一目でわかりました。

これをことばで表現したり、平面上の図で描いてある

だけではディスレクシアの子どもには理解が難しい

課題になります。大人になって、このバターンブロックを使って、

並べてみて、面積はこのように変化するのだとわかり、

頭に筋道が見えてきました。わかるって、気持ちがいい。

今考えると、小学生のとき、九九の公式も

パターンブロックを並べるともっと簡単に理解できたはずでした。

参考文献:パターンブロック タスクカード 基本50選 

高橋 昭彦 著 2600円 東洋館出版社

文責:柴田 章弘


npo_edge at 10:41|PermalinkComments(0) ニュースレター 

2008年07月01日

DXステーション:NO 15

                                    第1回DXステーション
                               
                      「さすらいの塗り絵マン参上」
140385ac.JPGリニューアル 昨年の6月からインターネットラジオを皆さまのお耳にお届けしておりました。さまざまな思考錯誤の後、このたびリニューアルいたしました。番組名はDXステーションです。



DX会のシンボルマークについての話題もありますので、左側のイラストの登場人物「左:亀松さん、中:柴田さん、右:藤堂さん」を想像しながら、お聴きください。

DXステーション」(2008年6月28日)

 第1回DXステーション「さすらいの塗り絵マン参上」

 “DX会のシンボルマークを描いた経過”

 “ディスレクシアとわかった瞬間”

<出演>

1オープニング藤堂 栄子、柴田 章弘

 2インタビュー亀松 陽二、木村 綾子(聞き手)


3エッジの紹介木村 綾子


4エンデイング木村 綾子、南雲明彦



音楽  牧野 紀子
編集  篠崎 隆志
台本  柴田 章弘
総監督 榎本 達彦
 敬称略 DX会有志 

放送:1-機1,2)
https://www.youtube.com/watch?v=OdrkRCZcYlo


放送:1-供3,4)

https://www.youtube.com/watch?v=J3btTTESaws

 


 係ではリスナーモニターを募集しています。ご意見、
ご感想などをお寄せください。
連絡先は
 特定非営利活動法人EDGE
事務局 DX会世話人 柴田 章弘
〒105-0013 東京都港区浜松町1-20-2  村瀬ビル3階
tel 03-6240-0670 fax 03-6240-0671
http://www.npo-edge.jp
http://blog.livedoor.jp/npo_edge/
 E-mail:info@npo-edge.jp    
asugamo@yahoo.co.jp(直通) 

npo_edge at 12:49|PermalinkComments(0) インターネットラジオ