2008年11月

2008年11月26日

自信をもたせるには・・・?3

a0f0c0b1.jpg2008年11月25日の毎日新聞、夕刊によると、

東京都教育委員会が来年度から

「自分に自信の持てない子どもの自尊感情を高める

指導方法」について研究を始めるそうです。

07年度の学力テストでも、「自分には、よいところがある

と思いますか」との質問に対して、都内の小学6年生は

29.4%、中学3年生の39.4%が否定的な回答をしていました。

大人になってもそれが直らず、

DX会にくる成人もすっかり自信を失ってしまっている方が多い。

ところが、子どもでも成人でも、「よいところ」を見つけ、「誉めて」、

「その能力を素直に承認」すると、やがて表情も変わり、その人らしくなってきま

す。NPO法人エッジのDX会キッズ&ティーンズ、DX会でおこなっていた試みは間違いで

はなかったようです。これからも少しずつ継続していきたいものです。

事務局 柴田 章弘

npo_edge at 15:31|PermalinkComments(0) スタッフ日記 

2008年11月20日

第21回DX会3

8979050b.jpg 皆さまのおかげで、DX会例会も回を重ね21回目になりました。最近、参加者も増え、会も充実してきました。大人であるからこそ、自信を持って生きる必要があります。今回も本拠地となりました、浜松町の港区子ども家庭支援センター2階の個別支援室隣りの地域活動室で開催します。

DX会の中でも密かにブームになっているテレビドラマ「エジソンの母」からヒントを得まして、

話題は「自信をつける方法」のワークショップの予定です。終了後、忘年会をする予定です。

日時は2008年12月21日(日) 午後4:00(16:00)〜6:00(18:00)

個別支援室はどこ? 

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50031945.html

当日の連絡先は柴田の携帯090-6500-3079 
携帯メール l3894021@softbank.ne.jp 

参加費:無料

▲飲食類の持込を歓迎しますが、地域活動室内は飲食不可なので、室外に飲食コーナーを用意します。

*注意事項

○話題の中心はあくまでもLD又はディスレクシアです。

他の発達障害に関する相談には応じられないことがあります。

○発達障害当事者ではない研究者、

支援者、ご父兄などの参加も歓迎しますが、

当事者の発言を優先しますので、あらかじめご了承ください。

○個人的に録音、写真撮影に対して不都合がありましたら、

事前にお申し出ください。

○場の雰囲気に合わない話を長時間続ける方には退場をお願いすることがありますので、

納得のうえで、ご参加ください。

○準備の都合上、参加予定の方は出来る限り世話人にご連絡ください。


----------------------------------
特定非営利活動法人EDGE
DX会世話人
事務局 柴田 章弘


npo_edge at 14:22|PermalinkComments(0) イベント情報 

2008年11月10日

NPO EDGE メルマガ106号 2008/11/105

12e2310d.jpgNPO-EDGE LD/ディスレクシアのソリューションを提供
2008年11月10日
NPO EDGE メルマガ 106号
□ メスタとシバタの独り言
NHKスペシャルでディスレクシアがメジャーデビューをしました。「病気」と連呼されるのはちょっと困りましたが、そしてあくまでも読字障害で通されたためディスレクシアのことと分からなかった方もいましたが、そして何よりもエッジの名前が多大な協力をしたにもかかわらず出なかったのは残念でしたが、とにかくデビューしました。この勢いで11月のエッジは博報賞の授賞式、ソープさん来日絵画展、学研の新社屋における市川拓司さん、上野先生との対談、品川区と港区の学習支援員の取り組みに関するセミナーなど盛りだくさん。
どこかでお目にかかれますように!メスタ
霜月招怒涛、躍起踊才覚。シバタ
   
>>> NPO EDGEからのお知らせ <<<

□ シンポジウム「ほんの小さなきっかけで、子どもたちに大きな未来を」
2008年11月16日(日)、10:20〜15:45、学研本社3階ホール。主催:愛をはこぶ人キャンペーン、協力:学研。参加費無料、事前申込制。 mail@aiwohakobu.jp 
http://www.aiwohakobu.jp/
 
□ 愛をはこぶ人キャンペーン:5周年マッケッジー・ソープ氏来日
愛をはこぶ人キャンペーンは今年で5周年を迎えます。今月は私たちの活動の一つの総決算であり、次の5年間の飛躍のための第一歩となるイベントを開催中です。
マッケンジー・ソープ絵画展
15日(土)〜24日(月)ホテルオークラ東京別館1階ロビーにて恒例の絵画展
16日(日)ソープ氏も参加してのシンポジウム(上記参照)
22日(土)〜23日(日)日本LD学会広島大会開催中の広島大学でこれまで行われたワークショップにおける子どもたちとソープ氏の絵画展
22日(土)は来日中のソープ氏が午前中は広島にてワークショップとトークショー、午後はホテルオークラ東京にてトークショーを行います。ぜひ、各地の会場へ足をお運び下さい。

□ NHKスペシャル「病の起源:読字障害」再放送
 10月12日(日)に放送された「病の起源」はさまざまな反響を呼びました。見て感動した人も、残念ながら、見逃した方にも吉報です。11月12日(水)午前0:55〜1:44にNHK総合テレビで再放送されます。http://www.nhk.or.jp/special/rerun/index.html

□ ニュースレター18号発行
10月25日(土)に新しいニュースレターが発行されました。今回は盛りだくさんの11月のディスレクシアに関連するイベントが掲載されています。若干の在庫がありますので、希望者は事務局までご連絡ください。
http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50007440.html

□ 第21回DX会 
2008年12月21日(日)、午後4時(16時)〜午後6時(18時)まで、個別支援室のとなり地域活動室で行います。今年一年で、体験した良かったことを語り合った後、忘年会をする予定です。                                                              

◎ 相談
NPO法人エッジでは広く、お子さんや保護者、指導者の相談を受け付けています。お問い合わせは個別支援室へ。リソースコーナーではディスレクシアなどの発達障害関係の豊富な資料を用意して、お待ちしています。
連絡先:Tel & Fax 03-5401-1199  E-mail: minatolsa@yahoo.co.jp
行き方:「 個別支援室はどこ?」http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50031945.html 

 関係団体のお知らせ
□ IBMアクセシビリティ・フォーラム「リテラシーとIT」
2008年11月14日(金)、10:00〜17:00、場所:日本IBM箱崎事業所。主催:日本IBM、協力:エッジ。参加費無料。エッジのメンバーも講師となって、ディスレクシア への対応について話をします。
http://www-06.ibm.com/jp/accessibility/


□ 親・教員・カウンセラーへ向けた勉強会/「発達障害・不登校」理解の
ための勉強会
2008年11月29日(土)、「親・教職員」13時半〜16時半まで池袋産業プラザ
2008年11月30日(日)、「発達障害・不登校」9時半〜12時までかながわ県民センター402室
各回とも資料代 3000円 当日支払い 事前予約 必要、問合せ:田口教育研究所  
Tel 045-560-3721、 info@taguchiken.com 後援:神奈川県教育委員会・横浜市教育委員会 
協賛:読売新聞愛と光の事業団

◎ 出版物
□『プルーストとイカー読書は脳をどのように変えるのか?』
昨年11月、日本LD学会横浜大会で基調講演をされたメアリアン・ウルフさんの著作です。文字・言葉・読書によって脳がどう変わるかを考える大きなヒントを与えます。小松淳子訳、2520円、合同出版
 
□「もっと伝えたい」
ニュースレター14号に「独自の読字法」を著述された神山忠さんの「ディスレクシアの先生の半生から」が掲載されています。藤田康文著、1600円、大日本図書
 
◎ 販売
□ソープさんの「カレンダー」2009年度版ができました。
マッケンジー・ソープさんの絵がカレンダーになりました。@1400円(送料600円)。たいへんお求めやすい価格で提供いたします。お問い合わせは「愛をはこぶ人キャンペーン」事務局、e-mail:  mail@aiwohakobu.jp  ホームページ: http://www.aiwohakobu.jp/
                     
□『新絵はがきセット』を発売
マッケンジー・ソープさんが新しい絵はがきセットを作りました。10枚一組で1000円です。かわいい絵柄もいっぱいあります。プレゼントなどにお使いください。
http://aiwohakobu.jp/
           
□「キミはキミのままでいい」を読んでみませんか。
ディスレクシア啓発小冊子「キミはキミのままでいい」を増刷しました。分かりやすい解説書、周囲への理解を求める時にお役立てください。本書は元教育再生委員会の委員、品川裕香さんの著作です。印刷冊子は、定価100円(送料別)で、販売20冊以上です。DAISY版(送料込500円)お申し込み:EDGE事務局へ。
     
□『ディスレクシアってなあに?』
 ディスレクシアを理解するために、大人にもお薦めしたい一冊です。@1200円(送料160円)。周りの子どもへの理解。保護者、教師向けの対応のヒントなども入っています。藤堂栄子会長の翻訳です。ご購入の方にはDAISY版も用意しています。図書のお申し込み:EDGE事務局又はWEBを通してアマゾンから。
  
□ 読者の声を募集
メルマガ編集室では、EDGEに対するご意見・ご要望、メルマガに対する感想など募集します。
  
**************************************************************************************
入会について*HPからのお申し込みを随時受け付けております。  
NPO・EDGEメルマガ配信の希望や中止は、下記連絡先までご一報ください。
連絡先、問合せ先URL:http://www.npo-edge.jp  E-mail: edgewebinfo@npo-edge.jp
ブログ:http://blog.livedoor.jp/npo_edge/
発行人:藤堂 栄子       編集人:柴田 章弘
NPO EDGE TEL 03-6240-0670  FAX 03-6240-0671 


npo_edge at 17:15|PermalinkComments(2) メルマガ 

2008年11月05日

ニュースレター18号発行5

76c81b2e.jpgニュースレター18号が2008年10月25日に

発行

内容は以下のものです。数字はページ数です。

1 画家マッケンジー・ソープの魅力

2 NPO法人らんふあんぷらざ の紹介




3 学習支援員のテキスト販売/愛をはこび人キャンペーンから

4 愛をはこぶ人キャンペーンについて/シンガポールDX協会訪問記

5 2008年秋イベントご案内

6 愛をはこぶ人主催シンポジューム/明石講演

7 DAISYイベント/ソフト紹介/IBMフォーラム

8 LD学会/第19回DX会

個別支援室、事務所にも若干在庫がありますので、

ご関心のある方はお問合せください。事務局 柴田 章弘




npo_edge at 13:23|PermalinkComments(0) ニュースレター 

ニュースレターダイジエスト:vol18.P4.2008.10.255

e374832c.JPGシンガポールDX協会訪問記
2008年7月9日、シンガポールディスレクシア協会を訪問した。近代的な大きなビルのワンフロアーに事務所と教室がある。まず、玄関の大きな看板を見ただけで、驚いてしまった。ホテルのフロントを思わせる受付があり、名刺を渡して受付を通るだけでも勇気が必要だった。
リー部長が準備して待っていた。

お話によると、DAS(Dyslexia Association of Singapore)は

スタッフの数、100人、生徒数1000人で、

シンガポールディスレクシア協会は4つの活動を主にしていた。

〃屡∩蠱稔ディスレクシアの生徒に対する特別授業た董教師、

他の専門家に対する訓練である。特にのディスレクシアの

生徒に対する特別授業が充実していて、生徒一人一人に

合わせた授業を行っている。残念ながら、成人ディスレクシアの

講座はなかった。部長にお尋ねすると、将来は

考えたいとのご返答だった。帰国後、手渡された

2枚のCDを見て、感動してしまった。

ディスレクシアの定義から、支援の仕方、

有意義に該当生徒の才能を活かす方法が

細かく解説してある。英語解説で、日本人には

少し難しいかもしれないが、映像で大筋を理解できる。

将来はNPO 法人エッジのスタッフを使って、このような

啓発CDが作れれば、もっとディスレクシアの理解が広がるに違いない。

今回の訪問で勇気と希望を与えてもらった。(文責:柴田 章弘)


npo_edge at 13:09|PermalinkComments(0) ニュースレター