2008年12月

2008年12月22日

第21回DX会報告5

6fe23633.JPG12月21日(日)、第21回DX会は20人(男14名、女6名)の出席で、地域活動室で行われました。人数は前回の二倍になり、うれしい悲鳴をあげました。半分ぐらい初参加の方々だったので、軽く自己紹介をし、あ
る程度和んだ後にワークショップが行われました。今回の題は

「今年あった楽しかったこと、印象に残ったことを文字、文章、

絵などで表現する」でした。子どものころに戻って、

A3の画用紙とクレヨンを使い、自分の表現方法で

「絵を描いたり」、「文字を書いたり」、

「イラストをちりばめたり」しました。初めは

「出来ない」とすねていた参加者もいましたが、

周囲が絵を描いたり、

文字を書く姿に感化され、自然にクレヨンを使って、

なにかをしようと変わっていく姿には驚ろかされました。

作品が完成した後、

一人一人、コメントをし、質問を受けつけました。

それぞれの個性に合わせて、さまざまな色で

表現してあるので、見るほうも楽しくなりました。

大人でも童心になれば、「お絵かき」は楽しいものです。

「質問を受け、答えるたび」に自分の存在が認められて、

満足感を得ます。特に、初参加された三組の親子、「父親と

息子さん」二組、「母親と息子さん」一組は最も

充実していました。お父さん、お母さんは、ご子息以上に

熱中して、血相を変え必死に取り組んでいました。

発表後、拍手を受ける

発表者の目が生き生きとすると、

本当にすがすがしく感じられました。

最後に自分の作品をレンズに向けて、

記念撮影をしました。

どの顔を見ても、みんな楽しそうで、

なにか達成したという充実感が漂っていました。

「だれかになにか支援してもらう」ではなく

「自分で、自分の生きる方向を見つける」。

この感動がDX会の目指す目標です。

事務局
DX会世話役
柴田 章弘(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!



npo_edge at 15:02|PermalinkComments(0) DX会 

2008年12月10日

NPO EDGE メルマガ107号 2008/12/105

61e99f92.jpgNPO-EDGE LD/ディスレクシアのソリューションを提供
2008年12月10日
NPO EDGE メルマガ 107号
□ メスタとシバタの独り言
指圧?師走?始発?これが同級生との珍問答。正解は

「西馬込は始発駅」でした。「は」と「わ」は日本語の

ひらがなカタカナでは珍しく、一つの文字で二つの読み

方をする事や二つの文字が同じ音に成り得るのです。また、

フランス語では「H」は発音しないので「HA」と書いて

あっても「あ」としか発音しません。間違えても無理はないですね。

こんなところでディスレクシアに気付く事が出来ます。明日は「あれ、

我、晴れ」かしら?ついでにもうひとつ。以前「彼女はディスレクシア」

といった同級生がいました。実は彼は「実力者」と言ったそうなのですが、

当時の私には「ディスレクシア」しか頭にありませんでした。メスタ

師走追空間。熱狂造快心。シバタ
   
>>> NPO EDGEからのお知らせ <<<

□ 第21回DX会 
2008年12月21日(日)、午後4時(16時)〜午後6時(18時)まで、個別支援室のとなり地域活動室で行います。今年一年で、体験した良かったことを語り合った後、忘年会をする予定です。
詳細はイベント情報(2008・11・20)http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50002211.html

□ 学習支援員のためのガイドブックが出来ました!
能力を引き出し、伸ばす支援〜Supporting Children with Special Needs〜
全3冊が発行されました。ご注文は http://www.npo-edge.jp まで

□ 愛をはこぶ人キャンペーン
おかげさま各地で大成功でした。  http://www.aiwohakobu.jp/

□ 博報堂 教育フォーラム ブレークスルー
 2月28日13時〜17時  受賞した団体から4グループ選ばれフォーラムで教育におけるブレイクスルーについて プレゼンテーション、パネルディスカッションなどがあります。エッジは「マイナスをプラスにする発送で作り上げた特別支援体制」という内容で参加します。場所:日本工業倶楽部  問い合わせ:財団法人博報児童教育振興会 5570-5008
  http://www.hakuhodo.co.jp/foundation/

□ LSAフォローアップ講座
2009年2月7日「PC講座」、「タッチタイピング」
3月27日「国語・算数の困難さへの対応」 
詳細:Tel & Fax 03-5401-1199  E-mail: minatolsa@yahoo.co.jp

《事務局から》
□ メールアドレス変更のお知らせ
 長らく親しまれましたNPO法人エッジのメールアドレス info@npo-edge.jp を廃止して、2009年1月1日から新しいものに替わります。新アドレスは edgewebinfo@npo-edge.jp になります。

□ ホームページリニューアルのお知らせ
2008年11月11日にホームページもリニューアルされました。http://www.npo-edge.jp

□ DAILY YOMIURI(ディリーヨミウリ)にディスレクシアの記事
2008年12月11日号にNPO法人エッジの記事が掲載されます。ぜひ、お読みください。
http://www.yomiuri.co.jp/dy/  
     
□  平成21年度総会
 2009年2月21日(土)、午後2時(14時)〜午後4時(16時)まで、地域活動室で実施予定。正会員が年に一回発言できる機会です。ぜひご出席ください。                                             

◎ 相談
NPO法人エッジでは広く、お子さんや保護者、指導者の相談を受け付けています。お問い合わせは個別支援室へ。リソースコーナーではディスレクシアなどの発達障害関係の豊富な資料を用意して、お待ちしています。
連絡先:Tel & Fax 03-5401-1199  E-mail: minatolsa@yahoo.co.jp
行き方:「 個別支援室はどこ?」http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50031945.html 

 関係団体のお知らせ
□ JDD(日本発達障害ネットワーク)年次大会
2008年12月13日(土)〜14日(日)、場所:目白大学(東京)、詳細はホームページをご覧ください。
http://jddnet.jp/index.php

□ 発達障害・不登校理解のための勉強会
△ LD親の会「けやき」相談会
http://www.ne.jp/asahi/hp/keyaki/join.html

□公開シンポジウム「発達障害の理解と支援 ― 生涯発達の観点からー」 
2009年1月11日(日)、13:00〜17:00、場所:東京大学安田講堂、参加費無料、東京大学医学部附属病院「こころの発達」臨床センター主催。詳細はホームページを参照してください。http://kokoro.umin.jp/

□ 新所沢幼稚園で講演会:講師 藤堂栄子会長
2009年1月25日、10:00〜12:30、問合せ:筺Fax 04-2943-7226, mail joyextensivereading@live.jp

□ 大田区特別支援教育シンポジウム 2009年3月1日

◎ 出版物
◎ 販売
□ソープさんの「カレンダー」2009年度版は残りわずかです!
マッケンジー・ソープさんの絵がカレンダーになりました。@1400円(送料600円)。たいへんお求めやすい価格で提供いたします。お問い合わせは「愛をはこぶ人キャンペーン」事務局、e-mail:  mail@aiwohakobu.jp  ホームページ: http://www.aiwohakobu.jp/
                     
□『新絵はがきセット』を発売
マッケンジー・ソープさんが新しい絵はがきセットを作りました。10枚一組で1000円です。かわいい絵柄もいっぱいあります。プレゼントなどにお使いください。
http://aiwohakobu.jp/
           
□「キミはキミのままでいい」を読んでみませんか。
ディスレクシア啓発小冊子「キミはキミのままでいい」を増刷しました。分かりやすい解説書、周囲への理解を求める時にお役立てください。本書は元教育再生委員会の委員、品川裕香さんの著作です。印刷冊子は、定価100円(送料別)で、販売20冊以上です。DAISY版(送料込500円)お申し込み:EDGE事務局へ。
     
□『ディスレクシアってなあに?』
 ディスレクシアを理解するために、大人にもお薦めしたい一冊です。@1200円(送料160円)。周りの子どもへの理解。保護者、教師向けの対応のヒントなども入っています。藤堂栄子会長の翻訳です。ご購入の方にはDAISY版も用意しています。図書のお申し込み:EDGE事務局又はWEBを通してアマゾンから。
  
□ 読者の声を募集
メルマガ編集室では、EDGEに対するご意見・ご要望、メルマガに対する感想など募集します。
  
**************************************************************************************
入会について*HPからのお申し込みを随時受け付けております。  
NPO・EDGEメルマガ配信の希望や中止は、下記連絡先までご一報ください。
連絡先、問合せ先URL:http://www.npo-edge.jp  E-mail: edgewebinfo@npo-edge.jp
ブログ:http://blog.livedoor.jp/npo_edge/
発行人:藤堂 栄子 編集人:柴田 章弘 NPO EDGE TEL 03-6240-0670  FAX 03-6240-0671 


npo_edge at 12:01|PermalinkComments(0) メルマガ 

2008年12月04日

ドキュメント・ユニバーサル  〜もっと伝えたい 〜 コミュニケーションの種をまく5

e63e001d.jpg ディスレクシアの困難は読み書きだけでは

ありません。他の人にもっと伝えたいと考えながら、

自分の意見を十分理解してもらえず、

はがゆい思いをしてきた方々が多くいます。

この本で取り上げている障害は一つの記事

以外、ディスレクシアと直接関係はありませんが、

共通した困難支援があります。

「知的障害者にわかる新聞を編集」「バリアフリー映画」、

「拡大読書器」などの支援が実はだれにでも役立つものになります。

障害支援とユニバーサルデザインについ

て、気楽に読める一冊です。

著者:町田 康文

出版社:大日本図書株式会社

値段:1600円+税


npo_edge at 13:48|PermalinkComments(0) 新着図書