2013年04月

2013年04月25日

NPO EDGE メルマガ号外 2013/4/25

動物園見学NPO-EDGE LD/ディスレクシアのソリューションを提供
2013年4月25日メルマガ号外

◆LSA(学習支援員)養成  公開講座:5/18(土)
インクルーシブな教育のために
〜通常学級におけるナチュラルサポート〜

主催 NPO法人 EDGE・NPO法人 星槎教育研究所
後援 翼学院
第1部 開講式 10:00〜10:30

第2部 記念講演 10:30〜11:15
『学習支援員のいる教室』 NPO法人EDGE 代表 港区個別支援室室長 藤堂栄子 氏

第3部 記念講演 11:15〜13:00
『発達が気になる子のサポート入門』 星槎大学准教授 阿部利彦 氏
葛飾区、翼学院青砥教室にて、全国に先駆け東京で開講。参加費1000円
http://www.seisa.ed.jp/npo/support/img/LSA20130518.pdf


【お問合せ・お申込み】
NPO 星槎教育研究所 
tel 03-5225-6245
http://www.seisa.ed.jp/npo/
tokyo@seisa.ed.jp


◆第48回DX会(日程が変更になりました。6/2→6/9)
6/9(日)、井の頭自然文化園で開催されます。正門前に13:00集合、入場料400円がかかります。
時間:13:00-17:00、例会は14:00〜16:00
DX会は成人(18才以上)ディスレクシアの会です。
http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/51820039.html


◇関連団体の活動◇

◇DO-IT Japan 2013 新規スカラー募集案内文(日程が変わりましので、ご注意下さい)


□「小学生・中学生プログラム」
・対象: 高校進学・大学進学を目指す障害のため読み書きに困難のある小中学生
 ※2年生以上の小学生,中学生。障害の種別・希望校は問いません
・募集定員:若干名(保護者1名の同伴が必要です)


□夏季プログラム
・開催日時:
 小学生・中学生 2013/8/5(月)〜8/7(水)
 
・場所: 東京大学先端科学技術研究センター
http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/maps/index.html


・参加費用:
 各参加者に必要な機器(コンピューターや支援機器,ソフトウェア等)は
 DO-ITから無償提供されます。宿泊費についてもDO-ITから一部補助をいたします
 (自己負担金額は5000円程度/1泊)。会場までの交通費(往復)及び都内での
 交通費,昼食代,夕食代については,実費負担をお願いします。


□応募の流れ(共通)
 2013/4/29(月)〜5/7(火) 応募書類受付(当日消印有効)
 2013/6月中旬 選考結果郵送

□募集要項
・小学生・中学生向けプログラム用募集要項(Wordファイル)
 →DO-ITウェブサイト(http://doit-japan.org/)にてダウンロードしてください。


□主催
 DO-IT Japan
 東京大学先端科学技術研究センター


□お問い合わせ
DO-IT Japan 事務局
〒153-8904
東京都目黒区駒場4-6-1
東京大学先端科学技術研究センター 3号館309

電話/FAX    :03−5452−5064
メールアドレス :info@doit-japan.org
DO-IT Japanホームページ:http://www.doit-japan.org/


153-8904
東京都目黒区駒場4-6-1
東京大学先端科学技術研究センター
03-5452-5064(3号館309・中邑研究室)
03-5452-5488(14号館209・読み書き相談室ココロ)
kadonome@bfp.rcast.u-tokyo.ac.jp


◆連絡先、問合せ先 
NPO法人エッジ
http://www.npo-edge.jp/ 
E-mail:edgewebinfo@npo-edge.jp  
TEL 03-6435-0402/0702 個別支援室 03-6435-2205
FAX 03-6435-2209
発行人:藤堂 栄子 
編集人:柴田 章弘

   
 

 



npo_edge at 16:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) メルマガ 

2013年04月18日

第48回DX会

ILB02009

皆さまのおかげで、8年目を迎えDX会例会も48回目になりました。継続中の「元気の出るワークショップ」を行いますので、皆さま気楽に、ご参加下さい。DX会は成人ディスレクシアの集まりです。今回は井の頭自然文化園で行います。多数の皆さまのご参加をお待ちしております。自然文化園の正門前に13:00集合です。入園料が1400かかります。例会が行われる茶室《童心居》は有料ですが、参加者数で頭割りします。

 

開催日時

 

2013年6月9日(日) 

 

自由時間(例会時間以外は園内を自由に歩き回れます。)

 

午後1:00(13:00)〜 5:00(17:00)

 

例会:茶室《童心居》

 

午後2:00(14:00)〜4:00(16:00)

 

会場

 

井の頭自然文化園

 

東京都武蔵野市御殿山1-17-6

 

案内 

http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/

 

連絡先は柴田の携帯090-6500-3079

(携帯電話は当日のみ通話希望、他日は事務局へ) 

 

携帯メール  mailto:edgedxl3894021@softbank.ne.jp 

 

過去の活動報告 http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html

 

ネットラジオ http://www.voiceblog.jp/dx_station/

  

▲ワークショップの御題:「???(仮題)」を行います。  他にアイデアのある方は事務局にお寄せください。

 

*注意事項

 

話題の中心はあくまでもLD又はディスレクシアです。他の発達障害に関する相談には応じられないことがあります。

 

○発達障害当事者ではない研究者、支援者、ご父兄などの参加も歓迎しますが、当事者の発言を優先します。

 

○個人的に録音、写真撮影に対して不都合がありましたら、事前にお申し出ください。

 

○場の雰囲気に合わない話を長時間続ける方には退場をお願いすることがありますので、納得のうえで、ご参加下さい。

 

○準備の都合上、参加予定の方は出来る限り世話人にご連絡ください。

 

DX会世話人 事務局  柴田 章弘

tel 03-6435-0402  
fax 03-6435-2209  

http://www.npo-edge.jp
 
mailto:edgewebinfo@npo-edge.jp



npo_edge at 13:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) DX会 | イベント情報

2013年04月11日

NPO EDGE メルマガ159号 2013/4/10 前編

Y01D041NPO-EDGE LD/ディスレクシアのソリューションを提供
 2013年4月10日
 NPO EDGE メルマガ 159号


 ●メスタ・シバタの独り言●
先日のDX会で自己紹介のお絵かきでは「この一ヶ月の忘れ物」でした。私はバッグに入っているものほとんどを一回は忘れているのですが、その中でも一押しは腕時計。大阪で音声教材の説明をして、日帰りしたら文科省の専門官から「忘れ物ですよ」と連絡が入りました。暖かくなるとますます物忘れはすごくなります。みなさんが支援してくださるので、ますます気がゆるみます。メスタ


春風誘微動。温空促活性。シバタ


■目次■


■エッジ新規情報■
●推薦図書
◆「特異的発達障害診断・治療のための実践ガイドラインーわかりやすい診断手順と支援実際」
稲垣 真澄編集代表、定価3800円+税、医学書出版 診断と治療社
http://www.shindan.co.jp/books/index.php?menu=10&cd=178100&kbn=1


◆「〈発達のつまずき〉から読み解く支援アプローチ 」川上 康則著、定価1500円+税、学苑社
http://www.gakuensha.co.jp/cn15/pg342.html


◆「読めなくても、書けなくても、勉強したい」ディスレクシアのオレなりの読み書き、井上 智・賞子著、定価1800+税、ぶどう社
http://www.budousha.co.jp/booklist/book/yomenakutemo.htm


◆「世論時報:特集・ディスレクシア?」、砂長 美ん著、定価429円+税、世論時報社
http://www.seronjihou.co.jp/


===イベント===
◆LSA(学習支援員)養成講座13

◆第48回DX会

◇関連団体の活動◇

▲本編▲


===イベント===
◆LSA(学習支援員)養成講座
5/18(土)、葛飾区、翼学院青砥教室にて、全国に先駆け東京で開講。詳細はウェブに掲載予定
http://www.seisa.ed.jp/npo/support/img/LSA20130518.pdf

◆第48回DX会(日程が変更になりました。6/2→6/9)
6/9(日)、井の頭自然文化園で開催されます。詳細は次号にてお知らせいたします。DX会は成人(18才以上)ディスレクシアの会です。
http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html



npo_edge at 14:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) メルマガ 

NPO EDGE メルマガ159号 2013/4/10 後編

ILB14037◇関連団体の活動◇
◇「発達障がい」の基礎講座(主催:田口教育研究所)
○「自閉症スペクトラムの子どもが求める支援」学習スタイルの理解とニーズへの対応 
4/20(土)  14:00〜17:00

○「ちょっと気になる子ども達」〜支援と対応・その後の成長〜
4/27(土)  14:00〜17:00、【講師】坪井 久美子 さん NPO法人パルレ代表
場所:慶應義塾大学 芝共立キャンパス、参加費:4000円
URL:http://www.taguchiken.com



◇DO-IT JAPAN 2013 新期スカラー募集
○小学生プログラム(募集定員:若干名←保護者1名同伴が必要)
大学進学を目指している「読み書き困難」のある小学生(2〜3年生以上の小学生。診断書が必要)

夏期プログラム
○開催日
小学生:8/5〜8/7

○応募の流れ
4/29〜5/7応募受付、6月中旬 選考結果郵送

○高校生・高卒者プログラム(募集定員:約10名)
場所:東京大学先端科学技術研究センター、主催:DO-IT JAPAN
http://doit-japan.org/  E-mail info@doit-japan.org

===お知らせ===

●出版物:販売●

◆「DX型 ディスレクシアな僕の人生」
 ご存知、藤堂高直さんがディスレクシアな人生を綴った著書、定価1400円+税、主婦の友社
  全国学校図書館協議会の選定図書になりました。
https://www2.shufunotomo.co.jp/webmado/detail/978-4-07-281275-4


◆特別支援教育
★学習支援員のためのガイドブック 特別支援教育実践テキスト[第二版]
〜能力を引き出し伸ばす支援〜
通常学級における発達障害の児童生徒への支援ガイドブック
定価2700円+税 部数割引あり
お申し込み:E-mail:dxheart@npo-edge.jp FAX03-5401-1190


◆「学習支援員のいる教室」
 港区の成果の秘訣を制度のなり立ちからLSAの体験談と功績を含め綴りました。定価1800円+税、ぶどう社
http://www.budousha.co.jp/booklist/book/lsa.htm


◆ 「ディスレクシアでも大丈夫!」 又重版決定!
 藤堂会長のNPO法人エッジでの啓発活動の豊富な経験から得た情報と親子がそれ
 ぞれディスレクシアとして学んだことを基にわかりやすくまとめた本
  定価1600円+税、ぶどう社 
 http://www.budousha.co.jp/booklist/book/dhisure.htm


◆「私の弟」
  EDGE会員の館野智恵子さんが自主出版された本です。ディスレクシアて何?美しい色づかいのイラストが本いっぱいに描かれ、老若男女だれにでもにわかりやすく説明してくれる一冊です。1000円、小学館スクウェア 

※テキストと「私の弟」以外の書籍は各出版社やアマゾンで購入できます。


●継続情報●

◆ ニュースレター:1号〜31号まで
http://www.npo-edge.jp/educate/newsletter/


◆ インターネットラジオの番組更新:ファイルNO89〜94「映画イベントから」
http://www.voiceblog.jp/dx_station/


◆ エッジのfacebookができました。
「特定非営利活動法人エッジ NPO EDGE」で検索して下さい。


◆EDGEの個別相談
 NPO法人エッジでは広く、お子さんや保護者、指導者の相談を受け付けています。
 相談の予約受付窓口は、EDGEの事務局となります。
 相談:dxheart@npo-edge.jp
 連絡先 fax 03-6435-2209


◆入会のご案内
NPO EDGEではさまざまな特典のある会員を募集しております。
http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/51806098.html


◆ 寄付サイトGive One
NPO法人エッジの活動にご興味のある方、寄付をしやすくなりました。
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=nm&nmk=390
 
◆ 連絡先、問合せ先 
 〒105-0021 東京都港区芝3-6-5 第二佐山ビル4階
 電話 NPO EDGE 03-6435-0402/0702 個別支援室 03-6435-2205
 Faxは共通 03-6435-2209
 http://www.npo-edge.jp/ 
 E-mail: edgewebinfo@npo-edge.jp


発行人:藤堂 栄子 
編集人:柴田 章弘 





npo_edge at 14:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) メルマガ 

2013年04月09日

第47回DX会報告

 IMG_102947DX会は4月7日(日)、横浜・菊名のペガサスで、男9人、女3人で行われました。今回は定例の場所でない緊張感から、15:30の待ち合わせ時間にほとんど集まりました。駅から会場まで距離があります。地図を見てもほとんどの人々がたどりつけない場所でした。開始時刻に参加者が大半集まっていたのは奇跡的でした。顔ぶれを見ると高レベルのワークショップができそうでした。久しぶりにイントロお絵描きもレベルを上げました。お題は「ここ一ヶ月のなくし物、忘れ物」でした。参加者は思い思いにクレヨンを走らせ、15分ぐらいで、出来上がりました。
 なくし物「ボールペン、傘、買い物袋、耳掻き」忘れ物「傘、サイフ、腕時計、スマートフォン、マフラー、コート、パスモ」など続々出てきました。考えてみれば、参加者は短期間でも探し物する時間が豊富な人々でした。それぞれの自己紹介をしているうちに、自然と拍手が起こり、気がついたら、1時間ぐらい過ぎていました。

P1030451

参加者の1人が100均ショップで買った色セロファンを持ってきて、書類の上に載せてみました。すると読みやすくなります。これは人によって微妙な違いがあります。ある人は「黄色」、他の人「青色」だったりします。ディスレクシアの人々は1人ひとり違って、一律に決めつけられません。

P1060537
ここで、リラックスした後、二つのグループを作り、ワークショップをすることになりました。今回の題はせっかくペガサスに集まったので、「職場でどんな支援を受けたら嬉しいか」にして、意見交換を始めました。

IMG_1033
A組は「名札をつける、書類の文字を大きく少な目、飲み会を多くする、電話は2分以内、ファックスとメールを多用、長期雇用、昼寝の時間、1人完結制作業」。

IMG_1035

B組は「会議は短時間に、足湯会議、休憩時間のフレックス制、名刺に写真を掲載、パーテーションで静かな環境、給料を出来高制、普通と言うな」などアイデアがどんどん出てきました。しばらくぶりに白熱したワークショップが行われました。予定よりも30分ほど延長しても話がつきなかったので、この後居酒屋に場所を移し、次回の開催日を決めました。48DX会は6/9(日)、井の頭自然文化園で行います。

 

DX会世話役

柴田 章弘

 

写真を拡大して見る(マウスポイントを写真の中央に移動し、手のマークに変わったら、クリック)

 



npo_edge at 15:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) DX会 

2013年04月04日

世界自閉症啓発デーイベントに参加して

P10303832013/4/2、世界自閉症啓発デーのイベントにエッジスタッフとLSA(学習支援員)とそのお子さんが合計11名、ボランティアとして参加しました。会場は東京タワーで午後6:00の点灯式前の会場設営のお手伝いをしました。タワー正面に英語でAUTISM(自閉症)という文字をキャンドルを並べ作る作業をしました。青いコップ型キャンドルをアルファベットになるように並べて行きました。30分ぐらい健闘の後、完成しました。タワービル2階から眺めるときれいに文字が浮き立っていました。

ボランティア集合写真
完成した自閉症という文字の前で、ハイポーズ。
P1030391
せっかく、文字はできましたが、急に雨足が強くなりました。キャンドルにライターで点火しても、なかなかつきませんでした。上にフタをしても、なかなか巧く行きませんでした。悪戦苦闘の末、完成しました。
キャンドル点灯
上から眺めると青い文字が浮き上がりました。
総理大臣の点灯式、厚生労働大臣、有力政治家の挨拶や
コンサートをゆっくり参加している余裕がありませんでした。
皆さん、どうもご苦労さまです。
事務局 柴田 章弘




npo_edge at 12:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スタッフ日記