2013年09月

2013年09月27日

ディスレクシアの原因?←新聞記事から

読み書き障害二領域異常

9月19日の日本経済新聞夕刊と21日の読売新聞に国立精神・神経医療研究センターの研究グループの発表が掲載されました。ディスレクシア当事者の大脳の二つの領域で活動に異常が起きているようです。


日経の記事
http://blog.canpan.info/npoedge/img/20131919nikeikeizaishinbun-yukan14.pdf


ディスレクシアの関連記事が掲載され、注目が集まることを期待します。


事務局 柴田 章弘



npo_edge at 11:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) マスコミ情報 

2013年09月19日

DXサバイバル術が始まりました。(2013/9/11〜)

効率よく学ぶ9/11(水)からサバイバル術が始まりました。初日はプログラム3「効率よく学ぼう」です。講師があなたの特技をじっくり聞き、マインドマップに描いていきました。





9/14(土)、プログラム2「サバイバルの達人たちから盗め」で、講師村松洋一さんが自分の作品(焼き物のコマとイラスト」を持ってきて、話してくれました。


DX会の先輩から
9/15(日)、プログラム1「いきなりダジョン」では、参加者がTRPGを楽しみました。

TRPGから

まだ、募集しています。興味のある中高生、お待ちしています。

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/51830906.html

npo_edge at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) キッズ&ティーンズクラブ 

2013年09月11日

NPO EDGE メルマガ164号 2013/9/11 前編

maturi-mikoshiNPO-EDGE LD/ディスレクシアのソリューションを提供
 2013年9月10日
 NPO EDGE メルマガ 164号

 ●メスタ・シバタの独り言●
メスタの独り言
11月30日のJDDNET体験博覧会は楽しくなりますよ!JDDNETの強みを最大限に活かして、当事者トーク(中高生、成人のセッション)、子どもの遊び、英語の指導、ストレスマネジメント、職能団体のセッション、TEACCH、DSM5など国際色も豊かに、超初心者から超専門家まで選ぶのに迷ってしまうほどバラエティーに富んだメニューがそろいました。これだけの講師陣が一同に揃うことはめったにありません。AT機器の体験もできます。ディスレクシアだけでもいくつかセッションを設けます。メスタ
夏過思新緑。温風驚旧縁。シバタ


■目次■
●イベント●
‐LSA(学習支援員)養成講座(2013年度) 民間資格
‐DXサバイバル術
‐第50回DX会  
‐関連団体の活動


●お知らせ●
‐新刊書「私のディスレクシア」
‐BEAM(音声教材)
‐インターネットラジオ番組更新
‐その他


●イベント●

◆DXサバイバル術(対象:中高生)
キッズ&ティーンズクラブでは、生き生きと自分らしく生活するためのサバイバル術4プログラムを提供します。


プログラム1
TRPG:『いきなりダンジョン』(講師 加藤浩平)

プログラム2
DX会の先輩たち:『サバイバルの達人たちから盗め』(講師 DX会の先輩たち)

プログラム3
ラーニングスキル:『効率よく学ぼう』(講師 学習支援の達人たち) 

プログラム4
ランゲージスキル:『世界にはばたけ』(講師 藤堂栄子と言語の達人たち)

共通
対象:主訴がディスレクシアの中高生(港区の生徒を優先します)
   原則として6回通じて出られる方
費用:全6回で3150円(お休みをしてもお返しできません)
保護者の方には2014年2月23日に発表会を考えておりますので、それまでは同室できません。
土日のコースでは保護者とエッジ理事などと懇親する場を設けます。

お申込み EDGE 柴田 ファックス 03-6435-2209
    メール   edgewebinfo@npo-edge.jp

詳細は下記で。
http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/51830906.html


◆第50回DX会
DX会は成人(18才以上)ディスレクシアの会です。
日時:10/6(日)、14:00〜16:00、場所:哲学堂公園・霊明閣
主催:NPO法人エッジ
http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/51834094.html




npo_edge at 18:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) メルマガ 

NPO EDGE メルマガ164号 2013/9/11 後編

tonbo◇関連団体の活動◇
◇品川区発達障害思春期サポート事業
全3回「発達特性の理解と対応ステップアップ講座〜親も子も先生も楽になる!発達特性をふまえた支援の充実〜」
講師:上原 芳枝 先生(臨床発達心理士)
第1回:9/14(土)基本講義「気になる子の理解と支援」
第2回:10/19日(土)「各年齢における支援のあり方 幼児期〜成人期」
第3回:11/9日(土)「脳機能の視点から子どもの困り感の要因を想定する」
主催:NPO法人パルレ
時間:18:00〜20:00
連絡先:moushikomi@gol.com 
http://npo-parler.com


◇子ども研究員、募集
「Life Seed Labo」9月22日開講&参加児童募集
ガーデンとキッチンから学びのイノベーションがはじまります。
未来型農業塾 推進協議会は、KCJ GROUPと東京大学先端科学技術研究センター
人間支援工学分野 中邑研究室と協同し、オークビレッジ柏の葉にて「Life Seed Labo」を開講します。
対象:小3〜中3 料金:3000円(一回)
http://doit-japan.org/lifeseedlabo/


◇こころセミナー2013
「学校での学習や生活に不適応気味の子ども達のためのテクノロジー活用術〜家庭や学校で簡単にできる支援のポイント〜」
 こころリソースブック出版会では,全5回シリーズのこころセミナー2013(第1〜4回まで終了)
対象:お子さんの学習や学校生活に不安を感じる保護者の方
主催:こころリソースブック出版会
第5回 9/24(火):保護者向けセミナー
お申し込み:ホームページの申込フォーム
お問い合わせ:seminar@kokoro-rb.jp
http://www.kokoro-rb.jp/seminar20130709.html


◇JDDNET年次大会、体験博覧会事前受付開始
「発達障害とコミュニケーション」〜そのゆたかなつながり〜
11/30(土)午後2時から4時半
バラエティーに富んだ体験型ワークショップが20枠
12/1(日)9時半から4時
発達障害について多角的に取り組みます。
教育、福祉、就労、制度、支援、海外の情報など
http://jddnet.jp/


●お知らせ●
1)新刊書「私のディスレクシア」東京書籍
フィリップ・シュルツ著、藤堂栄子監訳、室育美訳 1200円+税 エッジ事務局でもお求めになれます。
http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/51831699.html


2)BEAM(音声教材)
まずは使ってみてください。
http://www.npo-edge.jp/work/audio-materials/


3)インターネットラジオの番組更新:ファイルNO101「発達障害の当事者が中小企業で活躍している実例」
http://www.voiceblog.jp/dx_station/


4)EDGEの個別相談
 NPO法人エッジでは広く、お子さんや保護者、指導者のディスレクシアに関する相談を受けつけています。
 相談の予約受付窓口は、EDGEの事務局となります。
 相談:dxheart@npo-edge.jp
 連絡先 fax 03-6435-2209


5)賛助会員・寄付のご案内

NPO法人エッジではその趣旨に賛同し応援してくださる方を募集しています。本人や保護者には体験やご意見をいただき国の政策などに反省させるべく活動をしております。そのほかディスレクシアの啓発、支援(LSA講座や音声教材の普及、ワークショップなど)にご寄付を役立てて
います。賛助会員は年間3000円で、皆さんでNPO法人エッジをご支援ください。 

寄付・入会方法
http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50002212.html


寄付の方法
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=nm&nmk=390


*メルマガの転送は歓迎します。
*掲載記事は会員の情報を優先しております。
 
◆ 連絡先、問合せ先 
 〒105-0021 東京都港区芝3-6-5 第二佐山ビル4階
 電話 NPO EDGE 03-6435-0402/0702 個別支援室 03-6435-2205
 Faxは共通 03-6435-2209
 http://www.npo-edge.jp/ 

 E-mail:edgewebinfo@npo-edge.jp


発行人:藤堂 栄子 
編集人:柴田 章弘 







npo_edge at 17:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) メルマガ 

2013年09月09日

特異的発達障害 診断・治療のための 実践ガイドライン

特異的発達障害実践ガイドラインーわかりやすい診断手順と支援の実際ー

編集
特異的発達障害の臨床診断と治療指針作成に関する研究チーム

編集代表
稲垣 真澄

定価
3800+税

株式会社 診断と治療社

http://www.shindan.co.jp/books/index.php?menu=10&cd=178100&kbn=1

npo_edge at 15:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 新着図書 

2013年09月02日

第50回DX会

作品展示集合写真(DX会)

皆さまのおかげで、9年目を迎えDX会例会も50回目になりました。継続中の「元気の出るワークショップ」を行いますので、皆さま気楽に、ご参加下さい。DX会は成人ディスレクシアの集まりです。今回は「心霊フアンにお馴染みの中野区の哲学堂公園」で行います。


開催日時


2013年10月6日(日) 


午後1:00(13:00)〜 4:00(16:00)
13:30から始まりますので、あわてずお越しください。
 

会場


哲学堂公園・霊明閣

http://www.tetsugakudo.jp/a07b.htm


地図

http://www.tetsugakudo.jp/a08.htm


西武新宿線「新井薬師前駅」から徒歩12分、都営大江戸線「落合南長崎駅」から徒歩13

池袋駅西口・中野駅からバスがあります。


絡先は柴田の携帯090-6500-3079

(携帯電話は当日のみ通話希望、他日は事務局へ) 


携帯メール  edgedxl3894021@softbank.ne.jp 


過去の活動報告

       http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html


ネットラジオ http://www.voiceblog.jp/dx_station/


参加費:無料


▲ワークショップの御題:「アイドル妖怪を捏造(ねつぞう)しよう」を行います。  他にアイデアのある方は事務局にお寄せください。


*注意事項


○話題の中心はあくまでもLD又はディスレクシアです。他の発達障害に関する相談には応じられないことがあります。


○発達障害当事者ではない研究者、支援者、ご父兄などの参加も歓迎しますが、当事者の発言を優先します。


○個人的に録音、写真撮影に対して不都合がありましたら、事前にお申し出ください。


○場の雰囲気に合わない話を長時間続ける方には退場をお願いすることがありますので、納得のうえで、ご参加下さい。


○準備の都合上、初参加予定の方は出来る限り世話人にご連絡ください。


----------------------------------

特定非営利活動法人EDGE

DX会世話人

事務局 柴田 章弘

tel 03-6435-0402

fax 03-6435-2209

http://www.npo-edge.jp

mailto:edgewebinfo@npo-edge.jp




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



npo_edge at 15:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) DX会 | イベント情報