2014年02月

2014年02月27日

第53回DX会

wamワークショップ


皆さまのおかげで、
9年目を迎えDX会例会も53回目になりました。継続中の「元気の出るワークショップ」を行いますので、皆さま気楽に、ご参加下さい。DX会は成人ディスレクシアの集まりです。今回は小石川植物園で行います。多数の皆さまのご参加をお待ちしております。集合してから現地へ向かう予定です。春のハイキングも兼ねますので、成人でなくとも、父兄同伴でしたら、お子様の参加も可能です。(お子様と参加ご希望者は事前に事務局へご連絡ください)連絡事項は五つあります。‥豕メトロ茗荷谷駅改札口前に集合です。時間は12:0012:30です。各自昼食はご準備ください。F園料が1400円ぐらいかかります。ぅ錙璽ショップに必要ですので、デジカメを持っている人は持参ください。当日は草原のような場所を歩いたり、レジャーシートや芝生に座ったり、するので長ズボンで来てください。雨天中止(一日前にホームページ掲載予定)


参加費無料

開催日時

2014年4月26日(土) 

時間)

午後1:00(13:00)〜 4:30(17:00)


会場 
 


小石川植物園

東京都文京区白山3丁目71

案内 

http://www.bg.s.u-tokyo.ac.jp/koishikawa/



連絡先は柴田の携帯090-6500-3079

(携帯電話は当日のみ通話希望、他日は事務局へ) 



携帯メール  mailto:edgedxl3894021@softbank.ne.jp 



過去の活動報告 http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html



ネットラジオ http://www.voiceblog.jp/dx_station/



▲ワークショップの御題:「???(仮題)」を行います。  他にアイデアのある方は事務局にお寄せください。

*注意事項

話題の中心はあくまでもLD又はディスレクシアです。他の発達障害に関する相談には応じられないことがあります。

○発達障害当事者ではない研究者、支援者、ご父兄などの参加も歓迎しますが、当事者の発言を優先します。

○個人的に録音、写真撮影に対して不都合がありましたら、事前にお申し出ください。


○場の雰囲気に合わない話を長時間続ける方には退場をお願いすることがありますので、納得のうえで、ご参加下さい。

○準備の都合上、参加予定の方は出来る限り、前日までに世話人へご連絡ください。


DX
会世話人 事務局  柴田 章弘

tel 03-6435-0402  fax 03-6435-2209  

http://www.npo-edge.jp 

mailto:edgewebinfo@npo-edge.jp


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



npo_edge at 12:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) DX会 | イベント情報

2014年02月21日

悪いことはできません。

 鉛筆とノートディスレクシアで苦しんでいる人々の中で、字が汚くて、読めないと注意された方が多い。最近はパソコン、タブレット、スマホの普及で、字を書かなくてよくなったので、安心した人もいます。

 ところで、先日、アメリカ、カリフォルニア州のウエールズ・ファーゴ銀行に男の強盗が入りました。彼は女性バンカーにポケットからメモを取りだし、渡しました。この女性バンカーはこの男が耳が不自由だと思い、一生懸命メモを読もうとしたのですが、読めません。しばらく、上司と協力しながら、汚い手書きの文字を解読して、「金を出せ」という意味がわかりました。慌てて警察に電話をしました。待ちくたびれた強盗はそのまま銀行を後にしました。警察は手がかりのメモや容姿を元に犯人を確定し、銀行強盗(未遂犯)として逮捕しました。字が汚すぎて間抜けな犯人でした。

ディスレクシアの人々は悪いことはしたくても、できないようです。
事務局 柴田 章弘

npo_edge at 12:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スタッフ日記 

2014年02月10日

NPO EDGE メルマガ169号 2014/2/10 前編

バレンタインレイアウト

NPO-EDGE LD/ディスレクシアのソリューションを提供
 2014年2月10日
 NPO EDGE メルマガ 169号


●メスタ・シバタの独り言●
メスタの独り言
記録的な大雪はいろいろな番狂わせをもたらしました。午年にちなんで「人間万事塞翁が馬」。落ち込んでいた時に父が教えてくれた格言で座右の銘になっています。雪のせいで歌の練習が中止、実はインフルエンザのメンバーがいたので全員にうつることが避けられました。翌日の朝一番の飛行機が欠航になったので北海道北見の講座に行けませんでした。それでも、星槎大学の帯広のセンターで十分な対応をしてくださいました。ネットワークの素晴らしさを実感。東京にいるのであきらめていた都知事選の投票やら2014年度のプロジェクトの資料やら整理することができました。今でいうリフレーミングがこれに近いかな?メスタ
小鶯鳴梅枝。大波迫平洋。シバタ


■目次■

●イベント●
‐ライブ:レポートフロムエッジ
‐関連団体の活動


●お知らせ●
‐ウェブサイトアップデート BEAM,寄付サイト
‐インターネットラジオ番組更新
‐カレンダー(希望者に進呈)
‐その他


●イベント●
◆第53回DX会
DX会は成人(18才以上)ディスレクシアの会です。
内容:元気の出るワークショップ
日時:4/26(土)、小石川植物園
詳細は次回のメルメガで。
http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html


◆ライブ:レポートフロムエッジ
エッジでは中高生向けの4つのプログラム(TRPG、ラーニングスキル、世界に羽ばたこう、先輩から学ぼう)、BEAM(音声教材)の提供を中心に活動をしてきました。参加者によるライブやDVDで様子をお伝えします。後半は茶話会にしたいと思います。DXサバイバル術(対象:中高生)の受講生たちの発表会です。当日活動の内容の映像も見られます。
日時:2月23日(日)14:30〜16:30
場所:港区障害福祉センター(ヒューマンプラザ)、会議室1
参加費:1000円
定員:30人
問い合わせ:edgewebinfo@npo-edge.jp



npo_edge at 15:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) メルマガ 

NPO EDGE メルマガ169号 2014/2/10 後編

スケートリンク
◇関連団体の活動◇
◇ 発達障害の支援に関わる者の専門性の追求フォーラム
日時:2/23(日)、10:00〜16:00
場所:愛知県産業労働センター ウインクあいち
申込:FAX 0566-95-0035
主催:国立大学法人愛知教育大学
後援:愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会
問合せ:国立愛知教育大学 教育創造開発機構運営課 TEL  0566-26-2417


◇ 中高生のため「“働く”ために必要なこと」講座
将来、社会参加したいと思っている中高生(発達障害がなくても参加可能です)の講座
担当者:品川裕香(NPOらんふぁぷらざ事務局長・教育ジャーナリスト)
日時:3/31〜4/1
費用:10000円(2日間計6時間)
企画主催:NPOらんふぁぷらざ
http://www.npo-lenfantplaza.com/


◇世界自閉症啓発デー
*世界自閉症啓発デー2014シンポジュウム(パネル作品展)
日時:3/29(土)、10:00 〜16:30
場所:全社協・灘尾ホール


◇東京タワーブルーライトアップ企画(パネル作品展)
日時:4/2(水)、18:30〜22:00
会場:東京タワー
http://www.worldautismawarenessday.jp/


◇かんたん・便利なモバイル活用術≪ソフトバンクモバイバルWEBサイト≫
日常生活のトラブルを解決します。
http://www.softbank.jp/corp/news/sbnews/csr/2013/20131018_01/


●お知らせ●
1)ウェブサイトアップデート BEAM、寄付サイト
★BEAM(音声教材) コンテンツ 中学公民、使用手順書
http://www.npo-edge.jp/work/audio-materials/


★寄付サイトを作りました。皆様の応援をお待ちしています
http://www.npo-edge.jp/about/donation/
                 
2)インターネットラジオの番組更新:ファイルNO107「就労コーディネータ研修・発達障害の人々の就労支援する人と中小企業」から
http://www.voiceblog.jp/dx_station/


3)マッケンジーソープカレンダー2014年版:卓上版(A6)ご希望の方に無料で進呈します。


4)EDGEの個別相談
 NPO法人エッジでは広く、お子さんや保護者、指導者のディスレクシアに関する相談を受けつけています。
 相談の予約受付窓口は、EDGEの事務局となります。
 相談:dxheart@npo-edge.jp
 連絡先 fax 03-6435-2209


5)賛助会員・寄付のご案内
NPO法人エッジではその趣旨に賛同し応援してくださる方を募集しています。本人や保護者には体験やご意見をいただき国の政策などに反映させるべく活動をしております。そのほかディスレクシアの啓発、支援(LSA講座や音声教材の普及、ワークショップなど)にご寄付を役立てています。皆さんでNPO法人エッジをご支援ください。 

寄付・入会方法
http://www.npo-edge.jp/about/donation/


*メルマガの転送は歓迎します。
*掲載記事は会員の情報を優先しております。
 
◆ 連絡先、問合せ先 
 〒105-0021 東京都港区芝3-6-5 第二佐山ビル4階
 電話 NPO EDGE 03-6435-0402/0702 個別支援室 03-6435-2205
 Faxは共通 03-6435-2209
 http://www.npo-edge.jp/ 
 E-mail:edgewebinfo@npo-edge.jp


発行人:藤堂 栄子 
編集人:柴田 章弘 






npo_edge at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) メルマガ 

2014年02月04日

第52回DX会報告

第52回DX会の掲示2/2(日)、港区障害保健福祉センター(ヒューマンぷらざ)会議室1で行われました。参加者は男4人、女4人でした。初参加の方が2人いたので、イントロ自己紹介のお題を具体的な話題にしました。













お絵かきワークのお題52
ディスレクシアの人々らしく、「ここへ持ってこようとして、忘れたもの?」にしました。
お絵かきワークショップ52
「スマホを持ってきても、充電をするのを忘れた」
「マスク」
「三脚、傘、カレンダー、パンフレット」
「メガネ、ボーチ、折り畳み傘」
この絵を説明することにより自己紹介は楽しくできました。
模擬法令議論掲示53
リラックスしたところで、数分休み時間を入れ、ワークショップを始めました。今回の題は仮想内閣を作って法案を作るでした。身近に困っていることを題材にして、話を進めて行きました。「ゴミが捨てられなくて、困っている」という、参加者の総意から、ゴミの利用を考えました。ゴミを再利用することができれば、捨て忘れないですみます。それどころか、エネルギー源になります。ゴミ発電が一番エコではないかという意見がありました。そこで、思い切って縄文時代に見習うことにしました。回答は自然の中にある。自給自足生活(農業、ADHD系の人々は牧畜)で、貨幣経済を廃止し、物々交換で生活をすれば、無駄なものが出ません。環境に優しく、平和な暮らしができます。
ワークショップの様子52
好きなように意見を述べると、だんだん参加者の目が輝いてきました。参加者から出た意見をまとめて、仮想総理大臣が「スローライフ法案」を宣言しました。参加者全員
の満場一致で、この法案は可決しました。本当にこんな法律が有ったら、面白いですね。
52DX会集合写真
記念写真はセルフタイマーで全員参加しました。半学半教のDX会は無事終了しました。次回は4/26(土)、小石川植物園の予定です。


DX
会世話役

柴田 章弘
 


写真を拡大して見る(マウスポイントを写真の中央に移動し、手のマークに変わったら、クリック)

 





npo_edge at 12:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) DX会