2014年09月

2014年09月30日

ディスレクシアセミナーのご案内 メルマガ号外 2014/9/30

2014/10/5 LSA講座NPO-EDGE LD/ディスレクシアのソリューションを提供
2014年9月30日メルマガ号外


●イベント●
-LSA講座 公開講座「合理的な配慮について」:10/5
-特別セミナー「ディスレクシアを活かす〜個性の磨き方・輝かせ方〜」:10/18


LSA講座 公開講座

「合理的な配慮について」
★文部科学省特別支援教育課調査官 田中祐一
★国立特別支援教育総合研究所 梅田真理
★都立青山特別支援学校  川上 康則
日時 10/5(日)9:50〜16:00
会場 日本財団会議室
受講料 3000円
https://livedoor.blogimg.jp/npo_edge/imgs/3/7/374d0f33.png
お申込み:minatolsa@npo-edge.jp


特別セミナー

【ディスレクシアを活かす〜個性の磨き方・輝かせ方〜】

ディスレクシア(読み書きの困難)があっても、自らの個性を活かし、キラキラと輝いている人はいっぱいいます。
スティーブン・スピルバーグ、ジム・キャリー、オーランド・ブルームなど俳優、建築家、起業家などの有名人ばかりでなく、薬品の研究者、福祉、芸術などの幅広い分野で活躍しています。

エッジでは多くのディスレクシアの人たちがいきいきと、個人本来の良さを発揮できるよう、様々な活動を行ってきました。
このイベントでは、10年以上ディスレクシアに向き合い続けた知見を踏まえ、最新のディスレクシア事情と一人一人の個性を活かす方法について、事例を交えてお話しします。

 「ディスレクシアの(かもしれない)方が近くにいるけど、実際の向き合い方が分からない」
 「個性を引き出して、伸ばすためには何をしてあげたらよいのだろう?」
そんな疑問についてお答えしていこうと思います。
ぜひ、一緒に「ディスレクシアを活かす」ためのポイントを学びませんか?


日時:2014年10月18日(土)15:30〜17:30
会場:TKP浜松町ビジネスセンター第2会議室   
    http://tkphama.net/access.shtml
  
JR山手線「浜松町駅」金杉橋出口 徒歩4分
   都営地下鉄浅草線・大江戸線「大門駅」A1出口 徒歩4分
   都営三田線「芝公園駅」A3出口 徒歩6分
 参加費:1000円
 参加対象:ディスレクシアの個性の活かし方についてご関心のある方
     (ご本人や、保護者の方々、ディスレクシアに関連のある支援者の方々など)
 定員:45名
 講師:藤堂栄子
 講師プロフィール:幼少時代からヨーロッパ各地に計10年滞在。慶応義塾大学法学部政治学科卒業後、駐日EC委員会(現在ヨーロッパ委員会-EU)代表部に勤務。結婚・出産を経て、フリーランス通訳者に。現在は、ToDo Planning代表、NPOエッジ代表を務める。著書「ディスレクシアでも大丈夫」ぶどう社など。

お申し込み方法:
・お申込みフォーム:http://bit.ly/1rvsale

◆連絡先、問合せ先 
NPO法人エッジ
http://www.npo-edge.jp/ 
E-mail:edgewebinfo@npo-edge.jp  
FAX 03-6435-2209
発行人:藤堂 栄子 
編集人:柴田 章弘

   
 

 



npo_edge at 17:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イベント情報 | メルマガ

2014年09月16日

学習支援員(LSA)養成公開講座(2014/10/4と10/5)

日時:2014/10/5 LSA講座2014/10/4(土)、9:50〜16:00

場所:国際経営学院(沖縄県宮古島市)


http://blog.canpan.info/npoedge/img/LSAE382BBE3839FE3838AE383BC140916.pdf


日時:2014/10/5(日)、9:50〜16:00
場所:日本財団ビル会議室(港区赤坂一丁目)
受講料:3000円(LSA講座受講修了者は1500円)


☆クラスの中で困っている子への気づきとサポート
国立特別支援教育総合研究所 梅田真理先生


☆インクルーシブな教育の在り方と今後の展望
文部科学省特別支援教育課調査官 田中裕一先生


☆つまずきから考える個別支援室の支援
東京都港特別支援学校 川上康則先生

http://seisa.ed.jp/npo/support/img/lsa20141005.pdf



npo_edge at 10:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 学習支援員(LSA) | イベント情報

2014年09月10日

LSA講座 公開講座(9/28と10/5) メルマガ 176号

満月イベント

◆LSA講座 公開講座
お申込み:minatolsa@npo-edge.jp


「発達障害の理解」
★LD疑似体験 講師:藤堂栄子
★ディスレクシアな僕の人生 講師:藤堂高直 ビデオ
★子どもの見方、困難さに気づく手だてとアセスメント
 講師:三森睦子

日時 9/28(日)9:50〜16:00
会場 星槎大学横浜情報処理センター
受講料 3000円


「合理的な配慮について」
★文部科学省特別支援教育課調査官 田中祐一
★国立特別支援教育総合研究所 梅田真理
★都立青山特別支援学校  川上 康則
日時 10/5(日)9:50〜16:00
会場 日本財団会議室
受講料 3000円

http://www.seisa.ed.jp/npo/support/img/lsa26.pdf

◆第56回DX会“海岸で学ぼう”
DX会は成人(18才以上)ディスレクシアの会です。
内容:元気の出るワークショップ
日時:10/4(土)
場所:八景島付近
http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html
 

●お知らせ●
■エッジから
1)絵葉書新発売 ソープさんの絵葉書セット(10枚)新しい絵柄で発売します。1000円+税 (10部以上のお求めや施設のファンドレイジングにお使いになる場合はご相談ください)
 http://www.npo-edge.jp/work/publish
 

2)BEAM(音声化した教科書)
  ”甬擇噺率化(文科省の委託と日本財団の助成)普及に各地に伺います!
  福岡、大阪、東京、仙台 (文部科学省から)教員向け
  沖縄、九州、北海道、東京(日本財団から)保護者・支援者・教員向け
  
  現在使用可能な教科書
【小学校】 国語 光村、教育出版 社会 東京書籍 、教育出版
【中学校】 国語 光村、三省堂、教育出版
               東京書籍 地理、歴史、公民
       帝国書院 歴史
【高校】  東京書籍 生物基礎 後期分
【その他】 日本国憲
 http://www.npo-edge.jp/work/audio-materials/
                 

3)EDGEの個別相談
  NPO法人エッジでは広く、ご本人、お子さんや保護者、指導者のディスレクシアに関する相談を受けつけています。相談の予約受付窓口は、EDGEの事務局となります。
  連絡先 fax 03-6435-2209
  メール dxheart@npo-edge.jp
 ホームページの相談フォーム http://www.npo-edge.jp/contact
 

4)賛助会員・寄付のご案内
仮認定NPOになりました。皆さんでNPO法人エッジをご支援ください。寄付をしてくださると寄付控除を受けることができます。NPO法人エッジではその趣旨に賛同し応援してくださる方を募集しています。いただいたご寄付は下記に役立てます。
 国への政策提言
 啓発活動(ウェブ、ニュースレター、各種パンフレット)
 支援(LSA講座、BEAM(音声教材)、本人向けワークショップ)
 これらの活動の運営
  http://www.npo-edge.jp/about/donation/
 

5)エッジの活動を支えてくださるボランティア、インターンシップの方募集中です。
e-learning、BEAM、書類整備、会計などディスレクシアの人の不得意分野を補っていただける方、研究者の卵、英語できる方、歓迎です。
edgewebinfo@npo-edge.jpまで

◆連絡先、問合せ先
仮認定NPO法人エッジ 
〒105-0021 東京都港区芝3-6-5 第二佐山ビル4階
電話 03-6435-0402/0702
Fax 03-6435-2209
http://www.npo-edge.jp/ 
E-mail:edgewebinfo@npo-edge.jp
 
発行人:藤堂 栄子 
編集人:柴田 章弘 




npo_edge at 16:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) メルマガ | イベント情報

第56回DX会  場所変更となりましたご注意ください!

ws:経過140816

おかげさまで、10年目を迎えDX会例会も56回目になりました。継続中の「元気の出るワークショップ」を行いますので、皆さま気楽に、ご参加下さい。DX会は成人ディスレクシアの集まりです。今回は八景島付近の海岸を探索する予定でしたが。デング熱の件で、代々木公園にて感染した方が、その後に八景島付近の公園でも蚊に刺されたという内容が報道されています。諸事情を考え、急遽場所を港区ヒューマンぷらざに変更します。


開催日時



2014年10月4日(土) 


午後3:00(15:00)〜 5:00(17:00)

 

会場



障害保健福祉センター(ヒューマンぷらざ)集会室



http://www.city.minato.tokyo.jp/kenko/fukushi/shogaisha/madoguchi/hokenfukushi.html



連絡先は柴田の携帯090-6500-3079

(携帯電話は当日のみ通話希望、他日は事務局へ) 



携帯メール  mailto:edgedxl3894021@softbank.ne.jp 



過去の活動報告

       http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html



ネットラジオ http://www.voiceblog.jp/dx_station/



参加費:無料



▲ワークショップの御題:「???(仮題)」を行います。  他にアイデアのある方は事務局にお寄せください。



*注意事項



○話題の中心はあくまでもLD又はディスレクシアです。他の発達障害に関する相談には応じられないことがあります。



○発達障害当事者ではない研究者、支援者、ご父兄などの参加も歓迎しますが、当事者の発言を優先します。



○個人的に録音、写真撮影に対して不都合がありましたら、事前にお申し出ください。



○場の雰囲気に合わない話を長時間続ける方には退場をお願いすることがありますので、納得のうえで、ご参加下さい。



○準備の都合上、初参加予定の方は出来る限り世話人にご連絡ください。



----------------------------------

特定非営利活動法人EDGE

DX会世話人

事務局 柴田 章弘

tel 03-6435-0402

fax 03-6435-2209

http://www.npo-edge.jp

mailto:edgewebinfo@npo-edge.jp










 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



npo_edge at 12:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イベント情報 | DX会

2014年09月05日

違うって、いいこと

仲良く生きよう動物たち今日もハッピー

 
 小学生200名余、その保護者、教員の方たちにお話をする機会をいただきました。
 
「違うっていいこと」と題して下記の内容でお話ししました。
 1)みんな何か役割を持って生まれてきている
2)違うって面白い
3)読んだり、書いたりするのがたいへんでも、大丈夫!
 小学校1年生にも高学年にも保護者にも先生方にも面白いと思っていただけるよう工夫を凝らしました。楽しかった。

 「公平を期すために同じ課題を与えます。みんな木に登りなさい。」
と言ったら、どれだけの動物が登れるでしょうか?
 登れない動物はどうしたらいいか?と尋ねると小学校1,2年生から
 ハシゴを使えばいい、象さんの鼻で持ち上げるなんて言う答えが
即座に出てくる。道具を使う、力を合わせるっていうことですよね。
もう一つできることが課題を変えるということです。それぞれが得意なことを課題にしたらいいだけなのだけれど、先生方は???っていう表情、子どもたちはすぐにわかりましたよ!
 犬は何ができる?いい鼻を使って人を見つける、番犬になる、寂しい時慰めてくれる!
アシカさんは?泳げる、アシカショーで楽しませてくれる
飛べない鶏は?卵を産む、ときの声で朝起こしてくれる

学校でも同じだよね。みんないいところがあるからそれを活かしていこうね。

 最後に6年生が「とても分かりやすかった、それぞれのできることで助けたり助けられたりしていきたい」って感想を述べてくれました。

うれしいーーー!             


藤堂 栄子会長

動物を例にすれば、考えつきます。人間、それぞれ得手、不得手があります。できないことを無理強いられることはどんなに辛いか。書けないならパソコン入力があります。読めないなら読み上げソフトがあります。覚えられないならICレコーダーがあります。読み書き記憶が苦手でも、それに代わる「何か、いいもの」を持っています。大きな声で挨拶できるだけでも立派な特技です。相互理解が進めば、楽しいですね。

柴田 章弘



npo_edge at 11:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スタッフ日記