2014年12月

2014年12月27日

第四回ディスクシアセミナー

東京タワーと周囲の町並み

ディスレクシアを活かす〜個性の磨き方・輝かせ方〜


ディスレクシア(読み書きの困難)があっても、自らの個性を活かし、キラキラと輝いている人はいっぱいいます。スティーブン・スピルバーグ、ジム・キャリー、オーランド・ブルームなど俳優、建築家、起業家などの有名人ばかりでなく、薬品の研究者、福祉、芸術などの幅広い分野で活躍しています。エッジでは多くのディスレクシアの人たちがいきいきと、個人本来の良さを発揮できるよう、様々な活動を行ってきました。


このイベントでは、10年以上ディスレクシアに向き合い続けた知見を踏まえ、最新のディスレクシア事情と一人一人の個性を活かす方法について、事例を交えてお話しします。「ディスレクシアの(かもしれない)方が近くにいるけど、実際の向き合い方が分からない」「個性を引き出して、伸ばすためには何をしてあげたらよいのだろう?」そんな疑問についてお答えしていこうと思います。ぜひ、一緒に「ディスレクシアを活かす」ためのポイントを学びませんか?

--------------------------------------------------------------------------

日時:2015121日(水)100012
00
    会場:港区ヒューマンぷらざ 会議室1

    JR山手線、京浜東北線 浜松町駅南口 徒歩7

参加費:セミナー 1000

参加対象:ディスレクシアの個性の活かし方についてご関心のある方
(ご本人や、保護者の方々、ディスレクシアに関連のある支援者の方々など)
定員: 40名 セミナー
   
講師:藤堂栄子 

 講師プロフィール:
幼少時代からヨーロッパ各地に計10年滞在。慶応義塾大学法学部政治学科卒業後、駐日EC委員会(現在ヨーロッパ委員会-EU)代表部に勤務。結婚・出産を経て、フリーランス通訳者に。現在は、ToDo Planning代表、NPOエッジ代表を務める。著書「ディスレクシアでも大丈夫」ぶどう社など。

お申し込み方法:下記よりお申込みください。
・お申込みフォーム:http://bit.ly/1rvsale



 



npo_edge at 16:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ディスレクシアセミナー | イベント情報

2014年度DXステーション 知らぬ間に12回放送されています。

ラジオを聴く女性本年度はさぼりながら、なんとか12回番組を密かに制作していました。
ボイスブログが有ったことをお忘れなく。




第14回ー(1)

ファイル:NO 106

就労コーディネータ研修
‘発達障害の人々の就労支援する人と中小企業 


出演:藤堂 栄子

場所:港区ヒューマンぷらざ会議室

日時:2012年11月13日(火)

主催:NPO法人エッジ

福祉医療機構助成金事業

音楽:作者不明
    「快晴」
   バルトーク
    「弦楽器・打楽器のための音楽」

(敬称略)

放送時間:3分50秒

https://www.youtube.com/watch?v=jTaWvXG9jCo


第14回ー(2)

ファイル:NO 107

就労コーディネータ研修
‘発達障害の人々の就労支援する人と中小企業◆


出演:一般社団法人ペガサス

      木村 志義

場所:港区ヒューマンぷらざ会議室

日時:2012年11月13日(火)

主催:NPO法人エッジ

福祉医療機構助成金事業

音楽:作者不明
    「快晴」
   バルトーク
    「弦楽器・打楽器のための音楽」

(敬称略)
放送時間:2分59秒

https://www.youtube.com/watch?v=nL36lPl0FOc


第14回ー(3)

ファイル:NO 108

就労コーディネータ研修
‘発達障害者就労の職場環境評価-1’

出演:福祉社労士

   前田 豊 

場所:港区ヒューマンぷらざ会議室

日時:2012年11月13日(火)

主催:NPO法人エッジ

福祉医療機構助成金事業

音楽:作者不明
    「快晴」
   バルトーク
    「弦楽器・打楽器のための音楽」

(敬称略)

放送時間:3分20秒

https://www.youtube.com/watch?v=WlJhv-BIeqA


第14回ー(4)

ファイル:NO 109

就労コーディネータ研修
‘発達障害者就労の職場環境評価-2’


出演:福祉社労士

   前田 豊 

場所:港区ヒューマンぷらざ会議室

日時:2012年11月13日(火)

主催:NPO法人エッジ

福祉医療機構助成金事業

音楽:作者不明
    「快晴」
   バルトーク
    「弦楽器・打楽器のための音楽」

(敬称略)

放送時間:3分30秒

https://www.youtube.com/watch?v=f212aiV-pEg&t=136s


第14回ー(5)

ファイル:NO 110

就労コーディネータ研修
‘発達障害者の特徴’


出演:藤堂 栄子 

場所:港区ヒューマンぷらざ会議室

日時:2012年11月13日(火)

主催:NPO法人エッジ

福祉医療機構助成金事業

音楽:作者不明
    「快晴」
   バルトーク
    「弦楽器・打楽器のための音楽」

(敬称略)

放送時間:3分42秒

https://www.youtube.com/watch?v=4q_6z08lFqo


第14回ー(6)

ファイル:NO 111

就労コーディネータ研修
‘発達障害者の置かれている状況’


出演:藤堂 栄子 

場所:港区ヒューマンぷらざ会議室

日時:2012年11月13日(火)

主催:NPO法人エッジ

福祉医療機構助成金事業

音楽:作者不明
    「快晴」
   バルトーク
    「弦楽器・打楽器のための音楽」

(敬称略)

放送時間:3分42秒

https://www.youtube.com/watch?v=osQTxgvZMBo


第14回ー(7)

ファイル:NO 112

就労コーディネータ研修
‘ディスレクシア当事者の証言:DX会とは?’


出演:柴田 章弘 

場所:港区ヒューマンぷらざ会議室

日時:2012年11月14日(水)

主催:NPO法人エッジ

福祉医療機構助成金事業

音楽:作者不明
    「快晴」
   バルトーク
    「弦楽器・打楽器のための音楽」

(敬称略)

放送時間:3分47秒

https://www.youtube.com/watch?v=tIAei1Cw5Jk


第14回ー(8)

ファイル:NO 113

就労コーディネータ研修
‘ディスレクシア当事者の証言:DX会の例会で起こったこと’


出演:柴田 章弘 

場所:港区ヒューマンぷらざ会議室

日時:2012年11月14日(水)

主催:NPO法人エッジ

福祉医療機構助成金事業

音楽:作者不明
    「快晴」
   バルトーク
    「弦楽器・打楽器のための音楽」

(敬称略)

放送時間:3分48秒

https://www.youtube.com/watch?v=eFXmwdvUZOc


第14回ー(9)

ファイル:NO 114

大人の発達障害 第一回ディスレクシアとは
‘仕事中、成人ディスレクシアの工夫 


出演:藤堂 栄子・柴田 章弘 

場所:勤労福祉会館(池袋)

日時:2013年3月13日(水)

主催:豊島区保健福祉部


音楽:作者不明
    「快晴」
   バルトーク
    「弦楽器・打楽器のための音楽」

(敬称略)

放送時間:3分33秒

https://www.youtube.com/watch?v=feGwkiSOmEQ


第14回ー(10)

ファイル:NO 115

大人の発達障害 第一回ディスレクシアとは
‘仕事中、成人ディスレクシアの工夫◆


出演:藤堂 栄子・柴田 章弘 

場所:勤労福祉会館(池袋)

日時:2013年3月13日(水)

主催:豊島区保健福祉部


音楽:作者不明
    「快晴」
   バルトーク
    「弦楽器・打楽器のための音楽」

(敬称略)

放送時間:3分51秒

https://www.youtube.com/watch?v=Syez-7MSakc


第14回ー(11)

ファイル:NO 116

学習支援員養成講座

成人ディスレクシア当事者の話
‘小学校の授業中にやっていたこと’


出演:柴田 章弘・村松洋一 

場所:港区ヒューマンぷらざ

日時:2013年3月13日(水)

主催:NPO法人エッジ


音楽:作者不明
    「快晴」
   バルトーク
    「弦楽器・打楽器のための音楽」

(敬称略)

放送時間:3分44秒

https://www.youtube.com/watch?v=xSryuYABo7k


第14回ー(12)

ファイル:NO 117

学習支援員養成講座

 成人ディスレクシア当事者の話
‘小中学時代の勉強法 教科書は開いていたけど’


出演:柴田 章弘・村松 洋一 

 場所:港区ヒューマンぷらざ

日時:2013年3月13日(水)

 主催:NPO法人エッジ

音楽:作者不明
     「快晴」
    バルトーク
    「弦楽器・打楽器のための音楽」

(敬称略)

放送時間:3分44秒

https://www.youtube.com/watch?v=-w34jbgssv0&t=3s














npo_edge at 16:24|PermalinkComments(0) インターネットラジオ 

2014年12月26日

熱かったディスレクシアセミナー

141223講演会12/23(火・祝日)、第三回ディスレクシアセミナーな行われました。今回は大人はセミナーを受講し、子どもたちはクリスマス会を兼ねて、ゲーム大会を行いました。すぐ隣の会議室でゲームをしていました。お互いに迷惑をかけずに楽しい時間が過ぎてゆきました。
 今回のセミナー参加者はエッジの行事に初めて出席された方々が多く、藤堂会長の話にメモを取りながら、真剣な様子でした。富山県、長野県、愛媛県などの遠方から、お越しくださった方々もおり、普段と違う緊張感が伝わってきました。セッションの後、子どもたちとの交流会を通じ、ディスレクシアを理解しようとする真剣な親御さんの質問が続きました。もう少し時間が有れば・・・。残念時間切れでした。

事務局

npo_edge at 17:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スタッフ日記 

2014年12月24日

第57回DX会報告‘手は口よりも、ものを言う。’

練馬福祉園12/20、第57回DX会は男7人、女5人の参加で実施されました。今回はDX会の常連会員で、練馬福祉園に勤めている村松さんを訪問しました。日頃、陶芸教室で障害者の方の指導をしている村松さんの陶芸室におじゃましました。さすが、村松ワールドに入るとなんとなく落ち着きます。
陶芸教室(粘土を分ける)
まず、200gの粘土をそれぞれに配ります。参加者は戦々恐々といった顔つきで村松さんの手際を見つめていました。
陶芸教室(作業中の様子)
粘土が配られると、参加者は真剣に、黙って、手を動かしていました。この集中力、さすがでした。土に触れると、自然に手が動く感じでした。湯呑、置物、花瓶、小物入れなどの作品ができあがりました。
作品(柴田)
夢中になって粘土をこねていたら、肝心な参加者の作品を撮影するのを忘れてしまいました。ただ、一枚、自分のだけ撮影していました。参加者のみなさん、ごめんなさい。作品は一度素焼きをして、その後、色付けをします。自分の作品に合う色を選択し、色を塗ってもらいます。作品完成は数カ月後だそうです。
参加者全員ハイポーズ(第57回DX会)
制限時間が一杯になったので、参加者全員で記念撮影をしました。はいポーズです。みんな良い顔をしていました。この講座の後、忘年会を兼ね、慣例の飲み会を練馬福祉園の近くの和食レストランで行いました。飲み会から男1人、女一人が駆けつけました。仲間に会いたい意欲には感心しました。
 10年間、続いているDX会ですが、だんだんマンネリ化してきました。「そろそろ退屈するから、内容を替えてくれ」という要望が上がってきました。主催者としては参加者が声を上げるのを待っていました。半学半教で行ってきたDX会、いつまでも私一人に負担をかけることは避けなければなりません。そこで、参加者がリラックスできる飲み会で次回のDX会の日程と演目を決めることになりました。ワキワイワイと話しているうちにアイデアが出てきて、やりたいことを決める。これなら、DX会の例会にふさわしい流れになりそうです。発達障害関係の映画の話が盛り上がりました。次回第58回DX会は2015年2月7日(土)、ヒューマンぷらざ、集会室で映画上映会になりました。

柴田 章弘


npo_edge at 17:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) DX会 | ワークショップ

2014年12月11日

イベントに参加しましょう!メルマガ179号 2014/12/10

クリスマスの美術館●イベント●
◆LSA公開講座〜認知特性に応じた支援
日時:12/13(土)9:50〜16:00(9:30 開場)
 
会場: 港区障害保健福祉センター(ヒューマンぷらざ)
受講料:3000 円
 
第1部 教科の支援〜国語・英語 藤堂栄子
第2部 教科の支援〜算数    伊藤一美
第3部 ICT を使った支援    近藤武夫
http://seisa.ed.jp/npo/support/img/lsa1213.pdf
 
Mail: tokyo@seisa.ed.jp
Fax:03-5225-6246
 

◆第三回ディスレクシアセミナー 第3弾 お子様向けプログラムも 
【ディスレクシアを活かすクリスマス編〜親子で体験する個性の磨き方・輝かせ方〜】
☆このイベントでは、10年以上ディスレクシアに向き合い続けた知見を踏まえ、最新のディスレクシア事情と一人一人の個性を活かす方法について、事例を交えてお話しします。
☆キッズ&ティーンズワークショップ「アナログゲームで楽しもう!」
今回特別にクリスマスイベントとしてセミナー参加者のお子さんには別室でアナログゲームを通してラーニングスタイルに気づくセッションを開催します。
日時:2014/12/23日(火・祝日)13:30‐16:40
会場:港区ヒューマンぷらざ
   JR山手線、京浜東北線 浜松町駅南口 徒歩7分
参加費:.札潺福次1000円
     ▲札潺福次椒錙璽ショップ 1500円
参加対象:ディスレクシアの個性の活かし方についてご関心のある方
(ご本人や、保護者の方々、ディスレクシアに関連のある支援者の方々など)
定員:  40名 セミナー
    ◆10名 (小学校5年から高校生まで)
 
講師:‘F憶瓢辧´⊂硝楝整
詳細:http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/51879115.html
お申込みフォーム:http://bit.ly/1rvsale
問い合わせ先:
ファックス 03−6435−2209、メール edgewebinfo@npo-edge.jp
 




npo_edge at 14:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イベント情報 | メルマガ

認定NPOに向かって!ご支援をよろしくお願いします。

クリスマスギフト過日お知らせ致しました通りNPO法人エッジは、本年7月に「認定NPO法人制度」への申請の結果「仮認定」されました。「本認定」を受けるためには、2年間で3000円以上の寄付者が200人以上必要です。もう少しでその数字を達成できます。「仮認定」を受けたことで、個人・法人共に税制優遇が受けられるようになりました。
ディスレクシアをはじめとする発達障害の啓発と支援をより一層拡大していくために、みなさまのご理解とご共感を頂きまして、3000円以上のご寄付を賜りますようお願い申し上げます。




エッジホームページから(郵便振り込みまたは銀行振り込み)
http://www.npo-edge.jp/about/donation/

かざして募金(スマホ又はクレッジットカードから寄付ができます)
http://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/creditSelect.jsp?corp=188

NPO EDGE メルマガ179号 2014/12/10



npo_edge at 13:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スタッフ日記 | メルマガ

2014年12月03日

第三回ディスレクシアセミナー 2014年12月23日(火・祝日)

東京タワー1ディスレクシアセミナー 第3弾 お子様向けプログラムも 
 【ディスレクシアを活かすクリスマス編〜親子で体験する個性の磨き方・輝かせ方〜】

ディスレクシア(読み書きの困難)があっても、自らの個性を活かし、キラキラと輝いている人はいっぱいいます。スティーブン・スピルバーグ、ジム・キャリー、オーランド・ブルームなど俳優、建築家、起業家などの有名人ばかりでなく、薬品の研究者、福祉、芸術などの幅広い分野で活躍しています。エッジでは多くのディスレクシアの人たちがいきいきと、個人本来の良さを発揮できるよう、様々な活動を行ってきました。


☆このイベントでは、10年以上ディスレクシアに向き合い続けた知見を踏まえ、最新のディスレクシア事情と一人一人の個性を活かす方法について、事例を交えてお話しします。「ディスレクシアの(かもしれない)方が近くにいるけど、実際の向き合い方が分からない」「個性を引き出して、伸ばすためには何をしてあげたらよいのだろう?」そんな疑問についてお答えしていこうと思います。ぜひ、一緒に「ディスレクシアを活かす」ためのポイントを学びませんか?


☆キッズ&ティーンズワークショップ「アナログゲームで楽しもう!」
 今回特別にクリスマスイベントとしてセミナー参加者のお子さんには別室でアナログゲームを通してラーニングスタイルに気づくセッションを開催します。
カードゲームやボードゲームなどの非デジタルなゲームがあります。年間200種類以上のアナログゲームが発表され、そのどれもが独自のルールと面白みを持っています。このワークショップでは、様々なアナログゲームをプレイしてもらい、「表現」「質問」「協力」「交渉」などの多様なコミュニケーション体験を通じて、子どもたちがお互いの関係を深められる時間をつくります。


☆最後の1時間は交流会を開きます。

--------------------------------------------------------------------------
日時:2014年12月23日(祝日・火)13:30‐16:30
    会場:港区ヒューマンぷらざ
    JR山手線、京浜東北線 浜松町駅南口 徒歩7分

 参加費:.札潺福次1000円
     ▲札潺福次椒錙璽ショップ 1500円

 参加対象:ディスレクシアの個性の活かし方についてご関心のある方
 (ご本人や、保護者の方々、ディスレクシアに関連のある支援者の方々など)
 定員: 40名 セミナー
   ◆10名 (小学校5年から高校生まで)

 
講師:‘F憶瓢辧´⊂硝楝整

 講師プロフィール:
〕直時代からヨーロッパ各地に計10年滞在。慶応義塾大学法学部政治学科卒業後、駐日EC委員会(現在ヨーロッパ委員会-EU)代表部に勤務。結婚・出産を経て、フリーランス通訳者に。現在は、ToDo Planning代表、NPOエッジ代表を務める。著書「ディスレクシアでも大丈夫」ぶどう社など。

1980年生まれ。東京学芸大学大学院障害児教育専攻卒業。小学校の心理相談員として発達障害のある子どもや親の相談に携わった後、(社福)NHK厚生文化事業団、(株)リクルートスタッフィングで成人障害者の就労支援を行う。2014年10月より放課後等デイサービス「ハッピーテラス中野教室」副教室長として、発達障害のある子の自立と就職に向けたトレーニングの開発・実践を行なっている。


お申し込み方法:下記よりお申込みください。

・お申込みフォーム:http://bit.ly/1rvsale


問い合わせ先:
ファックス 03−6435−2209、メール edgewebinfo@npo-edge.jp



npo_edge at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イベント情報 | ディスレクシアセミナー