2015年02月

2015年02月24日

第六回ディスレクシアセミナー

BEAM boy2

春休み特別企画

ディスレクシアセミナー 第6弾 こども向けプログラムあり 

  【ディスレクシアを活かす〜個性の磨き方・輝かせ方〜】


ディスレクシアセミナー:

「ディスレクシアの(かもしれない)方が近くにいるけど、実際の向き合い方が分からない」「個性を引き出して、伸ばすためには何をしてあげたらよいのだろう?」そんな疑問についてお答えしていこうと思います。ぜひ、一緒に「ディスレクシアを活かす」ためのポイントを学びませんか?


キッズ&ティーンズワークショップ:

「役者による落語のワークショップで楽しもう!」

寄ってらっしゃい。見てらっしゃい。どうせ寄るなら、やらなきゃ、そんそん。


交流会:ディスレクシアの成人とセミナー参加者の交流会を行います。

************************************


お申込み
http://bit.ly/1rvsale


日時:
2015327日(金)10001600

講師:‘F憶瓢辧´⊂特馗皸賁隋蔽甘:カシス)DX会(藤堂高直も帰国中)

会場:港区ヒューマンぷらざ 

対象:ディスレクシアの個性の活かし方についてご関心のある方

(ご本人や、保護者の方々、ディスレクシアに関連のある支援者の方々など)


セミナー:


ディスレクシア(読み書きの困難)があっても、自らの個性を活かし、キラキラと輝いている人はいっぱいいます。スティーブン・スピルバーグ、ジム・キャリー、オーランド・ブルームなど俳優、建築家、起業家などの有名人ばかりでなく、薬品の研究者、福祉、芸術などの幅広い分野で活躍しています。エッジでは多くのディスレクシアの人たちがいきいきと、個人本来の良さを発揮できるよう、様々な活動を行ってきました。

このイベントでは、10年以上ディスレクシアに向き合い続けた知見を踏まえ、最新のディスレクシア事情と一人一人の個性を活かす方法について、事例を交えてお話しします。「ディスレクシアの(かもしれない)方が近くにいるけど、実際の向き合い方が分からない」「個性を引き出して、伸ばすためには何をしてあげたらよいのだろう?」そんな疑問についてお答えしていこうと思います。ぜひ、一緒に「ディスレクシアを活かす」ためのポイントを学びませんか?

 


キッズ&ティーンズワークショップ:

「役者により落語のワークショップで楽しもう!」

寄ってらっしゃい。見てらっしゃい!どうせ寄るなら、やらなきゃ、そんそん!

このワークショップでは多様なコミュニケーション体験を通じて、子どもたちがお互いの関係を深められる時間を作ります。 今回特別に春休みの特別企画として小学生対象の役者による落語ワークショップを行います。保護者がセミナーに参加しなくても、お子さんはワークショップに参加できます。

 
交流会:

ディスレククシアの成人とセミナー参加者の交流会を行います。 


午前(10-12 

内容 .札潺福次大人(中学生以上)

  ▲錙璽ショップ:子ども(小学生1-6

 


午後(13-16

  8鯲会(大人と子ども)

 


場所:港区ヒューマンぷらざ 

   会議室2 集会室

   〒105-0014 港区芝1丁目823

   障害保健福祉センター

   電話:03-5439-2511

   ファックス:03-5439-2514


定員
25 15 30


参加費
1000 1000 500


講師:
藤堂栄子 焼酎亭一門 DX会

〕直時代からヨーロッパ各地に計10年滞在。慶応義塾大学法学部政治学科卒業後、駐日EC委員会(現在ヨーロッパ委員会-EU)代表部に勤務。結婚・出産を経て、フリーランス通訳者に。現在は、ToDo Planning代表、NPOエッジ代表を務める。著書「ディスレクシアでも大丈夫」ぶどう社など。

関西小劇場の役者が中心となって全国各地で寄席を展開しています。(担当:カシス)

DX会 成人ディスレクシアの会です。


お申込はこちらから

http://bit.ly/1rvsale

 


 


 




npo_edge at 13:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ディスレクシアセミナー | イベント情報

2015年02月16日

第58回DX会報告‘上映会はこんなもの’

第58回DX会看板2/7(土)、港区のヒューマンぷらざ、集会室で男7人、女4人の参加で行われました。









第57回DX会の作品
村松さんが前回、第57回DX会で作った作品を持参しました。予想以上に良い出来栄えでした。
上映前スクリーン
スクリーンを用意しても、DVDとデッキの持ち主がなかなか現れませんでした。少し遅れて上映開始。
光と影

映画『テンプル・グランディン 〜自閉症とともに』 は直接、ディスレクシアとは関係ありませんが、発達障害当事者として共通点があります。主人公テンプル氏は自閉症の動物学者です。あらゆるものは視覚的に写真のように記憶できます。科学的能力に優れ、動物の立場になって、考えることができます。動物が好きなDX会の参加者たちは真剣に鑑賞していました。
参加者はリラックスしていました。
会場は座敷なので、寝転がっても、問題がありませでした。
参加者の皆さん
多少、予定の時間をオーバーしましたが、無事上映会は終わりました。今回は時間がなくお絵描きはありませんでした。次回、第59回DX会は4/4(土)に新宿御苑でお花見を兼ねて行う予定です。野外で実施するときは雨天の変更場所を考えなければならないのが、次回の課題です。

事務局 柴田 章弘






npo_edge at 14:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) DX会 

2015年02月10日

明日はディスレクシアセミナー)メルマガ181号 2015/2/10

梅の花●イベント●
◆第五回ディスレクシアセミナー  
【ディスレクシアを活かす〜個性の磨き方・輝かせ方〜】
☆このイベントでは、10年以上ディスレクシアに向き合い続けた知見を踏まえ、最新のディスレクシア事情と一人一人の個性を活かす方法について、事例を交えてお話しします。

日時:2015/2/11日(水・祝日)13:30‐15:30
会場:港区ヒューマンぷらざ
   JR山手線、京浜東北線 浜松町駅南口 徒歩7分
参加費:セミナー 1000円
     
参加対象:ディスレクシアの個性の活かし方についてご関心のある方
(ご本人や、保護者の方々、ディスレクシアに関連のある支援者の方々など)
定員: 40名 セミナー
    
講師:藤堂栄子 
詳細:http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/51882118.html
      お申込みフォーム:http://bit.ly/1rvsale
問い合わせ先:
ファックス 03−6435−2209、メール edgewebinfo@npo-edge.jp


まだ定員に若干の余裕がありますので、どうぞお越し下さい!!!



npo_edge at 16:18|PermalinkComments(1)TrackBack(0) メルマガ 

2015年02月05日

ディスレクシアを知っていますか?(新聞記事から)

聖教新聞記事150125
 NPO法人エッジは1月に藤堂会長が聖教新聞の取材を受け、ディスレクシアを詳しく解説する記事を1/25(日)に掲載しました。多くの読書から反響がありました。ディスレクシア啓発に力強い、支援になりました。記事の詳細は下記をご覧ください。

聖教新聞「<ライフスタイル>ディスレクシアを知っていますか

http://www.seikyoonline.jp/lifestyle/life/2015/1216489_4993.html



npo_edge at 15:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) マスコミ情報