2017年11月

2017年11月22日

大蛇伝説を追って行きませんか。第75回DX会

P1140205

皆さまのおかげで、13年目を迎えDX会例会も75回目になりました。継続中の「元気の出るワークショップ」を行いますので、皆さま気楽に、ご参加下さい。DX会は成人ディスレクシアの集まりです。皆さまのおかげで、13年目を迎えDX会例会も75回目になりました。継続中の「元気の出るワークショップ」を行いますので、気楽に、ご参加下さい。DX会は成人ディスレクシアの集まりです。今回は吉祥寺で行います。お菓子屋のご主人は呟いた、「井の頭と言えば面白い話あるんだよ」と。ワークショップの課題は神田川の大蛇伝説を紐解きります。ゆかりの場所を徒歩で、めぐり、各自の新しい大蛇伝説を作り出す予定です。終了後に納会を開催します。納会からの参加も歓迎します。リーダーは村松洋一さんです。多数の皆さまのご参加をお待ちしております。JR吉祥寺駅、南改札、公園口に13:00集合です。

 

開催日時

 

2017年12月2日(土) 

 

午後1:00(13:00)〜 5:00(17:00)

 

連絡先は柴田の携帯090-6500-3079

(携帯電話は当日のみ通話希望、他日は事務局へ) 

 

携帯メール  edgewebdx@me.com

 

過去の活動報告 http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html

 

参加申込はこちら

https://docs.google.com/forms/d/1uWUz0XPFYdMXamJpJOBonzIsowTDcb4QLaTZt_87YvI/viewform?edit_requested=true

 

参加費:無料

 

▲ワークショップの御題:「???(仮題)」を行います。  他にアイデアのある方は事務局にお寄せください。

 

*注意事項

 

話題の中心はあくまでもLD又はディスレクシアです。他の発達障害に関する相談には応じられないことがあります。

 

○発達障害当事者ではない研究者、支援者、ご父兄などの参加も歓迎しますが、当事者の発言を優先します。

 

○個人的に録音、写真撮影に対して不都合がありましたら、事前にお申し出ください。

 

○場の雰囲気に合わない話を長時間続ける方には退場をお願いすることがありますので、納得のうえで、ご参加下さい。

 

○準備の都合上、参加予定の方は出来る限り世話人にご連絡ください。

 

DX会世話人 事務局  柴田 章弘

tel 03-6435-0402  fax 03-6435-2209  

http://www.npo-edge.jp mailto:edgewebinfo@npo-edge.jp




npo_edge at 13:20|PermalinkComments(0) DX会 | イベント情報

2017年11月21日

もの忘れは工夫で 第14回夜間DX会報告

第14回夜間DX会
11/17(金)、男2人、女2人の参加で行われました。NHKの取材があったので、人数が集まらないと例会が成立しません。躊躇していると、新参加の女性一人と常連の男性一人が現れました。夜間DX会は人が集まらず、閉会の危機でした。これで役者は揃ったので、「ディスレクシアの物忘れの苦労について」について話し合うことになりました。,泙砂个討たのは電話で苦労することでした。スマホをどこかに置き忘れ、肝心なときに連絡をとれなくなり、苦労したことが共通してありました。「GPSでスマホの在り場所を探す」「スマホにストラップを付け、常に首に下げている」「他の端末で電話をして、着信音のする所を探す」等の失くさない対策を考えつきました。電話番号を押し間違えて、違った人の所へかかり、いつまでも目的の人に電話ができない。電話番号が覚えられなくて、連絡先アプリにそもそも間違えて打ち込まれていることに気づかない。たまに、間違って、目的の人にかかることがあります。「スマホや携帯電話を持っていれば、その場で電話してもらい、その電話番号をアプリに記憶させる」「電話は苦手なので、できるだけメールにしてくれと頼む」等対策を話し合いました。次に出てきたのは議事録がとれない、という悩みでした。会議に参加しながら、手と頭を使って、内容を正確に捉えることが苦手で、どうしたら良いか、考えました。「アプリを使って、会議を収録して後で、聞き取って、文章にする」「マインドマップで要点のみ記述して、後でだれかに加えてもらう」「そもそも議事録はとれませんと謝り、他の人に代わってもらう」等アイデアはいくらでも浮かんできます。
 職場に「もの忘れ」について、なかなかうまく伝えられないのが共通した悩みです。同僚が必ずしもディスレクシアについて理解しているわけではありません。こちらは十分伝えているつもりであっても、なかなか浸透しません。そこでトラブルに会うことが多くあります。職場の中の不文律。なんとなく全員が従っている「YES」に馴染まめないのがディスレクシア当事者の姿でした。
 今回は夜間DX会で、今後の例会の有り方を導き出された気がしました。夜間は仕事の帰りに立ち寄るのですから、気楽に疲れないような会が盛り上がります。話合う題材を決め、リーダーを決め、最後に出てきたアイデアをまとめる。あるある話と対処方を話し合う、こんな夜間DX会にしていくつもりです。原則として、夜間DX会は奇数月の第2金曜日、18:30、認定NPO法人エッジ事務所で開催します。次回は2018年、1月12日の予定です。12月2日(土)、第75回DX会もご参加をお待ちしています。ご意見がある方々は事務局へ、お寄せください。

過去の活動報告 
http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html



12/2(土)13:00〜、「神田川大蛇伝説を辿る」第75回DX会

https://docs.google.com/forms/d/1uWUz0XPFYdMXamJpJOBonzIsowTDcb4QLaTZt_87YvI/viewform?edit_requested=true

 

DX会世話人
柴田 章弘





npo_edge at 12:06|PermalinkComments(0) DX会 

2017年11月14日

11/25(土) 学習支援員講座 一単位から受講可能

LSA2017

 LSA(学習支援員)養成講座 本コース を一単位から受けられます。

いよいよ子どもとのかかわり方です。困っている子ども達に普段から携わっている皆さ

まや、身近な家族に困っている子どもがいらっしゃる皆さまには、是非、この機会に
参加して頂きたい内容が満載です。また既に同講座を受講された方も、この機会に学
び直しは如何でしょう。LSA本コースを既に受講されている皆さまは、参加費は1講座
1000
円、未受講の方は2500円となります。皆様、お誘い合わせのうえ、ぜひお運びく
ださい。

 LSA
(学習支援員)養成講座 本コース

日付:20171125日(土)
時間:9501600 (予定)
会場:川崎市生涯学習プラザ 201会議室
(JR
南武線 武蔵小杉駅西口より徒歩12分、東急東横線 武蔵小杉駅南口より徒歩10
分、元住吉駅西口より徒歩10)
アクセス:  http://www.kpal.or.jp/9_annaizu/911_zaidan_plaza_annai.html

第1部(9:5011:20ABA(応用行動分析)に基づく子どもへの関わりかた
講師:国立精神・神経医療研究センター 原口英之 氏
〜問題行動を示す子供に対して、ABA(応用行動分析)の考え方に基づく適応行動を
増やす支援の仕方を考えます。

2部 (11:3013:00)診察室で考える〜こどもの睡眠と発達(録画)
講師:子どもの睡眠と発達医療センター 中井昭夫 氏
〜睡眠と発達の観点から支援の仕方を考えます。大事だと分かっていても削ってしま
いがちな睡眠ですが、子供たちへの支援だけでなく私たちにとっても考えさせられる
事実が満載です。

3部(13:5015:50)先生 生徒との関わりかた 学校に入るということ
講師:NPO EDGE 藤堂栄子 氏
〜実際に学校へ入っていらっしゃる方も多いと思います。今一度、立ち止まって現在
の自分の行動を振り返ってみませんか?

当日は、お昼に休憩をはさみますが、川崎市生涯学習プラザには食事の出来るレスト
ラン等はございませんので、途中で購入して頂くなど各自ご持参ください。
購入場所は、武蔵小杉駅の東急や、途中にコンビニがいくつかあります。

また御質問等ございましたら、いつでもお気軽にご連絡下さい。
皆さまの当日のお越しをお待ち申し上げております。

資料の準備や教室の定員等がありますので、必ず事前に出席のご連絡をいただきますようお願いいたします。

お申込み先

http://www.npo-edge.jp/work/lsa/apply/

  NPOエッジ事務局
 
105-0014 港区芝3-6-5 KS芝公園ビル供4F
 E-mail : minatolsa@npo-edge.jp
 Tel    : 03-6435-2205
 Fax    : 03-6435-2209

 

 




npo_edge at 12:14|PermalinkComments(0) 学習支援員(LSA) | イベント情報

2017年11月10日

11月のイベント情報 メルマガ214号 2017/11/10

紅葉

●イベント●

LSA講座(学習支援員)各地で開講

http://www.npo-edge.jp/work/lsa/becomelsa/

 

札幌・帯広「合理的配慮」11/26 http://angel-ring.jp/lsa/

東京・川崎「関わり方」11/25 http://www.npo-edge.jp/work/lsa/becomelsa/

大阪「合理的配慮」11(未定)http://tetracoco.com/

広島「ライフステージによる対応 」11/26 https://www.hikk.biz/open-seminar/

宮崎「ライフステージによる対応」11/11 https://miyazaki-c-s.com/

日南「ライフステージによる対応」11/19 https://miyazaki-c-s.com/

 

◆ジョリーフォニックス講座 子ども向け(復習・活用)

日時:11/11(土)13:0015:00

場所:港区ヒューマンぷらざ 会議室2

http://www.npo-edge.jp/work/jolly-phonics/

 

◆ジョリーフォニックス講座 子ども向け(同音異綴り)

日時:12/27(火)、28(水)、29(木)9:0012:00

場所:港区立三田いきいきプラザ

http://shiba-ikiiki.com/mita/access/

 

セッション名:同音異綴りとひっかけ単語

対象:小学5,6〜中学生

定員:15

内容:同じ音でありながら違う綴り、ひっかけ単語、そして簡単な文法

条件:ジョリーフォニックスの全グループ42音を習得した子ども

http://www.npo-edge.jp/work/jolly-phonics/

 

◆第14回夜間DX会(成人ディスレクシアの会) 

【ディスレクシアを活かして生きよう】

日時:11/17(金)18:30-20:30

場所:NPO法人エッジ事務所

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html


※第75DX会は12/2(土)今回の課題は「神田川の大蛇伝説」を探索

https://docs.google.com/forms/d/1uWUz0XPFYdMXamJpJOBonzIsowTDcb4QLaTZt_87YvI/viewform?edit_requested=true

 

◆第30回ディスレクシアセミナー

【ディスレクシアを活かす〜個性の磨き方・輝かせ方〜】

「ディスレクシア(かもしれない)の方が近くにいるけど、実際の向き合い方が分からない」「個性を引き出して、伸ばすためには何をしてあげたらよいのだろう?」そんな疑問についてお応えしていこうと思います。ぜひ、一緒に「ディスレクシアを活かす」ためのポイントを学びませんか?

日時:11/18(土)13:00-16:30

場所:港区ヒューマンぷらざ 会議室2

参加費:成人1,000円 中学生以上19歳未満 500

参加対象:ディスレクシアの個性の活かし方についてご関心のある方

(ご本人や、保護者の方々、ディスレクシアに関連のある支援者の方々など)

定員:20

講師:藤堂栄子

お申込み)http://www.npo-edge.jp/support/dxseminar/

 

●お知らせ●

エッジ

◆ニュースレター45<2017/10/21>発行

★掲載記事「認定NPO法人認証の報告、新理事・監事、DXセミナー、DX会報告、Jolly PhonicsMOOCの翻訳テキスト、ディスレクシア募金のおねがい」

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/51953472.html

 

◆新刊紹介:

「英語の読み書き困難への支援実践ガイド」支援者、教員向けにディスレクシアのメカニズム、アセスメント、多感覚を使った支援方法などを6週間で学べる無料のオンラインコースのテキストが市販されました。ご活用ください。

http://www.npo-edge.jp/educate/books/

 

「ディスレクシアでも活躍できる」読み書きが困難な人の働き方ガイド

藤堂栄子編著 DX会著

読み書き計算は苦手でも、持ち前のやさしさ、発想力、人間性を活かして活躍している人々がいっぱいいます。そんな成人ディスレクシアの人々の生き方に学んでみませんか。

1600円 ぶどう社 

 

☆ディスレクシア関連の本

http://www.npo-edge.jp/educate/books/

 

◆濱口瑛士君作成のディスレクシアの啓発冊子をお分けします。

瑛士君が自分の体験を元にしたディスレクシアに関する冊子を作ってくれました。冊子は2部構成になっていて、「書けなくたって、読めなくたって」はディスレクシアの人々に希望を与える内容で、「ディスレクシアあるある」はディスレクシアを知らない方々に正しい理解をしてもらえるように描かれています。とても分かり易い一冊です。

 

★ショッピングサイトから500円以上お買い上げ又は500円以上の寄付で濱口瑛士君の冊子をお分けします。

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/51939259.html

詳しくは下記

http://shop.npo-edge.jp/

 

エッジのサービス

◆教師向けのオンラインコース開設(無料)

「ディスレクシアをはじめとする英語に読み書きの困難がある子どもの学習支援」

支援者、教員向けにディスレクシアのメカニズム、アセスメント、多感覚を使った支援方法などを6週間で学べる無料のオンラインコースを受講できます。

ロンドン大学とディスレクシア・インターナショナルが開発したものです。

講座は英語ですが、41日からは当ホームページから日本語のテキストをダウンロードできるようになりました。下記から登録してください。

http://www.npo-edge.jp/work/mooc/

 

EDGEの個別相談

NPO法人エッジでは広く、ご本人、お子さんや保護者、指導者のディスレクシアに関する相談を受けています。相談の予約受付窓口は、EDGEの事務局となります。

メール:dxheart@npo-edge.jp

ホームページの相談フォーム http://www.npo-edge.jp/contact

 

BEAM(音声化した教科書)、文科省から委託を受け無償配布しています、試聴もできます。

〇授業が分かるようになったと評判です

http://www.npo-edge.jp/work/audio-materials/

 

◆連絡先、問合せ先

認定NPO法人エッジ

105-0021 東京都港区芝3-6-5 第二佐山ビル4

電話 03-6435-0402/0702

Fax 03-6435-2209

http://www.npo-edge.jp

E-mailedgewebinfo@npo-edge.jp

発行人:藤堂 栄子

編集人:柴田 章弘

 

 

 

 

 




npo_edge at 16:22|PermalinkComments(0) メルマガ