2018年04月

2018年04月23日

自分の好きなものを見つける。第2回DX会サバイバル

ディスレクシアでも活躍できる。

皆さまのおかげで、DX会も13年目を迎えました。1月まで開催していた夜間DX会を土曜日・午後に移し、行うことになりました。夜間DX会から名称をDX会サバイバルに替えます。一昨年暮れに出版されました「ディスレクシアでも活躍できる」を基にしていきます。成人ディスレクシアの人々が実際に職場で行っている工夫や使用している道具を用いて、参加者同士の意見交換を企画します。毎回、話題提供者を指名し、発表をしてもらいながら、進めていきます。最後に皆さんの意見をまとめて、エッジブログに掲載します。原則として、奇数月(1357911)の第一、第四土曜日のどちらかの午後、開催します。場所は認定NPO法人エッジ事務所付近の会場で行います。※偶数月は従来のDX会をアウトドアで継続開催します。

 

開催日時

 

2018年5月26日(土) 15:00〜 17:00

 

内容) 「自分の好きなことを見つける」

 

話題提供者) 柴田 章弘 認定NPO法人エッジ 

 

会場)障害保健福祉センター(ヒューマンぷらざ)集会室

 

http://www.city.minato.tokyo.jp/kenko/fukushi/shogaisha/madoguchi/hokenfukushi.html

 

連絡先は柴田の携帯090-6500-3079

(携帯電話は当日のみ通話希望、他日は事務局へ) 

 

携帯メール    edgewebdx@incloud.com

 

過去の活動報告 http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html

 

ネットラジオ  http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50033715.html

 

参加費:無料

 

申込

https://docs.google.com/forms/d/1MSI19-DL60MWYUHHPY45QqlvDWFpeMOe27rrfnL-2jw/viewform?edit_requested=true

 

他にアイデアのある方は事務局にお寄せください。

 

*注意事項

 

○話題の中心はあくまでもLD又はディスレクシアです。他の発達障害に関する相談には応じられないことがあります。

 

○発達障害当事者ではない研究者、支援者、ご父兄などの参加も歓迎しますが、当事者の発言を優先します。

 

○個人的に録音、写真撮影に対して不都合がありましたら、事前にお申し出ください。ブログに掲載する場合があります。

 

○場の雰囲気に合わない話を長時間続ける方には退場をお願いすることがありますので、納得のうえで、ご参加下さい。

 

○準備の都合上、初参加予定の方は出来る限り世話人にご連絡ください。


※6/23の第78回DX会「ザリガニなどを捕るワークショップ」の申し込みもできます。

参加申込はこちら

https://docs.google.com/forms/d/1uWUz0XPFYdMXamJpJOBonzIsowTDcb4QLaTZt_87YvI/viewform?edit_requested=true

----------------------------------

認定特定非営利活動法人EDGE

DX会世話人

事務局 柴田 章弘

tel) 03-6240-0670  
fax) 03-5401-1190
e-mail) edgewebinfo@npo-edge.jp

 





npo_edge at 13:35|PermalinkComments(0) DX会 | イベント情報

2018年04月16日

2019年LSA(学習支援員)養成講座


190509LSA講座_n

2019年度

12月15日(日)義務教育後使える支援

会場)港区立三田いきいきプラザ  集会室A
http://shiba-ikiiki.com/mita/access/

1 10:00-12:00  就労支援の現場から
2 13:00-16:00  ICTを使った支援


11月16日(土)支援スキル

会場)港区立三田いきいきプラザ  集会室C、 集会室A
http://shiba-ikiiki.com/mita/access/



1 10:00-12:00   行動を理解し支援につなげる演習
2
13:00-14:20   自己肯定感を育てる演習
3 14:30-16:00 ストレスマネジメント

10月27日(日)合理的配慮

会場)港区立三田いきいきプラザ   集会室A


1 10:00-12:00   UDな授業
2 13:00-14:20  子どもの発達障害と睡眠問題〜ICT依存にもふれて〜
3 14:30-16:00 特別支援教育の今後の方向性〜学習指導要領の改訂と合理的配慮を中心に〜


2019/9/29(日)インクルーシブな支援/支援スキル
会場)港区立三田いきいきプラザ   集会室A

http://shiba-ikiiki.com/mita/access/

1 10:00-12:00 インクルーシブな支援と今後の展望
2 13:00-14:20  インクルーシブな国語の支援
3 14:30-16:00 感覚統合の大切さ、支援員ができる感覚統合遊びとその効用


7/21(日)発達障害への支援を考える

会場)港区立生涯学習センター(ばるーん)304学習室

https://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/toshokan/shogaigakushu/01.html

1 10:00-12:00  保護者からみたLSA
2 12:50-14:20  発達につまずきから読み解く支援アプローチ

3 14:30-16:00  読み、書き、計算、不器用さの疑似体験



2018年度は終了いたしました。

8回のうち
3回はe-learningになり、遠方でも受けやすくなりました。

札幌、宮崎、大阪でも開催いたします。

本コースを受けるには基礎コースを受講していることが必須です。


会場
★2019/1/12(土)修了試験、ケース検討、ロールプレイング、修了式
場所)三田いきいきプラザ 集会室C

http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/fukushi/ikiki/01.html


1 10:00-10:50  修了試験
2 11:00-12:00  ケース検討
3 13:00-15:00  ロールプレイング
4 15:00-16:00  修了式
※1-4 認定NPO法人 EDGE 藤堂 栄子

2018/12/15(土) 実践サポート2 

 場所)赤坂区民センター 第2会議室

www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/kumincenter/kumincenter/04.html

 

1.10:00-12:00
認定NPO法人  EDGE 藤堂 栄子 LSA(学習支援員)としての役割とは

2,13:00-16:00
NPO支援機器普及促進協会 高松 崇 ICTを使った支援


2018/11/17(土)実践サポート1
場所)港区立三田いきいきプラザ   集会室A

http://shiba-ikiiki.com/mita/access/


1.10:00-12:00
世田谷区 スクールソーシャルワーカー 武隈 智美 自己肯定感を育てるSST

2.12:50-14:20
こども教育堂仙大学 守 巧 就学前 〜幼稚園・保育園における対応〜

3.14:30-16:00
武庫川女子大学教育研究所 中井 昭夫 睡眠について、ICT依存も触れて

2018/10/28(日) 現場での支援

 場所)赤坂区民センター 第2会議室

www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/kumincenter/kumincenter/04.html

 

1.10:00-12:00
東京都公立小学校
 田中 尚樹 UDな授業

2.12:50-14:20
認定NPO法人EDGE  藤堂 栄子 英語支援

3.14:30-16:00
小田原市立足柄小学校 上條 大志 インクルーシブな国語の支援

4.14:30-17:30
国立成育医療研究センター 小枝 達也 医療面から見た支援

2018/9/29(土)
場所)三田いきいきプラザ 集会室C

http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/fukushi/ikiki/01.html


1‐ 9/29(日)10:00-12:00 
 厚生労働省 発達障害施策調査官 田中 尚樹
インクルーシブな支援と今後の展望

 2‐ 9/29(日)13:00-14:20
文部科学省 特別支援教育調査官 田中 裕一
特別支援教育の今後の方向性
 
 3‐ 9/29(日)14:30-16:00
東京都矢口支援学校 川上 康則
発達障害につまずきから読み解く支援アプローチ

2018/7/29(日)10:00〜12:00    合理的配慮を受けて高等教育へ進む

       12:50〜14:20   LSA(学習支援員)になって、LSAとして大切な事
       14:30〜16:0     読み書きの疑似体験


場所)横浜情報文化センター2階

http://www.idec.or.jp/shisetsu/jouhou/

180729LSA講座


★2018/6/16(土)10:00〜12:00   合理的配慮とUD
場所)港区立三田いきいきプラザ 集会室A

http://shiba-ikiiki.com/mita/access/



★2018/6/16(土)12:50〜14:20      LSAとしての心構え
       14:30〜16:00     放課後デイにおける支援

場所)港区障害保健福祉センターヒューマンぷらざ 7階 会議室2

http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/fukushi/shogaisha/02.html


注意事項)6/16、午前と午後では会場が違いますので、必ず確認してください。

 








npo_edge at 13:06|PermalinkComments(0) 学習支援員(LSA) | イベント情報

2018年04月11日

しばし童心に戻った一日  第77回DX会報告

町田市立国際版画美術館2018年4月7日(土)、第77回DX会は男6人、女3人の参加で開催されました。JR町田駅に集合して、芹ケ谷公園に向かいました。町田市立国際版画美術館を訪問しました。それほど大きな美術館ではないので、30分で見学を終えてしまいました。










このまま芹ケ谷公園に居ても、子どものように園内の野山を走り回る元気はありません。そこで、2人と3人に分け、採取ワークショップでお題の物を探し、時間内に持ってくることにしました。「石」「木の実」「生物」を園内で探して、二時間後、集合場所に集まります。
DSC_4221
幸運なことに、2018年町田さくらまつりが園内の多目的広場で開催されていました。模擬店で食べ物や飲み物を買って、食べたり、飲んだりしながら、課題に取り組むことにしました。
DSC_4209
広い園内は自然が残っていて、木も、川も、山もありました。
DSC_4211
きれいな川も目の前を流れていました。
DSC_4232
2時間後、それぞれ「石」「ザリガニ」「木の実」を採取してきました。お互いに協力しながら、ワークショップはうまく行きました。
DSC_4239
そろそろ時間が来たので、参加者は徒歩で町田駅近くに戻り、宴会をしました。
DSC_4250
沖縄料理をみんなでつつき、酒を飲みながら、自分たちが今日経験したことを話し合いました。
ディスレクシアの人々は文字以外のいろいろな情報を駆使して、楽しく生きています。今回も元気をもらえた例会でした。次回第78回DX会は6月23日(土)、ザリガニ釣り(場所未定)の予定です。5月26日(土)の第2回DX会サバイバルは下記で申し込めます。

DX会サバイバル申込

https://docs.google.com/forms/d/1MSI19-DL60MWYUHHPY45QqlvDWFpeMOe27rrfnL-2jw/viewform?edit_requested=true

 


DX会の活動報告

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html


DX会世話人

柴田 章弘

 







npo_edge at 11:52|PermalinkComments(0) DX会 

2018年04月10日

5月イベントが目白押し MM219号 2018/4/10

1805こいのぼり

認定NPO-EDGE LD/ディスレクシアのソリューションを提供

 

2018410

 

NPO EDGE メルマガ 219

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

●イベント●

LSA(学習支援員)入門講座 e-learning (随時)

 発達障害を中心とする支援を必要とする児童生徒の支援者として持っていてほしい基礎知識が8コマ4時間で身につきます。いつでもどこでも受講可能です。

  http://www.npo-edge.jp/work/lsa/becomelsa/

 

LSA講座2018 いよいよ開講

8回のうち3回はe-learningになり、遠方でも受けやすくなりました。

札幌、宮崎、大阪でも開催いたします。

本コースを受けるには基礎コースを受講していることが必須です。

http://www.npo-edge.jp/support/lsa/becomelsa/

 

公開講座1

1日通し 定員20名 3000,一コマ 2000,

 

1‐ 6/16(土)10:00-12:00 三田いきいきプラザ

阿部利彦先生(星槎大学大学院教授)

教育のユニバーサルデザインと合理的な配慮

定員 45

 

2‐ 6/16(土)午後1:00-3:00 ヒューマンぷらざ 第2会議室

河高康子 (ソラアル株式会社 取締役)

放課後児童デイでできる学習支援〜LSA資格をいかして〜

定員 20

 

3‐ 6/16(土)午後3:00-4:00 ヒューマンぷらざ 第2会議室

藤堂栄子 (認定NPO法人エッジ 会長)

LSAとして働くということ(事例を通して)

定員 20

 

公開講座2

本コース 第一日目

単発受講)17000,一コマ3000

LSA講座修了者)16000,一コマ2000

 

1‐ 7/29(日)10:00-12:00 場所 未定

河高康子、大庭亜紀、河高素子、大庭太郎

合理的な配慮を受けて高校、大学に進学する

 

2‐ 7/29(日)午後1:00-2:30

現役LSAの方たち

実際にLSAとして働いて

 

3‐ 7/29(日)午後2:40-4:10

藤堂栄子

LSAとしての心構え

 

LSAの日程もほぼ決まってまいりました。正式には5月の案内になります。

変更等あるかと思いますが、現在までに決まっている日程を、ご参考までに、ご連絡

申しあげます。ライブの講座

6/16(土),7/29(日),9/8(土),10/ 28(日),12/15(土)

 

◆第35回ディスレクシアセミナー

【ディスレクシアを活かす〜個性の磨き方・輝かせ方〜】

「ディスレクシア(かもしれない)の方が近くにいるけど、実際の向き合い方が分からない」「個性を引き出して、伸ばすためには何をしてあげたらよいのだろう?」そんな疑問についてお応えしていこうと思います。ぜひ、一緒に「ディスレクシアを活かす」ためのポイントを学びませんか?

日時:5/20(日)13:00-16:00 ※4/21(土)→5/20(日)へ変更

場所:港区ヒューマンぷらざ 会議室1

参加費:成人1,000 中学生以上19歳未満 500

参加対象:ディスレクシアの個性の活かし方についてご関心のある方

(ご本人や、保護者の方々、ディスレクシアに関連のある支援者の方々など)

定員:20

講師:藤堂栄子,大庭亜紀

お申込み:http://www.npo-edge.jp/support/dxseminar/

次回は5/20(日)です

 

◆第2DX会サバイバル(成人ディスレクシアの会)

※ディスレクシアの人々が実際に直面する困難に対して、職場で役に立つ工夫を学び合います。

5/26(土)15:0017:00

テーマ:‘自分の好きなことを見つける’

場所:港区ヒューマンぷらざ 集会室

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html

 

●お知らせ●

◆教師向けのオンラインコース開設(無料)<日本財団助成事業>

「ディスレクシアをはじめとする英語に読み書きの困難がある子どもの学習支援」

支援者、教員向けにディスレクシアのメカニズム、アセスメント、多感覚を使った支援方法などを6週間で学べる無料のオンラインコースを受講できます。

ロンドン大学とディスレクシア・インターナショナルが開発したものです。

講座は英語ですが、当ホームページから日本語のテキストをダウンロードできます。下記から登録してください。

http://www.npo-edge.jp/work/mooc/

 

◆教師向けオンラインコース(日本語の読み書きの困難への支援 公開録画のご案内

https://docs.google.com/forms/d/1rQML4nt8NqQLU16ZPCuI20q9bGh73-8_opbgOCmQjTU/edit

 

◆教師向けオンラインコース(英語の読み書きの困難への支援    ワークショップのご案内

https://docs.google.com/forms/d/10KKfVBPcHGwJ0MOdWw_SibAxdwvMVhS6-Z3KvwlYjJc/edit

 

BEAM 無償で配布 音声化した教科書<文部科学省委託事業>

春です。読みあげてもらうなど耳から理解するほうが得意な児童生徒は通常学級の中で約2割います。読み書きが困難な児童生徒用にエッジが教科書を音声化して無償提供をしています。

MP3なので電子辞書やゲーム機などにも入れることができ、簡便で使い勝手が良いうえに効果があることがわかってきています。ぜひお試しください。国語、社会の小学校と中学校の教科書の多くがそろっています。

http://www.npo-edge.jp/support/audio-materials/

 

◆新刊紹介:

「英語の読み書き困難への支援実践ガイド」支援者、教員向けにディスレクシアのメカニズム、アセスメント、多感覚を使った支援方法などを6週間で学べる無料のオンラインコースのテキストが市販されました。ご活用ください。

http://www.npo-edge.jp/work/publish/

 

「ディスレクシアでも活躍できる」読み書きが困難な人の働き方ガイド

藤堂栄子編著 DX会著

読み書き計算は苦手でも、持ち前のやさしさ、発想力、人間性を活かして活躍している人々がいっぱいいます。そんな成人ディスレクシアの人々の生き方に学んでみませんか。

1600円 ぶどう社

http://shop.npo-edge.jp/

 

◆ニュースレター46号発行(2017/122018/2までの活動報告満載)

「アジア太平洋ディスレクシア・フェスティバル2017/活動報告/ ジョリーフォニックス講座/DXセミナー/DX会報告/BEAM(音声教科書)/MOOC教員向け 無料オンラインコース/プレス報道から/LSA(学習支援員)養成講座」

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/51966230.html

 

☆ディスレクシア関連の本

http://www.npo-edge.jp/educate/books/

 

EDGEの個別相談◆

NPO法人エッジでは広く、ご本人、お子さんや保護者、指導者のディスレクシアに関する相談を受けています。相談の予約受付窓口は、EDGEの事務局となります。

メール:edgewebinfo@npo-edge.jp

ホームページの相談フォーム http://www.npo-edge.jp/contact

 

★認定NPOになりました!ご協力をお願いいたします。

◆ご協力のお願い。認定NPOになりました!皆様のお力添えで活動が広がります。

エッジの活動の公益性が認められ、914日付で小池東京都知事より認定NPO法人の認証をいただきました。これからもディスレクシア(読み書きの困難)の啓発、支援とネットワークを多くの方々と広めていきます。

◎エッジでは国内外でディスレクシアに関連して啓発を広め、いろいろな支援ツール【音声教科書BEAM、支援員育成講座、オンライン講座(英語・日本語)】そして本人たちのエンパワメントを提供しています。皆様おひとりおひとりのお力添えでこの活動は可能となっていますのでよろしくお願いいたします。

ご支援はこちらから↓

http://www.npo-edge.jp/about/support-us/

 

3000円以上のご寄付は寄付控除の対象となります。詳しくは下記をご覧ください。

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/51957916.html

 

 

 




npo_edge at 13:12|PermalinkComments(0) メルマガ | イベント情報

2018年04月02日

第35回DXセミナー ※日程変更ご注意

BEAM boy2

35回ディスレクシアセミナー 

4/20→5/20に変更ご注意

【ディスレクシアを活かす〜個性の磨き方・輝かせ方〜】

「ディスレクシア(かもしれない)の方が近くにいるけど、実際の向き合い方が分からない」「個性を引き出して、伸ばすためには何をしてあげたらよいのだろう?」そんな疑問についてお応えしていこうと思います。ぜひ、一緒に「ディスレクシアを活かす」ためのポイントを学びませんか?

日時:2018/5/20(日) セミナー 13:00-15:15 交流会 15:30-16:00 場所:港区障害保健福祉センターヒューマンぷらざ 7階 会議室1

http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/fukushi/shogaisha/02.html

 

JR山手線・京浜東北線 浜松町駅南口 徒歩10

地下鉄浅草線・大江戸線 大門駅 徒歩7

参加費:成人1,000円 中学生以上19歳未満 500

参加対象:中学生以上のディスレクシアの個性の活かし方についてご関心のある方

(ご本人や、保護者の方々、ディスレクシアに関連のある支援者の方々など)         

定員:25 

講師:藤堂栄子、大庭亜紀

お申込みフォーム

http://www.npo-edge.jp/support/dxseminar




npo_edge at 16:58|PermalinkComments(0) ディスレクシアセミナー | イベント情報

マインドマップで仕事に工夫 第1回DX会サバイバル

第1回DXS第1回DX会サバイバルは3/24(土)、男3人、女3人で港区ヒューマンぷらざ、集会室で行われました。旧夜間DX会は2年半、15回、行われましたが、後半1年は参加者が集まらず、廃止も検討していました。ところが、常連で来てくれている参加者の強い要望で、土曜日の午後に時間を移しました。捲土重来で、再出発です。不安でしたが、最初にしてはよく集まりました。






どんな人々が参加するかわかりません。DX会で長く続けてきた方法を使って、お絵描きをしました。成人ディスレクシアの人々が職場で使っている工夫を持ち寄り、お互いに意見交換をする。そんな流れを企画していました。最初は私(柴田)が職場で使っているマインドマップを参加者の皆さんに作ってもらいました。マインドマップは一枚で完結する方法で、ノートのように複数ページにまたがることはありません。記憶力が良くないディスレクシアの人にとって、忘れにくい、長所があります。毎朝、職場にくるとメモ用紙に一日分の作業を書いておきます。枝状にわかれた線の横に作業名を書き、終わるたびに消していきます。マインドマップを使うようになり、仕事の漏れが少なくなりました。簡単で、日常生活にも応用が可能です。
DSC_3986
参加者の皆さんには買い物リストをマインドマップで作ってもらいました。字で書く人、絵で描く人とそれぞれ味のあるマインドマップができ上がりました。これを元にして自己紹介をしてもらいました。
絵があると、話題が目の前にあり、話はしやすくなります。10年以上、参加している常連の方の話が素晴らしくなったので、感動してしまいました。継続は力ですね。全員にマインドマップを作ってもらったところで、時間が余ってしまいました。以前のDX会なら、後半のワークショップを考えていました。ところが、しばらくワークショップをしていないので、進行の段取りを忘れてしまいました。半分は初参加で、話題を振ろうにも、気が引けました。そこで、後半の約45分は、流れに任せて、「DX会サバイバルに参加した理由」「自分の苦手な所」「工夫して生き延びた経験」等をお互いに披露しました。17:00まで、参加者がだれも帰りませんでした。「助かった」。第1回DX会サバイバルを無事終わらせることができました。次回の第2回DX会サバイバルは5月の第4土曜日、5/26に同じ場所で開催予定です。皆様のご参加を楽しみにしています。

DX会サバイバル申込

https://docs.google.com/forms/d/1MSI19-DL60MWYUHHPY45QqlvDWFpeMOe27rrfnL-2jw/viewform?edit_requested=true

 

従来の第77回DX会は4/7(土)、町田市立国際版画美術館に行く予定です。

 詳しくは下記

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/51965241.html


DX会の活動報告

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html

 

DX会世話人 柴田 章弘





npo_edge at 15:23|PermalinkComments(0) DX会