2020年06月

2020年06月25日

読み書きではなく、第89回DX会報告

DSC_1688第89回DX会は2020年6月20日(土)、川崎市立日本民家園で開催されました。参加者は女性1人、男性2人でした。

第90回DX会の申込みは下です。↓





日本の古い民家が20ほど集まっています。
DSC_1689
DSC_1692
ここから急に世界が変わり、タイムスリップをします。
DSC_1697
道祖神を見ると、村に来た気分になります。古い民家の中に入ると心は昔の人々と同じです。
DSC_1708
コロナ自粛で、芸能活動は軽視され、中止に追いやられました。しかし、昔の人々はこんな素晴らしい歌舞伎の舞台を作っていたのでした。生きるには娯楽も必要なのです。
DSC_1717
ディスレクシアの皆さんは説明書を読むのが苦手です。基本的な知識よりも、「板張りの部屋で、高齢者や幼児は暮らしにくくないか」「馬、牛と生活できるのは楽しそうだ」「ネズミ、イノシシ、ヘビなどの攻撃を防ぐ方法」「風呂の入り方」「どんな物を食べていたのか」「時間はどうやって知ったのか」「飢饉のときはどうやって暮らしたんだろう」「外敵は来なかったのか」、子どものように疑問がわいてきました。パンフレットに概要は書いてありますが、読むよりも、実際に物を見て、素朴な疑問を持ったほうが、勉強になりました。帰り際、子どものように話が盛り上がりました。DX会の参加者は自分で、見て、触れ、考えるられる人々が増えてきました。読み書きにこだわらなくても、できることがある。次回は第90回は8月の予定です。皆様のご参加をお待ちしています。

DX会の活動報告

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html

DX会世話人

柴田 章弘

第90回DX会の申込みもできます。

参加申込はこちら

https://docs.google.com/forms/d/1uWUz0XPFYdMXamJpJOBonzIsowTDcb4QLaTZt_87YvI/viewform?edit_requested=true

 





npo_edge at 12:39|PermalinkComments(0) DX会 | スタッフ日記

2020年度LSA講座

LSA2020講座スケジュール

★LSA(学習支援員)養成講座‐2020年度本コース <7/12(日)開講> 
 LSA(学習支援員)養成講座2020 いよいよ募集開始します
今年からオンライン受講を中心とします。時間や場所の制約で受講できなかった方も受けられるようになりました。
平成17年から15年目となります。常に新しい見地を取り入れ、十分な支援を得られない児童生徒への支援ができる人材を育成しています。
7月12日が初日です。その前に基礎コースをお受けになることをお忘れなく。
日時:2020年7月12日(日)10時から16時
講師:藤堂栄子「オリエンテーションー学習支援員(特別支援教育支援員)の役割」
    阿部利彦先生「学習支援員の応援計画」
詳細はこちらから

https://www.npo-edge.jp/support/lsa/becomelsa/





npo_edge at 11:36|PermalinkComments(0) 学習支援員(LSA) | イベント情報

2020年06月16日

第55回ディスレクシアセミナー

BEAM boy2

ZOOMDXセミナー

恒例のDXセミナーを遠隔でも受けられるZOOMで行います。

遠くて参加がこれまでままならなかった方も参加できます

 

【ディスレクシアを活かす〜個性の磨き方・輝かせ方〜】

1

「ディスレクシア(かもしれない)の方が近くにいるけど、実際の向き合い方が分からない」「個性を引き出して、伸ばすためには何をしてあげたらよいのだろう?」そんな疑問についてお応えしていこうと思います。ぜひ、一緒に「ディスレクシアを活かす」ためのポイントを学びませんか?

 

2

読み書きが苦手でも、得意なことを活かし、知識を得ることは可能です。興味関心のあることを活用したり、ビジュアルなイメージを紐づけたり、想起しやすい記憶の仕方もあります。午後の部では、興味関心のある分野から知識を広げ、深めるコツの事例を通してお伝えします。

 

定員10

日時 2020/7/21(火)110:00から12:002部午後1:00から3:00

場所 ZOOM お申込み、お支払いを確認の上アドレスをお送りいたします

内容 1部 ディスレクシアってなぁに?

     2部 興味関心のある分野から知識を広げ、深めるコツ 

講師 大庭亜紀、藤堂栄子

お申込みフォーム

https://www.npo-edge.jp/event-lecture/dxseminar/

 

参加費 各部1000円 
ショップにて、お支払い下さい。

https://shop.npo-edge.jp/

お支払い確認後、リンク先、資料をお送りいたします。

 

 

 

 




npo_edge at 00:00|PermalinkComments(0) ディスレクシアセミナー | イベント情報

2020年06月10日

オンラインでディスレクシアを学ぼう245号 20200610 

三食団子

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

●イベント●

★第55回ディスレクシアセミナー

オンラインでDXセミナー

恒例のDXセミナーを遠隔でも受けられるZOOMで行います。遠くて参加がこれまでままならなかった方も参加できます

 

【ディスレクシアを活かす〜個性の磨き方・輝かせ方〜】

1

「ディスレクシア(かもしれない)の方が近くにいるけど、実際の向き合い方が分からない」「個性を引き出して、伸ばすためには何をしてあげたらよいのだろう?」そんな疑問についてお応えしていこうと思います。ぜひ、一緒に「ディスレクシアを活かす」ためのポイントを学びませんか?

 

 2

読み書きが苦手でも、得意なことを活かし、知識を得ることは可能です。興味関心のあることを活用したり、ビジュアルなイメージを紐づけたり、想起しやすい記憶の仕方もあります。午後の部では、楽しく学べる方法をご紹介いたします。

 

定員 10

日時 2020/7/21(火)110:0012:002部午後1:003:00

場所 ZOOM お申込み、お支払いを確認の上アドレスをお送りいたします

内容 1部 ディスレクシアってなぁに?

   2部 興味関心のある分野から知識を広げ、深めるコツ 

講師 大庭亜紀、藤堂栄子

お申込みフォーム

https://www.npo-edge.jp/event-lecture/dxseminar/

参加費 各部1000円 

ショップにて、お支払い下さい。

https://shop.npo-edge.jp/

 

★第89DX  成人ディスレクシアの集まり 

 読み書きにこだわない日常生活は?」

日時:6/20(土)1:30-17:00

場所:川崎市立日本民家園

参加費:無料、入園料500円は実費です。

お申込み:http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/cat_50024738.html

 

LSA(学習支援員)養成講座‐2020年度本コース <7/12(日)開講> 

 LSA(学習支援員)養成講座2020 いよいよ募集開始します

今年からオンライン受講を中心とします。時間や場所の制約で受講できなかった方も受けられるようになりました。

平成17年から15年目となります。常に新しい見地を取り入れ、十分な支援を得られない児童生徒への支援ができる人材を育成しています。

712日が初日です。その前に基礎コースをお受けになることをお忘れなく。

日時:2020712日(日)10時から16

講師:藤堂栄子「オリエンテーションー学習支援員(特別支援教育支援員)の役割」

    阿部利彦先生「学習支援員の応援計画」

詳細はこちらから

https://www.npo-edge.jp/support/lsa/becomelsa/

 

●お知らせ●   今こそE-ラーニング!

LSA(学習支援員)養成講座(発達障害支援のための民間資格)

★入門講座 e-ラーニング (随時)

発達障害を中心とする支援を必要とする児童生徒の支援者として持っていてほしい基礎知識が8コマ4時間で身につきます。いつでもどこでも受講可能です。

https://www.npo-edge.jp/support/lsa/becomelsa/

 

◆遠隔での相談開始

ディスレクシアに関しての相談がオンラインでできるようになりました。

小学生から大人まで、本人、保護者、支援者、教員、上司などからの問い合わせがあります。ディスレクシアかもしれない、家庭でどうしたらいい?学習方法、ICTを使う、学校にどう伝える?本人のエンパワメント、進路を考える、合理的な配慮について等々。

相談のうえ、必要に応じて遠隔での簡易アセスメントもお受けしています。

お申込みこはちらから https://www.npo-edge.jp/support/assessment/

 

◆指導者・支援者向け「子どもの味方の「教え方」」〜気づいてほしい読み書きの困難〜

e-ラーニングコース 随時受講可 <日本財団助成事業>

読み書きの困難への指導・支援に関する豪華教師陣による日本初のコースです。教員の方たち、教員を目指す方たち、塾や家庭教師などで指導をする方たち、支援者にお勧め

個々の児童生徒への対応を「味方」として身につけていただけます。

Fisdomホームページ 日本語版 https://www.fisdom.org/  受講料:5000

テキスト http://shop.npo-edge.jp/

 

指導者・支援者向け  「英語の読み書き困難への支援」e-ラーニング (無料)<日本財団助成事業> 日本語字幕入り

 

ロンドン大学の英語オンラインコース「英語の読み書き困難への支援」のビデオに待望の日本語字幕が入り、受講がし易くなりました!児童生徒がどうして読み書きに困難を見せるのかを学び、最新の科学的な見地をもとに読解を指導するのに最適な方法を学ぶことができます。

無料コースの場合はビデオの閲覧のみで修了となりますので、是非お試し下さい。

テキストを併用しての受講を強くお勧めします。

日本語訳したテキストがあります。コースについての研究会などを開催しています。登録の上、ご利用ください。

https://www.npo-edge.jp/support/mooc/ テキスト http://shop.npo-edge.jp/

 

BEAM 無償で配布 音声化した教科書<文部科学省委託事業> 令和2年度版利用の申請受付中 

読み書きが困難な児童生徒のために教科書(国語・社会科・道徳)を音声化して 無償提供しています。読みあげてもらうなど耳から理解するほうが得意な児童生徒は通常学級の中で約2割います。MP3なので電子辞書やゲーム機などにも入れることができ、簡便で使い勝手が良いうえに効果があることがわかってきています。ぜひお試しください。国語、社会の小学校と中学校の教科書の多くがそろっています。

http://www.npo-edge.jp/support/audio-materials/

 

- SDカードでの提供を始めした。教科書に対応した音声教材BEAMがペンで聞けます。

 音声教科書BEAM(令和2年度) 、課題図書「僕とベルさん」ドットコードを印刷したシールをタッチすると音声を再生します。

 エッジHP内、BEAM登録申請ページよりBEAMの登録を行い、登録完了後こちらよりご購入ください。  9800

https://www.npo-edge.jp/support/audio-materials/

 

◆「英単語ってこんなに簡単だったんだ! 2020年4月スタート版 英単語カレンダー(入門・初・中級合冊版)

【対象:保護者、教員、教育関係者】もちろん英語の学びなおしをしたい大人にも

本カレンダーの特長は、「気づき」をうながし「学び取る力」を伸ばす「単語配列」にあります。366単語×3コースの語を身につけたら、ほとんどどんな単語もすらすら覚えられるようになります!

中高校生はもちろん、もう一度勉強し直したいというあなたにもぴったり!

https://shop.npo-edge.jp/items/15219179

 

●イベント●

 

LSA(学習支援員)養成講座(発達障害支援のための民間資格)

★入門講座 e-learning (随時)

発達障害を中心とする支援を必要とする児童生徒の支援者として持っていてほしい基礎知識が8コマ4時間で身につきます。いつでもどこでも受講可能です。

https://www.npo-edge.jp/support/lsa/becomelsa/

 

APDF2020は延期になりました●

今般のCOVID-19の国際的な感染拡大を受け、下記のように延期を決定いたしました。ほぼ一年後にずらして実施する形になります。

日程:2021/5/8(土)5/9日(日)

場所:岡山コンベンションセンター

名称:APDF2020(アジア太平洋ディスレクシアフォーラム2020

プログラムの内容の大きな変更はありません

https://www.npo-edge.jp/event-lecture/apdf/

◆書籍紹介:

〇「子どもの味方の『教え方』」読み書きの困難への支援 テキスト 2000円 (税込)絶賛発売中

〇「特別支援教育実践テキスト」学習支援員のためのガイドブック2916円(税込)

特別支援教育、合理的な配慮、発達障害、実践的な支援、本人たちの声が網羅されているLSA養成講座で使用されているテキストの第3版。

発達障害の基礎知識、医療面からのアプローチ、就学前、ICTなど内容も刷新しています。

〇「英語の読み書き困難への支援実践ガイド」支援者、教員向けにディスレクシアのメカニズム、アセスメント、多感覚を使った支援方法などを6週間で学べる無料のオンラインコースのテキストが市販されました。3996円(税込)

http://shop.npo-edge.jp/

 

EDGEの個別相談◆遠隔での相談も開始しました。

NPO法人エッジでは広く、ご本人、お子さんや保護者、指導者のディスレクシアに関する相談を受けています。相談の予約受付窓口は、EDGEの事務局となります。特に最近ではアセスメントから合理的な配慮を受けることについてのご相談が多いです。

メール:edgewebinfo@npo-edge.jp

ホームページの相談フォームhttps://www.npo-edge.jp/support/assessment/

 

◆「知ってほしい、わかってほしい」賛助会員を募集します

ちょっと一言「ディスレクシアって知っていた?」と周りの方に聞いてみてください。

◎年3000円で、エッジの活動を皆さんで応援してください。年間三回ニュースレターがお手元へ。↓

https://www.npo-edge.jp/about/npo/join/

 

◆連絡先、問合せ先

認定NPO法人エッジ

105-0021 東京都港区芝3-6-5 KS芝公園ビル 4

電話 03-6435-0402/0702

Fax 03-6435-2209

http://www.npo-edge.jp

E-mailedgewebinfo@npo-edge.jp

FB:https://www.facebook.com/特定非営利活動法人エッジ-NPO-EDGE-Japan-Dyslexia-Society-190787404353305/

 

発行人:藤堂栄子

編集人:柴田章弘

 

 

 





npo_edge at 15:12|PermalinkComments(0) メルマガ | イベント情報