第65回DX会‘蔵の町川越をブラリと訪ねましょう’第16回ディスレクシアセミナー開催

2016年03月29日

ジョリーフォニックス講座に燃えた一日

ジョリーフォックス・子どもWS2016/3/28(月)、ジョリーフォニックス講座(k&Tクラブワークショップ・支援者向け講座)が行われました。午前中は小学校5年〜中学校3年までの生徒たちのための講座でした。春休みなので、朝早く、9:00に集まりました。掲示のメッセージボードはディスレクシアの人が書いたので、文字が抜けています。
どこでしょうか?











大きなテキストブックを使って-1
山下先生は終始、笑顔で生徒たちへ接しました。大きなテキストは楽しそうな絵が満載です。
教材1
使われた教材もユニークでした。
教材2
音が聞こえてきそうな教材です。
大人向け:ジョリーフォックスの意味
午後、一転、大人な講座でした。会場が狭いので、講師と受講者の距離が近く、熱意が伝わりました。
大人用:講座実況160328
子どもに戻ったように山下先生の話に引き込まれて行きました。全員で英語を発音するときの迫力は子どもたちには負けていませんでした。あっという間の3時間、まだ物足りない気分になりました。続編を望む声も多くありました。少し寒い中、一足先に春が来たように、温かくなったジョリーフォ二ックス講座でした。
事務局


npo_edge at 16:21│Comments(0)TrackBack(0) ワークショップ | キッズ&ティーンズクラブ

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
第65回DX会‘蔵の町川越をブラリと訪ねましょう’第16回ディスレクシアセミナー開催