2017年01月20日

2.26 出版記念シンポジウム

P1160501

ディスレクシアでも活躍できる〜読み書きが困難な人の働き方

 

「社会では、読み書き計算が苦手でも、持ち前のやさしさ、発想力、運動能力など、他の力を活かして活躍している人たちがいっぱいいます。

同名の本を執筆した人たちからいろいろなヒントを共有し、ディスレクシアでも自分らしく生きる方法、働き方について話します。」

 

226日(日)13301600

場所:港区ヒューマンぷらざ 

定員:200

入場料:無料(資料代1000円)

申込:こちらから事前申し込み

https://docs.google.com/forms/d/1TtqxGh2DvRqbbx-U8jgv8p9LSNvcFQK4lLJNrH5xdgg/edit

 

受付開始 1300

1部  13301400

発達障害の就労の現状 厚労省資料 15

就労支援の現場から見た現状 ペガサス 木村志義さん 15

 

2部 司会 西崎伸彦(エッジ理事)14001500

「僕たちの働き方」

村松洋一(福祉施設勤務8年)

柴田章弘(NPO法人勤務12年)

藤堂高直(建築設計事務所勤務8年)

藤堂栄子(起業-NPO16年)、国際イベント企画会社(23年))各10

 

休憩 10

 

3部 司会 西崎伸彦 15101600

シンポジウム

「より良い働き方のために」

発達障害の中でも読み書きが困難なディスレクシアはほとんどが手帳を持たずに一般就労をします。自分の良さを生かして「合理的な配慮」をされることで本領を発揮できます。そのような働き方のためにどのようにしたらいいか、を参加者で話します。

 

「ディスレクシアでも活躍できる」〜読み書きが困難な人の働き方ガイド

藤堂栄子編著、DX会著 ぶどう社 1600円+消費税 当日購入可





npo_edge at 10:57│Comments(0)TrackBack(0) イベント情報 | DX会

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字