2018年02月09日

2月のイベント情報 メルマガ217号 2018/2/9

a0960_007990_m

認定NPO-EDGE LD/ディスレクシアのソリューションを提供

 

201829

 

NPO EDGE メルマガ 217

 

●メスタ・シバタの独り言●

受験真っ盛りです。寒さに負けずに実力を発揮してほしいです。ディスレクシアへの合理的な配慮がおおもとになって、現在の別室受験、読みあげ、PC受験などの試験の際の配慮は始まったはずなのですが、統計を見るとディスレクシアやLDということで配慮申請をする件数はまだまだ限られています。せっかくある制度を活用できるよう、中学校や高等学校は通常の授業から配慮をしたうえで評価してその結果を上の学校に伝えてほしいな。メスタ

 

大雪固土地。繁栄育自信。シバタ

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

●イベント●

◆ LSA(学習支援員)入門講座 e-learning (随時)

  発達障害を中心とする支援を必要とする児童生徒の支援者として持っていてほしい基礎知識が8コマ4時間で身につきます。いつでもどこでも受講可能です。

     http://www.npo-edge.jp/work/lsa/becomelsa/

札幌・帯広「ICTを使った支援」2/18 http://angel-ring.jp/lsa/

大阪「ICTを使った支援」2/18  http://tetracoco.com/

広島「特性に応じた支援 2/25 https://www.hikk.biz/open-seminar/

宮崎「ICTを使った支援」2/24 https://miyazaki-c-s.com/

日南「ICTを使った支援/特性に応じた支援」2/25 https://miyazaki-c-s.com/

 

◆シンポジウム:実践的な日本語の読み書きへの支援(案)

MOOCで教員向けに無償でe-ラーニングコースを開設する予定です。ディスレクシアとは何なのか、気づき、効果的な支援方法などをコース開講に先駆けて講師陣からエッセンスについて披露します。フロアとの質疑応答も用意します。教員免許の必須科目の中に障害理解が入りますが、理解をするだけでなく効果的な支援を知ったうえで対応することで活き活きと活躍できるディスレクシアの児童生徒が増えるよう、指導や支援に困っている教師や支援者の力となれるようコースを構築しました。

 

日時:2/12(月・祝)13:0016:00

場所:上智大学

参加費:3000円、EDGE会員・LSADXパートナーズ2000

申込: http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/51960746.html#comments

 

○ディスレクシアとは        藤堂栄子先生(星槎大学特任教授)

 読み書き障害全般、日本語の特徴、日本の現状

○文字の読みの困難さに焦点をあてて 安藤壽子先生(アンファンプラザ理事長)

 日本語のアセスメントも含め、気づきと見立て、多感覚を使った支援

○一斉授業の中でできる合理的な配慮 上條大志先生(小田原市立小学校SENCO)   

 読み書きの困難と国語指導・支援について、多感覚を使った支

ICT活用       高松崇先生(NPO法人支援機器普及促進協会)

 合理的な配慮とATについて、アナログ、ICTを使用した支援

○英語学習の困難さ         小林マヤ先生(上智大学)

 日本人が英語を学ぶ時のディスレクシアの困難さについて

○現場から                        安部雅昭先生(星槎名古屋中学校校長)      

指導の様子等、実際の多様なアプローチについて

※日本財団助成事業

 

◆第33回ディスレクシアセミナー

【ディスレクシアを活かす〜個性の磨き方・輝かせ方〜】

「ディスレクシア(かもしれない)の方が近くにいるけど、実際の向き合い方が分からない」「個性を引き出して、伸ばすためには何をしてあげたらよいのだろう?」そんな疑問についてお応えしていこうと思います。ぜひ、一緒に「ディスレクシアを活かす」ためのポイントを学びませんか?

日時:2/18(日)13:00-16:00

場所:港区ヒューマンぷらざ 会議室2

参加費:成人1,000 中学生以上19歳未満 500

参加対象:ディスレクシアの個性の活かし方についてご関心のある方

(ご本人や、保護者の方々、ディスレクシアに関連のある支援者の方々など)

定員:20

講師:藤堂栄子

お申込み:http://www.npo-edge.jp/support/dxseminar/

 

 

次回は3/28(水)です

 

◆第1DX会サバイバル(成人ディスレクシアの会)

※ディスレクシアの人々が実際に直面する困難に対して、職場で役に立つ工夫を学び合います。

3/24(土)15:0017:00

テーマ:‘仕事に活かすマインドマップの工夫’

場所:港区ヒューマンぷらざ 集会室

http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/51962774.html

 

◆上映会+ワークショップ【〜マルティプル・インテリジェンス〜アジア各国の多彩なディスレクシアな若者達】

色々な分野で活躍しているディスレクシアの先輩から生きるヒントや、才能の活かし方について学ぼう!

自分は何が好きなんだろう?何ができるかな?

読み書きだけの指標だけでは測れない素晴らしい能力を見つけて輝かせよう!

上映会のファシリテーターはあの「OTON GLASS」のCEOの島影佳祐さんをお招きしています。

*マルティプル・インテリジェンス=人は皆8つの異なる知能を持っているという考え方

 

日時:3/30(金)13301630

場所:港区ヒューマンぷらざ 竹芝ホール

対象:小学校高学年から中・高(大人も参加可能)MI、教育やLDに興味のある方ならどなたでも

定員:40

参加費:大人 2500円 高校生以下 1500

お申込み:http://blog.livedoor.jp/npo_edge/archives/51962777.html

 

●お知らせ●

◆教師向けのオンラインコース開設(無料)

「ディスレクシアをはじめとする英語に読み書きの困難がある子どもの学習支援」

支援者、教員向けにディスレクシアのメカニズム、アセスメント、多感覚を使った支援方法などを6週間で学べる無料のオンラインコースを受講できます。

ロンドン大学とディスレクシア・インターナショナルが開発したものです。

講座は英語ですが、当ホームページから日本語のテキストをダウンロードできます。下記から登録してください。

http://www.npo-edge.jp/work/mooc/

 

◆新刊紹介:

「英語の読み書き困難への支援実践ガイド」支援者、教員向けにディスレクシアのメカニズム、アセスメント、多感覚を使った支援方法などを6週間で学べる無料のオンラインコースのテキストが市販されました。ご活用ください。

http://www.npo-edge.jp/work/publish/

 

「ディスレクシアでも活躍できる」読み書きが困難な人の働き方ガイド

藤堂栄子編著 DX会著

読み書き計算は苦手でも、持ち前のやさしさ、発想力、人間性を活かして活躍している人々がいっぱいいます。そんな成人ディスレクシアの人々の生き方に学んでみませんか。

1600円 ぶどう社

http://shop.npo-edge.jp/

 

☆ディスレクシア関連の本

http://www.npo-edge.jp/educate/books/

 

EDGEの個別相談◆

NPO法人エッジでは広く、ご本人、お子さんや保護者、指導者のディスレクシアに関する相談を受けています。相談の予約受付窓口は、EDGEの事務局となります。

メール:edgewebinfo@npo-edge.jp

ホームページの相談フォーム http://www.npo-edge.jp/contact

 

BEAM(音声化した教科書)、文科省から委託を受け無償配布しています、試聴もできます。

〇授業が分かるようになったと評判です

http://www.npo-edge.jp/work/audio-materials/

 




npo_edge at 12:33│Comments(0) メルマガ 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字