こんにちは、広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらい子ども、保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる長尾です。  


先週土曜10月26日に「ファンタジーマネジメントから学ぶ会」を行いました。
このファンタジーマネジメントと言う言葉はご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、小栗正幸先生のご著書の名前です。

マネジメント
そのご著書を元に当法人の理事竹岡訓子先生がご自身の体験などを加えて、解りやすく教えてくださるのが、このファンタジーマネジメントから学ぶ会です。


竹岡訓子先生のご紹介はこちら 
竹岡先生プロフィール

今回のファンタジーマネジメントから学ぶ会は、「不登校」についてでした。 
内容を詳しくお知りになりたい方は、是非ご参加されてくださいね!!

その内容を1枚画像に映しましたので、それを掲載させて頂きます。

10月ファンタジーm

以下は参加して下さった方のご感想です(掲載許可あるもの) 

・登校刺激は避けるという考えは今もあると思います。やっぱり見守るだけではダメですね。 
実際に何もしないと子どもは動きません。
本人の好きなことから対話を広げていくちいうことは本当に大切だと思いました。

・ただただ実践するのは難しいなぁと思いました。

・今日は全てのことがとても勉強になりました。
これからも意識しながら家族と向き合っていこうと思います。

・ただただ実践するのは難しいなぁと思いました。

・秋のソナタ使っていきたいです。
わたしの中にもわたしが悪い、わたしがいなければと思ってしまいます。
なんだか時分をみているようです。

・不登校は昆虫採集。
エサを選ぶには相手の冷静な観察と理解が必要。



ご感想ありがとうございました。 
来月は11月16日土曜日10時から 
会場はいつもと少し違っています。 
生涯学習センター(呉つばき会館)にてお待ちしております。