図1

                                                                 砂漠飛びバッタ移動経路

 

 過日都内に住む孫娘に電話をかけたのである。"じいちゃんのブログはオカルトみたいで過激だろうと聞いた!  彼女曰く全然!今こっちは世紀末よ! 何もかもおかしくなったよ!・・・  ウンその通りあっと言う間に世界は別なものに変わってしまったもんな~"なるほどこれほど軟禁状態が続くのではストレス爆発が心配である
 今回からの内容はこの以前とは別の環境に対してどのように対応すれば良いのか心構えや実質行動について漸次記述を進めたい参考になれば幸いであるがその前に何が一変したのか纏めてみよう

地域差はあるが都市部の人は皆危険な保菌者であるかのように思い込まされてしまった。     
行動への強い束縛感。

感染が身に及ぶ不安感。
ある人は収入の激減又はカットなど生活上の不安困窮
 このように否応なしにの分断による閉塞感大都市住人の不安と苛立ちは異常であり人によっては情緒不安から危険状態かも知れないスウェーデンではロックダウンを行わなかったのは国民を圧迫しなかった点で良策だったかも知れない
 

 今や主要都市においては住民の不安は尋常ではない既に経済上の混乱も始まっているしかしこれまでも当ブログで述べてきた全面的な艱難の期とはこれからであり今はその入り口の状態であると見なければならないであるならば次に起きること身に降りかかるであろう禍を克明に予測する必要に迫られている可能性の高い順に挙げてたい

昨年来地球上至る所が見舞われている異常寒波干ばつ更に信じ難い規模で増え続ける害虫砂   漠 飛びバッタ発生により穀蔵は壊滅状態であり界規模の食糧危機はより明らかとなった
先進諸国におけるブロックダウンにより人心の荒廃と経済の後退は凄まじいものでありこの反動   は恐るべき事態が予測される
財政破綻に陥る国は多いであろうが金融危機は何時来るかではなくその規模こそ恐ろしいのであ
 り、
 金融機関の破綻や資産封鎖の可能性ですらゼロではない
諸混乱に乗じ或いは異常な精神状態になっている国家間の紛争戦争発の可能 性 
今秋南西方面からではなく国土中央に向かって東南方向から侵入して来る大型台風が上陸した場合    の水害ブログ東京が危ない参照は集団感染の危険を増す。 

  

 何時の世にもこのような難関を海外資産に回すなど、政治力により巧妙にすり抜ける者が存在したところがである今般の危機は世界全体であり何人も免れ得ない艱難の期を越えなければならない今現在資産家の皆さんは如何に財産を守るか躍起になっている筈だ
 

 ここから先は少複雑な事情を記す必要があるがお付き合い願いたい。 
 そもそもこの争乱の始まりは伝染病拡散である人為的に起こされたパンデミックと捉える私にとってお見事と言いたいほど一挙全世界征破であった突発的なこの経緯を断片的でなくある異なった観点から見れば非常に不自然であるその理由は既に述べているが蔓延しているウイルスは自然界には存在しない複雑な構造を持つ菌であり分析は各国で行っている詳細な内容についてはネット情報のみで一般には公表されないのは何故だろう
  

 ここで飽くまでも私の主観を述べたい実は今地球上で一番危惧すべき現象はウィルス騒動と害虫発生もさることながら極めて重大且つ危機的な事態が到来しているのをお気づきの方は少なくないと思える地球は大変動期天体特に太陽と地磁気の変容にさしかかっているのである即ち地球そのものの危機であり地球の極が移動し始めた計測確認も為されており地軸の反転すら危惧されているその断末魔状況は恐ろしく記すのも避けたいのであるがバッタの異常発生そして知る人ぞ知る地球上至る所で起きている超異常現象は近代文明を抹殺させるほど巨大災禍が現出する前兆ではないか

 これ迄も記した通り地球上には各国家力を越える裏の勢力イルミナティ―)が存在してい今地球の律動が危機に瀕していることを克明に知っているのはこの連中でありそれは米航空宇宙局(NASA)が手中にあるから当然であるしかし事実はことごとく隠蔽しているので明らかにしようとするメディアの情報に目を光らせているその証拠に私のコメントなど弱小であるが真実の裏情報を流すサイトは既に削除され始まっているらしい勿論奴等はgoogleを始め主要メディアを牛耳っており真実の裏情報は有害サイトということになる更に例の地下結社NASAなどの観測により天体深奥の情報を得ているので先の地球変動特に極移動の兆しや大隕石落下或いは地殻変動大地震や火山活動の可能性を察知しているのではないか依ってこのタイミングにおいて遂に先の意図的世界征破に踏み切った如何であろう深読みが過ぎるであろうか
 

 さてこの世を左右するイルミナティーについてこれまで各論者により様な策謀や勢力の巨大さは克明に発表されているが真の正体については未だ論説が届かない何よりもあまりにも怪奇な枢軸部人種の出自に関しては必然的な論理に乏しいこの近代文明、悪の帝王である結社中央部の謎を解く鍵は超絶の存在であるため一般に認められている科学や論理学で解くことは不可能であり各論者の努力も空しく相変わらず陰謀論として一蹴されてしまうのは当然であろうではどのような学理が必要か哲学も及ばないましてや形而下の論即ち唯物論の頂点にある科学はイルミナティの隠れ蓑であるから藪蛇の論であるここでは人類の起源から遠い未来の人魂まで見通す学理それは宗教学神智学霊学などを究明に充てる以外にない例えば霊魂学を迷信と位置付け科学を最高位の信ずべきものとするならば今や物質の存在がであることを素粒子工学が立証しつつあるであるから科学にのみ期待を寄せる信奉者は迷妄の徒ということになる

 私が仏徒であるからではなく明治以降西欧から入り込んだ科学至上主義は明らかな誤りであり一つの迷信であることをここに宣言する

 

 

 さて一般には認められてはいないが超長スパンの人類が辿れる歴史以前の上古からエジプトバビロニアギリシャ文明紀元後のキリスト文化を経て、18~19世紀の産業革命以後いよいよ合理主義唯物論が台頭し遂に近代文明は科学力崇拝の時代となってしまったこれを称して一般には知られていない言葉かも知れないが現代は全くアーリマン唯物的心魂の時代と言える因みにイルミナティ枢軸部はアーリマン霊魂が色濃く憑依していることは間違いない

 

 記述が抽象的になってしまうが陰謀論という被覆を取り除くには東西の超自然科学例えば釈迦牟尼仏陀は勿論、奇跡の神道「大本教」や R・シュタイナーなどの知恵を借りなければ及ぶものでない

  次回はアーリマンルシファーアスラの名称を基にコロナ災禍の行く末と次回も文明リセットの時代考察の副題で記述したい