緊急発信都庁へ進言
 
 私は茨城県南部に住む一老爺です現在まで日本民族考として時事情報などのブログ投稿を行っていますがただならぬ乱気象が頻発する折からこの2月には[東京危険]の記事を載せました

 転ばぬ先の杖---とか申しますが人生に限らず世の事情は変転極まりなく時折転ぶ不祥事、災禍事態が起きるものですましてや昨今の気象や異常な事象発生は一般の通年と''まさか''の思いは通用しなくなりましたここに各省庁様には杖ならぬ早急、そして厳重な対策を求めます
 本年九月半ば台風7、8、9号は九州を通り韓国を襲いました幸い現在は洋上に発達しそうな低気圧の固まりは未発生ですしかしこの後は先に記した通りこれまでの認識外の事象が起こるかも知れません太平洋高気圧が北に移動すればどうなるのでしょうこの異常な海水温上昇を考慮すれば危険な状況にあると思考します
 ここで気象庁及び政府及び都庁様へ提言申し上げます昨年襲われた台風群により関東以北は未曾有甚大な被害を被りました特に多数の河川氾濫を起こした1号などに関してテレビ報道部曰く仮に首都に大降雨帯が掛かった場合高潮や河川氾濫の際に住民の避難は不可能であると述べました当然他の地域への移動は困難でしょうしかしその必要はありません!  大都市には巨大ビルが無数に有ります公の立場としてこれらの解放依頼を行えば良いのです当面大方の命だけは救えてしまうのですが未だこの事案が未提出なのは奇異に思います兎角東京は日本の心臓部です万が一の緊急事態を明確に想定しせめて上記の対策のための臨時討議が必要です
 愚昧な老人の独り言でも仕方ありませんがどうか勇断を振って実行されますようお願い申し上げます老婆心にもかかわらず申し上げます