山田町災害復興支援隊

山田町災害復興支援隊は、厚生労働省が実施した緊急雇用創出事業により、山田町から特定非営利法人大雪りばぁねっとへ事業が委託され、東日本大震災により被災された方々を雇用し新たに「山田町災害復興支援隊」を編成。行方不明者捜索や復旧・復興支援活動を行っています。(2012年6月現在140名を雇用)

管理中隊

AED定期講習

昨年11月に行ったAED講習ですが、冬期間に入り急病発生の確率が高くなることや、無料仮設共同浴場「御蔵の湯」オープンにあたり、より徹底的にAEDの知識と技術を身につけなければいけません。
応急処置に対する意識を持ち続けるためにも、山田町災害復興支援隊で2週間ごとの定期講習を行うことにしました。  昨年のAED講習の記事→http://blog.livedoor.jp/npodrn/archives/828507.html 

定期講習は中隊長の監修のもと、初回ということもありまずは前回の知識を呼び起こすことから始めました。覚えたつもりでも、やはり意識していないと手順があやふやになりますね・・

IMG_0152 (500x375)

前回の講習でいただいたテキストで確認しながら、急病者発見時の処置の仕方、AEDの使い方をもう一度学習し直します。

IMG_0150 (500x375)



IMG_0146 (500x375)
 
 IMG_0151 (500x375)

もちつき最終日

1月の最後の週末。毎年のことながら一月は過ぎるのがほんとに早く感じますね。
 さて、1月中に仮設住宅の全地域をまわる予定で行ってきたもちつきは今日が最終日。
場所は織笠の町民グランド・大沢小学校付近にある仮設住宅です。


こちらは織笠の町民グランド。 174戸世帯498人が入る大きい仮設。天気も良く晴れ渡った今日は、大賑わいになりそうな予感。 
IMG_0106 (500x375)


午前10時前には人が集まりだし、さっそく餅つきを開始。子供たちも、今にも餅つきをしたそうに近づいてきました。
IMG_0123 (500x375)


こちらの男の子は、餅つきを見るのが初めてだとか。もちろん餅つきをするのも今日が初体験!息を切らしながら、掛け声に合わせて楽しそうについていました。
IMG_0125 (500x375)



外で餅つきをする傍ら、あたたかい談話室内では甘酒とお雑煮も用意しあっという間に満員。
IMG_0138 (500x375)


鍋にたくさん用意してきた甘酒も、足りなくなりそうなほど人気です。
 IMG_0139 (500x375)

外にはたくさんの人だかりが。お餅をついてもついても間に合わないほど。
 IMG_0141 (500x375)


被災者支援小隊主催の次週のイベントは2月4日、あたたかい郷土料理のひっつみと甘酒を提供します!

今日の海坊主

海底に車が沈んでいるため調査してほしいとの依頼が入ると、特務中隊は海に潜りご遺体があるかどうかの確認とガレキの調査を行っています。 

IMG_0042 (500x375)


この黒いブイの下に、車が一台沈んでいます。 これを目がけて岸壁から歩いて潜ります。  

IMG_0044 (500x375)


海中はとても濁っているため、特殊な水中電灯が必需品です(HIDポータブルサーチ)。一緒に防水カメラで瓦礫の状態を記録します。
IMG_0048 (500x375)


IMG_0055 (500x375)

この黒い武装姿は、道路を通る人や、かき小屋のお客さんなど人々が「なんだなんだ!?」と、いつも注目の的になっています。ご遺体が発見されたのではないか、と思う人もいるのかもしれません。

IMG_0058 (500x375)

しかしダイバーのサインはバツ。遺体発見には至りませんでした。


もう一か所、近くに車が沈んでいるため、位置を確認し引き続きこちらも調査に行きました。
IMG_0076 (500x375)


歩いて移動。酸素ボンベとウェイトを身につけながら陸上を歩くのは大変・・
IMG_0077 (500x375)


エントリー地点に到着
IMG_0078 (500x375)

IMG_0081 (500x375)


ダイバーの冬の装備は頭まですっぽり黒いマスクを被るので、まさに海坊主(海猿といいたいところですが・・)おかげで水の冷たさも感じず海中のほうが暖かいんです。陸で待つ私はもう、限界に・・
IMG_0062 (500x375)


IMG_0083 (500x375)
こちらも異常なし。陸で待つ隊員がダイバーが陸に上がるのを手伝います。

特務中隊は冬期間毎日のように、海中の瓦礫撤去に協力しています。続きを読む

防犯パトロール小隊一日

震災から10ヶ月が過ぎ山田町沿岸部にも信号が設置され少しずつ灯りが戻ってきてはいますが、地震でできた突然の溝やデコボコした道路などは明るい時間でも車では走りにくく大変危険を感じます。また犯罪も油断できません。毎日みなさんが安心・安全に過ごせるよう、防犯パトロール小隊は、朝から晩まで山田町内を見回っています。

朝8:00の朝礼の様子。パトロール車とゼトロスを携え安全確認。

パトロール小隊朝礼 (500x375)


8:30~16:00は仮設住宅の巡回パトロール、続いて 16:00~19:00は小中学校の通学路パトロール 

DSCN0843 (500x375)


また要請時にはゼトロスを使い山田湾の海底に沈んだ瓦礫の引き揚げ作業もします。ゼトロスの運転は 大型免許を持つ防犯パトロール隊員なら安心。

DSCN0845 (500x375)



冬はすでに暗くなる16:30から24:00まで夜間巡回パトロール。パトロール車の頭につけている青色回転灯を点灯しながら暗闇の住宅街を巡回しています。深夜までお疲れ様です・・

夜間パト(7) (500x375)



また一方では、9:30~16:30まで御蔵の湯駐車場誘導。今は真冬の寒い中、凍えながらも笑顔で誘導をしています。
IMG_0394 (500x375)

IMG_1197 (500x375)


また県内一斉の行方不明者合同捜索時には、消防・警察に協力し特務中隊と一緒に捜索に加わります。

DSCN0774 (500x375)

DSCN0798 (500x375)


防犯パトロール小隊は山田町の安全と復旧のため、今日も任務に就いています!

大明神参拝

山田町災害復興支援隊の今年の活動の無事と山田町の復興進展を祈願しに、山田町明神崎の先端に建つ大明神様にお参りに行きました。

災害特務中隊船舶として、海上パトロールや捜索活動、がれき撤去にといつも船を出してくれている船長さん。完全防備で準備万端です。

IMG_0954 (600x450)


IMG_0942 (600x450)


特務中隊が隊員を代表して海に潜り、 海上捜索中の無事を祈願します。


IMG_0946 (600x450)


船は2台。残念ながら船にのることができない人も。みんなの分もお願いしてくるよ~

IMG_0969 (600x443)



隊員と一緒に今年も一緒に活動する山田町役場の総務課長、副町長にも船に乗ってもらいました。


IMG_0986 (600x450)


私たちは船から見守りながら、鳥居にたどり着いた特務中隊の動きに合わせ参拝し、最後に敬礼!

大明神中隊敬礼


行方不明の皆さんが一人でも多く見つかりますように、災害や事故などありませんように、今年も活動をお守りください!
livedoor プロフィール
山田町災害復興支援隊

〒028-1371
岩手県下閉伊郡山田町
船越9-10-1
B&G海洋センター

TEL;0193-89-7515
mail;npodrn1@gmail.com





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ