第10回中部大会は、平成28326日愛知県名古屋市「ウィルあいち」にて開催され、

詩、短歌、俳句の部門毎に各賞が発表・贈呈されました。

 

短歌部門

 

大賞 生きるとは祈ることです皇后の言に深くふかく首肯す           安達信子

 

愛知県教育委員会賞 かはらけに追儺の豆を炒る箸はかたち歪な父の手造り     今井順子

 

名古屋市教育委員会賞 春の夜の闇の中にも匂い立つ古武士のごとき白梅ひらく  杉浦千恵子

 

中日新聞社賞 年老いて現実(うつつ)と夢が混ざり合う汽水域にて浅く呼吸す       山口竜也

 

CBC賞 ひとり乗る夜のみなとの観覧車(そら)船室(キャビン)に身をゆだねつつ        水谷広海

 

中部日本歌人会賞

   あの時代を嵐のごとく生きぬいた地上の星はおだやかに老ゆ        黒宮美保子

 

   茜より深き碧へと変わりたる空を()くべし月のゴンドラ          丸山直子

 

   水切り籠に置き方違えば納まらぬ器のありてこの世もそうか        大河内朋子

 

選者賞

 安森敏隆選 「あのでかい魚は何かを咥えてるよ」夕雲見上げ小学生通る    石附安代

 

 倉地亮子選 月よりも星よりも遠き世に消えし子の名をそっと呟きてみる    鶴田れい子

 

 大塚寅彦選 魚たちが昔話を語り出すアクアリゥムの疑似海底に        国枝章司

 

 小塩卓哉選 病室に差す冬の日は点滴の光となりて刻々と落つ         松田容典

 

 青木陽子選 おもひきり笑ひし頃がなつかしい 少女の頃の麦藁帽子      梶口美都子

 

 鈴木竹志選 来る年のあると信じて予約せしカレンダー届く美女ほほえみて   小石直子

 

 岡本育与選 地下鉄の闇にうかぶ車窓(まど)の顔曖昧模糊が時にはよろしい      中島京子

 

 若尾幸子選 「呆けてません」と何ゆえ主張していしや(こぶし)しっかと握り締め覚む 牧村とみ子

 

上記の各賞の他に入選、奨励賞、佳作が選ばれました。

詳細は『NPO法人日本詩歌句協会 第十回中部大会作品集』に示されています。

同作品集は11,000円にて販売中です。

 

お申込みお問合せ先

NPO法人日本詩歌句協会 事務局長 間中恵美子

115-0042 東京都北区志茂4-10-8

03-3901-5558