第10回中部大会は、平成28326日愛知県名古屋市「ウィルあいち」にて開催され、

詩、短歌、俳句の部門毎に各賞が発表・贈呈されました。

 

俳句部門

 

大賞 子の歌を母がつぎ足す寒夕焼          長谷川治恵

 

愛知県教育委員会賞 教科書に載りし母の記原爆忌   加藤響子

 

名古屋市教育委員会賞 雪折れの谺が奔る夜半かな   松本 茜

 

中日新聞社賞 北天に雲吹きたまる余寒かな      城 ちはる

 

CBC賞 菜の花や入江奥まで潮の照り         城 ちはる

 

秀逸賞
   寄席戻る大須仲見世去年今年          佐藤清勝

 

   枯草の中に水音生きており           鈴木愛子

 

   草朧火を落としたる登り窯           山中敬子

 

   冬薔薇命のピザに思い馳せ           河合 満

 

   八方へ走る楠の根神迎ふ            菊井稔子

 

   雪蹴って月下に舞へる恋の鶴          古藤みづ絵

 

   いのちけふしづかに明けて山桜         城 ちはる

 

   身の丈の暮らし坦々年詰まる          鈴木直明

 

   買ひ替へし自転車撫でて春隣          江川きよ

 

   歌がるた米寿の声のよく通る          上杉さち子

 

   どんどの火ときに竜とも飛天とも        諏訪部草童

 

   杣人の弁当大き冬の山             増田野遊

 

   子の継ぎし専業農家麦青む           青山常子

 

選者賞
 岡崎光魚特選 買ひ替へし自転車撫でて春隣     江川きよ

 

 加古宗也特選 鶴を生む三日の香具師の飴細工    岡田游子

 

 加藤耕子特選 産土の青さ増したる初御空      大澤勝美

 

 金森直治特選 山荘の絵筆くれなゐ冬ぬくし     上野隆二

 

 栗田やすし特選 雪折れの谺が奔る夜半かな     松本 茜

 

 辻 美智子特選 教科書に載りし母の記原爆忌    加藤響子

 

 豊長みのる特選 北天に雲吹きたまる余寒かな    城 ちはる

 

 服部鹿頭矢特選 雪蹴って月下に舞へる恋の鶴    古藤みづ絵

 

 馬場駿吉特選 どんどの火ときに竜とも飛天とも   諏訪部草童

 

 平田繭子特選 菜の花や入江奥まで潮の照り     城 ちはる

 

 村野秋果特選 海鳴りの「越」の断崖雪しまく    かつら 澪

 

 森下草城子特選 杣人の弁当大き冬の山       増田野遊

 


上記の各賞の他に入選、佳作が選ばれました。

詳細は『NPO法人日本詩歌句協会 第十回中部大会作品集』に示されています。

同作品集は11,000円にて販売中です。

 

お申込みお問合せ先

NPO法人日本詩歌句協会 事務局長 間中恵美子

115-0042 東京都北区志茂4-10-8

03-3901-5558