2008年01月18日

たったこれだけで悠々人生

86efa62b.jpg人間だれしも避けて通れないのが老い、そして死。

・資産活用の方針
・死後の諸手続きの方針
・遺言・相続の方針
・医療・介護が必要になった時どうするか
・どの程度の暮らしをあと何年していくかという生活設計

この5点が決まっていれば悠々と人生を楽しむことができます。

これらの課題に立ち向かい、自分なりの結論をもてるかどうか、それとも加齢による漠然とした不安をそのまま放置し、不安一杯でくらすのか。

この違いはおおきいなあ。


最近「羅信盤討議場」の討論を読んでいて、ずいぶんいろんなことに気がつきました。
自分の意見も他人様にとって、新しい視点!ということになるのかどうか、はなはだ心もとないですが、枯れ木も山の賑わい、程度の効能は認めてもいい、かな?



nposyuugyouseikatu11 at 19:51コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

nposyuugyouseikatu...