こんばんは!副理事長の中石です。

本日の大久保図書館でのPAボランティア「平和朗読会 太平洋戦争〜親族への言葉〜」無事終了しました!

okuboevent
 

朝9時より会場に入りメインのスピーカーとのセッティングを入念に行いました。
リハーサルの時間をいただき聴こえ支援スピーカーのありとなしでの聴こえの実験を行いました。

会場は床面がフローリングで壁面は格子付きの木製のドアでしたが、気になる残響の影響はほとんどなく、PAモニタオンリー状況にくらべて、かなり聴き取りやすい音で朗読会をサポートできたと思います。

PAエンジニアの方や語り手の方の評価もすこぶる高く、音量だけではなく「音の質」による聴こえの違いを体験いただけたようです。

RIMG1448


今月もあと1件来月2件ほど聴こえ支援PAのボランティアがはいっていますのでメンバーともにがんばります。

聴こえ支援PAボランィアを通じ、聴こえにくい環境を音を出す側として改善していくというサウンドスケープを見直すきっかけになればと思っております。

本日ご協力いただきましたみなさま誠にありがとうございました。