こんばんは 副理事長の中石です。
10月7日 杉並区永福図書館でのアイ・コンタクト上映会にて聴こえ支援スピーカーでの情報保証支援を担当させていただきました。

IMG_0447


私も中学・高校・専門学校とサッカーをやってきましたが、音のない中でサッカーをプレイするということを想像するだけで「恐い」という思いが先にたちます。

蹴ったボールの強さで飛距離や相手のいる気配など、やはり音で判断することが非常に多いと思います。

またデフリンピックでは補聴器はつけてはいけないそうです。(映画をみるまで知りませんでした。。。)

試合だけでなく選手のご両親などのインタビューなども盛り込まれており、小さいころのご苦労なども知る事ができる映画になっています。


団体スポーツではチームワークが大切と言われている中で、選手たちが一試合一試合に選手の心境の変化とコミュニケーションの変化がおきる部分が映画におさめられていました。今回の映画を拝見させていただきデフなでしこジャパン選手を心から尊敬しました。




選手への質問で「結婚するならろう者?健聴者?」というものがあり、ほとんどの選手が「ろう者」と答える中で何名かの選手が「健聴者でも理解があれば」と答えていらっしゃた部分で「健聴者がどのような形で接していたか?」が影響していることを感じました。

この映画をみて聴こえない・聴こえにくいことの苦労などを少しでも健聴者の方に理解いただくきっかけになればと思っています。


IMG_0450

手話もかなり流暢な中村監督。ごあいさつはもちろん冒頭説明は全部手話でお話しされました。


上映会を企画されやヴィアックス様、本当におつかれさまでした。