NIGHT SWEETの「人生いろいろ」

このブログは厄年に大波乱があった男の再出発の証。 日常生活や趣味、思いついた事を適当に書いていくからな。

やはり雪だった

やはり昨夜、三重県北部は雪だった。
景色は、少し雪化粧。

駐車場から工場まで結構歩く。
その歩道が一部凍っていた。
滑りそうになった。

集中して歩いた。

雪が降りそう

三重県北部、冷え込みが厳しい。
南部の自宅へ帰ると、それほどでもない。

北部は間もなく雪が降りそう。。。

しかし、寝不足で眠い。
この騒動は盆から始まり、やがて4ヶ月。
ゴールは全く見えまへん、、、、、、

ノンストップ

年末年始、ノンストップ稼働がほぼ決定。

新年を会社で迎える事になりそう。。。。かな。

いつまで続く?

大相撲の暴行事件の騒動はいつまで続く?

色んな名前がでてきて、色んな証言がでてきて、さっぱり真実がわからない。
何か深い闇があるのだろうか。

でも、とにかく直接手を出した日馬富士が悪い。
それだけの事。

大谷、エンゼルスへ

背番号は17。
二刀流は止めた方がいい。
打者専念すべき。

しかし、来シーズンはMLBが一段と楽しみ。

第69回 農林水産省賞典 阪神ジュベナイルフィリーズ G

阪神競馬場
芝1600
2歳牝
馬齢

◎11ラッキーライラック
○ 4マウレア
▲18ロックディスタウン
△ 1サヤカチャン
× 7リリーノーブル
× 2ラテュロス

馬連 4-11 11-18 1-11
   7-11 2-11 4-18

■結果・・・的中 42勝89敗
1着 11番ラッキーライラック(石橋脩)
2着 7番リリーノーブル(川田将雅)
3着 4番マウレア(戸崎圭太)
4着 8番トーセンブレス(柴田善臣)
5着 16番モルトアレグロ(吉田隼人)

第10回 カペラステークス G

中山競馬場
ダート1200
3歳上
別定

◎14ブルミラコロ
○ 4ニットウスバル
▲13サイタスターレット
△16ディオスコリダー
× 3キタサンサジン
× 8ブルドッグボス

馬連 4-14 13-14 14-16
   3-14 8-14 4-13

■結果・・・不的中 41勝89敗
1着 16番ディオスコリダー(津村明秀)
2着 15番スノードラゴン(大野拓弥)
3着 8番ブルドッグボス(内田博幸)
4着 10番ドラゴンゲート(田辺裕信)
5着 4番ニットウスバル(木幡巧也)

第53回 中日新聞杯 G

中京競馬場
芝2000
3歳上
ハンデ

◎10ミッキーロケット
○ 2スズカデヴィアス
▲11マキシマムドバリ
△ 5バンドワゴン
×12ロードヴァンドール
×14ケントオー

馬連 2-10 10-11 5-10
   10-12 10-14 2-11

■結果・・・不的中 41勝88敗
1着 13番メートルダール(C・デムーロ)
2着 10番ミッキーロケット(和田竜二)
3着 12番ロ−ドヴァンドール(横山典弘)
4着 17番ショウナンバッハ(木幡初也)
5着 11番マキシマムドバリ(藤岡佑介)

さらばマイコラス

残念だけど仕方ない。
大きな戦力ダウン。。。

【セットリストシリーズ】名曲:最後の夜汽車

続いて名古屋。
今度は車移動にした。

しかし何度走っても名古屋の道はわからない。
複雑な気がして仕方ない。

駐車場はなぜか隣の建屋の立体駐車場になってしまった。
前回は、会館の地下駐車場へ止めた記憶がある。
何でこうなってしまったのかわからない。

大阪と違い、グッズの列は短かった。
カレンダーを購入した。

座席は真ん中付近。いやほぼ真ん中。
やはり音のバランスが、大阪より数段良かったように感じた。

今回も波乱も裏切りもなし。
グッドナイトドールの扇子振りかざしもなし。
どうやら大阪限定?だったようだ。

BLUE LETTERが凄くよかった。
何でそう思ったのかわからないが、とにかくよかった。

最後まで裏切りはなし。
CD通りの曲順で終演を迎えた。

最後の夜汽車が流れる。
もちろん私は席で歌っていた。
大阪は席を立つ客が多かったように思えたが、名古屋は最後まで聞き、そして歌ってた客が多かったように思う。

改めていい曲だと思った。いい曲じゃないか。。。名曲だ。

2017年11月19日(日)日本特殊陶業市民会館
甲斐バンドツアー2017「かりそめのスウィング」

01 地下室のメロディー
02 HERO(ヒーローになる時、それは今)
03 ちんぴら  
04 きんぽうげ
05 裏切りの街角
06 ダニーボーイに耳をふさいで
07 ビューティフル・エネルギー
08 フェアリー(完全犯罪)
09 BLUE LETTER
10 かりそめのスウィング  
11 安奈
12 グッドナイト・ドール  
13 非情のライセンス 
14 Blood in the Street
15 氷のくちびる
16 ポップコーンをほおばって
17 冷血(コールド・ブラッド)
18 破れたハートを売り物に
19 感触(タッチ)
20 漂泊者(アウトロー)
21 レイニー・ドライヴ
22 ラヴ・マイナス・ゼロ



【セットリストシリーズ】16年ぶりのグランキューブ

ツアーが終わった。
曲順がわかってるライヴだったが、セットリストを掲載しよう。

2001年の甲斐バンド以来のグランキューブ大阪参戦。
16年ぶりである。
16年前、日光の怪人?と初めて会ったのが、この会場だった。

電車? 車? 迷ったが電車を選択した。

伊勢市駅から近鉄特急。
仕事の電話が鳴る。また始まった。。。

懐かしい鶴橋駅に到着。環状線に乗り換える。
京橋で、京阪に乗り換えである。
懐かしい、ホンマに懐かしい。
大阪単身赴任から帰ってきたのが2004年。
あの頃の色々な出来事が蘇った。

京阪電車の中之島線。
こんなのはなかったはず。2001年にはなかったはず。
そんな中、また電話がなった。うんざりである。。。。

中之島駅で降りた。地上へ出たらグランキューブだった。
たしか2001年の時は、東西線の新福島駅か、阪神電車の福島駅で降りて、結構歩いた記憶がある。

タバコを吸いたい。やはり外の端の方の一角だ。
会場へ入った。16年前はエスカレーターで5階へ上がった。
そのエスカレーターはあったが、エレバーターで誘導された。

グッズ売り場が長蛇の列。記憶の中ではこんな事は初めて。
レイアウトが悪いのか段取りが悪いのか、それとも購入者が多いのか。。。
それはよくわからない。

着席した。右端の席だった。
また電話がなる。もう出なかった。鬱陶しい。電源をOFFにした。

今回はセットリストがわかっている。
正直な気持ちとして、わからない方がいい。
次はどの曲なのだろう。。。そのスリル感を味わいたい。
贅沢な言い分だが、そのように思う。

「地下室のメロディー」でオープニング。
何の波乱も裏切りもなく、CDの順番に曲は続く。

「グッドナイトドール」
何とグッズの扇子を振りかざす甲斐。
これは意外なパフォーマンスだった。

「非情のライセンス」
カヴァーではあるが、今回の一番の期待。
ステージからのライトが真正面に入り、眩しくてほとんどステージが見えなかった。

「最後の夜汽車」
これが少しの裏切り?
エンディング曲として会場に流れた。
35周年の武道館ライブの「熱狂」を思い出した。
席を立つ客たちが多かったように思う。
私は席で最後まで、この曲を歌っていた。

電話の電源を入れた。
メールと着信の嵐。で、すぐに電話が鳴った。

ホンマに鬱陶しい。
何となくライヴに集中できなかった。

2017年10月9日(月)グランキューブ大阪
甲斐バンドツアー2017「かりそめのスウィング」

01 地下室のメロディー
02 HERO(ヒーローになる時、それは今)
03 ちんぴら  
04 きんぽうげ
05 裏切りの街角
06 ダニーボーイに耳をふさいで
07 ビューティフル・エネルギー
08 フェアリー(完全犯罪)
09 BLUE LETTER
10 かりそめのスウィング  
11 安奈
12 グッドナイト・ドール  
13 非情のライセンス 
14 Blood in the Street
15 氷のくちびる
16 ポップコーンをほおばって
17 冷血(コールド・ブラッド)
18 破れたハートを売り物に
19 感触(タッチ)
20 漂泊者(アウトロー)
21 レイニー・ドライヴ
22 ラヴ・マイナス・ゼロ


とろサーモン

M1を見ていた。

しかし心が疲れているせいなのか、全く面白くなかった。
ただ決勝戦は個人的に「ミキ」がよかったように思った。

昔は楽しみだった

福岡国際マラソンが行われた。

昔は日本勢が強くて楽しみだった。
最近のマラソンは男女とも弱すぎる。
だから見る気もしなかった。

大迫が3位に入ったようだった。
タイムもまあまあ良し。

今後期待できるのだろうか。
わからないのが正直な気持ち。

ジャパン・オータムインターナショナル 第18回 チャンピオンズカップ G

中京競馬場
ダート1800
3歳上
定量

◎12カフジテイク
○13テイエムジンソク
▲14サウンドトゥルー
△ 9ゴールドドリーム
× 4ノンコノユメ
× 8グレンツェンド

馬連 12-13 12-14 9-12
   4-12 8-12 13-14

■結果・・・不的中 41勝87敗
1着 9番ゴールドドリーム(R・ムーア)
2着 13番テイエムジンソク(古川吉洋)
3着 1番コパノリッキー(田辺裕信)
4着 2番ケイティブレイブ(福永祐一)
5着 11番アウォーディー(武豊)

第68回 チャレンジカップ G

阪神競馬場
芝2000
3歳上
別定

◎ 6プレスジャーニー
○ 3サトノクロニクル
▲ 9マイネルミラノ
△ 8デニムアンドルビー
×12レッドソロモン
× 2メドウラーク

馬連 3-6 6-9 6-8
   6-12 2-6 3-9

■結果・・・不的中 41勝86敗
1着 3番サトノクロニクル(M・デムーロ)
2着 8番デニムアンドルビー(C・デムーロ)
3着 6番プレスジャーニー(柴田善臣)
4着 5番モンドインテロ(C・ルメール)
5着 4番スーパーマックス(山口勲)
Profile
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
Recent Comments
Archives
livedoor 天気
QRコード
QRコード
記事検索
甲斐バンド
甲斐よしひろ
甲斐FIVE
甲斐名都
Robert B. Parker
DICK FRANCIS
  • ライブドアブログ