昨日は、久しぶりに、阪神勝った!という記事が書けると思ったが、急展開〜 
 藤川球児が登板、リンドバーグの「エヴリ・リトル・シング」が聴けここまではよかったが、嫌な予感もあった・・・
 阪神は連敗中ということで、球児の登板は12日間ない。以前は勝ち試合にはほとんど登板で、登板過多が心配されたが、今度は逆でリリーフピッチャーは間が空き過ぎるのも肩が軽すぎて困ると言うのもある。いくら間が空いても3試合か4試合に1回投げるのが理想。
 だが真のプロ野球通の自分は少し考えが違う・・・
 昨日の敗戦は、球児が打たれたからではなくその前に投げたジェフの調子が悪かったからだ。。。
 ジェフが8回をきちっと押さえていれば、球児は9回からの予定、それが狂ってしまった。
 今の阪神は、ピッチャーがいいピッチングをしたらバッターが打てない、バッターが点を取るとピッチャーが打たれ過ぎと悪循環。でもこうなるのは全く予期してなかったわけでもない。主力の金本や矢野にしても、やはり年齢的に限界が近づいているのがよく分かる。野球選手は30代後半になると1年1年体力勝負になっていく・・・
 勝負ごとは中々思うようにはいかない。
 
 先ほど医者に行ったところ、インフルエンザと判明しました。タミフル怖ーい〜
どん麻衣、どん麻衣、まだまだこれから!まだ100試合はあるよ〜