2011年04月21日

待望

4月15日に晴れて念願の女の子を出産しました。こんなに小さくて軽くて可愛かったのかと思い起こしながら、抱っこをしました。指は細く長く、反射で手を握ってくれます。目は開いてたり閉じたり。見えているように黒目を動かします。授乳が終わると満足なのかすやすや夢の中へ。気持ちよさそうに眠りにつきました。2児の母になれて幸せです。妊娠中はまたもや入院安静期間がながかったけれど、今こうしていられることがありがたいです。これからが育児として本格的に忙しくなるだろうけど、ボチボチやっていけたらいいです。 今はただ無事に生まれてくれたことが何より嬉しいです。元気に育て我が子。


ns31123 at 21:03コメント(2)トラックバック(0) 

2011年04月07日

新年度を迎えました。 投稿できなかった間に想像を超えた地震が日本に押し寄せました。あまりの衝撃、言葉をなくした瞬間の出来事でした。 私はその時病院にいました。繋がれた点滴が揺れました。そして今も同じく点滴中です。新しい命の誕生をいつかと心待ちにしています。お腹の中では活発に動いてくれています。 亡くなわれた方々のためにも元気な赤ちゃんを産み、しっかり育てて行くことが今の私にできることでしょうか。 もう少し。無事に産まれる日を楽しみに笑顔で1日1日を過ごしたいと思います。


ns31123 at 09:30コメント(0)トラックバック(0) 

2011年03月05日

もう少し

3月になりますますお腹が大きく成長し、歩くのも重く感じる日々です。1月に退院出来た病院も先日卒業出来て、今は最初の子を産んだ病院で診てもらっています。ここまでこれたと同時に、いつまた入院と言われるのかドキドキしています。入院と言われれると気がかりは息子。退院出来て息子の傍にいられる幸せをかみしめながら過ごしてきました。出産する間際まで一緒にいてあげられればよいのですが。そう思いながら順調に産まれる日が早く訪れればなぁと思う日々です。 もう少し。そう自分に言い聞かせています。 元気に産んであげたい。息子をお兄ちゃんにしてあげたい。色んな思いが心を駆け巡ります。 今は家族の協力を得ながら産まれるその時がくるまで、今を大事にしていきたいと思います。


ns31123 at 08:16コメント(0)トラックバック(0) 

2011年02月21日

いのち

まだまだ先のことかと思っていましたが、仲の良い友達のお父さんが入院をされて何とか今の状態を維持出来たらという状況の方がいます。友達としては県外に住んでいるのですぐにお見舞いに行くと行っても家庭があるし、なかなかしょっちゅう顔を出してあげるわけにはいかないのですが、気持ちとしては少しでも長く生きてほしいという気持ちでしょう。友達の思いを考えると胸が痛くなります。もし出来ることが私にあればぜひ応援をしたい。しかし私も今安静の身で力になってあげられることは限られてしまいます。私の安静は新しい命のための安静で、友達のお父さんが入院されて安静にされているのとは意味が随分違うのだと感じられずにはいられませんでした。そう思うと私の安静はゴールがあって、安静による苦痛がとてもちっぽけに感じてきます。それを友達のお父さんを通して教えてもらいました。 ー今私が友達のお父さんにしてあげられること、それはお祈りかな………どうか少しでもお元気になられて1日でも長生きされますように。。。


ns31123 at 17:19コメント(0)トラックバック(0) 

2011年02月04日

ドキドキ

退院して自宅での生活が続いていますが、入院生活とほぼ変わらない生活を送ってます。それでも外来受診をすると、いつ再入院と言われるのかドキドキしちゃいます。昨日がその日だったのですが、家に帰れてホッとしています。 こうして家にいることが出来るのも周りの人が助けてくれているお陰です。県外に住む両親、昼間子どもの面倒を見つつ家事すべてをやってくれてます。夜は夫が子どもを見てくれて、子どもも嬉しそう。私の受診に連れて行ってあげるよ、と言ってくれる友達。自宅から今診てもらっている病院まで車で順調に行けても40分から1時間はかかるというのに。他の友達も受診や身の回り、子どものことなど困ったら声を掛けてと言ってくれる。。。自分たちも子供の面倒を見ているというのに本当にありがたい。 殺伐としたご時世の中でも、周りの方々からをこんなにも温かい声を掛けてもらえて本当に幸せ者です。ありがとうございます。 前回も今回も妊娠生活は安静が必要な状況ですが、ゴールまで無事にたど
り着けるように目指したいです。


ns31123 at 14:56コメント(1)トラックバック(0) 

2011年01月17日

遠ざかっていたもの

育児のせいにしてはいけないのですが、自分の時間はほとんどなくしばらく本を読むことがなかった日々でした。そこへ入院となり安静の日々。久しぶりにたっぷり時間がありゆっくり読むことが出来ました。読んでいてこんなにのんびり過ごすのは久しぶりだなーと実感しました。病室の窓から見える山と沼。その沼に来るシラサギなどの野鳥たち。その野鳥をカメラに収めようと待ちかまえているカメラマンの姿。その様子を見ながら病室で本を読んで過ごす日々の私。のどかな景色に心が癒されて今まで読みたかったけど読めていなかった本を読むことができました。 そして退院を迎え、今は自宅でゆっくり本を読んでいます。


ns31123 at 17:18コメント(0)トラックバック(0) 

2011年01月12日

新年が明けて

今年はじめての投稿です。今年も子育て中心の年になりそうですが、大いに楽しんでいきたいと思います。 と思っている今ですが、実は入院中です。クリスマスもお正月も病院で過ごしました。この時期に入院とは一生の中でもそうないことだと思います。お陰で病院で行われるクリスマス会にも参加してプレゼントまで頂きました。病院で出されたお正月料理は想像以上だったのでびっくりでした。経過はよく、もうすぐ退院予定です。先日は外泊もして久しぶりに子供の傍にいてあげることが出来て私自身が幸せを感じた時でした。私が居ない間も子供は成長してくれていました。しかし親が傍にいてあげる方がいかに子供にとって安心なのかということも感じた外泊になりました。帰る日が1日ずつと近づきその日が来るのを待ち遠しいです。


ns31123 at 10:35コメント(0)トラックバック(0) 

2010年12月17日

今の時期

今月に入り、子供が始めて38度代の熱を出しました。生まれてはじめてでした。一晩で済みましたが、ぐったりしている様子はいつもの活発さも表情もなく本当にかわいそうでした。出来るなら代わってあげたい。。。そう思うのは自然なことでした。 普段とっても元気で私が丁度つわりの時は、もう少し大人しくしてくれたらと思う時がありました。しかし元気が1番。元気でいてくれることに感謝です。 今はいつもの子供に戻っています。この時期はノロウイルスに風邪、インフルエンザと流行の病気から自分の身も子供の身も守らなければなりません。どうぞみなさんも気をつけてこの時期を乗り越えましょう。


ns31123 at 07:54コメント(0)トラックバック(0) 

2010年11月20日

近況です。

すっかりご無沙汰してしまいました。 我が子も1才半になりますます活発に動き目が離せない状況が続いています。(只今お昼寝中で、ちょっと投稿できる時間ができました) 毎日子育てに明け暮れていますが、子どもの一つずつ出来ることが増えていくのを発見できるのはうれしい限りです。 そしてもう一つうれしいことがあります。 お腹にもう一つの命が育っています。(パチパチ)只今5ヵ月になりました。 今回は前回になかったつわりを少し経験し、今は楽になりました。 今は新しい命と我が子の成長を見守っている状態です。 なかなか投稿出来ないですが、また時間を見つけてしますので、これからもよろしくお願いします。


ns31123 at 13:36コメント(2)トラックバック(0) 

2010年08月30日

検診

先日、乳がん検診に行って来ました。
お恥ずかしながら初でした。
検診先は夫の元同僚の先生の所。
こちらもちょっと恥ずかしながら、その反面安心して受けてきました。

聞いていた痛さは思ったほどなく、痛くて力が入ると余計に痛さが増すようです。あっという間に終わりました。
結果もすぐに聞けて一安心。
これで今年度の検診&健診が一通り終わりました。

子供ができると子供の健康管理はもちろん、自分の健康も意識しますね。



ns31123 at 22:17コメント(0)トラックバック(0) 

2010年08月19日

久しぶりの帰省

お盆中、岐阜の実家に帰っていました。
息子を連れて2人での帰省。
高速道路の渋滞が心配させましたが、お昼寝の時間を選んで帰ると楽だよ、と保育園の先生のアドバイスをいただいて無事に行って来れました。
実家では久しぶりに少し長くいれて、いろんな人も会うことができました。
よかったのは、地元でも子育て支援センターを利用したのですが、幼稚園の跡地ということもあって広い場所で遊ばせれたこと。楽しんでくれました。また帰った際にはぜひ利用したいな。


ns31123 at 07:04コメント(0)トラックバック(0) 

2010年08月01日

自然の恵みに感謝

今日の暑い日差しの中、息子を連れて焼津港近くの浅瀬の水公園に行って来ました。
小さいお子さん連れの親子が何組も来ていました。
浅瀬なので、息子も怖がらず楽しんで遊んでくれました。
およそ30分くらいでしたが、息子を水につけて遊ばせて汗も対策。
そのすぐそばには、海洋深層水がわき出ているところがあり、
手を伸ばすと、とってもひんやりして気持ちいい〜
またその近くには正式にポリタンクで原水が汲めるところがありhttp://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-420/surugadsw03.htm
業者の方や家族連れの方が次々と訪れて汲んでいました。
何といっても安いのでびっくり。
我が家もはじめて汲んで自宅で早速お風呂に入れてみました。
体がぽかぽかしてあったかいそうですが、今日のような暑さでは効果はよくわかりません。
しかし水の冷たさで気持ちいいことは確かでした。
帰りの車の中では気持ちよさそうに眠る息子。
その寝顔を見て親も満足な時間でした。

ns31123 at 23:44コメント(0)トラックバック(0) 

2010年07月30日

3年目継続中

約2年半前に始めた5年日記も何とか続いています。
感謝の5年日記。
その日の出来事に感謝のことを書いています。

感謝の出来事を書く前に書いている内容があります。
1年目は妊娠したため、週数を書いていました。
2年目は生後日数を書いていました。
3年目の今は成長記録を書いています。
今日はこれができるようになったと。
さらに書く前には昨年の今日の内容を読み返したりもします。
そこでも成長を感じています。
このまま今年は続けて、来年はさらに何を書いていけるのか、楽しみです。



ns31123 at 22:49コメント(0)トラックバック(0) 

2010年07月29日

親になって

子育てをしていると毎日があっという間で、成長段階にあわせて次々とやることが増えていく。
離乳食の開始、食事内容のアップ。
はみがきやトイレトレーニングなどなど。

ふと振り返ると、子ひとりを育てているんだな〜と実感する。
毎日の積み重ねで育っているんだな〜と。

そして自分もこうして育ててもらったんだと親に感謝する。
やっぱり親になってよかった。
親にさせてもらっているんだな。

ns31123 at 21:31コメント(0)トラックバック(0) 

2010年07月17日

子育て支援では

以前からよく行く子育て支援の保育園では、育児相談もしていただけるのですが、ほかの所よりも適切な答えが返ってくる気がします。なので安心して行ける理由のひとつになっています。
また室内の模様替えも時々したり、こどもの発達を促すようにおもちゃのしまう場所を変えたり、こども一人ひとりをよく見ていて話しかけてもくれます。
ここでよくお会いするお母さんともよくお話をするようになったり、少人数のときには自然と輪になってみんなで話をする雰囲気にもなったりと、和やかな雰囲気の時もあり、それが行きやすい理由になっています。

最近話の流れで、こどもの遺伝的な受け口について話が出ました。
子育て支援の先生は夫が歯科医師だと知っているのですが(名前のせいでしょうか、すぐわかってしまいます)、以前他のお母さんから何歳から受診をしたらよいのか、どこに相談に行ったらよいのかという相談を受けたそうです。その時のアドバイスはどうしたらよいのかという質問を受けました。早速夫に聞いて次の日にお伝えしました。

そこの先生方はお母さんから受けるいろんな相談内容について、適切なアドバイスができるようにいる姿勢が他の時にも見られ、それが最も行きやすい理由になっています。

ns31123 at 22:55コメント(0)トラックバック(0) 

2010年07月02日

おいしい〜♪

今日は久しぶりにお酒を頂きました。
妊娠前にいただいたのはいつだったかな。
2年ぶりくらい?
母乳を自然な形で終わり、ようやくいただいたお酒の味は格別でした。
こういうお酒をいただける幸せ、ありがたいです。

今日は本当に短い文です。
ほろ酔い気分でこのまま寝ます
おやすみなさい。



ns31123 at 23:20コメント(0)トラックバック(0) 

2010年06月20日

これからも

今日は出先からの投稿で携帯からになります。 最近息子は大人のまねもしたり、意思表示もはっきりしたり、やりたい遊びも自分でその場所に行って遊ぶことも出来るようになりました。 食事も自分で食べる練習を始めて、うまく口にスプーンを運ぶことが出来る時もあります。 こうして少しずつ出来ることが増えていくのを見届けながら、親として微笑ましく思う日々です。 色んな場面の中で一番嬉しく思うのは、お隣の席の人や後ろにいる方や一緒にいる他のお子さんに自ら手を伸ばしたり、笑いかけたり、または近寄ったりと彼の中では境界なく接していく姿。人なつっこいその様子は知らない人とでも話をする切っ掛けになります。 他のお母さんから聞くところによると一人っ子で男の子の場合、それは少ないようです。慣れない所に行ったり人にあったりすると、しばらく馴れるまでお母さんに引っ付いて離れない子が多いようです。そう言うのを耳にするとうまく育ってくれているんだーと実感できるけど、普段は息子と向き合っていても当たり
前になって気づかずにいます。息子に感謝!そして学ぶ一面です。これからもいっぱい学ばせてね。


ns31123 at 20:47コメント(0)トラックバック(0) 

2010年06月08日

役立っている!?

久しぶりに2日続いての投稿です^^

今日は一人の看護師さんにお会いする機会があった。
妊娠中は多くの方々にお世話になったのですから、その方とお会いできてうれしかったのですが、さらにその方から一つのお話を伺えた。
それは自分のときこうしたら快適だったという体験が、その様子を見ていた看護師さんがほかの方にも試されて、好評という話でした。
これは看護研究にも値する内容!と自負したのは私だけかな?
それでもほかの患者さんにも役立ってよかった。
自分のしたことが、間接的にでもほかの患者さんにも喜ばれているのなら、元看護師としてもうれしい限りです。
ありがとうございます。


ns31123 at 23:14コメント(0)トラックバック(0) 

2010年06月07日

現在

活動が活発になってきて、目が離せない日が続いています。
でも楽しい。

1歳になるころから、息子は表現力が増えてきました。
男の子は素直でかわいいと耳にしますが、それがだんだんわかってきました。
寝る頃になると、おふとんに駆け上がってきて、ぐた〜と横になって気持ちよさそうな表情をするのです。抱っこしてほしいときは寄ってくるし、甘えたいときは体の上に乗っかってきます。
寝顔を見ると癒されて、親としてこの上ない幸せを感じています。
いつかは離れていくだろうけど、もう少しこのひと時を楽しんでゆきたいと思います。

ns31123 at 22:35コメント(0)トラックバック(0) 

2010年05月14日

お祝い

今日は息子のバースディ。この一年息子が生まれてくれたお陰で親として新しい世界を色々体験させてもらいました。まだまだ始まったばかりですが子育ては楽しい。これからもたくさん学びともに成長していける親でありたい。息子へこれからもよろしくね。 今日は親とともにディズニーランドに来ています。新しい刺激をたくさん受けたようです。今は夢の中ですが、よい記念になりました。もう少し大きくなったら、来たことを伝えて振り返りたいと思います。


ns31123 at 22:01コメント(0)トラックバック(0) 

2010年04月18日

陶芸体験

今日は以前から一度はやってみたかった陶芸の体験に行ってきました。 車で10分くらいのところに工房があり、初めて粘土でビアカップを作りました。 まだ息子が0才のうちに作って、20才になってお酒が飲めるようになったら、ぜひ使ってほしいなーという思いで作って来ました。まだパソコンの調子が悪く、写真をお見せ出来ないのがとても残念です。 今日は形成しただけで、これから乾燥するのを待ったり、焼いたり、色づけをしたりで出来上がりまで1ヶ月はかかるようですが、出来上がりが楽しみです。 今回陶芸を体験出来たのは、ママ友のお父さんが陶芸教室を開いていたからでした。ご縁に感謝です。


ns31123 at 07:42コメント(0)トラックバック(0) 

2010年03月16日

いつもありがとうございます。

只今パソコンの調子がおかしくて携帯からの投稿です。にもかかわらず見ていただいてありがとうございます。 近況ですが、赤ちゃんサロンに行って来ました。この日はヘビーマッサージ&赤ちゃん体操が行われました。約9圓△訛子を抱えて起き上がったり、持ち上げたり、体をひねったりと結構ハードな体操もありました。 そして1日おいて何だかカラダがおかしい…筋肉痛でした。 子育てしていてインフルエンザや風邪には気をつけていたけど、筋肉痛とは!日頃9圓鯤いていたのでちょっと体力あるかな、とは思っていたけどまだまだだな〜 これからも子育てしていると自分自身が健康でいないと、とは思っているお母さんも多いはず。私も体力・免疫力をつけて子育てしていこうと。


ns31123 at 09:46コメント(0)トラックバック(0) 

2010年02月21日

久しぶりに講演を聴く

先日市内に茂木健一郎さんがいらしてお話を聞ける機会にあずかった。

息子に離乳食を食べさせたあと、ちょっとゆっくり過ごして会場に向かった。

すると会場にはおよそ2000人くらいの人がすでに席について、始まるのを心待ちにしているようだった。

もちろん私もその1人。

講演が始まると、あっという間に話しに引き込まれた。

さすがに話の構成が即効で組み立てたとは思えない流暢な内容。

講演はきっと慣れていらっしゃるだろうし、脳にとって良い話をしていただいたので心地よく聞けた。

有り難かったのは自分自身だけでなく、子育てにもいっぱい参考になる部分があったこと。

そして今話題性のあることも、ユニークに話してくださった。

出来ればもっと聞いてみたかったな。

講演が終わると急いで会場を後にして、次の離乳食に間に合い帰ることが出来た。

 

 

 



ns31123 at 01:29コメント(0)トラックバック(0) 

2010年01月28日

親ばかです。

ご無沙汰をしていました。
新年が明け、早1ヶ月が経とうとしています。
うちの子ももう8ヶ月になりました。
元気に育っています。
少しずつできることも増えました。
寝返り、おすわり、母乳がほしいときの意思表示、物をつかんで何でも口に入れる(笑)、離乳食もキザミ食を難なくパクパク食べて毎回完食。
そして何より嬉しいのは、健康でいてくれること。
泣き声も大きいですが
今のところ人見知りすることもなく、むしろ知らない人にも笑顔を送ったり話しかけたりが出来て、相手の方からも話しかけられることもしばしばあります。
そうできるのももしかして名前の由来どうり!?と思ってしまいます。
そういう名前にしてよかったなぁと感じている親です。

ns31123 at 09:25コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月01日

すくすく育ってくれてありがとう

今日は市の乳幼児相談の日。
月4回行われているので、私は月初めに行くようにしている。
ここでは行くと身体測定をしてくれて、相談したい内容に応じて保健師さんや栄養士さんからアドバイスがいただける。
また他のお母さんやお子さんとも話をしたり、知り合いになったり。

我が子は身長も体重も標準内ではあるけれど大きめ。
この辺は夫似かな?
私が抱いていると、子供の大きさが目立ってしまうようだ。
6ヶ月になったと同時にはじめた離乳食も順調な食べっぷりでありがたい。

今日は友達も来ていた為、色んな話をしていく中で友達の子のときはどうだったのかと言う話も聞けて安心した部分もあったり、なるほどと思ったり。色んな情報も聞けた。

ママ友と言われる新しい世界が広がりつつあって、情報を受け取る方が圧倒的に多いけれど、今のところ楽しく育児をさせてもらっている。
毎日があっという間で、育児をしながら自分が楽しませてもらっている。



ns31123 at 21:34コメント(0)トラックバック(0) 

2009年11月17日

24時間親しています。

先日息子も6ヶ月になりました。
ここまで元気に育ってくれていることに感謝しに、自宅近くの大井神社までお礼参りに行ってきました。
丁度お参りに行った日は七五三で、たくさんの親子が正装をして境内の中はあふれんばかりでした。
写真を撮ろうとしている親の姿、ピースしている子供の姿が目立っていました。
将来の息子の姿かな、と微笑ましく思いながら帰ってきました。

生まれてからは子供のために費やす時間が圧倒的に多く、自分の時間は子供が寝てから数時間あるかないかの日々ですが、それでも楽しく過ごさせていただいています。
比較的子育てに充実していると言われているところに住んでいるだけに情報を聞きながら子供に試したり、他の親子と交流をもったり今まで経験できなかったことを体験しています。
まだこれからも試行錯誤しながら進んでいくでしょうが、子供がすくすく育ってくれることを願いつつ親をしていきます。

ns31123 at 09:37コメント(0)トラックバック(0) 

2009年10月12日

もうすぐオープン

今日夫は後輩の結婚式に四国まで行っています。
私と息子はお留守番。
そんな中、今日は夫婦共々仲良くしてもらっている内科の先生の開業の内覧会の日。
友達と友達の子と一緒に行って見させていただきました。
まだ準備中の時にも見せていただいているのですが、その時はまだ家具が入っていなかったので、今回は完成されている院内の見学でした。
新しい医療器具がずらり。
新しいスタッフの方も気軽に話しかけてくれ、お花も待合室に並び、華やかな感じでした。
次々と人が訪れていて、認知度は上がっているよう。
本番はもうすぐだけど、これまでにもがんばっていることをたくさん聞いているので、順調に行くと思っています。行くといいなぁ。
がんばってね。応援しています。



ns31123 at 15:50コメント(0)トラックバック(0) 

2009年10月01日

今日から10月

月日が経つのが早く、今日から10月ですね。
うちの子は昨日無事に4ヶ月健診を終えてきました。
すくすく育ってくれていることに感謝です。

日々成長を感じる今日このごろですが、新しいことができると嬉しいと同時に、どうしたらうまく対応ができるのか、それを考えて行ってみる、その積みを日々の中で四苦八苦しながらやっています。(もしかしたらうまく対応できなくていいのかも!?)
愛情だけははたっぷり注いで、楽しくこれからも子育てをしていきます。

ns31123 at 22:25コメント(0)トラックバック(0) 

2009年09月09日

真剣そのもの

私の住んでいるところは住宅が密集しており、乳幼児くらいのお子さんがいるご家庭が多いようだ。
まだ外の気温は暑いため、どのお宅も窓を開け、網戸の状態にしている。
そのため子供が何かしでかした時には、お母さんの子供を叱る声がよく聞こえる。そのあとの子供の泣き声も。
まだうちの子は叱る状態になっていないが、近い将来私も声を張り上げるのかな?
聞こえてくるお母さんの叱る声は容赦ない。
真剣そのもの。
子供も叱られたことにびっくりしてその時は泣くのだろうが、親の愛情を感じ取ってくれていると思うから、親は子供のことを思って真剣に叱ることができる。
そうやって子供は叱られて成長していく。
私もいっぱいいっぱい子供のことを思って叱ろう。
今からどんな叱り方が良いのか考えておかなくっちゃ。

ns31123 at 21:34コメント(0)トラックバック(0) 

2009年09月08日

81歳のおじいさんより

今日いつも利用しているスーパーに行くと、先日話しかけてきたおじいさんに再会した。
軽く会釈をして通り過ぎようとすると、話しかけてくれた。
もちろん私にではなく、息子に。
そして言ってくれた言葉。
「他人に負けてもいいが、自分に負けるな!」
まだ意味も分からない息子は聞いているのか分からなかったが、目を丸々させて私の顔を見ていた。
いつか大きくなったら日常の出来事を、そんなことがあったのよと話してあげたい。

ns31123 at 22:52コメント(0)トラックバック(0) 

2009年09月07日

笑顔の達人

それは我が息子。

ベビーカーで息子を乗せてお買い物をしていると、知らない人から話しかけられて息子の顔をのぞく。

のぞかれた息子は最初はじっとその人のお顔を見ているのだが、次第に笑顔を見せる。

それもそんなに経たないうちに。

話しかけてきた人は喜んでくれる。

誰が教えたわけでもないが、自然とできる。

子供って不思議だな〜

このまま人見知りなく育っていくといいなぁ。

ns31123 at 22:45コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月30日

意識

新型インフルエンザの罹患者が日に日に増えていくニュースを目にすると、人ごみに出歩くのをますます控えなくてはという意識になっていきます。

とは言ってもお買い物に行かないわけにはならず、子供を家に1人置いておくわけにもならず、人がなるべく少ない時間帯を選んだり、出かける回数を減らしたり帰宅後は手洗い・うがいは気にしてやっています。

子供の様子を見ながらですが、家にずっといるのも気持ちの面で疲れてしまうので、リフレッシュのためにも近所を散歩したりと、場所も選んでいます。

夫は病院で働いているため、感染源とならないよう気をつけてくれています。

今回のインフルエンザにかかわらず、風邪なども引いて子供に移さないようにと気をつけなくてはと、親になって感じている責任。

働いている時は健康管理を意識していましたが、子供ができてからは自分だけではない、と思うと予防にますます力が入ります。

 



ns31123 at 00:38コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月11日

大丈夫です!

今朝あった地震。

心配して周囲の方から電話やメールなどを頂戴しました。

少し長く揺れたものの、お陰さまで被害はなく穏やかに今日の1日を過ごせました。

気にかけてくださって本当にありがとうございます。

とりあえずご報告まで。



ns31123 at 23:09コメント(0)トラックバック(0) 

親になっていろいろ体験してます。

息子は今週で生後3ヶ月になります。

大きくなっていくにつれて、肉付きもよくムチムチ肌になってきました。

触っていると気持ちいい〜

彼を連れてお買い物に行くと、見知らぬ方から話しかけられます。

特に年配の女性の方からが多い。

子供のいる友達から話しかけられるよ、と聞いてはいたものの本当でした。

だいたいは、「今どれ位?」、とか「何ヶ月?」からはじまり、そして顔がどうだとかその時にした表情などを話されます。

そして子育てを経験した人が多いので、アドバイスもいただけます。

こちらが何も言わなくても教えていただける。

こんなことは他にはないことだなぁ。

子育てだからこそ!

そのアドバイス、有り難く受け取らせていただきます。

 

 

 

 

 



ns31123 at 00:03コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月04日

久しぶりの刺激

先日、我が家に新しく保険会社の方がいらした。

その人、年が近くて男の人だったのだが、話のもってき方が実にうまい!

さすが保険会社の人だけある。

とても分かりやすく説明をしてくれて、納得できる話のもってき方。

そしてよく勉強しているのも伺える。

聞いてみると会社でも評価されている人のようだ。

保険に入る・入らないは別として、この人のコミュニケーション、ぜひまねたいと思う人物だった。

何がよかったのか?

(雑なことをシンプルに話す。

∩蠎蠅糧娠を見ながら、話を進めていく。

A蠎蠅帽腓錣擦刃辰瞭睛董

げ慎い覆会社&自分の紹介をする。

ッ亮韻鮟个靴覆ら話す。

色々見ていると行動もさすがな部分が伺える。

信頼できそうな人物だった。

 



ns31123 at 22:54コメント(0)トラックバック(0) 

2009年07月31日

成長

昨日は息子の病院外来の受診日でした。

受診後入院していた産婦人科に行くと、2ヶ月間半入院生活を共にした人が出産して数日が経ち、彼女と彼女の産んだ赤ちゃんに会うことができました。

赤ちゃんを見ると、ちっちゃーい!

うちの息子は生まれたときの倍の体重になって、ムチムチの肌。

生まれたときこんなにちっちゃかったかな?と思ってしまうほど。

それだけうちの子が大きくなったのを感じたのですが、もうこんなに大きくなって〜と嬉しいやら、ちょっぴり寂しくもなっちゃいました。

生まれたときの小さい感触はもう戻ってきません。

息子と過ごしてきた時間。

慣れない子育てに試行錯誤で、その時しか味わえない感触をもっと大切にしないと、本当にあっという間ですね。

分かっていたけれど、実感したひと時でした。

もっと子育てを楽しもう!

 

みなさんも今を大切に過ごしてくださいね。



ns31123 at 18:19コメント(0)トラックバック(0) 

2009年07月19日

今も、なお

我が子が生まれて頂いた出産祝いの数々

うまく!?重ならないように色々な品やご祝儀を頂きました。それも予想をはるかに超えた方々からです。

今日も県外から渋滞の中、会いに来てくださった方がいます。

本当にありがとうございます。

子供のために大切に使わせていただきます。

また内祝いを届けたり送ってもらうと、お礼のご連絡もいただきました。

こちらこそ感謝を言い尽くせないくらいです。

我が子の誕生に共に喜んで下さった方が大勢いらっしゃることは、私達夫婦にとっても財産です。本当にありがとうございました。



ns31123 at 00:01コメント(0)トラックバック(0) 

2009年07月15日

奮闘中です。

子供が生まれて2ヶ月が経ちました。

早いですね。

今もなかなか思うように事が進まない日があります。

それに授乳をしていると、これまでと違ってお腹がよく空くし、よく食べます。

甘いものも以前よりほしくなりました。

歯をすぐに磨けないでいると、このままだったらきっとむし歯になっちゃうだろうなという日もあるんです。(いけない、いけない)

寝不足の日もあります。

乳幼児を育てているお母さんって、自分のことを後回しにして子育てをしているんだからホントすごいですね。

体験してみてそのすごさを感じて、世の中のお母さん達をもっとねぎらってもいいと思いました。

また自分を含めお母さんの健康を守らないと、よい子育てができないのも感じています。

子育てをしつつ、自分の健康を大事にしたいですね。

 

ところで子供ってホントかわいいですね。

今でもよく無事に生まれてきてくれたなぁと感謝することがあります。

そしてこれからも元気に育ってほしい。

そう思いつつ、自分も両親に愛情を一杯注いでもらって育ったのかと振り返っています。

自分が受けた親からの愛情を今度は我が子に注ぐ。

親になって新しい世界を体験し、いろいろと感じている真っ最中です。



ns31123 at 16:08コメント(0)トラックバック(0) 

2009年07月02日

毎日があっという間!

子育てに奮闘中の毎日を送っています。

自分の顔を洗うこともなかなかできない時もあります。

でもかわいい。。。

毎日の成長も早くて、今日はこれが出来るようになったのだと感じていたら次の日には新しいことができるようになっていたりするんですね。

うかうかしているとあっという間に1年が経ちそうです。

この先、彼といられるのは自分の歳からすれば○年。

24時間一緒にいて抱き上げてあげられるのも、あと数年。

きっとこの先、ハラハラドキドキさせられることも多いでしょうが、今を大切にしないとそのうち自分の手から離れていくでしょうから、大事にしたいですね。

そして子供ができた事で今までになかった新しい世界が広がりました。

親としてまだスタートしたばかり。子供の成長を見守りながらともに学んで、子育てを楽しみます。

 

 

 



ns31123 at 11:48コメント(0)トラックバック(0) 

2009年06月22日

かんさつ

少し間が空いて、久しぶりの投稿です。

先週は息子が熱を出して受診し、そのまま入院となり付き添いをしていました。

大人にとっては高いと思われる熱でも、乳幼児の子にとっては入院するかどうか微妙な値だったんです。しかし、熱の原因を探るため検査をしたら入院となりました。

早く気づいて病院に連れて行けた分、退院も早く出来てよかったです。

夫に「よく気づいたな」と言われたけど、日頃の様子と微妙に違ったので、熱を計ってみたのでした。

息子はまだ言葉で知らせることが出来ない分、傍で見ていて気づいてあげないといけない。

観察が大切な時期ですね。

肌で感じ、目で感じてこれからも守っていきたいと思います。

 

思えば、看護学生のとき最初に学んだのは観察でした。

親になって観察の大切さ今改めて感じました。

仕事をされている方なら、お客さんが何を望んでいるのかを感じ取ってあげると仕事がスムーズにいくのでしょう。

 



ns31123 at 23:13コメント(0)トラックバック(0) 

2009年06月10日

妊娠中のダイエット!?

もうすぐで出産して1ヶ月が経とうとしています。

日々子育てであっという間に1日が過ぎていきます。

今までと違う時間の流れを感じつつ、慣れない子育てに奮闘中です。

この間子供の3週間検診や母子検診があり無事に終わりました。

子供の毎日の変化や成長に目を見張るものを感じつつ、今もよく無事で産まれてきてくれたと感じることがあります。そしてその一方でまだ産んだことを実感として感じられないこともあります。

何だか不思議な気分ですが、生涯の宝ものが出来たことは間違いないですね。

大事に育てたいと思います。

(過保護にするという意味ではありません)

 

振り返ると、妊娠中の体重の増加を7圓鳩茲瓩討い泙靴拭

出産時目標達成できたのですが、一次は2週間で2kgも増えたことがありました。

その時点で目標の7kgに達してしまい、これは体重オーバーになるのではと感じていました。

それがなぜ達成できたのか。

実のところバナナが活躍をしてくれたと思っています。

採血の値でカリウム値が低かったため、主治医の先生の指示で病院食以外にバナナを食べることに。

私のベットサイドにはいつもバナナの山があり、なくなるころには運よく友達に差し入れをしてもらい、切らすことなく約2ヶ月間食べ続けました。

先生の指示で1日に2〜3本食べたこともあります。

バナナを食べ始めてからは赤ちゃんの体重は順調に増えているのに私の体重は増えず、ずっと同じ値でした。

そして産むまで体重は同じ値をキープ。

(それでもカリウム値は横ばいでしたが)

お陰でまさかの目標達成になったのです。

同じ部屋の人も体重を気にしてか、バナナを食べている人がいました。

その人もバナナを食べて体重が変わらなかったようです。

これは効果あり?

気になる方はお試しあれ。

 

ちなみにお腹の子は妊娠後期はバナナの栄養で育ったようなもの。

名前をバナナにしようかと考えたこともありました(笑)



ns31123 at 11:09コメント(0)トラックバック(0) 

2009年05月28日

退院しました!

長かった入院生活も5月24日に終わり、無事に自宅に帰ってまいりました。

退院する時はちょっぴり寂しさも感じたほどです。

外の空気も3ヶ月ぶりに吸いました。

(そういえば入院する時は冬だったなぁ)

そして自宅には家族を1人連れて帰ることが出来ました。

そうです。

5月14日に3036gの男の子を出産しました。

出産したのは夜中だったため、夫は立ち会えて興奮気味でした。

そのまま朝まで病院にいて、夫は徹夜で仕事に向かいました。

その日の朝は夫は病棟の看護師さん、助産師さんに拍手で迎えられて、ニコニコ、デレデレだったようです。

出産した時夫の様子を見ていた主治医の先生より、私はそっちのけだね!?と言われるほどだったんです。

多くの方にお祝いの言葉を頂き、産まれて数時間しか経っていない時には我が子の写真を撮って見せてくれた助産師さんもいました。

入院中も実に多くの方に面会に来ていただいて、出産したことを知った知人も県外から会いに来てくれたり、雨の中わざわざ来ていただいたりと実に幸せな私達です。

そして今回長く入院していたため出産準備が全く出来なかった私ですが、周りの人達が助けてくれて、今使わないものを貸してくれたり、買ってきてくれたりで、ほとんどの物が揃えられて、退院後の生活に不便を感じずにいられていることは本当に驚きました。

感謝しても言い尽くせないくらいです。

本当に多く方たちに支えられて今日があるのだなぁと実感しています。

本当にありがとうございました。

我が子が育ったとき、このことをいつか伝えられたらと思います。



ns31123 at 00:26コメント(4)トラックバック(0) 

2009年05月08日

一安心!

ゴールデンウィークも終わり昨日から仕事という人も多いのでは? 私のいる病室では3歳の女の子を持つお母さんからお子さんが、ゴールデンウィーク最終日の夜に腕を骨折し、今入院している病院に救急で受診したということを昨日の朝にお母さんから聞いた。お母さんは様子が旦那さんから送られてくる情報だけなので心配で夜眠れなかったようだった。それを私も朝聞いて心配な気持ちになった。 今日の夜になって夫が病室に寄ってくれた時にその話をしていると、廊下を歩いている整形の先生を発見!夫も知っている先生だったので、大まかな治療経過などだけでも聞けたらと思って夫に聞いてもらった。そしたらその整形の先生、主治医ではないけどレントゲンなど検査したのを見てくれて、わざわざ病室まで来てくれて自己紹介したあと、骨折の状況説明と、治療経過を説明をしてくれたではないか。 当然それを聞いたお母さんはとても安心した様子だった。 一緒に聞いた私たち同室の者も安堵した。 早速お
母さんは聞いた内容を旦那さんや実家のお母さんに連絡して安心してもらうよう伝えた。 夜は眠れそうと話したお母さん。まだ朝眠れたか聞いてはいないけど、ひとまずよかった。


ns31123 at 07:23コメント(0)トラックバック(0) 

2009年05月01日

嬉しい!

入院生活が長くなると、楽しみは食べ物。 誰かが差し入れしてくれる物が丁度食べたかったりする物だったら、もうめちゃめちゃ嬉しい。 それが最近立て続けにあったものだから、もう幸せ〜。 同じ部屋の人とも一緒の部屋になってもうすぐで2ヵ月になるが、家族の面会もお互いに話すようになり、差し入れもお互いにいただいたり差し上げたりがあって、一緒に頂くからなお美味しく感じる。 GWももうすぐそこだけど、入院している私達にはあまり関係ない。その前に食べたい物がちょっとかなって、それだけで満足な私達なのだった。


ns31123 at 04:38コメント(0)トラックバック(0) 

2009年04月23日

みんなにお祝いしてもらって

昨日は夫のお誕生日。 私が入院して安静中のため今年は祝ってあげれないかなと思っていましたが、出来ることは少しだけありました。 夫と一緒に働く歯科衛生士さんにお願いすること。 お願いしたのはケーキを買ってきてもらえないかです。 快く引き受けてくれて病室まで持って来てくれました。 夕食のあと食べるのを楽しみにしていたのですが、あいにく夫は会議で消灯時間を過ぎてから来てくれたので、昨日は食べられずじまいでした。 今日には食べれるかな?それでも私と同室の患者さんや病棟の看護師さん、私の主治医の先生にもお祝いの言葉をもらって嬉しそうでした。 私の担当看護師さんにはお祝いメッセージを書いてもらって本当に幸せな夫です。 私の知らないところでもケーキを頂いたみたいですし。 周りのみなさんに感謝です。 そして同じ日の夜中に病棟では新しい命が誕生
したようです。男の子だと聞きました。同じ日だとちょっと嬉しくなりませんか? そして今日こそはケーキをいただきます!


ns31123 at 05:25コメント(0)トラックバック(0) 

2009年04月18日

グッドタイミング!

週一回主治医の先生のオーダーで採血の検査が行われています。 ここ何週間かは電解質の値の一部が低く、食べ物で改善されるように毎日バナナを2〜3本食べるように進められています。 食事にもバナナが出てくることも多く、毎日バナナを食べ尽くしてます。私のベッドサイドにはバナナの山があり、熟される前にと頂いています。お陰で採血の結果が少し改善されてきました。 まだ正常範囲よりも値が低いのでしばらくはバナナの食生活は続くのですが、このバナナ、タイミングよく、友達がなくなる頃に持ってきてくれるのです。夫も買いに行ってくれるのですが、タイミングよく差し入れしてもらうことの方が多くて助かっています。 毎日回診してくれる主治医の先生も差し入れしてもらえばバナナが増えていることに気づき、減っていれば、ちゃんと食べていることを確認していかれるくらいです。 今では私にとってバナナは必需品です。 それをわかってくれているので、友達も差し入れして
くれるのですが、本当に助かっています。 友達のお陰、バナナのお陰で早くよい値を出したいものです。 そして今日もそのために差し入れしてもらったバナナを食べます。


ns31123 at 06:23コメント(0)トラックバック(0) 

2009年04月16日

素敵だな

今同室となって1ヵ月以上一緒にしごしている娘さんがいます。 その方の両親が面会によく来られ、私にも話掛けられるのですが、お母さんは明るく太陽のような人。お父さんは背が高くて穏やかな感じの人というのが私が感じた印象です。 このご両親、もうすぐ還暦だそうですが、とても若く見えてそうには見えず、お父さんは娘さんの年の離れた旦那さんに間違われたくらいなんです。 娘さんによれば、特にお母さんの方がお父さんにLOVEで、お父さんの自慢話を娘さんに明るく語られるそうです。「今日はこんな事があったのよ〜」という具合に。もちろんお父さんからもお母さんの自慢話を聞くそうですが。 これを聞く娘さんの立場からすると、ちょっぴり恥ずかしくもあり、とても嬉しくあるようです。私もきっと娘さんの立場ならそう思うでしょう。そして素敵だなと。 年は関係ない。私も旦那さんのいいところにもっと目を向けて発していこうと思いました。 いくつになっ
ても変わらない夫婦でいられたらなー。


ns31123 at 05:46コメント(0)トラックバック(0) 

2009年04月14日

何でもこなす

今いる病棟の看護師さんたちは、まさに何でも行う。 当たり前と言えばそれまでだが、点滴の管理から採血、点滴挿入、検査結果の把握、OPE出し、清拭、お下や食事の介助、外来の応援などなど多岐に渡って仕事の範囲が及ぶ。それをその患者様の状況に応じて行う。 その分把握していることも多い。患者様の好みやドクター指示に応じて看護をしてもらうのだ。 そして最も大変だと思うのは、どんな状況下においても判断が要求されるということ。 患者様の訴えに対して状態を観察してドクター指示の範囲内で判断して行動を起こす。 それが生命に直結していることもあれば、かけ離れていることもあるが、許す限り、快適な状態になるよう看護してくれるのだ。 私はまさにその状況にいて、制限はあるものの自由人なのでかなり快適に過ごさせてもらっている方だと思う。 多くの看護師さんたちのお力添えを頂いて過ごさせてもらっていることは間違いないの
で、感謝の日々なのだ。


ns31123 at 06:33コメント(0)トラックバック(0) 

2009年04月09日

はるばる

昨日は新しく移動で来た看護師に加え、新人さんも一週間の研修を終えて病棟に来ていました。 両方を合わすと5人がニューフェース。 私の何年も前を思い出します。 さて昨日は久しぶりに夫の元同僚だった歯科衛生士さんが、私の入院を知り早速駆けつけてくれました。 彼女は今富士市の病院で働いているのですが、仕事を終えてから車で来てくれました。 私がいる病院まで道路が渋滞してなくても1時間はかかるところを、渋滞に巻き込まれながらも面会時間ギリギリに来てくれたのです。 しかもたくさんの差し入れを持って。 元気そうにしている私に安心して帰って行きましたが、今日も仕事あり病院では役割もあって忙しいだろうに、入院を知って駆けつけてくれるまで、彼女の場合行動が早いのはいつも関心させられます。 きっと決断が早いから行動も早いのだと思います。 そし
て昨年取った障害認定証を見せてくれました。昨年から出来たものらしく彼女は第1回の受講生で見事認定証をゲットしたのです。 立派なケースに入れられたその認定証は彼女の大切な物になったでしょう。 それをわざわざ見せてくれるなんて嬉しいじゃありませんか。 それを得るには過去に学会発表していないといけない条件があるらしく、彼女はもちろん発表していたし今年も発表すると言っていましたから、きっとこれからもどんどん成長していくこと間違いないと思います。しかも早い決断力で。 入院して安静にしている私とは対象の状況ですが、近況を知らせてくれて嬉しかったです。 来てくれてありがとう。


ns31123 at 05:41コメント(0)トラックバック(0) 

2009年04月01日

昨日で

入院している病棟も今日から新年度がスタートした。 私がお世話になっている病棟の看護師さんたち何人かは新たな旅立ちにたった。 昨日で最後だった人もいて、正直いい人がいなくなる寂しさはあるがまた新たな出会いが待っていることを期待したい。 お世話になった方々も新たな場所で新しい人たちと出逢い、ステキなケアが行われていくことだと思う。 それぞれにいいところがあって私自身も旅立った方から、たくさんの学びを得られた。 それを活かした看護の活躍を祈るとともに、また新たな学びにワクワクすらする今日なのだ。


ns31123 at 07:03コメント(0)トラックバック(0) 
Profile
さい

看護師として現場の仕事を離れ、現在は介護保険の認定調査員として、認定を受けられる方のご自宅や施設に訪問し日々多くの方と接しています。
歯科医師蔡豪倫の妻で、これから夫とともに意識を高め新しいことに挑戦をしようと考えています。良きパートナーになれるようがんばります。
看護師
ケアマネージャー
  • ライブドアブログ