2019年11月23日

【スプラッシュ結果】11/23 BULL TERRIER KIDS OPEN 2019

本日開催されました「BULL TERRIER KIDS OPEN 2019」にスプラッシュより10名の選手が出場しました。

BULL TERRIER KIDS OPEN 2019

【開催日時】2019年11月23日(土・祝)

【開催場所】静岡県浜松市・浜松武道館

191123BTKO
http://www.bullterrier.co.jp/copabullterrier/btkidsopen2019.html




【スプラッシュ結果】

<ピーウィー>

◆難波 朔 選手
ピーウィー 白帯 ライトフェザー級 優勝
191123saku
191123saku2
自分のやると決めた下からの展開でバッチリ攻め込み、上をとっても素晴らしい動きでした。
これで普段からきちんと話を聞いてたら強くなりすぎちゃうかも!?

◆宇野 叶人 選手
ピーウィー 白帯 ライトフェザー級 初戦敗退
191123kanato
計量トラブルもありながら最後まで頑張りました。
少し後手に回るところもあるのでそろそろ自分の自信のある形を身に着けたいですね。

◆小松 佑成 選手
ピーウィー 白帯 ミドル級 初戦敗退
191123yuusei
前回かなりの勢いを見せたゆうせい、今日は下からのチャレンジでした。
教わった形を試すもまだまだ技レベルが低くかかりませんでしたが、惜しかった。
終わったあとの悔しい気持ちを忘れずまた頑張りましょう!

◆八木 來音 選手
ピーウィー 白帯 ウルトラヘビー級 準優勝
191123raio
格上灰白帯との戦い。
試合前の作戦はうまくいかずそのまま攻め切られました。
試合は決めていても思い通りにならないものなので、他の展開も落ち着いて対処できるといいですね。


◆野田 岳七郎 選手
ピーウィー 灰帯 ミドル級 準優勝
191123takeshichirou
初戦は下からの十字で完勝。
決勝は引き込みに動きを合わされて完敗。
自分の形に入れるのは本当に難しいですが、まずはそこまでのストーリーづくりが大事!
まわりのアドバイスも聞きながら自分なりのストーリーを考えて練習しましょう。

◆市川 ひまり 選手
女子ピーウィー 灰帯 フェザー級 3位
191123himari
強豪相手に凌ぎつつ攻めも見せることができました。
ただ、まだまだ自力に差があるので自分の形を一つ作りたいですね。
普段の練習はしっかりやっているので、もう一歩考える力があればさらに良いと思います。

<ジュニア>

◆宇野 文人 選手
ジュニア 灰帯 ミディアムヘビー級 準優勝
191123ayato
191123ayato2
初戦はうまくガードがとれないものの、なんとなく返して逆転。
決勝は相手が強かったものの、自分の形以外の技術がうろ覚えで使えませんでしたね。
せっかく大人のレッスンにも出ているのだから一回一回真剣にやりましょう。

◆市川 湊太 選手
ジュニア 黄帯 ミドル級 準優勝
191123souta
相手の攻撃を止めきれませんでしたね。
良い形を取らせる前に処理しないとどうしても後手になるので、そこが課題かな。
負けるごとにミスを無くせると思うのでまた修正して頑張りましょう。

◆宇野 永人 選手
ジュニア 黄・灰帯混合 ヘビー級 優勝
191123eito
191123eito2
同じ相手と二戦。
今回はガードがうまく行かなかった印象ですね。パスは得意な形を出せただけにちょっと悔しいところ。
今回のミスを踏まえて一つ一つの技の精度を上げられるようにしましょう。

◆木部 こころ 選手
女子ジュニア 黄帯 ミドル級 準優勝
191123kokoro
初戦は落ち着いて自分の戦いが出来て勝利。
決勝はかなりの強豪でしたが、しっかりとセコンドの声も聞きながら最後まで戦えました。
チャンスもあったと思うけど、今の技術の中で精一杯がんばったかな。


191123kids



KB





今回は220名もの選手が参加、会場が狭かったこともあり丸一日ずっと混んでいた感じでしたね。
「寒い季節に寒い会場でやる大会」というイメージが勝手についてしまっているので、厚着をして準備しましたが、熱気で暑いぐらいでした(^-^)


出場選手が多く、学年も帯色も上から下まで様々な試合が組まれていました。

印象的だったのは、最近ではあまり見なくなった、怖くなったのか試合前に泣き出す選手。
色帯を締めていても、気持ちが後ろを向いてしまえば、畳に上がれないこともあるんだなぁ、と。繊細な子であればあるほど、試合場で相手と対峙するのは勇気が何倍も要ります。だからこそ、そこに立つ。自分を越えさせることに誰より意味があるのかもしれませんね。

今回は黄帯以上の試合が多く組まれており(ここからは大人も唸るような技を繰り出してきます)、この帯を巻いている選手は技術はもちろんのこと、佇まいまで子どもを思わせない雰囲気をまとっています。

黄帯の選手には自分もその一人という自覚や、他のカテゴリの選手の動きや持っている技術を確認する絶好の機会であり、
灰帯の選手には次の帯に上がるのに必要なものを知る機会であり、
白帯の選手には、まだ手が届く場所ではありませんが、とにかくそこまで行ったらめちゃくちゃかっこいいんだということを思う機会であり。

子ども自身がそんなことに気づいて他のカテゴリにも目を向けてくれたら、会場にいることがもっとキラキラして感じるでしょうし、早く練習がしたくてたまらなくなるんじゃないかと思います。

浜松近郊にはブラジル人選手が多く、ありがたいことにこういった目を鍛える機会ももらえるので、県内だけではなく、少し足を延ばして試合に出場することもお勧めします。

今後開催される大会も、是非出場をご検討ください。



Y


====================
おとなもこどもも、楽しく強く
愛知県岡崎市の総合格闘技&ブラジリアン柔術 SPLASH
愛知県岡崎市細川町長原105-13
TEL 0564-45-4501
FAX 020-4666-6721
メールでのお問い合わせはこちら→スプラッシュメールフォーム

★新規会員募集中★
豊田市、安城市、知立市からもアクセス抜群!
子どもに度胸をつけさせたい人はこちら
====================

ns_splash at 22:52│ Comments(0 このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 試合結果  | キッズ情報&キッズ大会

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔