2017年05月23日

教育無償化論議

前回のブログで福岡の鶏料理のKBCラジオと朝日新聞(福岡版)のコラボ企画のことをご紹介しましたが、その新聞記事が昨日の朝刊に載っていました。
予想以上に大きな紙面で驚きました。

水炊き記事 (714x816)

さて新聞記事の話題が続きますが、先週の日経新聞朝刊に憲法改正についての議論で、教育無償化の話が出ていました。
議論の中心は大学や専門学校などの高等教育の無償化です。

教育無償化2

現在の日本では大学・専門学校等の高等教育機関への進学率は70%を超えていて、その学費は決して安くはありません。
そのため、家庭の経済格差が教育格差につながっていることは事実かと思います。
私は専門学校経営者として高等教育の無償化には反対しませんが、そこには条件があります。
できれば、フランスのバカロレアやドイツのアビトゥアのような高校卒業試験を実施し、これに合格しないと高等教育に進学できないようにすべきと思います。
近年、日本の若者たちの平均以下の学力の人たちのレベル低下は甚だしいものがあります。
簡単な加減乗除の計算や、漢字の読み書ができない者。
英語のアルファベットが書けない者。
社会常識がない者なども決して珍しくなくなってきているとの指摘もあり、私もそれを実感しています。
高等学校についても、学力も無く、出席もほとんどしていないような生徒にも卒業証書を渡しているところもあるとの報道もあります。
これらの学力や基本的生活習慣が身についていない若者たちも、現状でもかなりな数が大学や専門学校に入学しているという問題があります。
大学の中で、中学校での学習の復習教育をしているところが決して珍しくないとのことです。
その上で、単に高等教育の無償化を実施すれば、大学や専門学校での教育についていけない者をさらに増やしかねません。
結局、これらの若者へは人生のモラトリアム期間を無償で提供することになり、彼らにもマイナスであるし、無償化に要する5兆円という国費も無駄づかいとなります。
5兆円といえば、日本人の赤ん坊からご老人までの全員が平均1人約4万円負担していることになります。
また何よりも高等教育の失敗により日本の国力が減じる可能性もあります。
教育は国家百年の計とも言われます。
教育無償化の実施の議論の前に、高校卒業試験の実施について議論すべきかと考えます。



nsg3 at 05:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)教育 

2017年05月21日

KBCラジオと朝日新聞で博多の水炊きの歴史をご紹介します

先日、福岡のラジオDJ等でご活躍されているTOGGYさんが来校されました。
実は、博多の鶏料理の歴史をKBCラジオと朝日新聞のコラボ企画で紹介したいということでした。
私は先日のこのブログでもご紹介しましたが、ちょうど博多の水炊きの歴史に関する論文を執筆したところで、その中で江戸時代以降の博多の鶏肉の食文化についても書いていました。
ということで、その内容を中心にお話ししました。
そのラジオ番組と新聞記事が明日5月22日(月)の公開されます。
ご興味がある方は是非お聞き、またはご覧ください!

KBCラジオ
<放送日時> 平成29年5月22日(月)18:05〜
<番組名> KBCラジオ 夕方じゃんじゃん

朝日新聞
<掲載日> 平成29年5月22日(月)朝刊(福岡版)

Radikoからも聴くことができます♪http://radiko.jp/#!/live/KBC

トギー
《TOGGYさんとのツーショットです》

nsg3 at 05:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)福岡・博多 

2017年05月20日

実習ケーキショップが今年も営業開始します

中村調理製菓専門学校には製菓技術科2年生が授業の一環として運営する実習ケーキショップ「プランタン」があります。
これは専門学校としては珍しく営業許可を取っているため外部の一般の方も学生たちがつくった生菓子や焼き菓子を購入できます。
その今年度の営業が明後日5月22日(月)からスタートします。
それに先立ち、今週は校内の在学生を対象としたテスト販売を行っていました。
私が見にいくと、ショーケースにある商品の数が少なく、すきまが目立ちます。
担当の先生に尋ねたところ、できあがった商品の結構な数が先生の販売許可が得られないレベルだったとのこと。
そして、通常の営業のときも決して高くはない値段ですが、在校生対象のテスト販売ということで価格は更に安くなっており、短時間に売り切れてしまいました。
本番ではテスト販売の反省を活かしてお客さまの満足を得られるようにしてください。

実習ケーキショップ「プランタン」のホームページです:http://www.nakamura-s.com/printemps/cakeshop/

ケーキショップ・テスト販売1

ケーキショップ・テスト販売2

ケーキショップ・テスト販売3
《価格は在校生向けのテスト販売ということで通常よりも安くなっています》

ケーキショップ・テスト販売4


nsg3 at 06:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)専門学校 | 菓子

2017年05月19日

元祖ぴかいちで皿うどん

先日、うちの専門学校のスタッフと博多駅近くに行く機会がありました。
昼前になり、久しぶりに「元祖ぴかいち」へ。
ここはチャンポンと皿うどんが人気の店です。
私はこのブログでも何度か書きましたが、チャンポン大好き人間。
しかし、この店では皿うどんも美味しくて悩みます。
そこでスタッフと皿うどんとチャンポンの両方を注文してシェアすることとしました。

ぴかいち1
《皿うどん(750円)》

ぴかいち2
《ランチセットのかしわ飯(左)、じゃこ飯(右)はいずれも+80円です》

ぴかいち3
《右手前はチャンポン(750円)》

ここの皿うどんは太麺を炒めてこれにスープを吸い込ませたもので、人気もうなづける美味しさです。
ということで大満足で店を出ました。

元祖ぴかいち:https://retty.me/area/PRE40/ARE126/SUB12601/100000155167/

ぴかいち4
《正午頃に店を出ると行列ができていました》

nsg3 at 05:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)中国料理 | B級グルメ

2017年05月18日

せいもん払い

先日、川端の人気居酒屋「せいもん払い」に知人と伺いました。
実はこの店、韓国のナカムラアカデミー(中村調理製菓専門学校ソウル校)の卒業生(つまり韓国人から教えてもらった店です。
このところ福岡にも外国人旅行客が本当に多くなり、彼らは美味しい店の情報に詳しいのです。

せいもん払い1

せいもん払い2

せいもん払い3

せいもん払い4

さて、私はこの店は2回目でしたが、知人は初めて。
その知人がここの刺身の美味しさに驚いていました。

せいもん払い5

せいもん払い6

せいもん払い7
《この店は日本酒も各地の銘酒がそろっています。これは石川の銘酒「菊姫」のにごり酒》

せいもん払い8
《コロッケ》

ということで、韓国人から教えてもらった福岡の店のおかげで満足した一晩でした。

せいもん払い:https://r.gnavi.co.jp/4cdk8d030000/

nsg3 at 06:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)福岡・博多 | 居酒屋

2017年05月17日

韓国の「先生の日」のプレゼントをいただきましたが・・・

昨日は母の日の話でしたが、5月15日は韓国では「先生の日」です。
儒教の国の韓国では先生は日本以上に敬われます。
そして超学歴社会ですので、かつては先生の日には教え子の親からの贈り物がエスカレートして問題となりました。
昨年、公務員や学校関係者への接待や贈り物を制限する金英蘭(キム・ヨンラン)法が成立し、教師への贈り物は価格によらずできなくなりました。
実はナカムラアカデミー(中村調理製菓専門学校ソウル校)でもこれまでは先生の日には学生からたくさんの贈り物が先生にプレゼントされました。
そして今回、ソウルに出張した中村調理製菓専門学校のスタッフが学生から私への先生の日のプレゼントを持って帰ってきました。

先生の日

さて、このプレゼント、受け取るのは金英蘭法に触れるのか、日本にいる校長だから違法ではないのか?
いや〜、悩みます。
しかし、その気持ちはありがたくいただきます。
カムサハムニダ!




nsg3 at 05:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)韓国 

2017年05月16日

今年もマンマレード

一昨日の5月14日(日)は母の日でしたが、私の母は92歳で元気に暮らしています。
楽しみはフラダンスと12人のひ孫の成長を見ること。
そしてこの時期になると毎年、甘夏のマーマレードをつくってくれます。
甘夏は自宅の庭で無農薬で育てたもの。
マーマレードももちろん無添加で、すべて母の手だけでつくります。
そのマーマレードを今年もいただきました。
本人は100歳まで元気でいるつもりですので、まだ数年はその味を楽しめそうです。
私にとってはマンマの味のひとつ、マンマレードです。

マンマレード


nsg3 at 05:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月14日

ごはん家 椒房庵で後輩とバッタリ

先日のお昼前、博多駅ビル9階の「くうてん」に行く機会がありました。
時間は11時前でしたが、少し早めの昼食をいただくこととしました。
くうてんのレストラン街の昼の営業開始はほとんどの店が11時。
どこもまだ行列はできていませんでしたが、ただ1店、「ごはん家椒房庵」だけ店の前に何人ものお客が待っています。
店の入口にある名前を書く紙に自分の名前を書きましたが、11時前ですでに私は21人目です。
ここは久山町にある超人気のレストラン・茅乃舎(かやのや)の姉妹店だけあってさすがです。
さて、しばらくして名前が呼ばれて席に案内されました。

ごはん家椒房庵ランチ1
《11時の開店直後ということで、まだお客はまばらです》

この店のランチには6種類の定食があります。
その中から私は最も安い1,230円の鯖塩焼き定食を選びました。

ごはん家椒房庵2
《お昼の定食は6種類があります》

しばらくして、まずはこの店自慢の茅乃舎だしで大根を煮たシンプルな一皿が運ばれてきました。
あえて、このようなシンプルな料理をまず出すというだけでそのだしの味の自信のほどがわかります。

ごはん家3

そして、定食が運ばれてきました。
鯖の塩焼き、味噌汁、ポテトサラダ、漬物、そして茅乃舎自慢の明太子に白ごはん。
どれも家庭的でホッとする料理ですが、実はどれも吟味された一品です。
例えば、ごはんは今朝、精米されて、いま炊き上がったばかりのものです。
ですから奇をてらったものでなくとも十分に満足がいく味なのです。

ごはん家4

さて、食事をしていると急に後ろから声をかけられました。
何と、私が大学時代にお世話になった東京の学生寮の後輩じゃないですか!
話を聞くと、彼は東京に家族と住んでいますが、だしをはじめとする茅乃舎の商品を愛用しているとのこと。
そこで、福岡への出張の機会にこのごはん家椒房庵で食事がしたいと思い、やって来たとのことでした。
人気のお店のおかげで偶然に後輩と一緒に食事をすることができました。

ごはん家椒房庵:http://www.shobo-an.co.jp/gohanya/

ごはん家5


nsg3 at 06:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日本料理 | 福岡・博多

2017年05月12日

蓮双庭で脇屋シェフのディナー

福岡市の博多駅近くにTERASOというビルがあります。
ここには博多の老舗中国料理レストラン「八仙閣」と、東京赤坂に本拠地を持つ人気の中国料理シェフ・脇屋友詞氏の蓮双庭(ダブルス・ロータス・ガーデン)の2店があります。
蓮双庭は私も大好きなレストランですが、実は私の92歳になる母の大のお気に入りの店です。(92歳になっても食欲は私に負けません!)
脇屋シェフには中村調理製菓専門学校の特別講師も務めていただいており、卒業生もたくさんお世話になっています。
その脇屋シェフと相談し、脇屋シェフが直接に鍋を振る料理を私の知人と賞味するという特別ディナーを企画しました。

脇屋シェフ・ディナー1

脇屋シェフ・ディナー2

脇屋シェフ・ディナー3

脇屋シェフ・ディナー4
《春の訪れ 黒毛和牛ローストと野菜前菜盛り合わせ》

脇屋シェフ・ディナー5

脇屋シェフ・ディナー6
《熱々スッポンの旨味 小籠包で元気いっぱい》

脇屋シェフ・ディナー7

脇屋シェフ・ディナー8
《極上スッポンの香り蒸し するするスープ》

脇屋シェフ・ディナー9
《この日の料理は脇屋シェフが直接に調理してくれました》

脇屋シェフ・ディナー10
《極太ホワイトアスパラガス 車海老添え》

脇屋シェフが選りすぐった食材を使って直接調理した料理の数々。
脇屋シェフの料理は美味しさはもちろんですが、その料理のネーミングがまた事前の食欲をそそる楽しいもので感心します。
そして、飲み物も料理に合わせたワイン、紹興酒、そして極上の中国茶。
おかげで食卓の会話も盛り上がり、幸せな時間を過ごすことができました。

蓮双庭:http://www.wslotusgarden.com/

脇屋シェフ・ディナー11

脇屋シェフ・ディナー12
《脇屋シェフのお得意のフカヒレの上海風煮込み》

脇屋シェフ・ディナー13
《フカヒレ煮込みには最後に炊きたてごはんを少しだけ入れていただきます》

脇屋シェフ・ディナー14
《お酒もこの日の料理に合わせたワインや紹興酒が用意されていました》

脇屋シェフ・ディナー15
《美味しそうな鴨が出てきました》

脇屋シェフ・ディナー16
《香り豊かな鴨の吊るし焼き 旬の野菜》

脇屋シェフ・ディナー17
《三輪そうめんと極上スープ さっぱりと!》

脇屋シェフ・ディナー18

脇屋シェフ・ディナー19
《蓮双庭の特製お楽しみデザート》

脇屋シェフ・ディナー20
《中国銘茶》

nsg3 at 05:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)中国料理 | レストラン・飲食店

2017年05月11日

えとやの梅の実ひじき

先日のブログで宝満山に登り、その帰りに太宰府天満宮に登山ができたお礼の参拝をしたことを書きました。
そのとき、「十二堂えとや」の梅の実ひじきを買って帰りました。

梅の実ひじき0

梅の実ひじき1

梅の実ひじき2

これはその名のとおり、ひじきと梅の実を一緒にしたごはんのお供ですが、以前にテレビ番組「マツコ&有吉の怒り新党」で有吉弘行とマツコ・ デラックスがその美味しさを絶賛していて気になっていたものです。
早速、炊きたての白ごはんと一緒にいただきましたが、その美味しいこと!
ひじきと香りと梅の実のカリッといった食感が何ともいえません。
またまた炭水化物の摂取が進みそうです。

梅の実ひじき3


nsg3 at 05:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)