2018年04月25日

ベツ・バラーレ12号六本松店で生パスタ&パフェ

先日、六本松に行く機会がありました。
以前、このブログで「山本のハンバーグ」のご紹介した際にも書きましたが、六本松は九州大学教養部が糸島地区に移転した跡地の再開発によりここ数年で大きく変わりました。
(山本のハンバーグのブログです:http://blog.livedoor.jp/nsg3/archives/52022623.html
今回、お昼に訪れたのはベツ・バラーレ12号六本松店。
ベツ・バラーレは福岡市の姪浜(めいのはま)の本店と橋本に支店がある生パスタとパフェが人気の店で、この六本松の店は昨年オープンしました。
こちらのオーナーシェフの中薗薫さんは中村調理製菓専門学校1978年卒。
奥さまの恭子さんも中村調理製菓専門学校の同級生です。
私が伺ったときは中薗ご夫妻はこちらの店には不在でしたが、昨年中村調理製菓専門学校を昨年卒業した上ノ町さんが元気にがんばっていました。

ベツバラーレ1

ベツバラーレ5
《昨年中村調理製菓専門学校を昨年卒業した上ノ町さんとツーショット》

いただいたのはパフェランチ。
パスタは数種類ある「本日のパスタ」から選べ、これにサラダ、本日のパフェ、レモン水がついて1,150円(税込み)です。
私が選んだパスタはナスとベーコンのトマトソースでした。

ベツバラーレ6

ベツバラーレ7

私が店に入ったのは開店直後の11時過ぎでお客は私ひとりでしたが、しばらくすると店内はほぼ満席になりました。
しかし、よく見るとお客さまのほとんどは女性客。
そうですよねぇ、女性が好きなパスタとパフェの店ですもん。

ベツバラーレ2

さて、店名のベツ・バラーレ。
私はてっきり、パフェが「別腹」という意味かと思っていましたが、それもあるそうですが、イタリア語でBe’tu Ballare(上手にあなたがダンスを踊る)ということで、パスタをフォークでくるくる巻くのをイメージした造語だそうです。
そして、もうひとつの13号の意味。
実際は、この店は姪浜本店、橋本支店につづく3号店ですが、1990年代に活躍した日本のロックグループJUDY AND MARY(ジュディマリ)の曲「くじら12号」から取ったそうです。

ベツバラーレ3

ベツバラーレ4

ということで、人気のナカムラ卒業生の店の味を堪能させていただきました。

ベツ・バラーレ:https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400105/40046947/


nsg3 at 05:10|PermalinkComments(0) 福岡・博多 | レストラン・飲食店

2018年04月24日

留学生との懇談会

中村調理製菓専門学校、中村国際ホテル専門学校に今年もたくさんの留学生が入学してきました。
その新入留学生と上級性の留学生、そして留学生のお世話をする教職員の懇談会が先日、開催されました。

留学生懇談会1

留学生の出身国は数年前までは韓国、台湾、中国の3か国だけでしたが、今年の在籍留学生はこの3か国のほかにタイ、マレーシア、ネパール、スリランカなど多彩です。
会では製菓技術科の学生たちがつくってくれたケーキをいただき、懇親を深めることができました。

留学生懇談会2

留学生懇談会3

席上、参加者がそれぞれ自己紹介をしましたが、2年生の何人かが「この学校での学生生活は大変だが楽しい」と言っていました。
大変さの理由のひとつ言葉の問題のようで、ある新入生は「授業で先生が言っていることは半分くらいわかるが、クラスメイトがしゃべっている日本語はまったくわからない」ということでした。
確かに教科書のきれいな日本語で勉強してきた留学生にとって、うちの日本人の若い学生の「若者言葉+博多弁」は全くわからないというのも何となくわかります。
そんな留学生も数か月もすれば、良いか悪いかわかりませんが、若者言葉+博多弁を流暢に話すようになります。
早く本学園に慣れて、有意義な学生生活を送ってください。

nsg3 at 05:13|PermalinkComments(0) 専門学校 | 教育

2018年04月22日

松山まさじ氏の大臣就任を祝い

先日、福岡青年会議所(JC)シニアクラブの主催で「参議院議員 松山まさじ氏の一億総活躍担当大臣ならびに内閣府特命担当大臣就任を祝う会」がグランドハイアット福岡で開催されました。

松山まさじ1
《発起人の一人、榎本一彦・福岡地所会長のごあいさつ》

松山まさじ2
《松山政司・一億総活躍担当大臣ならびに内閣府特命担当大臣》

松山政司大臣は福岡青年会議所の理事長や日本青年会議所の会頭を歴任されました。
会のあいさつで「JCに育てられて今の自分があります」と言われました。
私は福岡JCでは松山大臣の先輩にあたりますが、今でも東京や福岡でお会いしたときに松山大臣から「先輩」と呼んでいただきます。
ありがたいことです。
この日は福岡JCだけでなく県内の他の青年会議所のOB・OGたちも数多く出席されていいました。
その中に福岡市議会議長の川上晋平さんもいました。
実は川上議長は中村調理製菓専門学校の卒業生で、調理師免許も取得されています。
川上議長には昨年まで中村調理製菓専門学校・中村国際ホテル専門学校の評議員として専門学校の教育と運営にも大所高所からのご意見をいただいていました。
川上議長からは私は「校長」と呼んでいただいています。
これまた、ありがたいことです。

松山まさじ3
《川上晋平・福岡市議会議長(中村調理製菓専門学校OB)》

松山まさじ4

ということで、さまざまなJCの仲間たちと楽しい時間を過ごすことができました。
松山政司大臣の今後の益々のご活躍をお祈りいたします。

nsg3 at 05:59|PermalinkComments(0) ホテル | 福岡・博多

2018年04月21日

白金茶房のパンケーキ

私はこのブログのほか、韓国のナカムラアカデミーのサイトでも韓国語のブログを書いています。
といっても私自身は韓国語の読み書きはできませんので、私が日本語で書いた文章と用意した写真をつかって、ナカムラアカデミーの韓国人スタッフが翻訳、編集するというものです。
題材は私が韓国の方に受けそうな話題を選ぶのがほとんどですが、ときおり韓国人スタッフからの依頼のテーマで書くこともあります。
先日も韓国人スタッフから「白金茶房のパンケーキが韓国で話題になっています。この店についてブログを書いてください」との依頼がありました。
白金茶房は中村調理製菓専門学校・中村国際ホテル専門学校から歩いていけるところにあるカフェです。
私は、福岡の天神や博多駅といった繁華街にある店ならわかりますが、住宅街の白金にあるカフェが韓国人の話題になっていることが信じられませんでしたが、とりあえずお昼に行ってみました。

その日は雨できっとお客も少なかろうと思っていましたが、何と満席。
偶然、知人の従業員の方がいて話をしましたが、予約無しにはなかなか入れないとのこと。
いや〜、驚きです。

そして、別な日に今度はちゃんと予約してうちの専門学校のスタッフと伺いました。
お客さまのほとんど若い女性で、オヤジの私ひとりが浮いてしまいます。
そして情報のとおり、韓国人と思えるお客さまが2組ほどいらっしゃいました。
このところの外国人客は本当にさまざまな所を探して訪れます。

白金茶房1

白金茶房2

白金茶房3

白金茶房4

こちらのブランチ(Brunch)メニューにはクラッシック・ブランチ(1,200円+税)、サラダ・ブランチ(1,200円+税)、パンケーキ・ブランチ(2,000円+税)、スイート・ブランチ(2,000円+税)、そしてイングリッシュ・ブランチ(2,700円+税)の5種類があります。
このうち、サラダ・ブランチ以外にはすべてパンケーキが付きますが、ブログを書くためにはSNS映えするものにしなければなりません。
ということで、パンケーキ・ブランチとスイート・ブランチの2種類を注文しました。

白金茶房5


白金茶房8
《こちらはパンケーキ・ブランチのサラダと本日のスープ》

白金茶房6
《こちらはスイート・ブランチのサラダとフルーツベジタブルジュースです》

白金茶房7

白金茶房9
《パンケーキ・ブランチは3種類のパンケーキから選べます。これはジャンボソーセージと季節野菜のフォンデュ風パンケーキ》

白金茶房10
《スイート・ブランチも3種類のパンケーキから選べます。これはオレンジとクリームチーズ、ベリーのソースのパンケーキ》

まずは、そのSNS映えする外観、いかがですか?(撮影者の技術が問題かもしれませんが)
そして、味もいずれも穏やかで好感の持てるものでした。
ただ、ちょっとオヤジには量が多すぎて午後からの業務の際に睡魔が襲ってきましたが。

白金茶房:http://s-sabo.com/

白金茶房11


nsg3 at 05:17|PermalinkComments(0) 福岡・博多 | レストラン・飲食店

2018年04月19日

日本料理海外人材育成制度

日本の調理製菓の専門学校には海外からの数多くの留学生が在籍しています。
彼らは卒業後、日本での就労ビザは原則として下りず、母国に帰らざるをえません。
しかし、2014年に農林水産省が「日本料理海外普及人材育成事業」という制度を設け、日本料理の分野に限って2年間のビザを発給することができるようになりました。
ただし、申請の手続きがかなり面倒で、また年に2回の研修先の社会保険労務士による監査が必要などといった厳しい条件があったため、この制度を利用して日本で研修をした留学生たちはわずかに全国で20数名だったそうです。
実は中村調理製菓専門学校を卒業した留学生でこの制度を利用した方は5人で、多分、全国でもかなり多い方だと思います。
この制度も昨年8月に大幅に改善され、研修期間も2年から5年となり、また監査も社会保険労務士が実施する必要もなくなりました。
そのようなこの制度で今年3月で2年間の研修を終えた中村調理製菓専門学校卒業生2人があいさつに来てくれました。
ソン・ウジョンさんは京都の菊乃井本店で、ジョン・ヘグンさんは福岡のやま中寿司での研修でした。
2人は韓国に戻り、今度は韓国で文字通り「日本料理を普及する人材」になります。
今後のご活躍を期待しています!

ソン&ジョン
《右からジョン・ヘグンさん、ソン・ウジョンさん、ソンさんの奥さまのチョン・ヒヨンさん(同じく中村調理製菓専門学校卒です)、てつ校長》


nsg3 at 06:00|PermalinkComments(0) 日本料理 | 料理人・シェフ

2018年04月18日

茅乃舎でヨコメシ  

昨日は留学生の話でしたが、中村調理製菓専門学校・中村国際ホテル専門学校には海外からのお客さまもこのところかなり増えてきています。
先日も海外からのお客さまが来校されました。

茅乃舎1

茅乃舎2
《会議の席上、中村調理製菓専門学校の学生がつくった和菓子・洋菓子をお出ししたところ大好評でした》

茅乃舎3

そして、その日の夕方久山町の茅乃舎にご案内しました。
お客さまは、まず自然の中にある大きな茅葺きの建物に感激。

BlogPaint

そして、近隣の素材を大事にした料理の数々にまた大感激。
私はというと、日頃はあまり使わない英語での会話をしながらの食事(いわゆるヨコメシ)で、しかも大事なお客さまということで結構気をつかいました。
しかし、茅乃舎側も気をつかってくれて、この日の献立を英語で書いたものを用意していただいたりして助かりました。

茅乃舎12
《まずは獺祭のスパークリングで乾杯!》

茅乃舎13

茅乃舎14

茅乃舎15
《調味料は左から柚子胡椒、塩、生七味》

茅乃舎16

茅乃舎17

茅乃舎18
《朝採れのトマト(左)に旬の筍(右)。特別な料理ではないですが、素材が良いと特別になります》

茅乃舎19

茅乃舎20
《肉料理は2種類から選べます。こちらは私の好きなトマトすき焼き》

茅乃舎21
《もうひとつの肉料理はステーキ》

ということで、お客さまには大変満足していただいた食事会となりました。

茅乃舎:http://www.kayanoya.com/restaurants/restaurant/

茅乃舎22
《ごはんは朝に精米したものを土鍋の炊き立てで出されます》

茅乃舎23
《朝採れの卵での卵かけごはん。茅乃舎の卵かけごはん専用の醤油で美味しいの何のって・・・。海外からのお客さまも思わずごはんをお替りしていました》

茅乃舎24

茅乃舎25

茅乃舎25


nsg3 at 05:54|PermalinkComments(0) 日本料理 | 福岡・博多

2018年04月17日

学生食堂再開

中村調理製菓専門学校・中村国際ホテル専門学校も4月6日に入学式を実施し、先週から本格的に新学期が始まりました。
調理師科の学生が授業の一環として運営する学生食堂も営業を再開。
学生食堂にも活気が戻ってきました。
私も久しぶりに学生食堂でお昼をいただきました。

学生食堂再開1
《校内には3つの学生食堂があります。こちらは第1学生食堂》

学生食堂再開2
《定食の基本はごはんに一汁二菜または三菜です》

学生食堂再開3
《こちらは第3学生食堂。ここは学生運営としては多分、国内で唯一のHACCP(NASAが決めた衛生基準)の認証を取得している学生食堂です》

学生食堂再開4

学生食堂再開5
《こちらは第2学生食堂。5階と6階をに席があり、3つの学食の中では最大規模です》

学生食堂再開6

そして、両隣りに座っている学生たちと話をすると、6人の学生のうち何と5人が留学生。
出身国を訪ねると、韓国、台湾、香港とのことでした。
中村調理製菓専門学校・中村国際ホテル専門学校の留学生の比率は約7%で、それほど多い訳ではありませんが、それでも前記の国々以外に、中国(本土)、タイ、マレーシア、スリランカ、ネパールなど、数年前に比べるとかなり多彩になってきました。
日本の調理や製菓製パン、ホテルサービスなど専攻は異なりますが、充実した学生生活を送ってください

学生食堂再開7

学生食堂再開8



nsg3 at 05:18|PermalinkComments(0) 専門学校 | 教育

2018年04月15日

六旗会九州支部会 

私が学生時代、応援部に所属していたことはこのブログでも何度かご紹介しました。
そして、学生時代につきあいのあった東京六大学の応援団の合同OB会である「六旗会」に今も出席させていただいています。
先日もその六旗会の九州支部会が開催されました。

六旗会1
《会場は頤和園博多店でした》

六旗会2
《こちらの築城店長は中村国際ホテル専門学校卒です》

今回はR大学を除く5大学の20代から何と80代までのたくさんのOBたちが会場の頤和園博多店に集合しました。
東京六大学の応援団(または応援部、応援指導部)はいずれもリーダーと呼ばれる応援の指揮を執るグループと、音楽を奏でるバンド、そして華やかなチアリーディングを行うチアの3セクションに分かれています。
団員(あるいは部員)の数は現在、約80人のT大学を除いてどこも100名以上の大所帯です。

六旗会3
《乾杯のご発声はK大1963年卒の先輩でした》

六旗会4

六旗会5

六旗会6
《ペキンダックも出ました》

六旗会7

六旗会8

六旗会9

また、学生時代から六大学はさまざまな交流を行っていて結構仲がいいのです。
ですから、私も卒業して40年以上経ちますが、今でも他の5大学と楽しくやっています。
ただ、問題なのは現役団員(部員)の半数以上が女子なのに、今回の出席者は全員がオジサン。
OGの皆さんも是非ご参加ください!

六旗会11
《六旗会の締めは六大学の校歌の斉唱です》

六旗会12

六旗会13

六旗会14

六旗会15

六旗会17
《W大1960年卒の大先輩です》

六旗会18

六旗会19


nsg3 at 05:57|PermalinkComments(0) 中国料理 

2018年04月13日

東京出張(2)帝国ホテル総料理長の叙勲祝賀会

一昨日の日経新聞夕刊に中村調理製菓専門学校卒業生の鈴本紀彦さんがオーナーシェフをつとめるイタリア料理のLucaが紹介されていました。
気軽な雰囲気で本格的な料理がいただける店で私も大好きな店です。

Luca (1024x677)

さて、東京出張の話がつづきます。
帝国ホテルの田中健一郎・総料理長がフランス政府から農事功労章オフィシエを受章したお祝いが帝国ホテルで開かれました。

帝国ホテル田中ムッシュ1

帝国ホテル田中ムッシュ2
《祝賀会の発起人の皆さん。中央でごあいさつをされているのはホテルメトロポリタン・エドモンドの中村勝宏ムッシュ(中村調理製菓専門学校元講師)》

帝国ホテル田中ムッシュ3
《駐日フランス大使から農事功労章オフィシエを授与される田中健一郎氏》

帝国ホテル田中ムッシュ4
《左から駐日フランス大使、田中健一郎氏、田中氏の奥さま》

田中ムッシュ(フランス料理の調理界では権威ある料理長を「ムッシュ」と呼びます)は1950年(昭和25年)生まれ。
高校時代にテレビで観た帝国ホテルの当時の村上信夫ムッシュ(約20年にわたり中村調理製菓専門学校の特別講師も務めていただきました)にあこがれ帝国ホテルに入ります。
新入社員のころは朝4時台の中央線に乗り、6時前には帝国ホテルの調理場に入ったそうです。
そして8時に出社してくる先輩方が仕事がしやすいように毎日準備をしていたそうです。
当時の田中青年を知る方から、「彼はきっと『将来の帝国ホテル総料理長になる人材』と皆が認めていた」と聞きました。
その予想どおりに49歳で料理長に就任。
そして、現在の調理業界の関係者の多くから「非常に謙虚だが、業界全体を見る大きな器の存在」と認識されています。

さて、そんなムッシュの受章パーティー、とにかく気合が入っていました。
この日は立食ブッフェ(バイキング)でしたが、まず驚いたのが開式前にスタンバイしている料理人の多さ、100人近くはいたのではないでしょうか。
そして、もちろん料理のレベルの高さ。
鮑、オマール、天然の鯛や平目、和牛・・・
そして、もちろん味も。

帝国ホテル田中ムッシュ5

帝国ホテル田中ムッシュ6

帝国ホテル田中ムッシュ7

帝国ホテル田中ムッシュ8

帝国ホテル田中ムッシュ9

帝国ホテル田中ムッシュ10

帝国ホテル田中ムッシュ11

帝国ホテル田中ムッシュ12

帝国ホテル田中ムッシュ13

帝国ホテル田中ムッシュ14

ということで、かなり食べ過ぎてしまったパーティーとなりました。
帝国ホテルには中村調理製菓専門学校・中村国際ホテル専門学校の卒業生も多数お世話になっています。
田中ムッシュの今後の益々のご活躍と、帝国ホテルのご発展をお祈りいたします。

帝国ホテル:https://www.imperialhotel.co.jp/j/
帝国ホテル田中ムッシュ15

田中ムッシュ3 (1280x903)
《この日の料理の内容です。画面をクリックしていただければ拡大してご覧いただけます。》

nsg3 at 05:25|PermalinkComments(0) ホテル | フランス料理

2018年04月12日

東京出張(1)そば処 港屋

先日、東京出張に行ってきました。
私の出張の一般的なパターンは朝の便で福岡から東京・羽田に飛び、お昼をどこかでいただいて午後から仕事というパターンです。
まず訪れたのは今月オープンした東京ミッドタウン日比谷。

東京ミッドタウン日比谷1

ここで昼食でもと考えていましたが、甘すぎました。
ビル内はエスカレーターに乗るのも行列。
そして飲食店の前は・・・
この日は午後の仕事まで少し余裕がありましたが、かなり時間がかかりそうで諦めました。

東京ミッドタウン日比谷4

東京ミッドタウン日比谷2

東京ミッドタウン日比谷3

東京ミッドタウン日比谷5
《中村調理製菓専門学校で講師をつとめていただいていた神谷昌孝さんの「そばがみ」。すごい行列でした》

東京ミッドタウン日比谷6瓢亭
《こちらは中村調理製菓専門学校の講師をつとめていただいている高橋英一先生の瓢亭。京都の本店以外は初の出店です》

そして、向かったのは以前から気になっていた店、西新橋の「そば処 港屋」。
すると、またすごい行列が・・・
忘れていました、ここは「行列のできる立ち喰いそばの店」だったのです。

港屋1
《そば処 港屋につづく長蛇の行列》

港屋2
《店の看板は無く、入口に小さなステンレスのオシャレな表札が》

港屋3

しかし、立ち喰いということで比較的速く流れ、20分ほどで店に入れました。
まずは食券を購入。
そして、四角になっているカウンターの後ろでさらに7分くらい待ち、やっと注文した「温かい 鶏そば(870円)」をいただくこととなりました。
店内が暗くてよく確認できませんが、しっかりした の上には細かく刻んだ海苔が大量に。
そして、つけ汁は濃い醤油味に鶏肉とラー油がたっぷり入っています。
そのつけ汁にそばをつけていただくと、これが何ともスパイシーでアヴァンギャルドな味です。

港屋5
《薄暗い店内には四角く囲われたカウンターがあり、客は黙々とそばを食べています》

港屋6

港屋7
《温かい 鶏そば(870円)。奥の生卵は無料です》

ソバを2/3くらい食べ終えたところで、卵と天かす(いずれも無料)をつけ汁にいれて味を変えていただきました。
それにしても東京は人口が多いからでしょうか、個性的な飲食店が人気を集めています。
これが地方の小都市になればこうはいかないでしょう。
ということで、いろいろなことを考えさせられた刺激的な店でした・。

そば処 港屋:https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130802/13009740/

港屋8
《麺を半分いただいたところで、味を変えるためにつけ汁に生卵を入れてみました》

nsg3 at 05:23|PermalinkComments(0) 旅行 | レストラン・飲食店